宮崎あおい 私生活

宮崎あおい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/06 07:24 UTC 版)

私生活

2007年6月15日、10代の頃から交際していた俳優の高岡蒼佑と結婚するが、2011年12月28日に離婚した[4][5]。2017年12月23日V6岡田准一と結婚(再婚)したことを、2人の連名によるFAXで発表した[6]。挙式や披露宴や新婚旅行などの予定はないとのこと[7]2018年5月19日、岡田の所属するジャニーズ事務所により、第1子妊娠が公表された[8]。同年10月16日、第1子男児出産を発表した[9]

人物

  • 2000年から2001年に放送された『秘密倶楽部o-daiba.com』および『株式会社o-daiba.com〜美少女IT戦士リアルシスターズ』で共演した、栗山千明須藤温子ベッキー松本まりかと仲が良い。過去に出版したフォトエッセー「the+me」では「RSZ(リアルシスターズの略)」が一番大切な仲間と述べていた。4人共フォトエッセーに寄稿している。
  • リンゴの皮剥きが得意であり[注 1]アフラックのCMの中でもその腕前を披露している。
  • 趣味は写真。特技はネイルアート
  • 長く「宮崎」として活動していたが、2005年1月から「宮﨑」という表記に変更した。自身は「どちらでも特にこだわっていません。」とのこと。
  • 女優の満島ひかりとは生年月日が全く同じである。二人は2012年の映画「北のカナリアたち」で初共演した。2017年の映画祭でも共演したことがある[10]
  • 映画とNHKのテレビドラマへの出演が多く、民放のテレビドラマ出演が少ない理由について、「10代のころは若いだけでアイドル視される傾向があったので映画だけに出演したいというこだわりがあったが、今では(ドラマでも映画でも演技者として)伝えるものに変わりはないとわかって、そういうこだわりはなくなった。」と語っている。
  • 『あにいもうと』で大型トラック運転手を演じるにあたり、実際に大型自動車免許を取得している[11]
  • 自身は、女優業に関しては演技が好きなわけではなく、嫌になったら辞めると発言したことがある[12]

出演

※役名が太字表記の作品は、主演。

映画

テレビドラマ

その他のテレビ番組

  • てれび絵本「おとなりさん」(初回放送2006年9月7日 - 純情きらりの放送期間中) - 朗読
  • ザ・ノンフィクション(フジテレビ) - ナレーション(不定期)
    • 「宮崎あおい愛しき津波の島へ」(2006年10月15日) - 出演
    • 「康子のバラ〜19歳、戦渦の日記〜」(2009年8月2日) - 出演(ナレーション・日記朗読)
  • ぴあのピア(2007年1月8日、NHK-BShi / NHK-BS2) - 番組案内・ナレーション
  • MUFGスペシャル 未来の子どもたちへ 地球の危機を救うお金の使い方(2007年9月3日、TBS)
  • トップランナー(2008年11月17日、NHK総合
  • 感動地球スペシャル 宮崎あおい、心にしみるアフリカ〜生命輝く大地・ルワンダ〜(2009年3月1日、テレビ静岡
  • 課外授業 ようこそ先輩「武器を持つ?持たない?〜紛争解決人 伊勢崎賢治」(2009年10月4日、NHK総合) - ナレーション
  • NHKスペシャル「ふしぎがり〜まど・みちお 百歳の詩〜」(2010年1月30日、NHK総合) - ナレーション

ラジオドラマ

テレビアニメ

劇場アニメ

舞台

  • ミュージカル 星の王子さま(2003年8月初演、2005年8月再演) - 星の王子さま
  • その夜明け、嘘。(2009年2月) - 主演
  • ウーマンリブ VOL.12「SAD SONG FOR UGLY DAUGHTER」(2011年6月)

ミュージックビデオ

広告

太字は現在契約中

ポスター




注釈

  1. ^ 小学校の頃に家庭科クラブに所属していたとき、同級生と剥いた皮の長さを競争していたことから、途切れず最後までむくことが出来るようになった(アフラックHPでの本人談)。

出典

  1. ^ “V6の岡田准一さんと宮崎あおいさんが結婚”. NHKニュース (NHK). (2017年12月24日). オリジナルの2017年12月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171224155435/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171224/k10011269951000.html?utm_int=news_contents_news-main_006 2019年4月13日閲覧。 
  2. ^ 小学館から刊行「たりないピース」より
  3. ^ 次期朝ドラ『あさが来た』は波瑠と宮崎あおいの“姉妹ヒロイン””. オリコン (2015年4月24日). 2015年7月17日閲覧。
  4. ^ “宮崎あおいさんと高岡蒼佑さん離婚 「別々の道を歩む」と発表”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2011年12月28日). オリジナルの2011年12月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111228152630/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111228/ent11122816550012-n1.htm 2019年4月13日閲覧。 
  5. ^ “宮崎あおい、高岡蒼佑が離婚を発表”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2011年12月29日). オリジナルの2011年12月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111229010048/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/12/29/0004712028.shtml 2019年4月13日閲覧。 
  6. ^ “岡田准一&宮崎あおい、結婚を正式発表…連名で「未熟な二人ではございますが」”. スポーツ報知. (2017年12月24日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171224-OHT1T50103.html 2017年12月24日閲覧。 
  7. ^ “岡田准一&宮崎あおい、すでに同居中 挙式予定なし”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年12月25日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712250000076.html 2019年4月13日閲覧。 
  8. ^ “宮崎あおいが第1子妊娠! 岡田准一がパパに「今は新たな家族が増える喜び」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年5月19日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180519/mrg18051913000001-n1.html 2018年5月19日閲覧。 
  9. ^ “V6岡田准一&宮崎あおいに第1子男児誕生「産まれてきてくれた奇跡に感謝」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年10月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2121597/full/ 2018年10月16日閲覧。 
  10. ^ “宮崎あおいと蒼井優が映画祭で緊迫――冷戦に巻き込まれた“被害者”女優とは?”. サイゾーウーマン (株式会社サイゾー). (2017年11月18日). https://www.cyzowoman.com/2017/11/post_160138_1.html 2019年4月13日閲覧。 
  11. ^ 宮崎あおいトラック運転手演じるために大型免許取得”. 日刊スポーツ (2018年5月8日). 2018年6月29日閲覧。
  12. ^ “宮崎あおい「髪が長い自分は嫌い」「全然清楚じゃない」。イメージに抗っていた17年前の言葉”. wezzy (株式会社サイゾー). (2018年5月27日). https://wezz-y.com/archives/55122 2019年4月13日閲覧。 
  13. ^ “佐藤健×宮崎あおい初共演! 世界初のLINE連載小説「世界から猫が消えたなら」映画化”. シネマカフェ (イード). (2014年9月16日). https://www.cinemacafe.net/article/2014/09/16/25985.html 2019年4月13日閲覧。 
  14. ^ 渡辺謙主演映画「怒り」に妻夫木聡ら主役級ズラリ”. 日刊スポーツ (2015年8月20日). 2015年8月20日閲覧。
  15. ^ 橋本愛主演作「バースデーカード」10月公開、宮崎あおいと母娘役で初共演”. 映画ナタリー (2016年2月16日). 2016年2月16日閲覧。
  16. ^ “嵐・二宮和也、滝田洋二郎監督と初タッグ 秋元康氏企画映画で天才料理人役”. ORICON STYLE. (2016年7月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2075295/full/ 2016年7月19日閲覧。 
  17. ^ 「宮崎あおい(18)アニメヒロインのアフレコに挑戦」-『レジャーニューズ』紙、2005年6月28日号、22面。
  18. ^ Colorful”. メディア芸術データベース. 2016年11月29日閲覧。
  19. ^ “宮崎あおい&大沢たかおが『おおかみこどもの雨と雪』の声優で初共演!”. Movie Walker (株式会社ムービーウォーカー). (2012年4月5日). https://movie.walkerplus.com/news/article/29349/ 2019年4月13日閲覧。 
  20. ^ 細田守監督最新作、役所広司が主演声優に決定!宮崎あおいら豪華キャスト陣が発表”. シネマトゥデイ (2015年4月13日). 2015年4月13日閲覧。
  21. ^ “オリンパス、宮崎あおいさん・本田圭佑選手を起用した新企業テレビCM & フォトコンテストを実施!”. Sankei Biz. (2014年9月25日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/140925/prl1409251122054-n1.htm 2014年9月26日閲覧。 
  22. ^ “ロート製薬、新感覚スフレファンデーション「SUGAO」を発売、宮崎あおいさんが自転車に乗って爽快感を伝えるTV-CMもOA”. マイライフニュース (ヒューマン・データ・ラボラトリ株式会社). (2014年3月12日). http://www.mylifenews.net/cosme/2014/03/sugaotvcmoa.html 2019年4月13日閲覧。 
  23. ^ “シーチキン食堂はじめました”. は ごろもふーず/シーチキン食堂公式サイト. http://www.hagoromofoods.co.jp/shokudou/ 2014年11月29日閲覧。 
  24. ^ チャットモンチー:橋本絵莉子が「赤道小町ドキッ」を歌唱 宮崎あおい出演CMで”. まんたんウェブ (2015年8月7日). 2015年8月7日閲覧。
  25. ^ “宮崎あおい:宮藤官九郎に“ひんやりです”と言われ苦笑い”. MANTANWEB. (2016年4月11日). http://mantan-web.jp/2016/04/11/20160411dog00m200009000c.html 2016年4月12日閲覧。 
  26. ^ 1000000人のキャンドルナイト”. 2007年9月19日閲覧。
  27. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月18日閲覧。
  28. ^ “山路ふみ子映画賞発表 文化賞に「君の名は。」の新海誠監督”. スポーツ報知. (2016年10月17日). オリジナルの2016年10月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161018172015/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161017-OHT1T50090.html 2019年4月13日閲覧。 


「宮崎あおい」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宮崎あおい」の関連用語

宮崎あおいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宮崎あおいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮崎あおい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS