局名告知 告知パターン

局名告知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/21 21:56 UTC 版)

告知パターン

前述の無線局運用規則第138条に基づく情報は、以下の内容である(これらを「ステーションID」「局ID」と呼ぶ場合がある)。

これに以下の情報が加わる場合がある。

局によって細部は異なるが、おおむね以下のようなパターンのアナウンスを行って局名を告知している。テレビの場合、アナウンスしきれない情報は字幕で補っている。

  • オープニングアナウンス例
    (テレビ)「おはようございます。JO**-(D)TV。こちらは、第*チャンネル。うぃきぺでぃあ放送(デジタル)テレビジョンです。ただいまより放送を開始いたします。」
    (AM・FM兼営ラジオ)「おはようございます。こちらは、ラジオうぃきぺでぃあです。ただいまより放送を開始いたします。ラジオうぃきぺでぃあは、JO**・○○放送局から、周波数****キロヘルツ、出力***キロワット。○○FM補完中継局から、周波数**.*メガヘルツ、出力***ワットでお送りします。本日もラジオうぃきぺでぃあの番組でお楽しみください。」
    (FMラジオ)「おはようございます。JO**-FM。こちらは、うぃきぺでぃあFMです。ただいまより放送を開始いたします。うぃきぺでぃあFMは、○○送信所から、周波数**.*メガヘルツ、出力***ワット。○○中継局から、周波数**.*メガヘルツ、出力***ワットでお送りします。今日も1日、うぃきぺでぃあFMとともにお過ごしください。」
  • クロスプログラムにおけるステーションIDアナウンス例 - 規定により、簡略化される場合がある(後述)。
    (テレビ)「第*チャンネル、うぃきぺでぃあ放送(デジタル)テレビジョンです。」 - アナウンスに代え、字幕の表示のみの場合もある。
    (AM・FM兼営ラジオ)「お聞きの放送は、FM**.*、AM****、ラジオうぃきぺでぃあです。」
    (FMラジオ 日本語の場合)「お聞きの放送は**.*メガヘルツ、うぃきぺでぃあFMです。」
    (FMラジオ 英語の場合)「You are listening to Wikipedia-FM. *, *, point *.」
  • クロージングアナウンス例
    (テレビ)「JO**-(D)TV。 こちらは、第*チャンネル。うぃきぺでぃあ放送(デジタル)テレビジョンです。これをもちまして、うぃきぺでぃあテレビの放送を終了いたします。おやすみなさい。」
    (AM・FM兼営ラジオ)「皆さまお聞きの放送は、ラジオうぃきぺでぃあです。これから、朝*時**分まで放送をお休みさせていただきます。ラジオうぃきぺでぃあは、JO**・○○放送局から、周波数****キロヘルツ、出力***キロワット。○○FM補完中継局から、周波数**.*メガヘルツ、出力***ワットでお送りしました。どちらさまも、火の元・戸締まりをもう一度ご確認いただき、ごゆっくりお休みください。お聞きの放送は、ラジオうぃきぺでぃあです。」
    (FMラジオ 日本語の場合)「お聞きの放送は、うぃきぺでぃあFMです。放送機器整備のため、しばらく放送を休止いたします。うぃきぺでぃあFMは、○○送信所から、周波数**.*メガヘルツ、出力***ワット。○○中継局から、周波数**.*メガヘルツ、出力***ワットでお送りしました。午前*時**分から放送を再開いたします。今日も1日、うぃきぺでぃあFMをお聞きいただき、ありがとうございました。JO**-FM。JO**-FM。」

なお、無線局運用規則第138条第3項には、

前項の場合において地上基幹放送局及び地上一般放送局は、国際放送を行う場合を除くほか、自局であることを容易に識別することができる方法をもつて自局の呼出符号又は呼出名称に代えることができる。 — 無線局運用規則第138条第3項

との規定がある。この規定により、各放送局は、第2項にもとづいて行うべき局名告知を、より簡略化されたアナウンス文面や、サウンドロゴジングル)およびステーションソングで代替することができる(JFN系列局ではこれに基づき、JFN共通ジングルを用いている)。

また、無線局運用規則第138条第1項但書(「ただし、これを放送することが困難であるか又は不合理である地上基幹放送局若しくは地上一般放送局であつて、別に告示するものについては、この限りでない。」)の適用を受けた放送局は、呼出符号・呼出名称を省略した局名告知ができる。実例として南海放送のテレビ放送では、アナログテレビ放送の時から呼出符号を省略し[注 3][注 4]、放送局名だけを放送している(アナウンスは「南海放送です」だけである)。

この他の実例は後述。


注釈

  1. ^ デジタルテレビ放送でも、テレビ信州など、(親局の)送信周波数を流す局がある。
  2. ^ デジタルテレビ放送でも、青森朝日放送など、一部の民放テレビ局では中継局の物理チャンネルを流す局がある。
  3. ^ 南海放送は新居浜(JOAL-TV)で独自編成の放送をする予定だったが、実際は松山(JOAF-TV)の放送を中継するだけで独自編成は行わなかったため、コールサインを同時に織り込めなかった。
  4. ^ コールサインの表示および読み上げはアナログ放送の終了時のみである。
  5. ^ テレビ愛知は、デジタル完全移行後に終了。テレビユー福島も2011年7月24日未明をもってアナログバージョンを終了した。静岡第一テレビは、2016年1月の愛称変更に伴い使用を終了。残る放送大学も2018年9月のBS完全移行と同時に使用を終了した。
  6. ^ TBS新放送センター(ビッグハット)移転記念特別番組「ニューTBS 輝き!のスタート」内。
  7. ^ 同局の出演番組『水曜どうでしょう』の番宣企画の一環として。映像は、同番組内の企画「30時間テレビの裏側全部見せます!」内でも放送された他、番組DVD第18弾にも収録。
  8. ^ 2020年夏頃より2022年まではクロージング・オープニングは滅多に放送されず、EPGでは「クロージング」「オープニング」と記載されているものの、実際はその時刻になると5秒間ブラックアウトし、カラーバー(上部に「試験電波発射中 JOOY-DTV」右下に「○年○月○日(曜日) (時刻表示)MBS」とテロップ表示)を流す。放送開始はカラーバーの後、お天気カメラの映像を流し、最初の番組に接続していた。
  9. ^ 少なくとも1990年3月までは、日付をまたぎ24時(翌0時)を過ぎて放送を終えた場合は君が代演奏・国旗掲揚が省略され、ブルーバック字幕による終了アナウンスにとどめたが、同4月以後24時間放送開始まではアナウンス(教育は考える人 (ロダン)の銅像)→君が代・国旗は毎日放送された
  10. ^ 2011年6月以後、教育テレビは呼称の「Eテレ」を基本的に使うが、放送終了時の国歌演奏の時とコールサインのアナウンスの時は例外として従来通りの正式名を使用している
  11. ^ 日曜深夜は一部のFM局を除き、また土曜深夜も一部のAM局が深夜数時間の放送休止枠が設けられているため、その時間にも
  12. ^ 正式社名「兵庫エフエム放送」は読み上げず、対外呼称「Kiss FM KOBE」のみを読み上げる。

出典

  1. ^ 週間番組表 サンテレビ - 「オープニング」「クロージング」を表記。
  2. ^ だいいちテレビホームページ D・I Web →番組表 一部の日付のみ
  3. ^ 基本番組表(2014年9月分) KRYラジオ
  4. ^ 日本放送協会 編『NHKテレビ美術読本』日本放送出版協会、1981年6月20日、156 - 158頁。NDLJP:12276080/87 
  5. ^ 受話器の向こうのNHK 放送センター24時間の記録 - NHK放送史(動画の4分1秒から)
  6. ^ 開く/閉じるいちにち(監督:牧野惇
  7. ^ 開始映像 「開く、いちにち」
  8. ^ 終了映像 「閉じる、いちにち」


「局名告知」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「局名告知」の関連用語

局名告知のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



局名告知のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの局名告知 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS