孝謙天皇 陵・霊廟

孝謙天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/06 04:15 UTC 版)

陵・霊廟

称徳天皇 高野陵
奈良県奈良市

(みささぎ)は、宮内庁により奈良県奈良市山陵町にある高野陵(たかののみささぎ、北緯34度41分54.01秒 東経135度47分15.06秒 / 北緯34.6983361度 東経135.7875167度 / 34.6983361; 135.7875167 (高野陵(称徳天皇陵)))に治定されている[25][26][27]。宮内庁上の形式は前方後円。遺跡名は「佐紀高塚古墳」で、墳丘長127メートルの前方後円墳である。

ただし、本古墳は佐紀盾列古墳群を構成する前方後円墳であり、その比定は疑問視されている。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の一つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

在位中の元号

孝謙天皇・淳仁天皇・称徳天皇の在位期には、日本の歴史上で4文字の年号が唯一かつ連続的に用いられ、この時期を「四字年号時代」と呼ぶこともある。4字年号が導入されたのは、女子である孝謙天皇の即位に際し、武周女帝である武則天が4文字年号(天冊万歳万歳登封万歳通天の3つ)を用いた例に倣ったとする指摘がある[28]

孝謙天皇

称徳天皇

関連作品

漫画
小説
映画
テレビドラマ

注釈

  1. ^ 木本好信の指摘によれば、橘奈良麻呂の乱の時に奈良麻呂らは光明皇太后に鈴印の行使を求めようと計画しており、恵美押勝の乱の時には孝謙上皇が淳仁天皇から鈴印を奪っていることから、聖武上皇の崩御後は鈴印は光明皇太后が保持して孝謙・淳仁両天皇には引き渡されず、皇太后崩御後は直接淳仁天皇に引き渡されて天皇の居所である中宮院に保管されていたとみられる。つまり、孝謙天皇は在位中一度も鈴印を保持することができなかったことになる。
  2. ^ ただし、孝謙上皇側も授刀衛の把握など、自己の軍事準備を進めており、仲麻呂側も具体的な反乱計画を持っていたというよりは、上皇側からの攻撃を警戒して準備を進めたとする見方もある(木本好信「私の仲麻呂像 -反逆者像の払拭と政治観-」『奈良平安時代史の諸問題』56 - 58頁、和泉書房、2021年)。

出典

  1. ^ 告井幸男「名代について」『史窓』第071巻、京都女子大学史学会、2014年2月、1-21頁、ISSN 0386-8931 
  2. ^ 渡辺、287-290p
  3. ^ 樋口・佐藤、146p
  4. ^ 中野渡俊治「『続日本紀』天平宝字二年八月庚子朔条「上臺」考」(初出:『歴史』第110輯(2008年)/所収:中野渡『古代太上天皇の研究』(思文閣出版、2017年) ISBN 978-4-7842-1887-5
  5. ^ 中野渡俊治「孝謙太上天皇と「皇帝」尊号」(初出:『日本歴史』649号(2002年)/所収:中野渡『古代太上天皇の研究』(思文閣出版、2017年) ISBN 978-4-7842-1887-5
  6. ^ 渡辺、298-299p
  7. ^ 樋口・佐藤、147p
  8. ^ 鈴木琢郎「奈良時代の大臣任官と宣命」(初出:『日本歴史』675号(2004年)/所収:鈴木『日本古代の大臣制』(塙書房、2018年) ISBN 978-4-8273-1298-0 2018年、217-220p
  9. ^ 渡辺、313-314p
  10. ^ 木本好信「私の仲麻呂像 -反逆者像の払拭と政治観-」『奈良平安時代史の諸問題』59頁、和泉書房、2021年
  11. ^ 渡辺、314p
  12. ^ 樋口・佐藤、148p
  13. ^ 木本好信「私の仲麻呂像 -反逆者像の払拭と政治観-」『奈良平安時代史の諸問題』52 - 56・61頁、和泉書房、2021年
  14. ^ 渡辺、316-317p
  15. ^ 渡辺、323-324p
  16. ^ 岡野友彦 『院政とは何だったか』 PHP新書 kindle版 1709/2316 (2013年)
  17. ^ 渡辺、326p
  18. ^ a b 渡辺、324p
  19. ^ 渡辺、327p
  20. ^ 上野正裕「称徳王権論」『日本古代王権と貴族社会』八木書店、2023年、P238-240.
  21. ^ https://www.sankei.com/article/20161028-QEOCFWYB5BNADDD5HYS7BMQ5I4/2/
  22. ^ 渡辺、336p
  23. ^ 渡辺、337p
  24. ^ 上野正裕「称徳王権論」『日本古代王権と貴族社会』八木書店、2023年、P255-257.
  25. ^ 天皇陵(宮内庁)。
  26. ^ 宮内省諸陵寮編『陵墓要覧』(1934年、国立国会図書館デジタルコレクション)9コマ。
  27. ^ 『陵墓地形図集成 縮小版』 宮内庁書陵部陵墓課編、学生社、2014年、p. 409。
  28. ^ 「なぜ奈良時代には四文字の元号があるのか?」岡山県立図書館) - レファレンス協同データベース


「孝謙天皇」の続きの解説一覧




孝謙天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「孝謙天皇」の関連用語



3
天平勝宝 デジタル大辞泉
100% |||||

4
飾りを下ろす デジタル大辞泉
100% |||||


6
天平宝字 デジタル大辞泉
100% |||||

7
称徳天皇 デジタル大辞泉
100% |||||

8
大弼 デジタル大辞泉
78% |||||



孝謙天皇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



孝謙天皇のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの孝謙天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS