岩手県 政治

岩手県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 05:42 UTC 版)

政治

県政

財政と事業

1995年(平成7年)以降、細川内閣(当時)の打ち出した大規模景気対策に乗って公共投資を拡大させ、その後1997年(平成9年)まで、積極投資を拡大させた。当時県知事を務めていた増田寛也は、退任後の取材に「国の財政的限界で、いずれ予算が回らなくなるのは分かっていた(中略)…東北新幹線花巻空港釜石自動車道など(骨格的な事業)は、先にやってしまおうと思った」と答えている[18]。結果的には彼の読み通り、小泉内閣が発足した2001年(平成13年)以降、公共投資予算は年10%以上の割合で急速に縮減され、財政再建に大きく舵を切った。

県自らも、県議会での質問に答える形で、財政悪化の原因について自己分析している(→増田寛也#財政再建など参照)。

平成20年度
平成19年度
  • 財政力指数 0.31
    • IIIグループ(財政力指数0.3以上、0.4未満)11自治体中8位
平成18年度
  • 財政力指数 0.29
    • IVグループ(財政力指数0.3未満)10自治体中1位
平成17年度
  • 財政力指数 0.27
    • IVグループ(財政力指数0.3未満)14自治体中5位
平成16年度
  • 財政力指数 0.26
    • IVグループ(財政力指数0.3未満)15自治体中5位

国政

衆議院小選挙区が3。参議院では、全県で1区を構成。

経済・産業

かつては、産業がほとんどない事を自称していたが、東北新幹線東北縦貫自動車道などの整備に伴って、企業の誘致が進んでいる。企業の誘致には、法人道府県民税収や、法人事業税、従業員からの住民税収、関連企業による経済波及効果などで大きな税源涵養が見込まれることから、全国の自治体が誘致にしのぎを削っている。岩手県もこの例に漏れず、誘致に腐心しており、これまでにトヨタ自動車系の生産工場、東芝フラッシュメモリ工場、富士通などを誘致した。こうした奏功から、1995年(平成7年)以降は製造品出荷額が伸びを示し、47都道府県中、県民所得は40位台後半から、38位にまで改善した。東北6県で見ると、福島県宮城県山形県に続く数字である[19]

特に自動車産業については、トヨタ自動車が東北地方を新たに生産拠点と位置付けており[20]、今後とも一層の誘致が見込まれる産業分野である。

さらに、近年は国際リニアコライダーを軸とした国際学術研究都市構想を表明している[21]

貯蓄率が極めて高いことで知られる。地方の県としては珍しく、県内に3行の地方銀行第二地銀を含む)を持ち、保有する金融資産は4兆円以上に達する。県民の貯蓄率は39%で、東北地方平均の25%、全国平均の16.5%を大きく上回り、東北では宮城県に次いで2位、全国でも9位の高率を保つ[22]

岩手県内の市町村の域内総生産(単位: 100万円)
市町村名[23] 広域振興圏名[23] 2014年度[23] 2015年度[23] 2016年度[23] 2017年度[23]
盛岡市 県央 1,075,077 1,082,427 1,053,221 1,052,324
八幡平市 91,823 85,645 86,711 87,377
滝沢市 126,355 130,206 120,435 121,066
雫石町 54,955 54,745 51,297 51,915
葛巻町 21,313 23,437 20,030 20,370
岩手町 41,796 39,949 38,195 37,285
紫波町 84,930 84,705 82,997 84,123
矢巾町 120,279 137,131 124,796 148,397
花巻市 県南 337,090 333,772 330,650 317,143
北上市 376,158 378,560 372,329 401,422
遠野市 100,755 109,403 96,021 106,452
一関市 380,553 388,498 375,927 377,680
奥州市 364,164 384,323 398,170 403,685
西和賀町 20,624 21,814 18,587 18,957
金ケ崎町 112,032 84,748 83,732 138,070
平泉町 22,188 24,121 24,558 23,046
宮古市 沿岸 241,241 263,401 265,017 252,145
大船渡市 207,410 207,908 179,184 170,532
陸前高田市 93,154 84,993 81,400 66,234
釜石市 193,596 201,952 172,929 188,599
住田町 18,112 17,985 20,510 21,913
大槌町 46,679 43,695 41,989 44,200
山田町 59,292 70,525 72,724 61,777
岩泉町 41,778 41,692 35,858 39,650
田野畑村 17,631 21,670 15,961 17,829
久慈市 県北 133,387 134,011 128,151 128,956
二戸市 103,241 101,549 100,695 99,599
普代村 11,052 12,785 14,745 16,134
軽米町 28,309 28,676 27,408 27,458
野田村 21,355 24,321 20,577 20,827
九戸村 19,058 19,752 20,036 20,852
洋野町 44,307 46,465 42,306 47,057
一戸町 37,808 38,048 37,784 38,162

産業

農林水産業

2006年(平成18年)農林水産統計によると、農業産出額は2,544億円。食料自給率は106%であり[24]北海道青森県秋田県山形県などとともに、自給率100%を超える数少ない県の一つである。広大な面積と、山岳に囲まれた地形のため、地域によって気候が大きく異なる所があり、特性に応じてさまざまな形態の農業が営まれている。穀物ではコメの他に花巻市を中心に雑穀の生産が有名。畜産も盛んでありブランド牛肉である前沢牛のほか、北部を中心にブロイラーの全国有数の産地として知られる。

林業では県の北部を中心に幹が通直で高品質なアカマツ、またミズナラを中心としたブナ科広葉樹による木炭の生産が有名。木炭では特に黒炭の生産量が全国一である。アカマツが多いことからアカマツと共生するマツタケの出荷も多い。一方でアカマツの致死性の伝染病であるマツ材線虫病(松くい虫)の北限地域であり徐々に被害が拡大していることから影響が懸念されている。また、ナラ枯れと呼ばれるミズナラに致死性の伝染病が県内でも確認されている。県が木質バイオマス事業などの自然エネルギー活用に熱心なこともあって、生産高188億円(2005年(平成17年))と、全国5位の数字を出している。

水産業では、三陸海岸周辺が、黒潮による豊かな漁場として知られている。リアス式海岸の岩礁は、ワカメ海苔といった海藻類の養殖にも適しており、ワカメとあわびの養殖で、生産高全国1位の規模を持つ。カキ(牡蛎)ホヤの養殖も盛ん。珍しいものでは陸前高田市広田湾におけるエゾイシカゲガイ養殖が知られる。流通量が少なく高値で取引される。

商工業

製造品出荷額は2兆1000億円で、東北地方では福島県(全国順位19位)、宮城県(同24位)、山形県(同28位)に次いで4位(同31位)である。

長らく主要な産業新日本製鐵(現、日本製鉄釜石製鉄所釜石市)、太平洋セメント大船渡工場(大船渡市)ほどしかなく、政府の救済策を求めたこともあったが、1982年(昭和57年)に東北新幹線大宮・盛岡間が開業すると、企業誘致が徐々に進展した[14]1993年(平成5年)に関東自動車工業金ケ崎町(現・トヨタ自動車東日本岩手工場)が進出して以来、製造業は大きく進展し、県民所得は全国40番台後半から、30番台まで向上した。このほか、県南には富士通塩野義製薬東芝などの工場が立地する。

特に、2008年(平成20年)2月に決定された東芝フラッシュメモリ工場の北上市への建設は、波及効果を合わせると1兆円程度の経済効果があるとされ、県は法人事業税減免や低利融資などを通じて、これを後押しするとしている。東芝が「行政からの融資措置だけでなく、質の高い人材の確保が容易なことが決め手になった」とし、「金のかからない新しい産業誘致モデル」として注目された[25][26]。工場新設に当たって、北上市はこれまでに蓄積した企業誘致と合わせて、法人市民税固定資産税の大きな増収が見込まれることから、国から地方交付税の交付を受けない「不交付団体」への昇格を果たすことになった。岩手県では、かつて製鉄業が隆盛を極めていた時代に釜石市が不交付団体となっていた前例があり、「それに次ぐ快挙」(2008年(平成20年)2月・岩手県知事定例記者会見)と評された。

自動車産業に関しては、トヨタ自動車が、東北地方を新たな生産拠点とする意向を示しており[20]、すでに金ケ崎町に立地する自動車工場も、現行より10万台増の25万台生産規模まで拡大されることが決まっている。自動車関連産業の集積を進めるため、岩手県は、トヨタ自動車東日本が進出している宮城県山形県福島県などと連携して、今後も誘致活動を展開していくとしている。

県内に拠点を誘致した主な製造業

サービス業

観光業の振興に腐心している。2007年(平成19年)には、盛岡市を舞台にしたNHK連続テレビ小説どんど晴れ」が放映され、盛岡さんさ踊りに訪れた観光客が8.7%増えて128万3000人となり[27]、一定の効果が上がっている。2011年(平成23年)には、奥州藤原氏の栄華の遺産「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」(平泉町)が世界遺産文化遺産)に登録された。

交通

県庁所在地の盛岡市は、県内のみならず北東北の広域交通網を束ねる拠点として機能しており、新幹線に接続して北東北各地への高速バスが多数発着するほか、盛岡駅では東北新幹線「はやぶさ」と秋田新幹線「こまち」の分割・併合も実施している。

鉄道

東北新幹線で、首都圏仙台青森と結ばれる。その停車駅でもある盛岡駅は県庁所在地にあり、複数の路線が接続するなど拠点性を有している。

旧国鉄のJR東日本のほか、新幹線の新規開業に伴う並行在来線として分離した第三セクター鉄道IGRいわて銀河鉄道および、旧国鉄の既設線および予定線を承継した三陸鉄道がある。

特にJR山田線・岩泉線は国鉄時代から全国一利用者が極端に少ない閑散路線として知られ[要出典]、民営化後も一部区間では列車本数が3 - 4本と数えるほどしかない。後者については事業者より廃止届が提出され、2014年4月1日をもって廃止されバスに転換された[28][29]

貨物扱いについては、盛岡貨物ターミナル駅盛岡市都南地区及び紫波郡矢巾町)および水沢駅奥州市水沢地区)が貨物駅となっている。

県内のその他の路線は下記を参照。なお、普通列車は盛岡市内近郊の区間[注 3]を除いて本数は毎時1本以下である。また、県内における営業列車の運用は臨時列車を除きすべて当日中に終了する(=日付越えの運用は行われていない)。

路線バス

岩手県交通バス

沿岸部と内陸部(特に対北部)を結ぶ鉄道のダイヤが極端に少ないため、公共交通による県域横断の手段としては長距離バスが主力になっている。

自動車交通

内陸部の縦軸の交通には、東北縦貫自動車道国道4号など、自動車を用いた高速交通インフラが整っている。その反面、内陸部と沿岸を結ぶ「横軸」の交通は、いまだ急勾配・急カーブの一般国道レベル(国道106号など)に留まっている。また、道路の舗装率も低く全国最下位である。なお、盛岡市内は道路が入り組んでいることと外環状バイパス道路の整備が不十分であることから、特に朝夕の混雑が激しい。

秋田県秋田市とは、仙岩道路国道46号バイパス)で結ばれており、トンネル橋梁の整備で比較的スムーズな移動が可能である。また地域高規格道路である盛岡秋田道路が整備中で橋場バイパス角館バイパスが一部供用中である。

高速道路

一般国道

県道

自動車のナンバープレート

運輸支局は、広大な県土に対し紫波郡矢巾町所在の本局1箇所のみであり、配下の車両検査事務所は存在しない。

県内で登録される自動車のナンバープレートの地名表記は「岩手」であるが、2014年11月17日より盛岡地域(盛岡市、八幡平市、滝沢市、紫波町、矢巾町)において「盛岡」ナンバー、胆江・両磐地域(奥州市、一関市、金ケ崎町、平泉町)において「平泉」ナンバーの使用が開始された。 ご当地ナンバーも参照。

空港

港湾

重要港湾および主な関連施設を以下に列挙する。


注釈

  1. ^ 例えば県出身者の宮沢賢治が「巌手県」を使用していたことが宮沢賢治記念館が所蔵する郵便物で確認できる。
  2. ^ ステップバイソン参照。
  3. ^ 東北本線の北上駅・日詰駅 - 盛岡駅間およびIGRの盛岡駅 - 滝沢駅・好摩駅間は毎時2本程度。
  4. ^ JNN系列局が存在しない秋田県の全国報道取材も行う。CATV経由で秋田市にも再送信。
  5. ^ 開局当初は盛岡市茶畑二丁目に本社演奏所があった。のちに現在地の盛岡市内丸に移転。
  6. ^ 開局当初は盛岡市盛岡駅前通8番17号の小岩井明治安田ビル2階に本社演奏所があったが、2006年(平成18年)に現在のTVI本社ビル7階へ移転。
  7. ^ 開局当初は水沢市佐倉河に本社演奏所を、盛岡市本宮に業務センターを置いていたが、のちに盛岡業務センターを本社に格上げ・機能拡充する形で演奏所を移転。奥州市の旧本社跡は「めんこい美術館」に衣替えし、業務センターは奥州市に置かれて現在に至る。
  8. ^ FNN/FNS系列局が存在しない青森県の全国報道取材も行う。CATV経由で青森県三八上北地方にも再送信(折爪岳からの電波の直接受信も可)。

出典

  1. ^ 国土地理院. “全国都道府県市区町村別面積調”. 2014年7月17日閲覧。
  2. ^ 岩手県を「巌手県」と書いている本を見かけた。県名に「巌」の字が使われていたのはいつ頃までか。
  3. ^ 国土地理院. “全国都道府県市区町村別面積調”. 2014年6月6日閲覧。
  4. ^ 国土地理院. “日本の東西南北端点の経度緯度”. 2014年6月6日閲覧。
  5. ^ 国土地理院. “岩手県 市町村の役所・役場及び東西南北端点の経度緯度(世界測地系)”. 2014年6月6日閲覧。
  6. ^ 国土地理院. “北海道・東北地方の東西南北端点と重心の経度緯度”. 2014年6月6日閲覧。
  7. ^ a b 総務省統計局. “我が国の人口重心 -平成27年国勢調査結果から-”. 2017年8月14日閲覧。
  8. ^ [1] - 岩手県[リンク切れ]
  9. ^ デーリー東北 - デーリー東北新聞社2006年(平成18年)3月5日確認[リンク切れ]
  10. ^ 岩手日報社、2006年(平成18年)2月12日確認
  11. ^ 細井計「風と人間」2ページ
  12. ^ 細井計、伊藤博幸・菅野文夫・鈴木宏『岩手県の歴史』山川出版社〈県史 児玉幸多 監修 3〉、1999年8月。ISBN 4-634-32030-4
  13. ^ 太政官布告第1号、仙台県ヲ宮城県盛岡県ヲ岩手県ト改称。
  14. ^ a b 岩手日報 - 岩手日報社、2008年1月17日確認[リンク切れ]
  15. ^ 平成27年国勢調査”. 総務省統計局 (2016年10月26日). 2017年7月22日閲覧。
  16. ^ 総務省統計局. “我が国の人口重心 -平成22年国勢調査結果から-”. 2017年8月14日閲覧。
  17. ^ 統計表一覧 政府統計の総合窓口”. 総務省統計局 (2017年4月14日). 2017年7月23日閲覧。
  18. ^ 読売新聞2007年3月13日付朝刊 - 読売新聞社
  19. ^ 岩手の統計情報 - 岩手県庁総務部統計課、2008年5月確認
  20. ^ a b ゲンダイネット[リンク切れ] - 2008年2月28日確認など。
  21. ^ 岩手県 ILCを核とした国際学術研究都市イメージ
  22. ^ 金融資産と負債 - 金融広報中央委員会、2008年6月確認
  23. ^ a b c d e f 市町村民経済計算(概要版)”. 岩手県. 2020年4月11日閲覧。
  24. ^ 農林水産統計 - 農林水産省提供、2008年8月12日確認
  25. ^ 毎日新聞 2008年(平成20年)2月20日付朝刊 - 毎日新聞社
  26. ^ 岩手日報 - 岩手日報社、2008年2月8日確認
  27. ^ 盛岡タイムス - 盛岡タイムス社、2007年8月6日確認
  28. ^ 岩泉線の廃止について (PDF) - 東日本旅客鉄道(2013年11月8日付)
  29. ^ 岩泉線きょう廃止届 押角トンネルなど無償譲渡 - 読売新聞(2013年11月8日付) ※インターネットアーカイブ
  30. ^ 「都道府県別進学率・就園率」島根県庁調査、2008年(平成20年)5月確認
  31. ^ 岩手日報社、2007年(平成19年)2月13日確認
  32. ^ 本堂寛作成の『日本言語学地図』を参照
  33. ^ 私立花巻東高等学校野球部に対する県民栄誉賞の授与について






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岩手県」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

岩手県のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
岩手県の温泉情報



岩手県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岩手県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS