宮崎県 人口

宮崎県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/28 06:57 UTC 版)

人口

宮崎県市町村人口増減率分布図(2005年度と2010年度国勢調査から算出)
宮崎県と全国の年齢別人口分布(2005年) 宮崎県の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 宮崎県
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

宮崎県の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

政治

県政

県のシンボル

詳細は宮崎県公式ウェブサイト[9] を参照。

宮崎県き章
宮崎県旗
宮崎県き章
1912年制定
宮崎県旗
宮崎県再置80年を記念して1964年に制定
県の木
「緑のニッポン全国運動」の一環として1966年に県民の投票をもとにフェニックスが県緑化推進委員会で決定され[9]、2003年に全国植樹祭開催を記念して飫肥杉ヤマザクラがそれぞれ制定された。
県の花
宮崎県再置80年を記念してハマユウが1964年に制定
県の鳥
宮崎県再置80年を記念してコシジロヤマドリが1964年に制定。県内では双石山・霧島山に生息する。
宮崎県民歌
現行の県民歌は2代目に当たり、県の再置80周年を記念して1964年に制定された。作詞・酒井祐春、作曲・飯田信夫
キャラクター(ゆるキャラ
2011年11月11日にシンボルキャラクターとして3匹のみやざき犬(みやざきけん)が設定された。それぞれ「ひぃ」「むぅ」「かぁ」と名付けられている。寺島愛子の作品を元にデザイン化された[17]

財政

2012年度(平成24年度)
  • 財政力指数 0.30(都道府県平均 0.46)
    • Eグループ(財政力指数0.300未満)12自治体中1位
  • 標準財政規模 3251億5925万円
  • 経常収支比率 92.9%(都道府県平均 94.6%)
  • 将来負担比率 153.8%(都道府県平均 210.5%)
  • 実質公債費比率 17.1%(都道府県平均 13.7%)
  • 人口100,000人当たり職員数 1,384.77人(都道府県平均 1,110.90人)
  • ラスパイレス指数 105.8(都道府県平均 107.4)

地方債残高

  • 普通会計分の債務 1兆536億5900万円
  • 上記以外の特別会計(公営企業会計)の債務 410億7100万円
2011年度(平成23年度)
  • 財政力指数 0.30(47都道府県平均 0.47)
    • Dグループ(財政力指数0.3以上、0.4未満)12自治体中12位

県内の主な施設

国政

国会

衆議院小選挙区が3。参議院では、全県で1区を構成。(2011年現在)

裁判所

裁判所
検察審査会
  • 宮崎
  • 延岡
  • 都城
簡易裁判所

自衛隊

新田原基地

防衛省

経済・産業

総県民所得 約3兆16億円(全国第36位 国民所得に占める割合0.77% 2000年度調べ。本項目において、以下同じ)、1人当たり県民所得 約256万円(全国第37位 全国平均約308万円の約83% 国内最高である東京都約440万円と比較すると約58%)と低所得の自治体に位置するが、物価水準もそれに伴って低い[18] ため、所得格差ほどの生活水準の低さはない。

県民所得に占める第一次産業の比率が国内で最も高い(5.6% 全国平均は1.2%)。

第一次産業

農業

日本有数の農業県であり、平成29年の統計では、農業産出額全国5位である[19]。温暖な気候を利用し、稲作においては超早場米の生産地として有名であり、また、野菜果実等の促成栽培葉たばこサツマイモ等の商品性作物の生産が盛ん。また、牧畜業乳牛肉牛の全てにおいて日本有数の生産高を誇る。以前はそれほど知名度が高くなかった農畜産物も、2007年に知事に就任した東国原英夫の全国規模のマスメディア露出により急速に知名度を上げている。

県中央部に広がる宮崎平野では、冬季の日照に恵まれた温暖な気候を利用して様々な野菜が栽培されている[20]。1953年から1960年にかけてビニールハウスが普及した[21]

ダイコンの作付け面積は日本国内3位であり、特に秋冬物の生産量は日本一である。切り干し大根は古くから作られていたが、1906年、愛知県から宮崎郡住吉村(現在の住吉地域自治区)へ移住した長谷川弥七らによって本格的な生産が始められた。大正時代に鉄道や港湾が整備されると北部九州方面あるいは東京方面へも出荷されるようになった。初期の産地は宮崎市周辺であったが、後に周辺部へ移り、現在は国富町清武町が主要産地となっている。作付面積は1,000ヘクタール以上、生産量5,500トン、生産額23億円は日本一である[22]

キュウリは1895年、宮崎市上野町(現在は小戸地域自治区に属する)で栽培が始まった。現在では宮崎市西都市国富町新富町綾町が主要産地であり大阪、東京、福岡県へ出荷される。2007年における生産量は60,700トン、生産額は185億円で群馬県に次いで日本国内2位、特に冬春物は1位である[23]

ピーマン昭和初期、高知県からの移住者により本格的な生産が始められ、昭和40年代以降に普及した[24]。現在では西都市、宮崎市、新富町、日南市、国富町が主要産地であり大阪、東京、名古屋へ出荷される。2007年における生産量は29,400トン、生産額は110億円で茨城県に次いで日本国内2位、特に冬春物は1位である[25]

漁業

油津港細島港等を本拠とした沖合遠洋漁業が盛んであり、近海カツオ一本釣り・沿岸まぐろはえ縄ウルメイワシについては漁獲量日本一を誇るが、大消費地に近い漁港で水揚げを行うため、県内の漁港の水揚げ量は少ない。近年では鹿児島県と共に九州産のウナギの養殖でも知られるようになってきている。

林業

国産建築材料の供給基地としての役割を担っている。県木に指定されている飫肥杉シロアリの殺蟻活性成分を持ち、生産高は全国一の生産高を占める。

第二次産業

宮崎県は隣県の大分県と共に、東九州地域を医療機器産業の拠点として整備をする東九州地域医療産業拠点構想(通称・東九州メディカルバレー構想)を発表している。

農産品加工業
焼酎、木工家具、ワイン乳製品など
化学工業
県北の延岡市旭化成発祥の地であり、戦前より九州山地の水資源を活かした水力発電を利用して近代産業化を推し進め、市街地には工場群や関連企業が多数立地し企業城下町を形成している。また、同じ県北の日向市細島港近辺にも、小規模ながら複数の生産拠点を置いている。

近年、同社の製造拠点海外化等の影響を受け生産量は縮小気味であるが、医療・電子の先進分野に力を入れている。

その他
旧・日立プラズマディスプレイ(現在はソーラーフロンティア宮崎第3工場として運用)
宮崎市郊外・東諸県郡では、空港への至近性と純度の高い水資源を活かした半導体PDPソーラーパネル医薬品等の先端産業が立地している。

第三次産業

商業

県の経済規模が小さいほか、交通の便などの事情もあり商圏が県内一円にほぼ限られるため、地域商業の域を出ていない。有力な地元百貨店がなく、顧客の鹿児島・熊本・福岡への流出が見られる。また、地場のスーパーマーケットチェーンも有力なものがなく、イオングループ等進出に対する地元商業の状況は非常に厳しい。

主要な企業

県内に本社または拠点事業所を置く主要な企業を挙げる。


注釈

  1. ^ ただし、大分県には別府ラクテンチケーブル線がある。
  2. ^ 宮崎日日新聞では2011年7月23日付まで、鹿児島県の放送局の番組表を(KTS 串間・三股 33)のようにアナログテレビ放送のチャンネル番号とともに掲載していた(えびの市は吉松中継局、都城市は末吉中継局、串間市と三股町は鹿屋中継局)。
  3. ^ 他には、福井県・山梨県・徳島県佐賀県。2020年3月30日以降は全国視聴率を算出するための機械式調査は行われている(視聴率調査、変わります~2020年3月30日より大幅リニューアル~ (PDF) ビデオリサーチ、2020年2月6日)。なお、本県を含むこれらの県は放送局数が少ないことから、視聴率調査が行われる場合は統計学上、民放が3局以上ある地域と比較して高い数値が出ることになる。一例として、『世界まるごとHOWマッチ!!』の関東地区での番組最高視聴率は33.8%だった(クイズ・ゲーム 高世帯視聴率番組 - ビデオリサーチ)が、宮崎地区においては1985年2月の調査(宮崎放送三十年史を参照)で47.9%であった。
  4. ^ 微小局の大部分とミニサテライト局
  5. ^ 地上デジタル放送の置局計画では大規模中継局
  6. ^ BTV都城局における南日本放送・鹿児島テレビの再送信開始については、番組表『ピッキーちゃんねる』内で2010年に告知されている。
  7. ^ BTV公式サイトでは都城市高崎町を西諸局エリアと扱う一方で、メンテナンス情報では2021年現在も都城局エリアとして掲示している。
  8. ^ 沖縄県はサンゴ礁によって波が減衰しない満潮時に限ってかろうじて波乗り可能であるが、砂が流失しないよう沖に沈められた消波ブロックによって波がない人工砂浜が多い。鹿児島県は、夏季に波が大きい太平洋に面したサーフスポットまでのアクセスが悪い。

出典

  1. ^ 気象庁「観測所気象年報」「宮崎の気象100年」p155
  2. ^ 長津宗重「文化の曙」 坂上康俊・長津宗重・福島金治・大賀郁夫・西川誠『宮崎県の歴史』山川出版社 1999年 10-11ページ
  3. ^ みやざきの101人 - 宮崎県
  4. ^ 諸県郡から南諸県郡として分離。現在の志布志市大崎町等。
  5. ^ 『宮崎県大百科事典』(宮崎日日新聞社、1983年)等。
  6. ^ 県議会のあゆみ - 鹿児島県議会
  7. ^ 宮崎県企画局『宮崎県経済史』1954年
  8. ^ 『図説 日本の歴史16 図説 富山県の歴史』(1993年10月25日、河出書房新社発行)192ページ『富山県の成立』より。
  9. ^ a b c d e f 宮崎県の紹介 Archived 2013年6月17日, at the Wayback Machine. - 宮崎県
  10. ^ 67年前の観光案内冊子発見 - 宮崎日日新聞(2007年11月25日付)
  11. ^ a b c みやざきゲンキTV - テレビ宮崎(2009年8月16日放送分)
  12. ^ 東九州自動車道 佐伯IC〜蒲江IC 開通のお知らせ〜大分市と宮崎市が高速道路で繋がります!!〜 - 国土交通省九州地方整備局 記者発表資料 平成27年1月15日付
  13. ^ a b 平成27年4月1日 東九州自動車道に新高速バス路線誕生!「宮崎・延岡〜大分・別府線」運行開始 〜38年ぶりの直行バス復活を記念し「愛称」募集します〜 (PDF) - 宮崎交通株式会社 News Release 平成27年2月4日
  14. ^ a b 東九州自動車道経由 高速バス 宮崎・延岡〜大分・別府線 公募の愛称決定しました。いよいよ3/5から予約開始! - 宮崎交通株式会社 News Release 平成27年3月4日
  15. ^ 東九州自動車道(椎田南IC~豊前IC間)は平成28年4月24日(日曜)に開通します - 西日本高速道路 九州支社 2016年2月16日閲覧
  16. ^ 宮崎自動車道『山之口スマートインターチェンジ』が平成28年9月24日(土曜)に開通します ―宮崎県内初のスマートインターチェンジ―”. 西日本高速道路株式会社 (2016年8月10日). 2016年8月10日閲覧。
  17. ^ 宮崎県の新しいシンボルキャラクターの愛称及びデザインを発表します! - 宮崎県、2011年11月11日。
  18. ^ 総務省統計局『平成21年平均消費者物価地域差指数の概況』
  19. ^ 農林水産省 平成29年生産農業所得統計(2007年)は全国6位(九州2位)
  20. ^ 宮崎の野菜史 p.28
  21. ^ 宮崎の野菜2009 pp.66
  22. ^ 宮崎の野菜史 p.5, 8, 82, 141
  23. ^ 宮崎の野菜2009 p.3,66
  24. ^ 宮崎の野菜史編集委員会編・発行 『宮崎の野菜史』 p.58、2006年
  25. ^ 宮崎の野菜2009 p.4
  26. ^ みやざきブランド推進本部 完熟マンゴー「太陽のタマゴ」
  27. ^ 「九州各県の道路整備状況」『みやざきの道路2020』 宮崎県県土整備部、2020年 p.2
  28. ^ 「高規格幹線道路」『みやざきの道路2020』p.7
  29. ^ 「第3章 道路」『県土整備行政概要(2020年6月)』宮崎県県土整備部、2020年。
  30. ^ 「道路の整備」『みやざきの道路2020』 p.15
  31. ^ 『五ヶ瀬町史』(1981年)。なお、宮崎日日新聞の番組表にはケーブルテレビで再送信されていないテレビ熊本が掲載されている。
  32. ^ 宮崎日日新聞(2006年1月1日付)
  33. ^ ケーブルテレビを取り巻く現状 (PDF) 総務省、2007年10月5日。有線放送による放送の再送信に関する研究会 第1回の配布資料。
  34. ^ 九州におけるケーブルテレビの普及状況(2009年6月24日) (PDF) 九州総合通信局。
  35. ^ CAB-J MEDIA DATA 2007 (PDF) 衛星テレビ広告協議会(公式サイト)。ただし、ケーブルテレビ・IP放送の合算。
  36. ^ 朝日新聞(1997年10月26日付、宮崎版)。同記事では、1997年9月末時点でパーフェクTV!(現・スカパー!)の加入率が2.09%で1位(2位は福井県で1.69%)であり、NHK-BSやWOWOWの加入率も上位に位置しているとしている。
  37. ^ 調査エリアってどうなってるの? 日テレ営業局 総合ポータルサイト、2021年5月27日閲覧。
  38. ^ 『宮崎放送三十年史』p.240 では日向市付近から四国南部、種子島・屋久島、熊本県人吉市にかけての地域をアナログテレビのカバーエリアとし、鹿児島県大隅半島の大部分と鹿児島市付近については宮崎県内とともに「いうまでもなく」と扱われている。
  39. ^ 『宮崎放送三十年史』p.42
  40. ^ 『五ヶ瀬町史』(1981年)および『椎葉村史』(1994年)。いずれも周縁地域であったため受信は困難であったが五ヶ瀬町では「熊本県知事の名前は知っていても、宮崎県知事の名前は知らない」時期がしばらく続いたという。椎葉村では西部で直接受信されており、中心部の上椎葉では1959年に熊本放送を受信するための共同受信組合が設立された。
  41. ^ 寺岡伸悟「情報通信の地域社会史 ―宮崎県日之影町にみる―」『高度メディア社会における社会倫理の実証的研究 平成9年度研究成果報告書 』船木亨編、熊本大学文学部、科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書、1998年(2004年6月28日時点のアーカイブ)。『宮崎日日新聞』1962年4月22日付記事「みえない県内のテレビ」からの引用として紹介。同論文をもとにした内容を含む『地域表象過程と人間 ―地域社会の現在と新しい視座―』(行路社、2003年)もある。
  42. ^ 朝日新聞(1997年8月8日付、宮崎版)
  43. ^ 宮崎日日新聞(1993年4月21日付、1頁)
  44. ^ 朝日新聞(1993年4月21日付、夕刊8頁、西部本社版)
  45. ^ 宮崎県における一般放送事業者のテレビジョン放送用周波数の変更 - 郵政省(当時)、2000年9月6日
  46. ^ 県に寄せられた主な提言と回答(平成27年度) : 民放3局目の開局について, 宮崎県, 閲覧日:2020年8月16日
  47. ^ 東国原英夫のマニフェスト - 「宮崎どげんかせんないかんが」宣言!「今」の暮らしの充実化 - 東国原英夫後援会
  48. ^ 【宮崎県知事 東国原氏に聞く】 情報産業の振興、誘致に取り組む宮崎県 ソフトバンク ビジネス+IT(2008年3月27日)
  49. ^ 早大研究所、知事マニフェスト84点 「出来レース」と批判も - 宮崎日日新聞(2009年1月19日付) ※紙面記事では「テレビ局の増設」がC評価であることが記載されている。
  50. ^ 宮崎県諸塚地区、美郷地区及び椎葉地区の地上デジタルテレビジョン放送局に予備免許 - 九州総合通信局(2009年8月28日付)
  51. ^ 朝日新聞(1997年11月21日付、宮崎版)に掲載の県情報システム課高度情報係の発言による。
  52. ^ ケーブルメディアワイワイのチャンネルガイド
  53. ^ 有線テレビジョン放送施設の設置許可 九州総合通信局、2010年12月3日。
  54. ^ 町広報高千穂 (PDF) 2011年6月号、12頁。
  55. ^ 夕刊デイリー新聞(2009年9月4日付、3面)
  56. ^ 有線テレビジョン放送施設の設置許可 九州総合通信局、2010年11月24日。
  57. ^ 広報ひのかげ (PDF) 2011年5月号、4頁。
  58. ^ 北郷村の有線テレビジョン放送施設に設置許可 - 九州総合通信局(1999年12月16日付)
  59. ^ サービス内容について - 美郷町公式ウェブサイト。
  60. ^ 宮崎市における「BBIQ光テレビサービス」の提供について - (株)QTnet ホームページより。
  61. ^ 『BBIQ光テレビサービス』概要 (PDF)
  62. ^ 宮崎市のBBIQ光テレビがリニューアル ~鹿児島民放(KYT・KKB)が視聴可能に~ - 株式会社QTnet プレスリリース 2020年5月11日付
  63. ^ 『鹿児島地上デジタル放送及びデジタル市民チャンネル』放送開始のご案内(都城・日南エリアのみ) 2008年9月30日。「地上デジタルチューナー内蔵のテレビで視聴する場合は再スキャンが必要」とある。
  64. ^ 広報しいば2009年3月号 (PDF) 8頁。
  65. ^ 有線テレビジョン放送施設の設置許可 九州総合通信局、2009年9月30日。
  66. ^ [1]
  67. ^ 『村報もろつか』2011年5月号(734号)、11頁。
  68. ^ 有線テレビジョン放送施設の設置許可 九州総合通信局、2010年4月26日。
  69. ^ 『宮崎放送三十年史』p.4
  70. ^ radikoプレミアムでは全国で聴取可能
  71. ^ サービスエリアと放送開始日 - 熊本放送
  72. ^ 会社案内 - 宮崎放送公式ウェブサイト(2007年以前のラジオタイムテーブルにも同内容で掲載)
  73. ^ 『FM Miyazaki time table』(エフエム宮崎、2007年4月)
  74. ^ 平成17年度県内スポーツキャンプ・合宿の状況 - 宮崎県
  75. ^ 平成18年度県外からのスポーツキャンプ・合宿の受入実績について - 宮崎県
  76. ^ 平成20年度県外からのスポーツキャンプ・合宿の受入実績について - 宮崎県
  77. ^ 平成21年度県外からのスポーツキャンプ・合宿の受入実績について - 宮崎県
  78. ^ 平成22年度県外からのスポーツキャンプ・合宿の受入実績について - 宮崎県
  79. ^ 平成23年度県外からのスポーツキャンプ・合宿の受入実績について - 宮崎県
  80. ^ 平成24年度県外からのスポーツキャンプ・合宿の受入実績について - 宮崎県
  81. ^ 平成25年度県外からのスポーツキャンプ・合宿の受入実績について - 宮崎県
  82. ^ 沖縄の観光戻税制度や、航空機燃料税の50%減額など。
  83. ^ 沖縄県と他県を結ぶ空路の航空運賃については、国内他県相互間の同一距離路線に比べて5,000円程度安い。 ※参考:平成19年度税制改正に関する要望 - 定期航空協会
  84. ^ アーカイブされたコピー”. 2007年4月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年1月30日閲覧。 - 静岡県
  85. ^ 宮崎県のインバウンド需要” (日本語). 訪日ラボ. 2020年6月29日閲覧。
  86. ^ 映画の背景”. 映画「寒川」オフィシャルサイト. 映画「寒川」製作・配給プロジェクト. 2012年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月18日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宮崎県」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

宮崎県のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
宮崎県の温泉情報



宮崎県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮崎県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS