寺田寅彦 関連人物

寺田寅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/15 00:32 UTC 版)

関連人物

後に友人の大河内正敏に請われて入所した理化学研究所や他の研究所などでは、寅彦を慕って「門下生」となった人物が多く、その中には中谷宇吉郎(物理学者、随筆家)[5]坪井忠二(地球物理学者、随筆家)、平田森三(物理学者)などがいる。

なお作家・安岡章太郎は寅彦の長姉・駒の義弟の孫で[6][7]、劇作家・別役実は駒の曾孫にあたる[6][7]。また古代史研究者の伊野部重一郎は寅彦の次姉・幸の孫で[7]、評論家・青地晨は寅彦の娘婿にあたる[7]

父親である寺田利正は土佐の郷士宇賀喜久馬の実兄で[7]井口村刃傷事件で弟の切腹の際、介錯を務めたとされている[7]。 実の弟の首をわが手で刎ねたことがトラウマとなり、利正はしばらく精神を病み、土佐藩下士による討幕には参加せず、学問により社会を変えようと考えるようになり、そのことが寅彦が軍人より学者になることを選んだ伏線となっていると言われている。

家族

  • 五世祖:寺田左七
    • 高祖父:寺田常八(養子、実は寺田新右衛門倅)
    • 高祖母:寺田左七の娘
      • 曾祖父:寺田正重(喜内)
      • 曾祖母:竹内新右衛門の娘・逸
        • 大伯父:寺田源七郎(養子、実は植田万蔵の次男)
        • 大伯母:寺田源七郎妻(寺田正重長女)
        • 祖父:寺田正敬(養子、久右衛門)
        • 祖父の前妻:寺田正敬妻(寺田正重次女)
        • 祖母:寺田正敬後妻(近森氏・政子)
          • 父:寺田利正(養子、実は宇賀市郎平次男、宇賀喜久馬兄)
          • 母:寺田亀(寺田正敬の娘)

顕彰

寺田の業績を記念し、高知県文教協会が「寺田寅彦記念賞」を設立している[8]。寺田に関する作品、および、自然科学を対象とした研究や随筆に対して授与されている[9]


  1. ^ T. Terada (1913). “X-Rays and Crystals”. Nature 91 (2270): 213. doi:10.1038/091213b0. https://doi.org/10.1038/091213b0. 
  2. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)214頁
  3. ^ 小品『天災と国防』(初出は1934年11月、『経済往来』)にあるのは、次の言葉である。
    文明が進むほど天災による損害の程度も累進する傾向があるという事実を充分に自覚して、そして平生からそれに対する防御策を講じなければならないはずであるのに、それがいっこうにできていないのはどういうわけであるか。そのおもなる原因は、畢竟そういう天災がきわめてまれにしか起こらないで、ちょうど人間が前車の顚覆を忘れたころにそろそろ後車を引き出すようになるからであろう。
    経緯は中谷宇吉郎の随筆「天災は忘れた頃来る」に詳しい。
  4. ^ 熊本日日新聞社編纂『熊本県大百科事典』熊本日日新聞社、1982年、418頁
  5. ^ 新版で、中谷宇吉郎『寺田寅彦 わが師の追想』講談社学術文庫、2014年
  6. ^ a b 山田一郎『寺田寅彦覚書』岩波書店、33頁。
  7. ^ a b c d e f 『日本の有名一族』、108-112頁。
  8. ^ 「寺田寅彦記念賞のあゆみ」『寺田寅彦記念賞 - 高知県文教協会』高知県文教協会。
  9. ^ 「寺田寅彦記念賞」『寺田寅彦記念賞 - 高知県文教協会』高知県文教協会。
  10. ^ 評伝に、池内了『寺田寅彦と現代 等身大の科学をもとめて』みすず書房、2005年。
    責任編集『寺田寅彦 いまを照らす科学者のことば KAWADE道の手帖』河出書房新社,2011年


「寺田寅彦」の続きの解説一覧



寺田寅彦と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「寺田寅彦」の関連用語

寺田寅彦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



寺田寅彦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寺田寅彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS