宮田俊哉 宮田俊哉の概要

宮田俊哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/16 14:04 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
みやた としや
宮田 俊哉
生年月日 (1988-09-14) 1988年9月14日(29歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県[1]
身長 172 cm[2]
血液型 A型[1]
職業 歌手俳優タレント
ジャンル テレビドラマ舞台
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品
テレビドラマ
私立バカレア高校
舞台
美男ですね
『ジャニーズ銀座 Youの前にはMeがいる!』
DREAM BOYS』シリーズ
『キフシャム国の冒険』
備考

アイドルグループKis-My-Ft2(2005年 - )

舞祭組(2013年 - )

来歴

人物

ジャニーズ1のアニメオタクとして知られ[11]、本人もそれを公言している[12]。特に筋金入りのラブライバー[注 1]で、推しのμ'sメンバーは、園田海未[13]。2014年2月8日・2月9日には首都圏が大雪の中ライブイベントに参加し、ペンライトのグッズ「ラブライブレード」を入手するために物販の長蛇の列に並んだことを、ラジオ番組『キスマイRadio』で報告している[14]。また、2015年2月18日には、『レコメン!』の3時間生放送を『ラブライブ!』の話題だけで盛り上がったり[13]、2017年10月25日に放送された『CDTVスペシャル ハロウィン音楽祭』ではメンバー全員が女装を披露する中、宮田は『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場するスクールアイドル・Aqoursのメンバーである黒澤ルビィに似たコスプレを披露した[注 2]。その他、好きなアーティストには水樹奈々を挙げており[16]、『アメトーーク!』のアニメソング[11]や『HUNTER×HUNTER』特集回などにもゲスト出演するなどしている[17]

Kis-My-Ft2の2016年のアルバム『I SCREAM』ではソロ曲として「ヲタクだったってIt's Alright!」を発表。自らヒャダインに作詞作曲を依頼して[18]“オタクあるある”を歌い[12]、MVでは「ヲタク宮田の恋愛マスターへの道」をテーマに、実際のヲタク男子を従えて“コール”や“ロマンス”といったヲタ芸ダンスも披露した[18]。これらは共感を呼んでSNSでも話題となり、「宮田俊哉は、オタクでもジャニーズになれると証明した初めての人物であり、さらに言えば清々しいほどのオタクっぷりを見せても女性ファンから支持を得ることができることを証明した稀有な存在」とも評された[12]

作品

ソロ曲

CD収録曲

  • ヲタクだったってIt's Alright!(作詞・作曲:前山田健一) - 『I SCREAM〈完全生産限定 4cups盤〉』収録。[18]
  • 男と女のシネマ(作詞・作曲:浅利進吾) - 『Sha la la☆Summer Time〈初回生産限定盤A〉』に収録されている「スナック SHOW和」(JASRAC作品コード:221-1604-4)の中の一曲。
  • ビューティフルデイズ(作詞:宮田俊哉、作曲:ROCK STONE) - 『DREAM BOYS〈初回生産限定盤特典CD〉』収録[19]

CD未収録曲

  • ヲタクだったってIt's Alright! 〜外伝〜 -『MUSIC COLOSSEUM〈初回生産限定盤B〉』に収録されている『組曲「ボクらのミュージックコロシアム」』挿入歌。JASRAC作品コード:501-2191-0。

ユニット曲

  • Catch & Go!!横尾渉&宮田俊哉&二階堂高嗣&千賀健永) - 1stアルバム『Kis-My-1st』収録
  • Sing for you玉森裕太&宮田俊哉&千賀健永)- 1stアルバム『Kis-My-1st』収録
  • Forza!(玉森裕太 with 横尾渉&宮田俊哉&二階堂高嗣&千賀健永) - 2ndアルバム『Goodいくぜ!』収録
  • Chance Chance Baybee(横尾渉&宮田俊哉&二階堂高嗣&千賀健永) - 2ndアルバム『Goodいくぜ!』収録
  • BE LOVE(玉森裕太&宮田俊哉) - 4thアルバム『KIS-MY-WORLD』収録
  • スナック SHOW和北山宏光&宮田俊哉&横尾渉) - 17thシングル『Sha la la☆Summer Time〈初回生産限定盤A〉』収録



[ヘルプ]

注釈

  1. ^ テレビアニメ『ラブライブ!』および『ラブライブ!サンシャイン!!』のファンのこと。
  2. ^ 黒澤ルビィの声優を務める降幡愛もそのシーンを見たことを明かしている[15]

出典

  1. ^ a b c d e f PROFILE:Kis-My-Ft2 Official Website”. エイベックス・マーケティング. 2013年8月8日閲覧。
  2. ^ 『Kis-My-Ft2-1st』(ファースト写真集)より。
  3. ^ 週刊TVガイド(2011年8月13日 - 8月19日)「キスマイ★ヒストリーBOOK」
  4. ^ “キスマイ宮田、デビュー前の「田組」時代振り返る 中居もあ然「田組って…」”. DAILY SPORTS ONLINE. (2017年6月13日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/13/0010278609.shtml 2017年11月18日閲覧。 
  5. ^ ジャニーズの秘密兵器キスマイ、結成7年でCDデビュー 「一世風靡したい」”. ORICON NEWS. オリコン (2011年8月11日). 2017年11月18日閲覧。
  6. ^ “キスマイ宮田、ドラマデビュー”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2012年4月7日). オリジナル2012年4月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120408024222/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/04/07/0004952060.shtml 2015年10月21日閲覧。 
  7. ^ 宮田俊哉のプロフィール、出演情報、スケジュール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年6月16日閲覧。
  8. ^ a b “キスマイ宮田、冒険ファンタジーで舞台初主演”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). (2013年2月27日). オリジナル2013年3月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130302095151/http://www.sanspo.com/geino/news/20130227/joh13022705060000-n1.html 2015年10月21日閲覧。 
  9. ^ 宮田俊哉のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2013年5月30日閲覧。
  10. ^ 横尾渉; 宮田俊哉; 二階堂高嗣; 千賀健永 (2014年3月31日). Kis-My-Ft2「SNOW DOMEの約束 / Luv Sick」&舞祭組「棚からぼたもち」インタビュー (5/7). インタビュアー:鳴田麻未. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/kismyft2/page/5#interview-busaiku 2017年11月18日閲覧。 
  11. ^ a b キスマイ宮田、『アメトーーク!』初登場!“平成アニソン軍”のリーダーに”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2017年10月8日). 2018年6月16日閲覧。
  12. ^ a b c “オタクすぎる”キスマイ・宮田 ジャニーズ初のオタク代弁者に”. ORICON NEWS. オリコン (2016年7月26日). 2018年6月16日閲覧。
  13. ^ a b “キスマイ宮田「ラブライブ!は人生」!“俺たちの宮田”には「俺のお前たち」”. News Lounge. (2015年2月19日). http://newslounge.net/archives/162097 2015年2月27日閲覧。 
  14. ^ “キスマイ宮田のガチオタぶりに驚愕”. web R25. (2014年3月11日). オリジナル2014年3月12日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/pvCRQ 2014年3月14日閲覧。 
  15. ^ Kis-My-Ft2、女装で全力パフォーマンスが話題に 突然のキスに「発狂した」興奮するファン続出 モデルプレス 2017年10月25日
  16. ^ “キスマイ驚きの改名!?「七階堂高嗣です」”. 日テレNEWS 24. (2013年11月11日). http://www.news24.jp/entertainment/news/1630989.html 2013年11月11日閲覧。 
  17. ^ 宮田俊哉、『アメトーーク!』の「HUNTER×HUNTER芸人」名言連発で賞賛の声”. マイナビニュース. マイナビ (2018年5月25日). 2018年6月16日閲覧。
  18. ^ a b c キスマイ宮田俊哉、新アルバムで「ヲタクソング」!? 自らヒャダインに依頼”. マイナビニュース. マイナビ (2016年5月27日). 2018年6月16日閲覧。
  19. ^ キスマイ玉森裕太主演舞台「DREAM BOYS」DVD化でソロ曲「SURVIVOR」など音源化 千賀健永・宮田俊哉・ジャニーズJr.ら出演〈詳細発表〉”. モデルプレス (2017年8月2日). 2017年9月10日閲覧。
  20. ^ あらすじ|私立バカレア高校”. 日本テレビ. 日本テレビ放送網 (2012年). 2015年4月9日閲覧。
  21. ^ “香取慎吾、松坂桃李、志賀廣太郎、石原さとみ、夏菜が主演『世にも奇妙な物語‘13秋の特別編』ラインナップを発表”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2013年9月30日). オリジナル2015年9月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150909152452/http://dogatch.jp/news/cx/19793 2017年7月6日閲覧。 
  22. ^ 高橋克典主演のBS時代劇に宮田俊哉、小島梨里杏ら”. ザテレビジョン (2015年10月17日). 2015年10月21日閲覧。
  23. ^ キャスト&スタッフ - TBSテレビ:月曜ゴールデン
  24. ^ キスマイ横尾渉・宮田俊哉・二階堂高嗣・千賀健永、4人でドラマ主演 “4者4様”の人生が交錯〈○○な人の末路〉”. モデルプレス (2018年2月27日). 2018年6月16日閲覧。
  25. ^ “ジャニーズ×AKB!「私立バカレア高校」映画化決定!”. シネマトゥデイ. (2012年6月8日). http://www.cinematoday.jp/page/N0042889 2013年3月28日閲覧。 
  26. ^ “キスマイ北山らで「美男ですね」初舞台化”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2011年9月2日). オリジナル2011年10月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111013163034/http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201109020018.html 2015年10月21日閲覧。 
  27. ^ キスマイ北山宏光&宮田俊哉、内博貴、高畑充希らの出演で人気ドラマ「美男(イケメン)ですね」を舞台化”. シアターガイド (2011年9月2日). 2015年10月21日閲覧。
  28. ^ “玉森、「ドリームボーイズJET」に自信 マッチはキスマイに「いつ解散しても大丈夫」”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク&プランテック&プロメテウス・グローバル・メディア). (2013年9月5日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/14876/2 2015年4月5日閲覧。 
  29. ^ キスマイ宮田、新ユニット『Johnnys’5』に白旗「一本取られた」”. ORICON STYLE (2016年6月30日). 2016年9月16日閲覧。
  30. ^ 「DREAM BOYS」にKis-My-Ft2・HiHi Jets、今年のドリボは「さらによくなる」”. ステージナタリー. ナターシャ (2018年6月14日). 2018年6月16日閲覧。
  31. ^ キスマイ玉森裕太が一発大逆転を狙う!? 宮田俊哉と共演の新CMが本日よりオンエア”. TV LIFE (2016年9月16日). 2016年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月10日閲覧。


「宮田俊哉」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「宮田俊哉」の関連用語

宮田俊哉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

二ツ亀海水浴場

F-22

シロッコファン

金明竹

トリストラム

はすば歯車

コンテナ船

ゆりかもめ





宮田俊哉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮田俊哉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS