宮沢賢治 家族

宮沢賢治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 15:00 UTC 版)

家族

宮澤家の始祖は京都から花巻に移り住んだ藤井将監という人物とされる。子孫は明治の初めに姓を宮澤に改める。子孫の一人初代宮澤右八長昌は花巻に呉服屋「宮右」を繁盛させた。その子の二代目右八の代ではますます盛んになり、京都大阪からも仕入れをしていたという。右八の三男が賢治の祖父の喜助である。喜助は真面目で仕事熱心だったが、分家する時ほとんど財産を分けてもらえず、店頭に古着を並べ質屋を始めた[145]。喜助の長男政次郎は15歳の頃から家業を手伝いはじめ、17歳の時から鉄道で関西・四国に出向き、古着や流行遅れになった新古品を大量に仕入れ、店で売るだけでなく卸売もしていた。また株式投資でも成功し、近隣に多くの小作地を有するようになる[146]。花巻出身のジャーナリストで徳富蘇峰の秘書も務めた八重樫祈美子[147]は1935年の文章で、「宮沢先生の一族は、精神的にも物質的にも花巻を壟断する一大勢力」と記し、以後の賢治の研究書や解説書にもこれを踏襲した表現が見られる[148][注釈 9]。これについて研究者の上田哲(うえだ あきら、政治家の上田哲とは別人)は、当時の花巻には梅津家や瀬川家(瀬川弥右衛門が当主)、伊藤家(伊藤儀兵衛が当主)といったずっと規模の大きな「マキ」(岩手方言で「一族」の意味)があったことを指摘し、「『宮沢マキ』は、この地方での有力な一族ではあったが、このような情勢の中では花巻を壟断することはできえないことがわかると思う」と記している[148]

祖父・喜助
1840年9月5日生 - 1917年9月16日没(享年77)
「石に金具を着せたような堅物」で家業を熱心に手伝っていたが、分家してからは古着屋兼質屋を細々と営んでいた。この店は「宮右」から分家(かまどわけ)したので「宮右かまど」と呼ばれた。
祖母・キン
1851年4月9日生 - 1913年3月12日没(享年61)
紫波郡日詰町(現・紫波町)の関家から嫁ぐ。関家は富裕で、囲碁将棋三味線など芸事が好きだったが、キンは質実剛健な性格だった。賢治の弟の清六は、賢治の童話や詩に現れた一面はキンの持っていた芸術的素質から来たものが多いようだと述べている[150]
父・政次郎(まさじろう)
1874年2月23日生 - 1957年12月1日没(享年83)
喜助から受け継いだ家業を盛り立て、「宮澤商店」を栄えさせる。仏教に関心が深く、自費で「花巻仏教会」を作って地元の人たちに毎年仏教講習会を催した。また民生委員調停委員を長く務め、800件もの紛争をまとめた功績で藍綬褒章を受章している[151]。「自分は仏教を知らなかったら三井三菱くらいの財産を作れただろう」と語っていたという[152]
母・イチ(旧姓・宮澤)
1877年1月15日生 - 1963年6月30日没(享年86)
イチの実家の宮澤家も藤井将監の子孫で、イチの父(賢治の祖父)・善治の店は「宮善」と呼ばれた。雑貨商などで巨万の富を築き、花巻銀行、花巻温泉岩手軽便鉄道などの設立に尽力した[7][注釈 10]。慈愛に満ちた人柄で幼い賢治に添い寝しながら「ひとというものは、ひとのために、何かしてあげるために生まれてきたのス」と言い聞かせていたという[154]
妹・トシ
1898年11月5日生 - 1922年11月27日没(享年24)
子供の頃から成績優秀で、岩手県立花巻高等女学校でも4年間首席、卒業式では総代として答辞を務める。卒業後、東京の日本女子大学校家政学部予科に入学する。女学校卒業前に音楽教師との恋の噂の記事が地元の新聞に掲載されたことに傷つき、実家を離れる進学が許可されたのではないかと言われる[155]。女子大卒業前に入院するが、卒業を認められる。体調が回復してから母校の花巻女学校教諭心得として英語と家事を担当するが、翌年喀血、以後は療養生活を送る[156]。1922年11月27日午後8時30分死去[56]。24歳だった。
妹・シゲ
1901年6月18日生 - 1987年9月20日没(享年86)
弟・清六
1904年4月1日生 - 2001年6月12日没(享年97)
賢治に代わって家業を継ぎ、建築材料の卸売・小売りやモーターラジオを扱う「宮沢商会」を開業、賢治が嫌っていた古着商からの転換を果たす[157]。賢治亡き後は、託された原稿の出版に奔走、全集や研究書の編纂に関わった[158]
妹・クニ
1907年3月4日生 - 1981年1月12日没(享年73)

注釈

  1. ^ 献呈写真の自筆記入日付による[1]
  2. ^ 佐藤隆房は旧暦7月19日出生、旧暦8月1日に旧暦で届けを出したための間違いと推測している[4]
  3. ^ 千葉一幹は、賢治が「如来寿量品」の中の「良医病子」(毒を飲んだ子供が父の作った解毒剤を飲めず、「父が死んだ」と嘘を聞かされ、正気に戻って薬を飲んだという寓話)に自身を重ね、不幸は自分が飛躍する契機になると読み取ったのではないかと推測している[22]
  4. ^ 文信社には、太平洋戦争後に釜石市長となった鈴木東民がおり、当時の模様を「筆耕のころの賢治」(筑摩書房版宮澤賢治全集別巻『宮澤賢治研究』、1958年)として書き残している。
  5. ^ 「雨ニモマケズ手帳」に高知尾から「法華文学」の制作を勧められたというメモが残っているが、高知尾によればそのような記憶はなく、ただ法華経修行は出家することではなく、農家は、商人はソロバン、文学者はペンを持ってそれぞれの道で法華経を広めるのが正しい修行と説いたという[45]
  6. ^ 跡地はカザルスホールとなり、その位置はホールの舞台中央付近と推測されている[86]
  7. ^ のちに棟方はこの仕事の記憶がほとんどないと回想している[89]
  8. ^ 原子朗編の『新 宮澤賢治語彙辞典』(東京書籍、1999年)の「レコード」の項では「ポリドールの社長からレコードがよく売れるので、花巻の高喜商店に問い合わせがあり、町一番のコレクター賢治の名を挙げたところ、社長から賢治あてに感謝状がきた」とある。
  9. ^ 一例として山内修(編)『作家読本 宮沢賢治』(河出書房新社、1989年)には「『宮澤まき(一族)』と言えば花巻を壟断する一大勢力であった」という記載がある[149]
  10. ^ 実際は「尽力」というより「協力」と言った方が正確である[148]。花巻銀行は善治が役員に招かれただけ、岩手軽便鉄道も株主として協力した程度という[148][153]。ただし、経営状態が悪化した花巻銀行が1915年に再建された際には善治の息子・恒治(イチの弟)が中心となった[148]
  11. ^ のちに推敲後『洞熊学校を卒業した三人』と改題[159]
  12. ^ メーカーの公称ジャンルはRPGとなっている。

出典

  1. ^ 『新校本宮澤賢治全集 第16巻(下)補遺・資料 補遺・伝記資料篇』筑摩書房、2001年、p.303
  2. ^ a b 盛岡高等農林学校 第13回得業証書授与式」『官報』1918年3月19日、2016年9月21日閲覧。(左ページ左下隅)
  3. ^ 加藤道理 『常用国語便覧』(改訂版)浜島書店、2010年2月3日、343、354頁。ISBN 978-4-8343-1000-9 
  4. ^ a b 作家読本 1989, p. 12.
  5. ^ 堀尾 1991, pp. 25.
  6. ^ 作家読本 1989, p. 14.
  7. ^ a b 作家読本 1989, p. 13.
  8. ^ 千葉 2014, p. 38.
  9. ^ 作家読本 1989, p. 17.
  10. ^ a b 堀尾 1991, p. 29.
  11. ^ a b 堀尾 1991, p. 31.
  12. ^ 作家読本 1989, p. 19.
  13. ^ 作家読本 1989, p. 25.
  14. ^ 作家読本 1989, pp. 26–27.
  15. ^ 堀尾 1991, p. 54.
  16. ^ 作家読本 1989, pp. 34–35.
  17. ^ a b 作家読本 1989, p. 36.
  18. ^ 山下 2008, pp. 52–53.
  19. ^ 作家読本 1989, pp. 37–38.
  20. ^ 堀尾 1991, p. 69.
  21. ^ 千葉 2014, p. 86.
  22. ^ 千葉 2014, p. 88-91.
  23. ^ 作家読本 1989, pp. 42–43.
  24. ^ 作家読本 1989, p. 45.
  25. ^ 特待生選定 盛岡高等農林学校」『官報』1916年3月22日、2016年9月21日閲覧。(左ページ下欄)。
  26. ^ a b c 堀尾 1991, p. 124-126.
  27. ^ a b c 作家読本 1989, p. 54.
  28. ^ 作家読本 1989, p. 52.
  29. ^ 堀尾 1991, p. 95.
  30. ^ 堀尾 1991, p. 130-135.
  31. ^ a b 堀尾 1991, p. 96.
  32. ^ 堀尾 1991, p. 100-102.
  33. ^ 堀尾 1991, p. 146.
  34. ^ a b 作家読本 1989, p. 56.
  35. ^ a b 堀尾 1991, p. 103.
  36. ^ 作家読本 1989, p. 58.
  37. ^ 堀尾 1991, p. 106-109.
  38. ^ 作家読本 1989, p. 59.
  39. ^ 作家読本 1989, p. 62.
  40. ^ 堀尾 1991, p. 113-114.
  41. ^ 作家読本 1989, p. 64.
  42. ^ 山下 2008, p. 81.
  43. ^ 千葉 2014, p. 140.
  44. ^ 作家読本 1989, pp. 70–71.
  45. ^ a b 作家読本 1989, p. 74.
  46. ^ 山下 2008, pp. 84–87.
  47. ^ 堀尾 1991, p. 117-118.
  48. ^ 作家読本 1989, p. 77.
  49. ^ 山下 2008, p. 87.
  50. ^ 作家読本 1989, p. 80.
  51. ^ 堀尾 1991, p. 161.
  52. ^ 堀尾 1991, pp. 243–246.
  53. ^ 堀尾 1991, p. 210.
  54. ^ 堀尾 1991, p. 166.
  55. ^ 堀尾 1991, p. 208.
  56. ^ a b 作家読本 1989, p. 88.
  57. ^ 作家読本 1989, p. 89.
  58. ^ 作家読本 1989, p. 93.
  59. ^ 堀尾 1991, pp. 219–222.
  60. ^ 山下 2008, p. 121.
  61. ^ 堀尾 1991, p. 222.
  62. ^ a b 作家読本 1989, p. 108.
  63. ^ 作家読本 1989, p. 105.
  64. ^ 堀尾 1991, p. 235.
  65. ^ 堀尾 1991, pp. 240–241.
  66. ^ a b 作家読本 1989, p. 112.
  67. ^ 作家読本 1989, p. 119.
  68. ^ 千葉 2014, pp. 246–248.
  69. ^ 山下 2008, pp. 138–139.
  70. ^ 宮沢賢治. “七四三〔盗まれた白菜の根へ〕春と修羅 第三集”. 青空文庫. 2016年10月21日閲覧。
  71. ^ 宮沢賢治. “農民芸術概論綱要”. 青空文庫. 2016年10月21日閲覧。
  72. ^ 宮沢賢治. “〔それでは計算いたしませう〕春と修羅補遺”. 森羅情報サービス. 2016年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月21日閲覧。
  73. ^ 作家読本 1989, pp. 134–136.
  74. ^ 作家読本 1989, p. 139.
  75. ^ 山下 2008, pp. 143–144.
  76. ^ 堀尾 1991, p. 360.
  77. ^ 作家読本 1989, p. 153.
  78. ^ 山下 2008, p. 111.
  79. ^ 作家読本 1989, p. 154.
  80. ^ 堀尾 1991, p. 278.
  81. ^ 作家読本 1989, pp. 158–159.
  82. ^ 堀尾 1991, p. 287.
  83. ^ 堀尾 1991, p. 371.
  84. ^ 堀尾 1991, p. 379.
  85. ^ 作家読本 1989, p. 182.
  86. ^ 御茶ノ水スクエアA館 - NPO神田神田学会
  87. ^ 千葉 2014, p. 256-257.
  88. ^ 作家読本 1989, p. 191.
  89. ^ 作家読本 1989, p. 195.
  90. ^ 作家読本 1989, p. 199.
  91. ^ 作家読本 1989, p. 198.
  92. ^ 堀尾 1991, p. 462.
  93. ^ a b 作家読本 1989, pp. 207–209.
  94. ^ 千葉 2014, p. 259-261.
  95. ^ 山下 2008, p. 178.
  96. ^ 作家読本 1989, p. 214.
  97. ^ 作家読本 1989, p. 180.
  98. ^ 作家読本 1989, p. 181.
  99. ^ 宮沢賢治記念館 - 花巻市
  100. ^ 宮沢賢治、地図の裏に未発表詩 三十数年ぶりの新作”. asahi.com (2009年4月8日). 2016年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月13日閲覧。
  101. ^ 正木晃(話者) (2012年8月26日). 宮澤賢治はなぜ浄土真宗から法華経信仰へ改宗したのか. 日蓮宗. http://www.youtube.com/watch?v=OQnEDI-QYhA&list=PL29809B3CE9F5C44B 
  102. ^ 定方晟『銀河鉄道の夜』と法華経」『東海大学紀要. 文学部』第64巻、東海大学文学部、東京、1995年、 110-88頁、 ISSN 05636760NAID 1100010484022016年9月21日閲覧。110頁。
  103. ^ 色川大吉「歴史家の見た宮沢賢治の光と闇」『色川大吉歴史論集:近代の光と闇』、日本経済評論社、2頁、2013年1月18日。ISBN 978-4-8188-2254-2NCID BB11426978 
  104. ^ 宮沢賢治・自訳エスペラント詩集”. 2016年9月3日閲覧。(このサイトには公表状態でなく、校訂された作品が掲載されている)
  105. ^ 河合隼雄 『猫だましい』 新潮社、2000年5月20日。[要ページ番号]
  106. ^ 南吉Q & A - 新美南吉記念館(「南吉は宮沢賢治を知ってたの?」を参照、20215月16日閲覧)
  107. ^ 山下 2008, p. 30-34.
  108. ^ 千葉 2014, pp. 2–3.
  109. ^ 作家読本 1989, p. 11.
  110. ^ 詩人大木実あて書簡 宮沢賢治学会・会報31号”. 宮沢賢治学会. 2006年2月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年11月10日閲覧。
  111. ^ 勉誠出版株式会社 『月光』 2巻勉誠出版、2010年7月。ISBN 978-4-585-05226-5 [要ページ番号]
  112. ^ a b c 堀尾 1991, p. 36.
  113. ^ 堀尾 1991, p. 63.
  114. ^ 堀尾 1991, p. 136.
  115. ^ 桜井弘『宮沢賢治の元素図鑑ー作品を彩る元素と鉱物』化学同人、2018年、p.3、ISBN 978-4759819663
  116. ^ 宮澤賢治関係資料 - 岩手大学農学部農業教育資料館
  117. ^ 作家読本 1989, p. 95.
  118. ^ 中村節也「作曲家・賢治の宇宙音感◇独特なリズムの8曲残す 童話生んだ音楽センス解明」『日本経済新聞』朝刊2018年7月17日(文化面)2018年7月27日閲覧。
  119. ^ 宮沢賢治を愛する会 『宮沢賢治エピソード313』扶桑社、1996年10月、112頁。ISBN 4594021085NCID BN15493836 
  120. ^ 鎌田としき「宮沢賢治「ビヂテリアン大祭」考
  121. ^ 1918年5月19日 保阪嘉内あて 封書(封筒ナシ)”. 宮沢賢治の童話と詩森羅情報サービス. 2016年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月3日閲覧。
  122. ^ 作家読本 1989, p. 68.
  123. ^ 堀尾 1991, p. 456.
  124. ^ (1921年8月11日)関徳彌あて 封書”. 宮沢賢治の童話と詩森羅情報サービス. 2014年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月3日閲覧。
  125. ^ 宮澤賢治とやぶ屋”. 岩手花巻名物わんこそば やぶ屋. 2017年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月3日閲覧。
  126. ^ 山下 2008, pp. 156–157.
  127. ^ 作家読本 1989, p. 97.
  128. ^ 堀尾 1991, p. 214.
  129. ^ 作家読本 1989, p. 142.
  130. ^ 山下 2008, pp. 152–153.
  131. ^ 千葉 2014, pp. 36–30.
  132. ^ 1932年6月1日(森佐一あて) 下書”. 宮沢賢治の童話と詩森羅情報サービス. 2016年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月13日閲覧。
  133. ^ 堀尾 1991, p. 459-462.
  134. ^ 堀尾 1991, pp. 356–357.
  135. ^ 山下 2008, pp. 145–146.
  136. ^ 山下 2008, p. 105.
  137. ^ 作家読本 1989, p. 186.
  138. ^ a b 堀尾 1991, p. 355.
  139. ^ 作家読本 1989, p. 69.
  140. ^ 山下 2008, p. 106.
  141. ^ 山下 2008, p. 107.
  142. ^ 菅原千恵子 『宮沢賢治の青春: “ただ一人の友”保阪嘉内をめぐって』(初版)宝島社、1994年8月5日、265頁。ISBN 4-7966-0839-7 
  143. ^ 宮沢賢治 『<新>校本宮沢賢治全集』筑摩書房、1997年4月、472頁。 
  144. ^ 菅原千恵子 『宮沢賢治の青春“ただ一人の友”保阪嘉内をめぐって』角川書店、1997年、第一章 2-3頁頁。 
  145. ^ 堀尾 1991, pp. 13–15.
  146. ^ 千葉 2014, pp. 23–30.
  147. ^ 郷土の先人を探す - 花巻市(はなまきまなびガイド)2022年2月11日閲覧)
  148. ^ a b c d e 上田哲・関山房兵・大矢邦宣・池野正樹 編「花巻と宮沢マキ」 『図説 宮沢賢治』河出書房新社、2009年8月12日、99-103頁。ISBN 978-4-309-76129-9  この箇所の執筆は上田哲。
  149. ^ 作家読本 1989, p. 10.
  150. ^ 山下 2008, pp. 16–17.
  151. ^ 堀尾 1991, p. 18.
  152. ^ 千葉 2014, p. 25.
  153. ^ 山下 2008, p. 33-34.
  154. ^ 千葉 2014, pp. 36–37.
  155. ^ 山下 2008, pp. 68–69.
  156. ^ 作家読本 1989, p. 85.
  157. ^ 作家読本 1989, p. 136.
  158. ^ 山下 2008, pp. 34–35.
  159. ^ 宮沢賢治『校本宮沢賢治全集 第7巻』筑摩書房、1973年。
  160. ^ 久世番子 『よちよち文藝部』文芸春秋、2012年10月、98頁。ISBN 978-4-16-375750-6NCID BB10774414 






宮沢賢治と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

宮沢賢治のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宮沢賢治のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮沢賢治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS