宇宙海賊キャプテンハーロック 主な登場人物

宇宙海賊キャプテンハーロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/09 18:27 UTC 版)

主な登場人物

ハーロック
海賊戦艦アルカディア号を駆り、40人の海賊たちを従えて星の海を疾駆する宇宙海賊。堕落した地球人から宇宙海賊として恐れられる一方で、地球を守るべく自らの信念をかけて謎の侵略者・マゾーンと戦う。
台羽正(だいば ただし)
マゾーンの脅威を警告していた台羽博士の息子。父をマゾーンに殺され、自身も殺されかけるがハーロックに窮地を救われたことでアルカディア号の乗組員となる。ハーロックの姿を通じて男の生き様を学んでいく。
有紀螢(ゆうき けい)
ハーロックの補佐役であり、アルカディア号のレーダーを担当する可憐な美少女。戦闘指揮官として艦載機スペースウルフを操縦したり、アルカディア号の操舵手として舵輪を握ることも。
ミーメ
若き日のハーロックとその友人のことを知る異星人の女性。アルコールを主食とする種族のため酒には目がない。ハーロックに付き添い、アルカディア号の私室で相談相手となることもしばしば。
ヤッタラン
アルカディア号の副長だが、普段はプラモ作りに没頭している。太目の体型であることを気にしており、「ブタ」は禁句となっている。
ラフレシア
宇宙からの侵略者・マゾーンの女王。母星が消滅したため、一族を率いて地球への移住を試みる。

登場兵器

艦船

アルカディア号
ハーロックの乗艦にして本作の主役メカ。ハーロックの友人・大山トチローの手で設計された全長400mの海賊戦艦。艦載機としてスペースウルフ、ボレットなどを搭載する。武装は主砲パルサーカノン、速射砲スペースバスターなど。艦首に内蔵されたラム(衝角)を突き出して敵艦を貫通することもできる。
本作のアニメ終了後に公開された『999』劇場版では船体色を青から緑に変更し、船首を始めとしてデザインも大幅に変更されたアルカディア号が初登場した。
クイーン・エメラルダス号
トチローの恋人エメラルダスの船。ただし、ミーメによれば「破壊され宇宙の原子にかえって消えた船」とのことであり、本作に登場したものはマゾーンの心理作戦による偽物だった。
多くの作品で飛行船に似たデザインで描かれることが多いが、本作ではデザインが異なる。また、アニメ版には登場しない。
デスシャドー号
ハーロックのかつての乗艦。原作の終盤、トチローの墓がある惑星ヘビーメルダーの砂の上に突き刺さった状態で登場。アニメ版には登場しない。
ハーロックの宇宙船
正式名称は不明。アニメ第30話でハーロックとトチローが若いころに駆っていた小型宇宙船。航空機型で垂直離昇が可能。ホラー提督の無敵戦艦エベレストに船ごと捕獲され、その後の消息は不明となる。カラーリングは灰色系。
第31話でエメラーダがトチローの棺を追いかける際に使われたのも同型船だが、これがハーロック達の船の後身なのかは不明である。
宇宙空母ゾネス
マゾーンの主力戦闘艦で、原作第1話冒頭から登場している。円盤状の艦体から四方にブーム(支柱)を伸ばした形状をしており、ブーム先端にそれぞれ双発のエンジンポッドを備えている。艦橋はなく、四方に突き出たノーズにコクピットを備えたシンメトリーなデザイン。外見から目立つ武装は対空砲クラスの小型連装砲塔十六基のみで、他にミサイルも搭載している様子だが[4]、サイズに比較すると火力は空母だというのを除いても貧弱である。だが、企画書の説明文には「戦闘機千二百機。大型爆撃機二十機。上陸用舟艇四百隻。空挺戦車千七百両搭載可」とある。直径800m[5]。なお、ラフレシアは本艦の艦隊を「前衛駆逐艦」群だと述べている。
アニメ版の後期オープニング冒頭では、台羽らが乗るアルカディア号の艦載機からの攻撃により、ゾネスが惑星の地表に墜落する場面から始まる映像に変更されている。アニメでは第18話でパトラスが搭乗したのが初出演で、以後、第26話にカサンドラ。第29話にシラク、第38話でダフネスが乗艦とするなど多用される。艦載機は上下にあるドーム部分が開いて発進する[6]。カラーリングは赤紫と黒。ドーム部分は薄青色。ゲーム『松本零士999』にも登場し、ラーメタル艦と交戦している。
コスモクルーザー
地球でいうところの高速巡洋艦に相当するマゾーンの中型艦。アルカディア号と艦隊規模で対決するも、主砲と宇宙機雷によって蹴散らされる。武装は艦首の固定式大型主砲のみ。艦の頭脳としてマゾーンそのものが生体部品として使われている生きた船である。
原作のエピソードに当たるアニメ版第8話では本艦は登場せず、遙かに小型の強行武装偵察機が艦隊(編隊)として使われており、組み込まれたマゾーンを分析するエピソードも割愛されている。
マゾーン巨大母艦
ゾルの乗るトカーガ宇宙艇の母艦として登場した全長10km、厚さ3kmの巨大艦船。恒星間航行用の大母艦とされる。アニメ版でも登場するが形状は異なり、戦闘母艦を上下逆にしたデザインになっていた(第21話。第23話)。常に膨大なエネルギーを発生させており、余剰エネルギーを船外に放出しているために旗艦ドクラス(後述)同様、全体が白色に輝いている。アルカディア号の攻撃で撃沈された。
マゾーン主力戦闘母艦
アニメ版で登場、フライパン型の艦体上に円柱型艦橋を備えたデザインとなっている。艦尾に四基のエンジンを持ち、艦首には艦載機の発進ダクトを備える。武装は艦首上甲板左右に三連装砲塔が二基。艦首に固定式大型光体砲二門。前期オープニング冒頭では、これがビームによって破壊される場面から始まる。同型艦が多数登場するが、大小様々なサイズがあるらしい[7]。塗装は前期がピンク地にマラカイトグリーン。後期はダークブルー地にブラック。
古代戦艦ピラミッダ
アニメ版で登場するマゾーンの戦艦。本作を特集したロマンアルバムの記述で「全長はアルカディア号の約3倍」とされていることから、全長約1200mとなる巨大戦艦である。船体はさびた鉄のような色をしており、ピラミッドに似た形の艦橋を3つ備える。
第12話ではアレルギアスが、第32話ではダイネスが乗艦として使用したが、金星ではアレルギアスがアルカディア号唯一の死角を攻め立てたものの、そこを狙うのに執着し過ぎてアルカディア号の急旋回に付いていけず、巨体が災いして小回りが利かなかったことで逆に自身の死角を晒し、そこに向けた砲撃と衝角による突撃で敗退する。第32話ではまゆの護送に使われただけで、以降の消息は不明。
デザインは宮武一貴で、「アニメージュ」での本人の弁ではマゾーンメカの中ではかなり面白いもので個人的にはかなりノッたとのことだが、上記でのシーンから「画面で大きさがあまり出ておらず、あっさりやられて情けなかった」と述べている[8]
客船
アニメ第25話に登場。司令カサンドラの乗艦でマゾーン巨大母艦の同型艦であるが、市民を乗せた客船である。アルカディア号の攻撃を前にカサンドラは客船を後退させるが、それが麾下の艦隊に混乱を巻き起こし、次話でカサンドラが市民斬り捨てに動く原因となった。
台羽はボレットでその正体を客船であるとアルカディア号へ報告するが間に合わず、パルサーカノンの一撃を食らって大破する。
市民船
アニメ第26、27話に登場した上下にお碗を合わせたような形状のマゾーン市民の船。27話で連日の戦いで乗員の疲労が濃い状態になったアルカディア号は、これらの市民船を半ば盾にする形で、マゾーン艦隊を牽制して時間稼ぎしようとしたが、第三前衛艦隊が構わずにアルカディア号を攻撃し、その巻き添えを浴びて何隻かが犠牲となり、再びキャラバン内の内紛が噴出してきたことを重く見たラフレシアは、それまで躊躇していたまゆの誘拐を決断する。
偽装病院船
アニメ第40話に登場。赤十字マークが入ったマゾーンの病院船で、医薬品の補給をアルカディア号に打診してきた。しかし、その正体は火器を隠し持った偽装船で接舷時に不意打ちを仕掛けてきたものの、撃退される。
形はマゾーン戦闘母艦のバリエーション(塔型艦橋の上部分が無い)。
マゾーン移民船
アニメ版で登場。マゾーンのキャラバンで使用されている市民船で、上下にピラミッドを張り合わせたような形をしている。戦闘艦と違い特に武装は施されていない。マゾーン一般市民を収容しているものの他に、40話ではトカーガ族を収容したものも登場した。
首都母艦ドクラス
ラフレシアの乗艦にしてマゾーン艦隊の旗艦。設定では全幅5kmとなっており、劇中でドクター・ゼロが「アルカディア号のざっと百倍はありそう」と述べている。マゾーン船団中最大最強のエネルギーを持ち、海賊島のコンピューターを使用してゾルから提供されたコスモグラフ記憶機の解析を行ったものの、艦影をつかむことはできなかった。原作ではその姿を見ることはなかったが、松本の筆でドクラスの初期設定画(「旗艦ドクロス」とある)が描かれており、ロマンアルバムで確認できる。
遠くから見ると白く光る巨大な菱形に見える。真上あるいは真下から見ると円状になっており、その外周(赤道)部には多数の高層建築物と16個の八面体(四角錐を上下に張り合わせたもの)が均等に配されている。
アニメ40話の最後、「ハーロックに小手先の戦術は通用しない」と判断したラフレシアにより、その全貌を現した。舷側にエネルギー吸収装置を装備しているため、エネルギー兵器による攻撃は無効化される。舷側に単装巨大砲を格納してあり、その砲撃でアルカディア号の戦闘機能をほぼ麻痺させた。このため、ハーロックはドクラス内部への侵入を決意する。
ラフレシア御座艦
正式名称は不明。ラフレシアが惑星ヘビーメルダーに赴いた際、自らの足とした円盤形の小型マゾーン艦。武装他のスペックは不明だが、砂中に潜り込んで存在を偽装する能力がある。
大型母艦
トカーガで交戦した大型母艦。戦闘艇(後述)の攻撃を避けて海中に逃げ込んだアルカディア号に爆雷攻撃を掛けたが、反撃であっさりと撃沈される。トカーガ製で動力は旧式な原子力だった。
小型移民宇宙船
アニメ第26話に登場したマゾーンの小型宇宙船で、小型ながらそれなりの人数を運ぶことが可能で、戦闘機を大型化させたようなフォルム。同話でのマゾーン大キャラバン隊の内紛で、ラフレシアの左腕たるマゾーン市民を束ねる文人科学者テシウスと、その腹心の部下サイネスが使用。最初にサイネスが長旅に疲れた一部市民と共にベータ星に向かったものの、司令官カサンドラに叛逆と見なされて攻撃、撃沈される。続いてそうした軍人達との対立により、ラフレシアを見限ったテシウスが自分に従う市民達と共にベータ星に行くのに使用したが、同じくラフレシアから処刑を宣告される。
貨物船BB22
地球の輸送船。各惑星から奢侈品を運んでいたが、ハーロックによって拿捕される[9]
G79型鉱石運搬船
地球の武装船だがマゾーンの無人兵器として使われていた。映像破壊ビームとエネルギー波を武器に襲って来たが、パルサーカノンの一撃で沈黙する[10]
輸送船
アニメ第1話から登場した地球政府の輸送船。地球と植民星間の物資輸送を担っていて、物語冒頭でアルカディア号の略奪を受ける。武装も施されているが、上甲板前後に連装パルスレーザー砲塔のみの「ないよりまし」程度の物に過ぎず、アルカディア号やマゾーン戦闘艦に対抗できる代物ではない。第1話に登場した船には「ドリーム号」との個艦名があった。
潜水艦
アニメ第16話に登場。地球警備隊所属。切田長官自らが指揮を執り、孤島でバカンスを楽しむアルカディア号の乗組員を攻撃する。武装は魚雷、ミサイル他、セイル基部に単装ビーム砲を装備。
ブレーブス号
アニメ17話で登場する地球警備隊の戦艦[11]。多数の三連装砲塔で武装している。艦長は山中でアルカディア号乗組員の魔地も、かつては彼の部下としてこの戦艦に搭乗していた。塗装は白地に翼やマスト部分が赤。
魔地が乗っていた時には、山中の指揮でハーロックと戦ったものの、アルカディア号との性能差は歴然で、主砲の連射攻撃でも決定打を与えられず、アルカディア号の艦橋中央部に設置された速射砲の一撃で戦闘不能になってしまった。その後、魔地と袂を分かった山中と共にマゾーンと戦うために馬の首星雲に向かったが、マゾーンの罠に嵌まって磁場の墓場に迷い込んで遭難し、ハーロックの救援を待たずして白骨化した山中と共に果てて、それを見届けたアルカディア号によって宇宙に葬られた。
エベレスト
アニメ第30話に登場。バッド鉱山を支配するホラー提督の巨大戦艦。無敵戦艦と称しており、名に恥じないだけの高い戦闘力を持つ。若きハーロックとトチローの破壊工作により、機関部などを爆破されて撃沈される。
戦闘艦
アニメ第31話に登場。四角い船体が特徴の地球警備隊所属艦。量産されておりエメラーダ艦に撃沈される他、切田長官が艦隊を指揮してヘビーメルダーの港を襲撃する。
エメラーダ艦
アニメ第31話に登場。艦首に三連装砲塔を一基持つエメラーダの中型海賊船。ヘビーメルダーの港に停泊中、切田長官率いる地球艦隊に撃沈されてしまう。
パトロール艦
小型宇宙哨戒艦。艦首にミサイル発射管を八門備えている。地球艦には珍しくアルカディア号を臨検しようと試みるも、接近されただけで全速逃走したため「腰抜けめ」とハーロックに嘆かれた。
伊一六八型潜水艦戦艦武蔵
第二次世界大戦で日本軍が使用した実在の艦船。アニメ第13話および映画『アルカディア号の謎』でマゾーンの兵器として登場。サルガッソ海域に海底基地を持つ魔女アマンはこれらを使用してアルカディア号及び地球警備隊の戦闘機を攻撃した。原作ではアルカディア号を攻撃した潜水艦がディーゼルエンジンで駆動すること、火薬を使用した魚雷を発射したことまでは判明したものの、結局その正体は不明のままである。武蔵は登場しない。

艦載機・宇宙艇など

ハーロック側

スペースウルフ
アルカディア号の艦載機で、コクピットは単座式。正式名称は宇宙戦闘機SW-190[12]。宇宙空間でも使用可能な戦闘機で、モチーフは第二次世界大戦中のドイツ空軍機「フォッケウルフ Fw190D-9」。武装は機首上部の75mm大口径パルスレーザー砲2門と、両翼にバルカン砲各2門で計4門を備える。アニメ版でのカラーリングは白・青・赤を基調としたトリコロールカラーとなっている。
劇場アニメ『わが青春のアルカディア』でも登場しているが、こちらはカラーリングが実在の戦闘機を意識したものとなり、下部尾翼が廃されている。
コスモウイング(ボレットZ)
アニメ版に登場。アルカディア号の艦載機で小型機のボレット各号支援のための中型輸送機。ロマンアルバムではボレットZと記載されており、同書の記述によれば正式名称は空間輸送中型高速母艦で、ボレットZは愛称とされる[12]が、劇中においてはボレットZと呼称されることはなく、玩具の商品名でもコスモウイングが用いられている。
機体にボレット各号を1機収容し機首を開閉し、各ボレットを放出可能。ボレット支援のほかにも偵察、戦闘、爆撃、救命活動など汎用性に富んだ仕様となっている。
ボレット
アニメ版に登場。原作でも「ボレットでは相手が大きすぎる」との台詞がある[13]。後期オープニング冒頭では、冒頭でボレット各号やコスモウイングが登場するものに映像が一部差し替えられた。
ボレット1号
単座式の小型機。主に台羽が搭乗。武装は胴体左右にビーム砲が各一門。
ボレット2号
地中潜行用メカ。機首側に配された2本のドリルで地中を掘り進むことが可能。8話では、切田の攻撃で逃げ場を失ったハーロック達を救出する場面で登場。宇宙空間での使用も可能で、41話では艦を任されたヤッタラン以外はボレット2号でマゾーン旗艦ドクラス内部に突入した。
ボレット3号
キャタピラの付いた地上走行用マシン。タカトクから発売されていた玩具では、ロマンアルバムP106にて三輪式高速斥候用バギーとして紹介されているものをボレット3号として発売していた。
ボレット4号
6輪車。3号と共に地上探索などの用途で利用された。自走砲であり、車体後部に曲射砲が搭載されている。
コスモバット
単行本第1巻に登場したアルカディア号の艦載機。後部銃座を含めた3名搭乗の3座式全翼型戦闘機で、偵察隊の乗機として3機が登場し、そのうちの1機は拿捕したマゾーンの指揮官ヌレームを乗せて帰還している。零時社の企画書には艦載戦斗機コスモバットと記載され、この機体が主力戦闘機として位置付けられていた。
偵察球(ていさつボール)
単行本1巻に登場。丸い無人の偵察用ドローンで各種センサーやカメラを搭載しており、敵艦内の強行偵察に使用される[14]
スペーストレーラー
アニメ第28話や第34話で使用した大型裝輪装甲輸送車。まゆ探索のため、ユリシーズ星雲にある「人間の星」や「双子の星」でハーロック達が搭乗した。
シーバイク
アニメ第7話登場の水中用の小型潜水艇で、水中翼を備えた赤と白のボディをしたツーシーターのエアカー型。ロマンアルバムP106では海中戦闘用小型艇・シーバイクと記されておりマゾーン海藻に襲われた台羽正を助けるために有紀螢とヤッタランが使用。コクピットは開放型なので、搭乗員は水中服を装着が必須である。

マゾーン側

強行武装偵察機
ハーロックが台羽を「残骸回収」の名目で対峙させ、撃墜させたマゾーンの武装偵察機。機体に天王星を示す紋章が描かれている。アニメ版にも登場するがデザインは異なり、こちらは鏃(やじり)型をした複座機である[15]。塗装はピンク地にマラカイトグリーン。
マゾーン急爆戦闘機
アニメ版で登場。緑色(後期は青色)をしたマゾーンの主力単座戦闘機。ゾネス他の艦載機としてローラやエルザも搭乗している。コズミックカッターという光線機銃を機首に四門搭載。エルザ機のように自己修復機能を備えた特殊型も存在する。大気圏内外兼用で火焔土器を展示する博物館の屋上から出撃した例もある。第41話ではアルカディア号に特攻して、次々に散っていった。エンジンが二つの双発機。
原作でも双発ではないが似た形の機体が登場し、蛍の操るエアカーと接触して双方墜落している[16]
転移艇(ワープボート)
トカーガ星で反乱を起こしたトカーガ人を鎮圧するべく派遣したマゾーンの宇宙艇。メール、フィメール、マナムーメが使用。ラフレシアはこれとは別に同型の宇宙艇をトカーガ星を訪れたアルカディア号の迎撃にあたらせようとしていた。ゾルの小型艇と比較すると、艇と呼ぶにはいささか大型である(実際、ハーロック達は「大型の見たことのないマゾーン艦」だと述べている[17])。機首にビーム砲六門を固定装備。
『999』アニメ第13話でも同型のメカが登場しているが、こちらは宇宙艇ではなく宇宙船扱い。発砲シーンもある。
ゾルの小型艇
ゾルがアルカディア号に侵入した際に使用したカブトガニ型の小型艇。原作に登場したゾルの2人の息子達も同型のものを使用している。アニメ24話では「流星号」という流星のマークが付いた同型のメカをゾルの息子ゾルバとマゾーンのルシアが駆け落ちのために使用している。
劇場アニメ『さよなら銀河鉄道999』でも同型のメカが登場しているが、そちらは大型艦サイズ。
『999』アニメ第23話でも、同型のメカが登場している。
戦闘艇
惑星トカーガ上空で交戦した丸みを帯びたフォルムの小型戦闘艇。アルカディア号の装甲板すら貫くビーム砲を搭載しており、この攻撃で窮地に陥ったアルカディア号を海中に逃げ込ませるほど強力。トカーガ製なのかマゾーン製なのかは語られていない。
マゾーン偵察艇
正式名称不明。単座の小型艇で二隻がデスシャドウ島に着陸し、二人のマゾーンがボール遊びの様な遊戯を行う最中、爆発の揺れに気が付いて地中へ偵察に赴く。その間に、艇はミサイル攻撃で破壊された。
クレオ艇
アニメ第26話に登場した女王ラフレシアの腹心で右腕の近衛隊司令官クレオの専用機で、クレオ自らが操縦し、キャラバン内の移動に使用する。同話ではラフレシアの命令で、ベータ星に脱走したテシウスに引導を渡すためにも訪れた。

地球警備隊

地球警備隊の戦闘機
アニメ版に登場。地球警備隊の三発式単座戦闘機だが、フォルムは直線翼の生えた四角いエアカー風で、あまり軍用機らしくないスタイル。塗装は茶色。武装は機首に光線機銃が2門。
第13話で切田長官自らが編隊を率いてサルガッソ海域でアルカディア号を襲撃したが、魔女アマンが操る幽霊戦艦の介入で蹴散らされ、任務半ばで撤退を余儀なくされる。最終回となる第42話にも登場している。
地球警備隊の戦闘爆撃機
アニメ版に登場。地球警備隊の複座戦闘爆撃機。第15話で北極海で身動きの取れなくなったアルカディア号を爆撃したほか、第38話では切田がまゆを同乗させ、有志と共に護送編隊を組んで襲い来るマゾーン機と交戦している。
大気圏内外兼用で、第33話の大田原長官の特攻にも使用されている。主な武装は光線機銃と爆弾。機体色は茶色。フォルムはF-16風。
地球警備隊の装甲車
アニメ版に登場。地球警備隊の裝輪式戦闘車両。四角いボディと砲1門を持った丸い砲塔を持ち、車体前面に零士メーター風の開口部がある。第1話や第8話にてまゆとハーロックを包囲した。塗装は茶色。
地球警備隊の戦車
アニメ版に登場。第42話でアルカディア号を包囲した地球警備隊の戦車。緑色で単裝砲と砲塔上に機関銃らしき物を備える。装甲車に比べて現代車両らしいデザインにされている。

建造物

海賊島

ハーロック達の根拠地であり、いわゆる秘密基地。いずれもトチローの手で設計された。

第1海賊島
小惑星に扮した、ハーロック達の根拠地の一つ。原作では内部に海岸の立体映像を映し出す部屋があり、ミーメの弁によれば「ハーロックとトチローの血と汗と涙の思い出がある小惑星」とのことだったが、マゾーンの心理作戦によって親友とその恋人の思い出を汚されたことに怒りを憶えたハーロックの手で破壊された。
アニメでは内部に倉庫があり、ハーロックは地球に食糧難が来た時に備え、地球へ物資を運ぶ輸送船から略奪した食料を溜め込んでいた。また、実際の海岸を再現したようなプールと砂浜があり、台羽や有紀たちが楽しいひと時を過ごしていたが、マゾーンの罠により海賊島は内部から破壊される。アルカディア号は海賊島内に閉じ込められそうになるが、間一髪のところで脱出した(6話)。
原作終盤で台羽がデスシャドウ島(後述)を訪れた際、第1海賊島を訪れた旨をミーメとの会話で述べているが、原作の劇中で第1海賊島の内部に入った描写がなされているのはハーロックだけである。
第2海賊島 機械化自動変形小惑星デスシャドウ(デスシャドウ島)
ハーロック達のもう一つの根拠地。ハーロック曰く「軌道を持たない自由小惑星」で、アルカディア号の後方12宇宙キロに位置し、付かず離れず寄り添って移動している。ハーロックによれば、何個かの良質な表面を持つ天然の小惑星を内部加工して組み合わせたものだという。普段は開放型、緊急時には防衛型になるというが、原作・アニメともに開放型の描写でしか登場していない。
内部にはアニメ版の第1海賊島同様に実際の海岸を再現したようなプールと砂浜があり、室内にもかかわらずあたかも青空が広がっているように見える。食糧の自給を考慮し、このプールでは魚のほか、アンタレスガニという人間よりも遥かに巨大になるカニが養殖されている。また、島内には分析室があり、アルカディア号の分析コンピューター以上の処理能力を持つ大コンピューターが設置されている。このほか、ハーロックの弁によれば独立した居住区もあるとのことである。
デスシャドウ島内にはアルカディア号の予備パーツやオプションパーツが置かれており、必要に応じてパーツ交換が可能。また、島内でアルカディア号の修理なども行っている。
トチローの設計思想や嗜好などが反映されており、海岸は熱帯のような気候に調整されているほか、島の表面には歩いて内部に入ることのできる穴がある。
アニメ19話では、新星群の重力圏にとらわれたアルカディア号を収納、同艦の操縦系と連結することでデスシャドウ島の操作が可能となっており、アルカディア号はこれにより前方にある恒星の重力圏を離脱、衝突の危機を回避している。
同じ名前をもつ反物質重力星・デスシャドウが作中に登場しているが、原作では第2海賊島がこの惑星と同じ名前であることについての言及はない。アニメ22話では第2海賊島の名は、この反物質重力星にちなんでトチローにより命名されたことがハーロックの弁で語られている。

マゾーンの建造物

ペナント
マゾーンが地球へ打ち込んだ、光を全く反射しない巨大な黒い球体。直径は約2キロメートル、材質は不明。次元波なる特殊な信号を出してマゾーンのキャラバンを地球へと導いている。表面には古代マヤ文明にも似た文字で、「ここは全能なる、我らマゾーンの第二の故郷なり」と刻まれている。
地球政府の首相はこれを中心にゴルフ場、博物館、オペラ劇場、図書館、ヘルスセンターといった一大総合施設の建設を立案しており、そのスペースや立体図などの計算を台羽に依頼しようとしていた。
アニメ版では地球に潜入しているマゾーン部隊のエネルギー源となっており、最終回でペナントを破壊されたマゾーンはことごとくエネルギー供給を絶たれて全滅した。
第二ペナント
マゾーンが火星のフェラス盆地へ撃ち込んだ第二のペナント。アニメには登場しない。地球に撃ち込んだ物と同種で、二つのペナントにより地球への誘導信号をより強力にする狙いがあるとハーロックは推測している[18]
実験室(仮称)
ペナントに続いてマゾーンが打ち込んだ巨大な風船のようなもので、内部には巨大植物が生息していた。台羽はこれをマゾーンの実験室のようなものではないかと推測している。ドームの外殻部分は軟質のビニールのようなものでできており、アルカディア号が突入した際に破れたもののたちまち復元された。大気成分は分析したヤッタランの弁によれば石炭紀の地球の大気成分と同じで、ハーロックと首相秘書として地球に潜伏していたマゾーンの波野静香の会話から惑星マゾーンの大気と同様であることが判明している。室内の湿度は100%、気温36度に達しており、気密服を着用して内部に入ったハーロックは「じめじめしていやなところだな 気密服の中まで水分がしみ込んでくるようだ」と述べている。
ハーロックと静香が会話を交わした後でドームの外殻が破裂すると、静香も内部の植物も地球の大気に触れて溶けてなくなってしまった[19]
アニメには登場しないが、ドームの外殻部が復元される描写はアニメに登場する海底魔城(後述)が登場する第13話および劇場版で映像化されている。
バミューダ海域の海底ピラミッド
バミューダ海域にマゾーンが建造したピラミッド
「地球がズレて見える」という怪現象が起こった際にズレの中心がバミューダトライアングルであることが判明し、その泥の中に隠れていたがアルカディア号が一号重爆雷を投下したことで姿を現した。表面にはペナント同様に古代マヤの象形文字が刻まれている。内部は大脳神経組織の一部に似た構造を持ち、迷路のように入り組んでいたためにハーロックと共に進入した台羽とヤッタランは迷子になってしまった。中心部は白色の輝く熱のない球体となっていて、カプセル状の装置にマゾーンの遺体が安置されていた。このピラミッドも信号を発振していて、ハーロックは「墓地灯台」と表現している。アニメ版ではピラミッドの周囲に群生する海藻にマゾーンが擬態しており、ピラミッド内のマゾーンの遺体を一人で回収しようとした台羽が海藻に擬態していたマゾーンによって手足を拘束され、サメの餌食になりかけている。
海底魔城
アニメ第13話および劇場版「アルカディア号の謎」で登場。数千年前から地球に赴任していたマゾーンの魔女アマンが造り上げた、サルガッソ海(シブヤン海)の海底にそびえるドーム。ドームの外殻部分は前述の実験室同様に復元能力を有する。内部には帆船複葉機などのクラシックな乗り物や、アマンに眠らされた犠牲者が保存されている。また地上と時間の流れが異なり、アマンによればここでの1日は地上の1年に相当するという。アマンはハーロック以下の海賊達も永遠の眠りに就かせようと目論むが、無人で動き出したアルカディア号の砲撃でアマンと共に滅んだ。後で親友トチローの娘・まゆから『浦島太郎』の昔話を聞いたハーロックは、この話に出てくる竜宮城がアマンの居城と同じだという印象を抱くのだった。
スフィンクス
アニメ第14話に登場。スフィンクス像に偽装された軍事施設で、マゾーンが残した古代遺跡の一つ。切田長官がこれを利用し、内蔵された要塞砲を使ってアルカディア号を砲撃する。
スノーラの居城
アニメ第15話に登場。北極海にある。アマンの海底魔城と同じく、マゾーンとして古代から地球に赴任していたスノーラの居城。城の幻影を纏っているが、スノーラが滅ぶと同時に巨大な機械装置である本体の姿を現し、パルサーカノンで破壊される。
トカーガ星の海底ピラミッド
原作終盤に登場。トカーガ星には2000以上の無数のピラミッドが海底を埋め尽くすほどに林立しており、台羽が連れ込まれたピラミッドは特に大きなもので台羽の救出に向かったアルカディア号を待ち受けるように口が開いていた。内部はミーメ曰く「ヒトツノ宇宙ノヨウ」であり、マゾーンの「種」がまたたく星のように浮遊している。ハーロックはこのピラミッドが時間的にも空間的にも外部から遮断されたマゾーンの胎内、幼少期のゆりかごのようなもので地球や他の惑星にも同様のものがあったのだろうと推測しており、マゾーンが広大な生存圏を確保していることが判明した。
トカーガ族の反乱鎮圧のためマゾーンがトカーガ星を消滅させたことにより、海底のピラミッド群も消滅している。
ピラミッド
アニメ最終話に登場した海底ピラミッドとは異なるものの、マゾーンが造った古代遺跡ピラミッドで、内部に戦闘艦や戦闘機が隠されており、地球に潜み、残っていたマゾーン潜入部隊はこれを始動させ、最後の攻撃を仕掛けてきた。

その他の建造物

聖ジョバンナ学園
アニメ版に登場。ハーロックの親友の娘・まゆが通うキリスト教系の学園。崖の上に立つ礼拝堂にまゆはいつも通っていて、ふくよかな体形の女性が院長を務めている。また、まゆを陰険なやり方でいじめる舎監としてマゾーンが潜伏していた。第2話では地球防衛軍の軍人・切田にハーロックからもらったオカリナを屋根の上の十字架に放り投げられ、取ろうとしたところを落下してきたペナントの衝撃でバランスを崩して屋根から落ちたが、ペナント落下で生じた爆風により奇跡的に命を取り留めている。
まゆがハーロックの身を案じて礼拝堂内のキリスト像に祈りをささげる場面なども描かれた。
ハーロックホーム
アニメ最終回に登場。マゾーンとの戦いが終わった後、子供好きの魔地機関長が院長を務める孤児院。アルカディア号の艦橋を模したデザインとなっている。



  1. ^ 日本以外ではハーロックの綴りを"harlock"とするのが一般的となっている。
  2. ^ 漫画家の島本和彦は、ラジオ番組『島本和彦のマンガチックにいこう!』第41回で本作を取り上げた際、少年時代の当時を振り返って買いづらかったことを語っている。
  3. ^ セリフ中の鉄郎の字が誤植により「哲郎」に変わっている。第5巻207頁。
  4. ^ アニメ版ではノーズに単裝エネルギー砲を備えている(第18話)。
  5. ^ 東映動画刊『宇宙海賊キャプテンハーロック』6頁より。
  6. ^ アニメ第25話での描写より。
  7. ^ 秋田書店刊『宇宙海賊キャプテンハーロック』PART-3によると、高速戦闘艇。中型駆逐艦。大型駆逐艦などに分類されてはいるが、形はどれもこの戦闘母艦である。14-15頁。
  8. ^ 81年発刊『スタジオぬえのデザインノート』中の宮武コメント。
  9. ^ 第1巻32-34頁。
  10. ^ 第1巻56-62頁。
  11. ^ 地球警備隊の表記は秋田書店刊『宇宙海賊キャプテンハーロック』特集号PART-3、16頁より。
  12. ^ a b 徳間書店 ロマンアルバムデラックス30号「キャプテンハーロック」P106。
  13. ^ 単行本第5巻119頁。
  14. ^ 単行本第1巻60-62頁。
  15. ^ 別名「雷撃戦闘機」とも称される。秋田書店刊『宇宙海賊キャプテンハーロック』PART-3、14頁。
  16. ^ 第1巻48頁。
  17. ^ 第5巻36頁。
  18. ^ 第3巻122-128頁。
  19. ^ 単行本(サンデーコミックス)第1巻163-164頁。
  20. ^ 『動画王 Vol.4 侵略SF特集』キネマ旬報社、1998年、p.34。
  21. ^ a b 『フィギュア王』No.106、ワールド・フォトプレス、2006年11月。『宇宙海賊キャプテンハーロック』特集。松本零士、上原正三インタビュー。
  22. ^ 小出正志、昼間行雄「日本のアニメーションの発達とともに歩んで 劇場用アニメ監督りんたろうさん」『アニメクリエータになるには』ぺりかん社、2003年、pp.17-18。
  23. ^ 別冊プレイコミック『ビッグまんがBook 宇宙海賊キャプテンハーロック 漫画特集号』、秋田書店、1979年1月、P.186。
  24. ^ 『オリコン・チャートブック LP編 昭和45年 - 平成1年』オリジナル・コンフィデンス、1990年、333頁。ISBN 4-87131-025-6
  25. ^ プロフィール 水木一郎、日本コロムビアオフィシャルサイト - 2019年3月14日閲覧。
  26. ^ a b 赤星政尚、高橋和光、早川優「第6章 つい話したくなるヒーロー&ヒロインのおもしろ裏話 73|『ハーロック』の原作にはない少女の存在が問いかけるものは?」『懐かしのTVアニメ99の謎〈東映動画 編〉』二見書房、1995年1月25日、ISBN 4-576-94199-2、181-182頁。
  27. ^ アニメージュスペシャル ロマンアルバムデラックス30号「キャプテンハーロック」( 徳間書店刊 1980年)59頁での松本のコメント及び77頁のキャラクター解説より。
  28. ^ ロマンアルバム・デラックス30 宇宙海賊キャプテンハーロック、P63。
  29. ^ 『アニメージュ』1986年5月号、徳間書店。
  30. ^ ロマンアルバムエクストラ『わが青春のアルカディア』 110頁
  31. ^ アニメージュスペシャル ロマンアルバムデラックス30号「キャプテンハーロック」( 徳間書店刊 1980年)59頁での松本のコメントより。
  32. ^ 山口康男『日本のアニメ全史 世界を制した日本アニメの奇跡』テン・ブックス、2004年、p.113。
  33. ^ 清谷信一『ル・オタク フランスおたく事情』ベストセラーズ、1998年、p.41。
  34. ^ 古田尚輝『鉄腕アトムの時代 映像産業の攻防』世界思想社、2009年、pp.256-257。
  35. ^ 草薙聡志『アメリカで日本のアニメは、どう見られてきたか?』徳間書店、2003年、pp.150-151,163-164。
  36. ^ a b 徳間書店 ロマンアルバムデラックス30号「キャプテンハーロック」P111
  37. ^ a b 徳間書店 ロマンアルバムデラックス30号「キャプテンハーロック」P112
  38. ^ 河北新報』1978年4月5日 - 1979年2月14日付朝刊、テレビ欄。
  39. ^ a b 日刊スポーツ』1978年5月12日付、テレビ欄。
  40. ^ 福島民報』1978年3月14日 - 1979年2月13日付朝刊、テレビ欄。
  41. ^ 『福島民報』1978年4月11日 - 1979年2月14日付朝刊、テレビ欄。
  42. ^ 『日刊スポーツ』1979年1月25日付、テレビ欄。
  43. ^ 北國新聞』1979年3月1日 - 3月7日付朝刊、テレビ欄。
  44. ^ 『北國新聞』1979年5月3日付朝刊、テレビ欄。
  45. ^ 青森テレビで放送されたテレビ朝日系番組は、1975年の青森放送とのネットチェンジ時の経緯もあり最小限の編成かつ朝日放送・名古屋テレビ制作番組が中心だったため、テレビ朝日制作番組は少なかった。
  46. ^ テレビ山口はJNN排他協定の都合上一般番組供給のネット保障のみだったが、山口放送は報道ネットワークにも参加した。また山口放送は日本テレビ系列を優先ネットとしていたことや、テレビ山口がテレビ朝日系列からは円満脱退の形を取っていたため、あぶれた番組を引き続き引き受けていた。
  47. ^ 以前の設定とは異なる全長約500メートルを基準に製品化されているため、1/1500ながらもアオシマやタイトーの製品とほぼ同サイズ。
  48. ^ 元々搭載出来ない造りになっているとはいえ、コスモウイングはモールドされた艦底部ハッチのサイズに合わない。
  49. ^ 実ドライブ1台(当時のノートPCに多かった構成)でのプレイの考慮と、モノクロ8階調グラフィック
  50. ^ 【独占スクープ】アルカディア号の戦力やいかに 『戦の海賊』×『キャプテンハーロック』コラボ詳細”. ファミ通App. 2016年1月25日閲覧。
  51. ^ a b 「キャプテンハーロック~次元航海~」舞台化!林野健志、扇けいら出演”. ステージナタリー (2016年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  52. ^ ORICON STYLE SMAPのTV出演情報
  53. ^ 『「キャプテンハ―ロック」スペシャルコンセプトルーム』ホテルグランパシフィック LE DAIBA





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宇宙海賊キャプテンハーロック」の関連用語

宇宙海賊キャプテンハーロックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宇宙海賊キャプテンハーロックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇宙海賊キャプテンハーロック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS