少年への性的虐待 少年への性的虐待の概要

少年への性的虐待

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/05 07:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
性的虐待 > 児童性的虐待 > 少年への性的虐待

アメリカ合衆国でのLewis Harris and Associates, Inc.による、1996年12月から1997年6月にかけての少年3162人への虐待に関する直接的質問による調査報告によれば、少年への性的虐待率は全体で5%だが、アジア系に限れば9%と、白人(3%)や黒人(3%)よりかなり高い値が出た[1]。また、日本におけるものとしては「子どもと家族の心と健康」調査委員会による1998年の調査があり、299人の男性から回答が得られたのだが、それによれば18歳までの期間に性的虐待を受けたと報告した男性の率は10.0%とされる[2]

概要

男性の性被害は女性のものと著しく異なっている。最も違うのは、被害体験自体の苦痛が同じであるのに、男性はなかなか被害に向き合うことが出来ないという点である。だが、フラッシュバック不安など共通する部分も多い。

男性の場合、加害者が男性であれ女性であれ、いずれでも男性性や性的指向に混乱を引き起こすことが多い。性的虐待を受けた男性は、被害を語る際に女性よりも詳細に語ることが多いが、女性に比べると感情の乖離は著しく、平坦で一本調子な言動が目立つ。自分が男らしくないという恐怖から逃れるため過度に攻撃的になる場合も多い。

さらに、男性の場合は性的自己尊重感尺度の得点は女性よりも全般に低い。デイビッド・フィンケラーの調査では通常は男性52.4ポイント、女性51.6ポイントと性的自尊心は女性のほうが低いのであるが、性的虐待を受けた場合男性40.9ポイント、女性45.7ポイントとなり男性の性的自己尊重感が著しく傷つけられるのが分かる[3]

子供に対する性的幻想を持つことも多く、加害者の多くがかつて性的虐待を受けていたという調査結果もあるが、一方で多くは加害者にはなっていないことも知られている(チャイルド・マレスターの項目も参照)。

全般的に性的虐待を受けた男性は気持ちをなるべく安定させるために強迫行動に走ることが一般的と見られている。この行動としては仕事中毒や金銭の強迫的消費、ギャンブルなどが挙げられ、これらはハイな気分になることで自らの感情を再確認する手段でもあり、また時に不特定多数との性行為を行ったりすることもあり、これらの性行動は自身をトラウマに遭った状況に戻し、解離性トランスを促したり、ストレス誘発性痛覚消失物質オピオイドの発生も促すことができる一方、これらの行動は同時に解離をより酷くしかねないため、自身の危機意識はさらに低下してしまい、HIVなど性感染症のリスクも高め、危険な人物との性行為を拒むことが出来なくなる可能性もある[4]

男性が性被害を受けた場合、結果として誰とも性関係を持たなくなる人もいれば、訳の分からない激しさを感じながら何とか性関係を保っていこうとする人もいる。これは、性的興奮と虐待時の恥辱感が激しく結びついているために、まともにセックスを感じる事ができないためである。

多くの男性の性被害者は男性を恐怖する。これは加害者が男性の場合に顕著であるが、加害者が女性の場合にも見られる。これは、ほとんどの男性は性的虐待を受けるという事実が何を意味するのか分からないと感じるために起こる反応である。ただし、加害者が女性の場合にはその反応は複雑で、女性に対しては激しい怒り・憎しみを催しやすくなる。

男性が性的虐待を受けた場合、感情を表現しない自己、能動的な自己、甘えたがりの自己、被害を受けた自己、行為者としての自己、女性化された自己、放蕩者の自己、過度に男性的な自己、少年の自己などの自己状態が現れる。こうした複数のパーソナリティ・タイプが一人の人間の中に混在し続けると、女児同様に解離性同一性障害をきたすこともある。

加害者が男性の場合

加害者が男性の場合は男児が同性愛であれ異性愛であれ自分自身の性的指向や性的同一性に危機をもたらしやすい。

この疑問が激しくなりやすいのはどちらかというと異性愛の男性である。さらに、虐待時どれだけ自分の性的指向と性自認について自己認識がはっきりしていたかを考慮すると、この問題に関する議論はさらにややこしくなる。かなり低年齢の場合性自認に疑問を持つことが多いが、ある程度年齢が上がり性自認の自己認識がはっきりしてきたときであっても、今度は性役割のほうに不安を持ったりもする。たとえ性自認が安定していても、自分が主に同性愛か主に異性愛かがよく分からないときに虐待を受けた場合には自分が本来的に同性愛異性愛両性愛かとか様々に疑問を持ちやすい。

性的虐待を受けた男児が必ず同性愛者ではないかという誤解は本人と社会に共通のものだが、これは誤解である。だが性的虐待を受けた男児は異性愛であっても、被害を受動にし、同性愛に結びつけた結果として自分自身の性的指向の認識に著しい混乱をきたす。虐待の最中に勃起射精が起こった場合、この混乱はより激しいものとなる。ペニスを挿入され前立腺を刺激されれば本人がどんなに嫌だと思おうと勃起する事が多いのであるが、こうした常識が日本に浸透しているとは言いがたい。

こういった性的虐待の場合には性的指向のセクシュアリティが揺らぐことが多いが、これは本人に激しい苦痛を与える。だが、性的指向を二分法で捉えがちな社会の常識に反し、実際には性的指向のセクシュアリィは複雑で多層的であるとアルフレッド・キンゼイは主張した。

また、異性愛中心主義(ヘテロセクシズム、または異性愛嗜好・ヘテロフィリアとも呼ぶ)に基づく同性愛恐怖(ホモフォビア)の問題も絡む。ホモフォビアはそれ自体性的虐待と呼んでもよいほどの偏見であり、実際には全く同性愛は異常ではない(詳細は同性愛の項目を参照)。

ここで重視すべきなのは性的行動は性的指向ではないという事実である。フィンケラー (1981, 1984) のように、同性愛的傾向を持つ少年のほうが被害に遭いやすい可能性はあるが、ゲイの男性の性的虐待の被害経験の多さから同性による性的虐待が同性愛指向を助長しているのではないかという意見も存在したが、これに対しては性的指向は6〜12歳(ジークムント・フロイトの言う潜伏期)より前に成立すると多くの専門家は認めているにもかかわらず事例はその後に起こることが多いという指摘や、さらにSimari and Baskin (1982) の研究においてほとんどの性的虐待を受けたゲイ男性が自身の同性愛指向をはっきり気づいていたという事実との矛盾など、そう簡単に性的指向が変動するものではないという反論も多い[5]

またゲイの男性の場合、ゲイとしてのアイデンティティを確立する途中において孤独感に苛まれる男児は多いが、その際に性的虐待があったために、性的虐待の事実が自分の孤立感を癒した体験に摩り替わってしまう危険性もある。ゲイであろうと性暴力に伴う屈辱は変わりはないが、そういった屈辱を自らの内に秘めてしまうことが多いようである。

また、加害者が異性愛であるように周囲に振舞っていた場合、子供は同性愛タブーというものを無意識に感じ取りタブーの侵犯意識は非常に強くなる。

加害者はゲイか

かつて、加害者はゲイと考えられてきたが、近時の研究では異性愛者も多いと考えられている。

Groth and Oliveri (1989) は小児性愛者3000人以上を対象にして、彼らを3つのグループに分けた上で研究を行った[6]。一つは少女や少年のみに惹かれる者、もう一つは特に子供に対象が固定されていない者、最後が成人指向から退行した者である[6]。彼らによると、もし同性愛を主に「成人の」男性の対象に限定したものとすると、実際上少年愛者は絶対に同性愛者ではないという[6]。この研究においては、成人男性を指向していた人間が少年を食い物にしたという事例は「全く」存在せず、さらに、特に子供に対象が固定されていない場合や、成人指向から退行した男性は「全て」自分のことを異性愛者だと述べており、実際ホモフォビアである事が多かったという[6]

もっとも、常に挿入する側に立てば自分は異性愛者だと思う場合もあることも考えなくてはならない。例えば、1940年代まではニューヨークのゲイ男性は「トレード」(男性的)と「クイア」(女性的)という様に分けていた。このような考え方の場合はたとえゲイであっても「自分は異性愛だ」と述べる可能性もある。

京都府警科学捜査研究所の宮脇かおり(2013)は、2012年までに某5府県で検挙された男性わいせつ犯のうち、犯行対象(被害者)に男性の年少者(幼児・小学生)が含まれるものを収集し、犯行特徴および加害者属性に関する情報を抽出している。調査では、男性の年少者に対するわいせつ犯のうち、女児も対象とする率は12.4%であり、犯罪経歴がないものに限れば7.0%であった。[7]




  1. ^ Schoen, Cathy; Davis, Karen; DesRoches, Catherine et al. (1998年). “The Health of Adolescent Boys: Commonwealth Fund Survey Findings (PDF)” (英語). Commonwealth Fund. 2011年7月14日閲覧。
  2. ^ 『子どもと性被害』(吉田タカコ、2001年) 52・54・56ページ ISBN 4-08-720095-7
  3. ^ http://www.paedosexualitaet.de/lib/Finkelhor1984/c12.html
  4. ^ 『少年への性的虐待—男性被害者の心的外傷と精神分析治療』(リチャード・B・ガートナー。1999年の書物の宮地尚子らによる日本語訳。2005年) 219・220ページ ISBN 4-86182-013-8
  5. ^ 『少年への性的虐待—男性被害者の心的外傷と精神分析治療』(リチャード・B・ガートナー。1999年の書物の宮地尚子らによる日本語訳。2005年) 139・140ページ ISBN 4-86182-013-8
  6. ^ a b c d 『少年への性的虐待—男性被害者の心的外傷と精神分析治療』(リチャード・B・ガートナー。1999年の書物の宮地尚子らによる日本語訳。2005年) 136・137ページ ISBN 4-86182-013-8
  7. ^ 宮脇(吉本)かおり (2013). “同性を対象とした年少者わいせつ犯の特徴について”. 犯罪心理学研究 51巻特別号: 162. 
  8. ^ 『トラウマとジェンダー—臨床からの声』(宮地尚子、2004年) 22・23・42ページ ISBN 4-7724-0815-0
  9. ^ 『少年への性的虐待—男性被害者の心的外傷と精神分析治療』(リチャード・B・ガートナー。1999年の書物の宮地尚子らによる日本語訳。2005年) 106ページ ISBN 4-86182-013-8
  10. ^ 『子供と性被害』(吉田タカコ、2001年) 54・55ページ ISBN 4-08-720095-7
  11. ^ 『Come Here : A Man Overcomes the Tragic Aftermath of Childhood Sexual Abuse』(Richard Berendzen and Laura Palm,1993年) ISBN 067941777X
  12. ^ Axl Rose” (英語). ローリング・ストーン. 2011年6月12日閲覧。
  13. ^ https://news.livedoor.com/article/detail/8303769/
  14. ^ 『知事の履歴書―横山ノック一代記』 ISBN 4872332253
  15. ^ 『ピカレスク 〜太宰治伝』 ISBN 4-09-394166-1
  16. ^ 大高勝次郎『太宰治の思い出』(たいまつ社、1982年)
  17. ^ 『フロイトとユング』(ロバート・スティール)
  18. ^ 『少年への性的虐待—男性被害者の心的外傷と精神分析治療』(リチャード・B・ガートナー。1999年の書物の宮地尚子らによる日本語訳。2005年) 442ページ(宮地尚子による解説部分) ISBN 4-86182-013-8
  19. ^ ルイ・セロー『ヘンテコピープルUSA』(中央公論新社、2010年)p.99-100
  20. ^ contactmusic.com "Tina Turner - Ike Turner: 'I Lost My Virginity When I Was Six'" 13 October 2005 09:47


「少年への性的虐待」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「少年への性的虐待」の関連用語

少年への性的虐待のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



少年への性的虐待のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの少年への性的虐待 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS