川崎汽船 川崎汽船の概要

川崎汽船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/04/28 23:51 UTC 版)

川崎汽船株式会社
Kawasaki Kisen Kaisha, Ltd.
登記上の本店である神港ビル
種類 株式会社
市場情報
東証プライム 9107
1950年1月4日上場
名証1部 9107
1950年1月 - 2021年12月25日
福証 9107
1952年1月 - 2021年12月25日
略称 “K”LINE、川汽、KL
本社所在地 日本
100-8540
東京都千代田区内幸町2丁目1番1号(飯野ビルディング
本店所在地 650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通8番(神港ビル
設立 1919年4月5日
業種 海運業
法人番号 8140001005720
事業内容 海上運送事業、陸上運送事業、倉庫業 他
代表者 代表取締役社長兼社長執行役員 明珍幸一
代表取締役兼副社長執行役員 浅野敦男
代表取締役兼専務執行役員 鳥山幸夫
代表取締役兼専務執行役員 針谷雄彦
資本金 754億57百万円
発行済株式総数 9億3938万2290株
(2021年3月31日現在)
売上高 連結:6,254億8,600万円
(2021年3月期)
経常利益 連結:894億9,800万円
(2021年3月期)
純利益 連結:1,086億9,500万円
(2021年3月期)
純資産 連結:3,161億6,200万円
(2021年3月期)
総資産 連結:9,746億800万円
(2021年3月期)
従業員数 連結:6,080人 単体:769人
(2021年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 イーシーエム エムエフ 11.43%
ゴールドマン サツクス インターナシヨナル 11.25%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 6.22%
エムエルアイ フォークライアントジェネラル オムニノンコラテラルノントリーティーピービー 6.19%
J.P. MORGAN SECURITIES PLC FOR AND ON BEHALF OF ITS CLIENTS JPMSP RE CLIENT ASSETS-SEGR ACCT 5.44%
CGML PB CLIENT ACCOUNT/COLLATERAL 5.03%
日本カストディ銀行(信託口) 2.58%
今治造船 2.50%
みずほ信託銀行退職給付信託川崎重工業口 2.17%
損害保険ジャパン 2.03%
(2021年3月)
主要子会社 オーシャン ネットワーク エクスプレス ホールディングス 31%
関係する人物 松方幸次郎(元社長)
鹿島房次郎(元社長)
平生釟三郎(元社長)
黒谷研一(元社長)
朝倉次郎(元社長)
村上英三(元社長)
石山泰三(元副社長)
外部リンク https://www.kline.co.jp/
テンプレートを表示

概要

1919年4月10日、川崎造船所(現・川崎重工業)の船舶部が独立する形で、同社の現物出資によって設立された。日本郵船商船三井に次いで国内第3位の規模を持つ(2014年3月末時点で583隻を運航)。上位2社と比較するとコンテナ船への依存率が高いとされる。このほか、石炭鉄鉱石などの不定期貨物船、自動車運搬船LNGタンカー、石油タンカーなどを運航する。また、日本で初めて自動車専用船を導入した企業でもある。

ファンネルマーク(船の煙突部分につける会社のマーク)は、地に K

第一勧銀グループのメンバーであった故に、みずほコーポレート銀行(現みずほ銀行)をメインバンクとしている。

コンテナ船事業では、韓国韓進海運台湾陽明海運中国コスコ・コンテナライン海運アライアンス「CKYHグループ」を組んでいる。

沿革[3]

  • 1919年4月 - 設立。
  • 1921年5月 - 川崎造船所、国際汽船と提携し、Kラインを結成。
  • 1950年1月 - 東証一部、大証名証にそれぞれ上場。
  • 1952年3月 - 福証上場。
  • 1964年4月 - 飯野海運の子会社であった飯野汽船と合併。
  • 1966年5月 - 内航部門を分離し、川崎近海汽船を設立。
  • 1968年 - コンテナ船を導入。
  • 1970年 - 日本/北太平洋岸航路でコンテナ船によるサービス開始。
  • 1982年 - 本社を東京に移転。
  • 1983年 - 日本籍初のLNG船である尾州丸(川崎汽船が管理運航)が就航。
  • 1995年 - 川崎近海汽船が東証二部上場。
  • 2002年 - (財)日本海事協会よりISO14001認証取得。
  • 2004年 - Yara社向けのアンモニア船2隻建造決定。初のアンモニア輸送契約。
  • 2007年 - ブラジル現地法人”K” LINE BRASIL LTDA設立。
  • 2010年 - グループとして初めてオフショア支援船を建造。
  • 2012年 - 中部電力から、グループとしてLNG船を初めて国内向け単独受注。
  • 2013年 - 新会社・ケイラインローローサービス株式会社(RORO貨物や中古車・中古建機の集荷業務を担う)を設立。
  • 2017年 - 日本郵船商船三井と共にコンテナ船事業を統合、新会社『オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)』が発足[4]
  • 2019年 - 創立100周年。
  • 2021年12月 - 名証、福証上場廃止[5]
  • 2022年6月 - 川崎近海汽船を完全子会社化。



「川崎汽船」の続きの解説一覧




川崎汽船と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「川崎汽船」に関係したコラム

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「川崎汽船」の関連用語

川崎汽船のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



川崎汽船のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの川崎汽船 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS