崔仁 (軍人) 崔仁 (軍人)の概要

崔仁 (軍人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/08 22:48 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
崔仁
生誕 1911年
朝鮮(日本統治時代)平安北道
死没 没年不明
所属組織 中国人民解放軍
朝鮮人民軍
最終階級 陸軍中将(朝鮮人民軍)
テンプレートを表示
崔仁
各種表記
ハングル 최인
発音: チェ・イン
日本語読み: さい じん
ローマ字 Ch'oe In
テンプレートを表示

経歴

1911年、平安北道に生まれる。

1933年7月、中央陸軍軍官学校第10期に入学。第1総隊歩兵大隊第4隊配属[1]。1936年6月、卒業。

日中戦争が勃発すると朝鮮義勇隊に加わる。1941年春、朝鮮義勇隊華北支隊第3隊長として順徳一帯で抗日運動。

1942年に朝鮮義勇隊が朝鮮義勇軍に改編され華北支隊第3隊長として晋冀魯豫辺区で抗日運動。

1945年2月、朝鮮革命軍政学校第2区隊長。

第2次世界大戦終戦後は各地に分散した朝鮮義勇軍の隊員を率いて中国東北に進出し、朝鮮義勇軍第1支隊副支隊長。

1946年2月、東北民主連軍李紅光支隊副支隊長。支隊長の金雄が帰国すると、後任として支隊長に就任。同年12月に李紅光支隊が独立第4師に改編されると師長に就任。

1948年、北朝鮮に帰国。最高人民会議第1期代議員。民族保衛省副総参謀長[2][† 1]

1950年、第2軍団参謀長[2][† 2]

1951年、第6軍団参謀長、同軍団長。

1952年5月、機械化司令部参謀長。

1954年7月、民主青年同盟中央委員会体育指導部長。

1960年、内閣情報局長。

参考

外部リンク


出典

  1. ^ 中国黄埔軍校網. “南京本校第十期歩兵大隊第四隊学員姓名籍貫表” (中国語). 2016年3月26日閲覧。
  2. ^ a b 朱栄福. 朝鮮戦争の真実. 

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 文献によっては崔仁ではなく崔麟としている場合がある。
  2. ^ 文献によっては第7師団長としている場合がある。


「崔仁 (軍人)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「崔仁 (軍人)」の関連用語

崔仁 (軍人)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



崔仁 (軍人)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの崔仁 (軍人) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS