宝塚市 有名人

宝塚市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 19:23 UTC 版)

宝塚市(たからづかし)は、兵庫県南東部(阪神間)に位置する阪神北県民局管轄区域。国から施行時特例市に指定されている。宝塚市の「塚」は、国や兵庫県では新字体の「塚」を使っているが、市では画数の1画多い「塚」を用いる[1]




注釈

  1. ^ 『宝泉寺縁起帳』(1596年)は宝塚の名の最も古い記録。境内の碑石には「高額比賣命宮、壬辰年六月七日薨、御年六十六歳」とある。
  2. ^ この路線における西宮市の区間は宝塚市の間に挟まれる形をとっている。
  3. ^ 川西市との市境に位置する。登記上の住所は宝塚市である。
  4. ^ 「松が丘」の地名自体は宝塚市と川西市にまたがる地名となっている。
  5. ^ 公共交通機関では、阪急宝塚本線大阪モノレールの併用、福知山線伊丹市営バスの併用、阪急バス(直行便)の利用などが挙げられる。自動車利用の際は、国道176号が市内と大阪国際空港を結ぶ主要経路となる。
  6. ^ そのため、大阪国際空港では通常は、滑走路32L・32Rを使った運用を行う。このときは、離陸機は空港北西側の地域を通過するが、騒音被害を抑えるため、早々に高度を上げて飛び去ってしまう。

出典

  1. ^ 市名の「塚」の「ヽ」について”. 宝塚市. 2015年6月12日閲覧。
  2. ^ 五畿内志』(1735年):江戸幕府編纂
  3. ^ 摂陽群談』1701年、岡田徯志編纂。「宝塚-川辺郡米谷村ニアリ 此塚ノ許ニ於テ物ヲ拾フ者 必ス幸ヒアリ 此ヲ以テ宝塚卜号クル所伝タリ」
  4. ^ 交通事故死 地域差の解消に重点『朝日新聞』1976年(昭和51年)1月14日朝刊、13版、22面
  5. ^ 平成25年(2013年)7月12日発生 市庁舎火災事案検証中間報告書 (PDF) - 宝塚市、2013年9月2日
  6. ^ 議会報「かけはし」第196号(平成21年5月1日発行)
  7. ^ 宝塚市調査年報資料(平成27年版)
  8. ^ 宝塚市HP 厳しい!宝塚市国民健康保険の財政状況
  9. ^ 神戸新聞 2020.6.26. 宝塚市立病院、赤字2億円超 前年比3.4倍に
  10. ^ 毎日新聞 2020.9.2. 宝塚市立病院、6年連続の赤字 昨年度決算見込み /兵庫
  11. ^ サンテレビNews 2021年4月9日
  12. ^ サンテレビNews 2021年4月4日
  13. ^ 令和元年(2019年)7月8日 宝塚市
  14. ^ 会派別議員名簿|宝塚市公式ホームページ
  15. ^ 兵庫県議会/選挙期日と議員任期の「ずれ」の解消に伴う次期県議会議員の任期について
  16. ^ 池田銀行 宝塚市の指定金融機関に決定池田銀行、平成20年12月19日付
  17. ^ 宝塚市指定金融機関の交替に係る告示について宝塚市
  18. ^ 【4月1日(木)より】宝塚市北部(西谷地域)、三田市域 運行内容の変更について (PDF)”. 阪急バス (2021年3月1日). 2021年5月14日閲覧。
  19. ^ “阪急バス、三田市内の2路線廃止へ 2021年4月”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞社). (2020年12月4日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/202012/0013912060.shtml 2020年5月14日閲覧。 
  20. ^ a b 航空機騒音”. 宝塚市. 2013年9月29日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宝塚市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

宝塚市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宝塚市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宝塚市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS