子供 歴史的概念

子供

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 04:00 UTC 版)

歴史的概念

古代ギリシア

古代ギリシア時代のアレクサンドリアのフィロンが著した『世界の創造』の中には、エレジーの形式で書かれたソロンの子供観を載せた部分がある。これは、人の一生を7年刻みの段階で表した。男子の場合、身体が成熟する時期は第4の7年(22-28歳)、精神が成熟する時期は第6の7年(31-42歳)であり、これに満たない年齢は成年とはみなしていない。フィロンは、同じ7年刻みによるヒポクラテスの見解も採録しており、7歳以下は小児 (παιδιον)、14歳までは子供 (παις)、21歳までは少年 (μειρακιον)、28歳までを若者 (νεανισκος) と呼んだ[29]。ただし、当時の子供を指す用語は、παιςτεκνον の2つが主流であったと考えられる。παις は子供以外にも「奴隷」や「同性愛者たち」など他の概念も指す広い用語で、その意味はインド・ヨーロッパ語系の「小さい」「重要ではない」が語源である。τεκνον は「生む」の τικτω から派生した単語である。例外はあるが、παις は子供と父親の、τεκνον は子供と母親の関係を元に作られた言葉と考えられる[29][30]。そして概念的には、男子の場合は「デモス」(人民)登録以前、女子の場合は結婚前を「子供」と考えることが一般的だった[29]

プラトンアリストテレスは、この7年段階での成熟を基礎に子供が大人になる時期を考察した。プラトンの『法律』や『政治学』では、結婚可能となる年齢を男性では30-35歳、女性は16-20歳に法律で定めるべきと論じられている。その根拠には、それぞれの性においてこの年齢時から生殖能力が充実するためであり、また男子の場合は父親が生殖限界となる70歳を迎え、相続に適するタイミングになる点を挙げた[29]。アリストテレスは『動物誌』にて、人間の成長を7年刻みの説で人間の成長段階を表し、大人とはアテネ五百人評議会 (βουλη) に名を連ねて公職に就く資格を持つ者を指し、それ以前の段階では「想定上の」または「見習い」市民に過ぎないと述べた。そして『ニコマコス倫理学』の中で、子供と動物は自発的行動を取る事は可能だが節度に欠き、選択を行使することはできず、欲望や激情に左右される。そのため理性を持つ者に監視されなければならないと言った[29]

「子供の発見者」とも評される[31]ジャン=ジャック・ルソー

子供という概念の形成

フランス歴史学者フィリップ・アリエスが著書『〈子供〉の誕生』で述べたところによると、ヨーロッパでは中世に至るまで、「子供」という概念は存在しなかったという。年少時の死亡率が高い社会だったので、生まれ出ただけでは家族の一員とみなされなかった。やがてある程度の成長を遂げると、今度は徒弟奉公など労働に勤しむようになり、「小さな大人」として扱われる。そのため、服装娯楽等において成長した大人と区別される事は無く、道徳に関しても何らかの配慮がされることも無かった[32]。ただし、13世紀イギリスでは、宗教および法律の観点から、大人とは異なる子供の概念があったという主張もある[11]

ジャン=ジャック・ルソーは1762年の著書『エミール』で展開した消極教育論において、子供を「小さな大人」と扱う事の非を説いた。彼は、誕生してから12歳になるまでの期間は、子供時代という[33]能力器官が内部的に発展する段階であると述べ[34]、多く施される発展した能力や器官を利用する方法を教える教育(人間の教育)は逆効果であり[33]、能力と器官を伸ばし完成させる教育(自然の教育)[33]を行わなければならないと主張した[34]

成年ではない者としての子供という概念は、中世において男子に限り発生したが、女子については形成されなかった[11]。幼児と成年の間としての子供観は、近世になってから確立された[11]。16-17世紀頃から現れる家族意識の中で、家庭内などにおいて幼児は、その愛らしさから可愛がられる対象という視線が醸成された。また社会的にも、聖職者モラリストらによる理性的な習俗を実現させようとするグループから、子供に対する配慮が生まれた。これらが18世紀頃には結びついて、社会は子供を「小さな大人」という見方から、庇護し、愛情を傾け、学校による[11]教育を施してやらなければならない存在という風に認識が形成された[32]

この変貌は絵画の変遷を追うことで確認できる。16世紀、子供たちのイメージにはっきりした幼い見かけが現れ始める。17世紀後半からは、遊戯を愉しむ姿が描かれるようになる。玩具児童文学が発展を見せたのも、この頃である[35]

家族の意味と教育の変化

アリエスは同書にて、子供に教育を施す主体の変化にも触れている。中世まで、子供は家庭から出されるか、家庭内でも労働を課せられ、見習い修行の中で一人前に成長した。それは、家族共同体の一部という性格を強く持っていたためであり、実の親子関係を醸成するような環境ではなかった[32]。これが近世になると、仕事・社交・私生活の分離が進み、ひとつの家屋の中で家族のみが生活をするようになる。ここでは共同体よりも家族という単位が重視され、その中で子供が占める位置が高まりを見せた。また、裕福な階層の子弟のために学校が作られるとともに、「教師」と「生徒」という区分がそのまま「大人」と「子供」の分離となった。学校は社会生活に必要な教育を施す通過点となり、学校を出れば「大人」、それまでは「子供」という区切りをつけるものになった[32]

日本

日本では、子供は親の所有物という感覚が強かった。子供は家を継ぐことが当たり前であり、親に絶対服従しなければならなかった。農村など貧しい家では、貧困に見舞われると身売りや奉公に出されたり、捨て子間引きが行われたりした[36]。 しかし、身売りや奉公、捨て子間引きのような抑圧は、西欧の奴隷貿易のような1000万人規模までに発展しなかったため、子どもの権利を芽生えさせるまでには至らなかった。

子供に対する社会的態度

子供に向けられる社会的態度は、世界中の文化圏によって違いがあり、また時代によっても異なる。1988年にヨーロッパ諸国を対象に行われた調査では、イタリアは子供中心の傾向が強くオランダでは弱い。オーストリアイギリスアイルランド西ドイツなど他の国々は中間的な位置を占めた[37]


注釈

  1. ^ 公布は1911年(明治44年)。(国立公文書館「公文書にみる日本のあゆみ、明治44年(1911)3月」
  2. ^ 交ぜ書き廃止を求める団体が「子ども」表記の廃止を文科相に請願したことや、国会衆議院文部科学委員会)で交ぜ書き表記の是正についてたびたび取り上げられたことが一因とされる。(日本教育新聞、2013年7月15日)

出典

  1. ^ a b c d 広辞苑 第五版 p.988 「子供」
  2. ^ a b c d e デジタル大辞泉「子供」[1]
  3. ^ a b 『Shorter Oxford English Dictionary』、2007年、6版、p.397、第一定義によると、"A fetus; an infant;..."(胎児; 幼児)。『The Compact Edition of the Oxford English Dictionary: Complete Text Reproduced Micrographically’, Vol. I』、オックスフォード大学出版局、1971年、p.396、‘The unborn or newly born human being; foetus, infant’.(未出生または出生間近の人間; 胎児, 幼児)
  4. ^ 【child】in American Heritage Dictionary”. Your Dictionary. 2012年3月10日閲覧。
  5. ^ 「【子供っぽい】【子供らしい】【子供の使い】」『日本語大辞典』講談社、1989年、第一刷、715頁。ISBN 4-06-121057-2
  6. ^ 「【子供】」『日本語大辞典』講談社、1989年、第一刷、715頁。ISBN 4-06-121057-2
  7. ^ 「【子持ち】」『日本語大辞典』講談社、1989年、第一刷、726頁。ISBN 4-06-121057-2
  8. ^ a b 書翰文研究 P.103 中川静 1905年
  9. ^ Convention on the Rights of the Child (PDF)” (英語). The Policy Press, Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights. 2010年10月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月10日閲覧。
  10. ^ 『現代法学入門』、伊東正己、加藤一郎、有斐閣、3版補訂版、1999年、p.22
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 角田巌、綾牧子. “子どもの存在における二重性 (PDF)”. 文教大学図書館. 2012年3月10日閲覧。
  12. ^ 民法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月11日閲覧。
  13. ^ 2016年平成28年)6月19日の改正公職選挙法施行以後。
  14. ^ a b c d 田中治彦. “18歳成人を考える”. 立教大学. 2012年3月10日閲覧。
  15. ^ 松岡久和. “能力(2)-行為能力の制限と補充 (PDF)”. 京都大学法学部. 2012年3月10日閲覧。
  16. ^ 少年法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月11日閲覧。
  17. ^ a b c d 児童福祉法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月11日閲覧。
  18. ^ 母子及び父子並びに寡婦福祉法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月11日閲覧。
  19. ^ 児童手当法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月11日閲覧。
  20. ^ 児童扶養手当法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月11日閲覧。
  21. ^ a b 学校教育法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月11日閲覧。
  22. ^ a b c d 医療用医薬品の添付文書等の記載要領の留意事項について”. PMDA. 2021年8月15日閲覧。
  23. ^ 青少年雇用対策基本方針を定める件(厚生労働四) 平成28年1月14日”. 独立行政法人労働政策研究・研修機構. 2016年4月11日閲覧。
  24. ^ 青少年の雇用の促進等に関する法律(若者雇用促進法)などが平成27年10月から順次施行されます!”. 厚生労働省. 2016年4月11日閲覧。
  25. ^ a b 定義 「児童労働」とは?”. ILO駐日事務所. 2012年3月25日閲覧。
  26. ^ a b 四宮ふみ子. “大人になることの拒否”. 北星学園大学. 2012年3月31日閲覧。
  27. ^ 丹羽建夫. “大人になることの拒否”. 河合文化教育研究所. 2012年3月31日閲覧。
  28. ^ 河合隼雄『母性社会日本の病理』講談社、1997年。ISBN 978-4062562195
  29. ^ a b c d e 柿木昭人. “大人/子供‐古代ギリシアからの眺め (PDF)”. 同志社大学. 2012年3月3日閲覧。
  30. ^ Mark Golden, Children and Childhood in Classical Athens, Johns Hopkins Univ. Pr., 1993 (1990), p. 12-13.
  31. ^ a b c 一番ヶ瀬ら(1984)、pp.64-65、学習と遊び
  32. ^ a b c d 渡辺朋昭. “バダンテール『母性という神話』コメント アリエス『<子供>の誕生‐アンシャンレジーム期の子供と家族』”. 慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス 小熊英二研究会. 2012年3月3日閲覧。
  33. ^ a b c 伏木久始. “ルソーの教育論”. 信州大学教育学部. 2012年3月3日閲覧。
  34. ^ a b 木村吉彦「ルソーの「消極教育」論について : 教育方法としての「自由」の適用原理」『上越教育大学研究紀要』第12巻第1号、上越教育大学、 285-298頁、 NAID 1100076517392020年4月22日閲覧。
  35. ^ Heather Thomas. “To what extent were there important changes in the way that children were brought up in this period?” (英語). elizabethi.org. 2012年3月3日閲覧。
  36. ^ a b c 杉本ら (2004)、pp.63-64、第5章 児童問題と社会福祉、第1節 児童福祉の理念と意義、(1)児童観の変遷
  37. ^ Rachel K. Jones and April Brayfield. “Life's greatest joy?: European attitudes toward the centrality of children. (PDF)” (英語). Social Forces, Vol. 75, No. 4, Jun 1997. 1,239-69 pp.. 2012年3月3日閲覧。
  38. ^ a b 一番ヶ瀬ら(1984)、pp.65-66、遊び軽視の観念
  39. ^ 一番ヶ瀬ら(1984)、p.70、子どもの生活の中心-遊び
  40. ^ a b 一番ヶ瀬ら(1984)、pp.67-68、遊びを通しての成長
  41. ^ 児童権利宣言”. 国際連合第14回総会採択. 2012年3月31日閲覧。
  42. ^ ヨハン・ホイジンガ『ホモ・ルーデンス 人類文化と遊戯』
  43. ^ 一番ヶ瀬ら(1984)、p.77、遊びの発展
  44. ^ a b c d Helping Your Child with Socialization” (英語). Child Development Institute. 2014年3月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月3日閲覧。
  45. ^ a b 高橋江梨子. “児童の対人認知と社会的スキルに関する研究 (PDF)”. 創価大学文系大学院. 2012年3月10日閲覧。
  46. ^ 吉田俊和(1987)「きょうだいの存在意義」長田雅喜編『家族関係の社会心理学』福村出版、p.107
  47. ^ カリキュラム”. 東京福祉大学短期大学・こども学科. 2012年3月10日閲覧。
  48. ^ 取得できる資格”. 帝京短期大学. 2012年3月10日閲覧。
  49. ^ 教育義務費に係る経費負担の在り方について(中間報告)”. 文部科学省. 2012年3月10日閲覧。
  50. ^ 各国の義務教育制度の概要 (PDF)”. 文部科学省. 2012年3月10日閲覧。
  51. ^ 世界の学校を見てみよう”. 外務省. 2012年3月10日閲覧。
  52. ^ Juvenile Justice. “Changing Social Attitudes Toward Children” (英語). 2012年3月3日閲覧。
  53. ^ Melchiorre, A.. “At What Age?...are school-children employed, married and taken to court?” (英語). Right to Education Project. 2012年3月3日閲覧。
  54. ^ W. J. Rorabaugh, Donald T. Critchlow, Paula C. Baker (2004). "America's promise: a concise history of the United States". Rowman & Littlefield. p.47. ISBN 0742511898
  55. ^ Modernization - Population Change” (英語). Encyclopædia Britannica. 2012年3月3日閲覧。
  56. ^ Child mortality rates dropping” (英語). Los Angeles Times. 2012年3月3日閲覧。
  57. ^ 松岡光治. “ディケンズと芸術 (PDF)”. 名古屋大学大学院・国際言語文化研究科. 2012年3月31日閲覧。
  58. ^ 鬼塚雅子. “煙突掃除夫たちの詩”. 埼玉女子短期大学. 2012年3月31日閲覧。
  59. ^ 松永巌「オリヴァー・トゥウィトに見るロンドンの下層社会」和光大学総合文化研究所年報『東西南北』1997年
  60. ^ a b c d e 石原静子 (1998年). “アジアに羽ばたけトットちゃん 現代子ども労働の一考察”. 和光大学人間関係学部. 2012年3月10日閲覧。
  61. ^ a b c 野澤正子「戦前の日本における児童の公的保護論の形成過程」『社會問題研究』第35巻第2号、大阪府立大学社会福祉学部、1986年、 1-17頁、 ISSN 0912-46402020年5月1日閲覧。
  62. ^ 2.児童労働の実態 路上で働く子どもたち:ストリートチルドレン”. ILO駐日事務所. 2012年3月25日閲覧。
  63. ^ 統計”. ILO駐日事務所. 2012年3月25日閲覧。
  64. ^ 2.児童労働の実態 家事使用人として働かされる子どもたち”. ILO駐日事務所. 2012年3月25日閲覧。
  65. ^ キャロル・S ・コープ『変質者の罠から子どもを守る法』人間と歴史社、1997年。ISBN 978-4890071029
  66. ^ 碓井真史. “東京小6女児4人監禁事件の犯罪心理”. 新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科. 2012年3月10日閲覧。
  67. ^ a b 小野圭司. “子ども兵士問題の解決に向けて (PDF)”. 防衛省防衛研究所. 2012年3月30日閲覧。
  68. ^ a b c d e 清野隆「国語科教育の基礎学の構築(Ⅰ) 漢字の基礎-「子ども」・「子供」の表記を基にして-」『北海道教育大学紀要(教育科学編)』第59巻第1号、北海道教育大学、2008年。
  69. ^ “「子ども」は「子供」で統一します 文科省「差別表現でない」と公文書で使用”. J-CASTニュース. (2013年9月1日). https://www.j-cast.com/2013/09/01182664.html?p=all 
  70. ^ 『「子ども」表記を「子供」に 下村文科相 公用文の統一指示』 (日本教育新聞、2013年7月15日)
  71. ^ 『新編 新しい国語 3』(平成二十七年三月六日 検定済版) 東京書籍株式会社、2018年。 
  72. ^ a b “「こども」どう書く”. 毎日新聞 校閲センター. (2018年11月19日). https://mainichi-kotoba.jp/enq-037 
  73. ^ a b c “「子供」or「子ども」どっちで書く?新聞は「子ども」派が多数 専門家の見解は”. まいどなニュース. (2020年8月1日). https://maidonanews.jp/article/13585181 
  74. ^ 子ども教の信者は目をさましましょう”. 2020年12月1日閲覧。






子供と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



子供のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの子供 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS