島義勇 備考

島義勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 14:38 UTC 版)

備考

  • 円山公園のは、島義勇の従者であった福玉仙吉が、島の死後その鎮魂のために、明治8年(1875年)に札幌神社(北海道神宮の旧名)の参道に植えた150株の桜が始まりとなっている。
  • 島義勇のことを親しみをこめ「判官さま」とも呼ばれる。また、北海道神宮境内の休憩所では、これにちなんだ六花亭の焼き菓子「判官さま」が販売されている。
  • 毎年6月に挙行される北海道神宮例大祭では、日本武尊素戔嗚尊などの祭神を祀る山車とともに、島の人形をあしらった山車「開府の判官 島義勇」が第3山鼻祭典区によって供奉されている。
  • 札幌開拓の礎を築いた島義勇の歴史漫画『島義勇伝』[3]がある。

参考文献

外部リンク


  1. ^ 新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説”. コトバンク. 2018年2月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e 【時を訪ねて 1869】道都の建設(札幌)原野に「世界一の都」構想『北海道新聞』日曜朝刊別刷り2020年10月18日1-2面
  3. ^ 『島義勇伝』Dybooks、2014年。ISBN 978-4907436025


「島義勇」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

島義勇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



島義勇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの島義勇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS