妊娠 語源

妊娠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/22 15:48 UTC 版)

語源

妊娠については、漢王朝の王充の『論衡』という書物に、「妊娠之時遭得惡也,故遭雷雨之變,長大夭死。」と初めて書かれている。 『説文解字』によれば、「妊,孕也。」。 「娠」は「胎児」と解釈され、『漢書·卷一·高帝紀上』には、「已而有娠,遂產高祖。」

哺乳類の妊娠

生物学的に妊娠という場合は、哺乳類が母体との間に胎盤を形成し発生を進める現象やその状態のことを指す[15]

哺乳類では、胚盤胞の状態で胚が降りてきて、初めは子宮腔内において遊離状態で存在する[15]。一方、卵巣黄体が分泌する黄体ホルモンの影響により、子宮内膜が機械的刺激に反応して脱落膜を形成し、そこに胚が着床する[15]

妊娠期の長さは、ゾウの場合は20か月余り、キリンは約14か月、ウマは11-12か月、イヌネコは約2か月、ネズミは約3週間である[15]。成熟度に関しては、草食獣は生後まもなく走れるほどに成熟して生まれることが多いが、外敵の少ない肉食獣は目も開かない状態で生まれてくる。また、有袋類はとても小さく未熟な状態で誕生し(子宮から出て)、母親の袋(育児嚢)内で成長する。

一度に妊娠する子の数に関しては、ネズミのように多産なものから、ゾウゴリラのようにほぼ一頭のものまで様々である。これは、母体への負担と生後の生存率に関係していると考えられる。

受胎

排卵

女性は胎児期から、卵巣内に原始卵胞を持っている。平均して12 - 13歳で初経(当初は無排卵月経であることが多い)が起こり、その約1 - 2年後から原始卵胞は毎周期いくつか発達を始め、そのうち成熟の最終段階に至った1個が卵巣から排出されるようになる。この成熟卵子の排出を「排卵」という。排卵された卵子は卵管の先端(膨大部)に拾われる。

毎期の月経開始とともに、卵巣内で次の排卵に向けた卵胞の発育が始まる一方、子宮では月経終了後に再び着床のための子宮内膜を用意して排卵を待つ。個人差はあるが、一般に28日前後を1周期として、排卵が起こる。(⇒卵胞形成

受精

排出された卵子のもとに精子が到達すると、卵管膨大部で「受精」が起こる。受精した卵細胞のことを受精卵と呼ぶ。卵子は一旦受精すると、それ以外の精子は受け付けない。

多胎妊娠
まれに一卵性双胎、二卵性双胎が発生する(⇒双生児)。現在は体外授精などの不妊治療により、三つ子(三胎)、四つ子(四胎)が生まれることもある(⇒多胎児)。Hellinの法則によるとn胎の発生する確率は89のn-1乗に1例である[16]。多胎妊娠は妊娠経過中に多々の合併症を生じることも多く、出生予後も単胎に比べると良くない(ただし同体重の単胎児と比べた場合、多胎児の予後はむしろ良い)。そのため、体外受精の時に子宮内に戻される受精卵の数は原則1個と日本産科婦人科学会によって会告で通達されている[17]

排卵後に受精しなかった卵子は約24時間で寿命が尽きて消滅し、妊娠準備のために肥大していた子宮内膜は排卵から14日前後に経血として体外へ排出される(⇒「月経」)。

妊娠可能時期

卵子は受精をすれば着床するが、しなければ数時間から24時間以内に退化してしまう。その一方で精子は最大で7日ほど、通常は数時間から3日ほどの寿命を持つため、妊娠可能時期は最大で排卵の前後8日間、可能性が高くなるのは排卵日1日に精子の受精可能3日を足した4日ほどとなる。

子宮

排卵後の卵胞は「黄体」となり、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」を分泌する。「黄体ホルモン」は子宮を着床に適した状態に整える。この黄体の寿命は妊娠成立しなければ排卵から約14日前後で、黄体ホルモンの分泌が終わって子宮内膜を保持できなくなると、月経が起こる。

着床

受精卵はゆっくりと細胞分裂を繰り返しながら卵管を下り、およそ48時間かけて子宮にたどり着く。そして、子宮内膜の一箇所に取り付いて着床の過程を開始し、徐々に潜り込んでいって根を下ろし、排卵から7 - 11日後に着床状態が完成する。この着床をもって、妊娠成立と見なされる。着床した受精卵からは、胎盤が形成され始める(なお、胎盤は妊娠中期に入る頃までに徐々に完成する)。

すべての受精卵が着床に成功するわけではなく、染色体に異常がある受精卵など一定の割合は淘汰される。受精卵が着床しなければ妊娠は不成立で、排卵から12 - 16日後に月経が起こる。(cf.緊急避妊

子宮外妊娠

受精卵が何らかの理由で卵管など子宮以外の場所に着床した場合は子宮外妊娠と呼ばれ、放置すると危険な状態になる。産婦人科での緊急な処置が必要となる。

妊娠判定

着床した受精卵の初期胎盤から分泌されるヒト絨毛性ゴナドトロピン (hCG) という特有のホルモン(これが黄体の寿命を延ばして子宮に着床状態を維持させる)の検出により、女性の尿が少量あれば妊娠の有無は簡単に判定できる。妊娠検査薬は薬局で求めることができるが、より確実を期するためには医療機関を受診する。

妊娠期間の数え方

受精後胎齢と月経後胎齢の2つの数え方がある。前者は発生学で用いられ、後者は臨床産科で用いられる。

  • 受精後胎齢 - 受精初日を1日目として、満日数、満週数であらわす。
  • 月経後胎齢 - 最終月経初日を0日目として、満日数または満週数で表す。

両者の関係は「受精後胎齢 = 月経後胎齢 - 2週」で表せる。

日本やアメリカでは一般に最終月経の第1日目を妊娠0週0日とする月経後胎齢で妊娠期間を計り、40週0日を標準的な妊娠期間として出産予定日を導出している。ただし、最終月経を起点とするこの数え方では、同じ週数でも各人の月経周期の長さ(最終月経から排卵までに要する日数)によって妊娠の経過にばらつきが出る可能性があるため、現代の医学の見解では妊婦健診における胎児の発育度合いから逆算しておよそ受精日 = 2週0日となるように微修正を加えることも多い。産科学では4週(28日)を1か月と扱い、最終月経から母体を「1か月」「2か月」と数えでの月数で表現する(満でないことに注意。すなわち、妊娠0か月は存在せず、最終月経開始日はすでに妊娠1か月であり、月経予定日〈4週0日相当〉を過ぎても次の月経が来ないことに気づいて検査を行った時点で、妊娠2か月である)。

なお、フランスでは臨床産科においても受精後胎齢が使われており、推定された受精日から何週、または何か月経過したかで妊娠期間を表している。日本でもかつては受精後胎齢を用いて、受胎から出産までを俗に「十月十日(とつきとおか)」と言い習わしてきた。

妊娠の経過

受精卵は、妊娠7週6日までは「胎芽」、8週以降は「胎児」と呼ばれる。胎児の諸器官の原型は妊娠初期にほとんどが形成される。諸器官は妊娠中期に著しく成長し、22週頃には早産してもNICU(新生児集中治療室)の保育器内で生存できる場合がある。36週以前、または2,500グラム未満で生まれた場合は低出生体重児(未熟児とは言わない)、1,500グラム未満の場合は極低出生体重児、1,000グラム未満の場合は超低出生体重児と呼ばれる。

妊娠により乳首、脇、背中上部、腹部、太もも、性器など、全身的に特に色素の濃い部分に色素沈着を生じさせ、通常は分娩後に全身的に皮膚は明るく戻っていく[18]。インドでの調査では、妊婦650人中全員になんらかの皮膚の変化が起きており、80%に黒線(正中線)が、75%で乳輪が黒くなり、64%に肝斑(顔のシミ)が、39%に皮膚伸展線条(妊娠線)が生じ、ほかの皮膚症状は10%以下だが、特に足の湿疹や痒み、妊娠線に沿った蕁麻疹が起こることがある[19]。妊娠線では産後に縮小し目立たなくなるが完全には消えないことも多い[20]

正常妊娠

検査として、胎児の心拍数を母体の陣痛の強さと共に記録する胎児心拍数陣痛図がある。胎児の自律神経が発達してくると心拍数が細かく振れる様になる。これを基線細変動と言う。

妊娠初期

(満15週まで)母体の外観は妊娠前とほとんど変わらないが、妊娠に伴い、ホルモン分泌が変わるなどのため、様々な変調が起きる。

  • 肉体的: つわり、嗜好の変化、眠気、頻尿、便秘
  • 精神的に不安定になる。周りの者に当り散らす。落ち込む。
悪影響をおよぼすもの

喫煙、飲酒ストレス、特定の薬、風疹などのウイルス、X線などが、胎児の諸器官形成に悪影響を及ぼし、奇形または自然流産の原因となることがある。

妊娠中期

(満16 - 27週)胎動が感じられるようになる。古来、日本では妊娠5か月目の戌の日に「腹帯(ふくたい・はらおび)」をしめはじめた。

普通、つわりもほぼおさまり、安定期とされる。ただし、胎児が子宮外に出てしまうと生存はほとんど困難で、流産となる(22週以降は生存の可能性がでてくるので早産と呼ばれる)。

この時期、胎児はどんどん発育する。それにつれて子宮が大きくなり、妊婦の腹部は膨らんでいく。腹部の膨らみ具合には個人差があり、一般に痩せ形で体脂肪の少ない人は早くから腹部の膨らみが目立ちやすい。スポーツ選手など普段から腹筋を鍛えている女性の場合、子宮が背中側に押されるために臨月になっても腹部が大きくならない場合がある。腹部の重みを支えるため背骨に負担がかかるようになる。乳房は乳腺の発達によってふくらみを増し、乳輪は色素が沈着して茶褐色が濃くなる。

妊娠後期

(満28週以降)胎児が更に大きくなり、子宮も大きくなる。それに伴い、母体への負担が増えていく。貧血になる妊婦も少なくない。妊娠高血圧症候群妊娠中毒症)が起こりやすいので、注意が必要である。高血圧蛋白尿むくみなど。

早産などで胎児が子宮外に出ることになっても生存する確率がだんだん高くなる。

出産直前

子宮口が柔らかくなってくる。通常、陣痛が起こる前から開きはじめる。陣痛が起こると、胎児心拍数陣痛図では、陣痛に一致して胎児の心拍数が低下する。これを早発一過性徐脈と言う。

異常妊娠

検査は、胎児心拍数陣痛図では基線細変動が見られなくなる。これを基線細変動消失と言う。陣痛に同期してやや遅れて胎児の心拍数が低下する。これを遅発性一過性徐脈と言う。基線細変動消失や遅発性一過性徐脈が見られた場合は胎児仮死と考える。胎児仮死の場合は、たとえ肺ができ上がっていない妊娠36週未満であっても急いで分娩(急速遂娩)を行う必要がある。急速遂娩には帝王切開も含まれる。


  1. ^ What are some common signs of pregnancy?”. Eunice Kennedy Shriver National Institute of Child Health and Human Development (2013年7月12日). 2015年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月14日閲覧。
  2. ^ Pregnancy: Condition Information”. Eunice Kennedy Shriver National Institute of Child Health and Human Development (2013年12月19日). 2015年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月14日閲覧。
  3. ^ Abman, Steven H. (2011). Fetal and neonatal physiology (4th ed.). Philadelphia: Elsevier/Saunders. pp. 46–47. ISBN 978-1-4160-3479-7. https://books.google.com/books?id=OyVDJoOIvbYC&pg=PA46 
  4. ^ Shehan, Constance L. (2016) (英語). The Wiley Blackwell Encyclopedia of Family Studies, 4 Volume Set. John Wiley & Sons. p. 406. ISBN 978-0-470-65845-1. オリジナルの10 September 2017時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170910181340/https://books.google.com/books?id=-gSeCAAAQBAJ&pg=PA406 
  5. ^ How do I know if I'm pregnant?”. Eunice Kennedy Shriver National Institute of Child Health and Human Development (2012年11月30日). 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月14日閲覧。
  6. ^ The Johns Hopkins Manual of Gynecology and Obstetrics (4 ed.). Lippincott Williams & Wilkins. (2012). p. 438. ISBN 978-1-4511-4801-5. オリジナルの10 September 2017時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170910181311/https://books.google.com/books?id=4Sg5sXyiBvkC&pg=PA438 
  7. ^ What are some common complications of pregnancy?”. Eunice Kennedy Shriver National Institute of Child Health and Human Development (2013年7月12日). 2015年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月14日閲覧。
  8. ^ a b Taylor D, James EA (2011). “An evidence-based guideline for unintended pregnancy prevention”. Journal of Obstetric, Gynecologic, and Neonatal Nursing 40 (6): 782–93. doi:10.1111/j.1552-6909.2011.01296.x. PMC 3266470. PMID 22092349. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3266470/. 
  9. ^ a b What is prenatal care and why is it important?”. Eunice Kennedy Shriver National Institute of Child Health and Human Development (2013年7月12日). 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月14日閲覧。
  10. ^ Keats, EC; Haider, BA; Tam, E; Bhutta, ZA (14 March 2019). “Multiple-micronutrient supplementation for women during pregnancy.”. The Cochrane Database of Systematic Reviews 3: CD004905. doi:10.1002/14651858.CD004905.pub6. PMC 6418471. PMID 30873598. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6418471/. 
  11. ^ Sedgh G, Singh S, Hussain R (September 2014). “Intended and unintended pregnancies worldwide in 2012 and recent trends”. Studies in Family Planning 45 (3): 301–314. doi:10.1111/j.1728-4465.2014.00393.x. PMC 4727534. PMID 25207494. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4727534/. 
  12. ^ GBD 2016 Causes of Death Collaborators (September 2017). “Global, regional, and national age-sex specific mortality for 264 causes of death, 1980–2016: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2016”. Lancet 390 (10100): 1151–1210. doi:10.1016/S0140-6736(17)32152-9. PMC 5605883. PMID 28919116. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5605883/. 
  13. ^ 『ブリタニカ国際百科事典』「妊娠」の項目
  14. ^ 1.妊娠適齢年令”. 公益社団法人 日本産婦人科医会. 2020年5月5日閲覧。
  15. ^ a b c d 『岩波 生物学辞典』第四版「妊娠」
  16. ^ Louis G. Keith, Isaac Blickstein, Jaroslaw J. Oleszczuk, Donald M. Keith (2002). Triplet Pregnancies and Their Consequences Informa Health Care. ISBN 1842141244 p.10 Hellin opined that twins occur once in 89 birth, triplets once in 892, and quadruplets once in 893.
  17. ^ 日本産科婦人科学会会告 : 生殖補助医療における多胎妊娠防止に関する見解「臨床・研究遂行上倫理的に注意すべき事項に関する会告」(PDF)『倫理に関する見解一覧』、日本産科婦人科学会、789頁http://fa.kyorin.co.jp/jsog/readPDF.php?file=75/8/075080775.pdf。"PDF 15頁"。 
  18. ^ Kar S, Krishnan A, Shivkumar PV. (2012-6). “Pregnancy and skin”. Journal of obstetrics and gynaecology of India 62 (3): 268–275. doi:10.1007/s13224-012-0179-z. PMC 3444563. PMID 23730028. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3444563/. 
  19. ^ Hassan I, Bashir S, Taing S (2015). “A clinical study of the skin changes in pregnancy in kashmir valley of north India: a hospital based study”. Indian journal of dermatology 60 (1): 28–32. doi:10.4103/0019-5154.147782. PMC 4318058. PMID 25657393. https://doi.org/10.4103/0019-5154.147782. 
  20. ^ Marc Tunzi, Gary R. Gray (2007-1). “Common skin conditions during pregnancy”. American family physician 75 (2): 211–218. PMID 17263216. https://www.aafp.org/afp/2007/0115/p211.html. 
  21. ^ 労働基準法 - e-Gov法令検索、2012年8月19日閲覧
  22. ^ 母子保健法 - e-Gov法令検索、2012年8月19日閲覧
  23. ^ すこやかな妊娠と出産のために - 厚生労働省、2012年8月19日閲覧
  24. ^ ヒトT細胞白血病ウイルス-1型(HTLV-1)の母子感染予防について - 厚生労働省
  25. ^ 標準的な妊婦健診の例 - 厚生労働省
  26. ^ Is it possible to be heavily pregnant and not realise?” (英語). www.sciencefocus.com. 2024年2月23日閲覧。
  27. ^ 「妊産婦のための食生活指針」の策定について:妊産婦のための食生活指針 ―「健やか親子21」推進検討会報告書― - 厚生労働省
  28. ^ 岡田斉, 萩谷久美子, 石原俊一, 谷口清, 中島滋「Omega-3多価不飽和脂肪酸の摂取とうつを中心とした精神的健康との関連性について探索的検討 : 最近の研究動向のレビューを中心に」『人間科学研究』第30巻、文教大学、2009年3月、87-96頁、CRID 1050845762955297408ISSN 0388-2152 






妊娠と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「妊娠」の関連用語

妊娠のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



妊娠のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの妊娠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS