寄生虫 ヒトと寄生虫

寄生虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/21 03:34 UTC 版)

ヒトと寄生虫

日本人の保有率

戦後の日本においては、寄生虫は(病気ではないものの)結核などの感染症と並び国民病の一つとされていた。昭和20年代の全国民の保卵率は70-80%と推定されている[1][リンク切れ]。また、戦後の混乱から脱しつつある1956年富山市が市職員に対して行った検査でも45%の高率となっていた[2]

食生活の変化と寄生虫

近現代におけるヒトの食生活の著しい変化により、従来ヒトの生活に近かった寄生虫の感染例は減少傾向にある。例えば人糞の農作物への利用によって媒介されていたカイチュウの感染例は、化学肥料の普及によって大幅に減少した。しかし動植物の生食が増えることによって、従来はあまり見られなかった新たな寄生虫の症例も増加して来ているという。

正の効用

藤田紘一郎の研究によれば、サナダムシを始めとする寄生虫の一部はアレルギー反応を抑制する成分を分泌しており、副作用の問題などから実用化には至っていないものの、ヒトのアレルギー症状を抑える特効薬として期待されている。寄生虫は人間にとって正の効用を持つ可能性もあるが、一般には病原体であり、安易な使用は危険である。

虫下し

寄生虫を体外に排出するため、駆虫薬を投与する。昔からセンダンが虫下しとして利用されてきた[3]

代表的な寄生虫

ヒトの寄生虫

ヒト以外の寄生虫


[脚注の使い方]
  1. ^ くらしの衛生Vol.43 寄生虫”. 東京都食品環境指導センター (2001年3月). 2021年10月30日閲覧。
  2. ^ 富山市史編纂委員会編 『富山市史 第三巻』p642 1960年 富山市
  3. ^ 今月の薬用植物 2001年4月 せんだん(Melia azedarach 熊本大学薬学部


「寄生虫」の続きの解説一覧




寄生虫と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「寄生虫」の関連用語

寄生虫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



寄生虫のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寄生虫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS