妲己のお百 歌舞伎

妲己のお百

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/25 15:20 UTC 版)

歌舞伎

桃川如燕の講談「妲己之於百」を聞いた河竹黙阿弥は、『善悪両面児手柏』(1889年)を書き、歌舞伎化されることになる。『善悪両面児手柏』は1867年(慶応3年)5月に市村座で初演された。4世市村家橘がお百を演じて評判となり、後に澤村源之助 (4代目)の得意芸となった。

1873年(明治6年)5月村山座の「御伽草子百物語」も、お百ものであった。

現代文学における妲己のお百

「妲己のお百」の物語は明治10年代に起きた毒婦ブームによって、さまざまな出版物を通じて国民的な知名度を得た[2]

夏目漱石の『坊つちやん』(1906年)では、坊っちゃんが宿の老婆にマドンナの素性を聞く場面で妲己のお百が出てくる。「渾名(あだな)の付いてる女にゃ昔から碌(ろく)なものは居ませんからね」という坊っちゃんに老婆は「ほん当にそうじゃなもし。鬼神のお松じゃの、妲妃のお百じゃのてて怖い女が居りましたなもし」と返答する。夏目漱石は「私は芝居というものに余り親しみがない」[5]と書いているので、講談からヒントを得た可能性が高い。

海音寺潮五郎はここまで悪女として悪く言われるお百に同情し、お百は単に不幸な女性であったに過ぎないという設定の『哀婉一代女』(1959年)という小説を書いている。海音寺潮五郎はお百がこれほどまで、悪女として扱われるのは、育ちが育ちなので、那珂(那河)忠左衛門の妾となっても厳格な武家女房にはなれまいと思われていたが、「昨日までの風俗に引き替え、武家の妻の行儀をたしなみ、まことに気高く、いみじきこと言うばかりなし」であるからとしている[6]

脚注

[ヘルプ]

  1. ^ 『秋田杉直物語』には著名がないが、馬場文耕の『頃日全書』(『未刊随筆百種』収録)の序に「往年、厳秘、要秘の両禄密秘より、武野俗談、江戸著聞集、秋田すぎ等の珍談を数編撰みて、今世に専ら流布す」とあることによる。このことは、三田村鳶魚が『列侯深秘録』(国書刊行会)で指摘している
  2. ^ a b 奥武則『スキャンダルの明治:国民を創るためのレッスン』 筑摩書房 <ちくま新書> 1997年 ISBN 4480056955 pp.61-64.
  3. ^ 『善悪両面児手柏』の番付の語り
  4. ^ 1887年(明治元年)から1893年(明治7年)にかけて、2世為永春水の長編草双紙として板行」された20冊の本。挿絵は2代目歌川国貞。紅英堂発行。これも、桃川如燕のネタとなった。出羽の芦田家のお家騒動とお百をからめている。
  5. ^ 『硝子戸の中』二十七
  6. ^ 『列藩騒動録』5.秋田騒動


「妲己のお百」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「妲己のお百」の関連用語

妲己のお百のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



妲己のお百のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの妲己のお百 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS