女性自身 発行部数

女性自身

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 16:48 UTC 版)

発行部数

  • 2004年(2003年9月 - 2004年8月) 522,233部[8]
  • 2005年(2004年9月 - 2005年8月) 517,481部[8]
  • 2006年(2005年9月 - 2006年8月) 519,464部[8]
  • 2007年(2006年9月 - 2007年8月) 507,043部[8]
  • 2008年(2007年10月 - 2008年9月)471,957部[8]
  • 2010年(2010年10月 - 2010年12月)421,382部[9]
  • 2013年(2013年7月 - 2013年9月)418,182部[10]
  • 2017年(2017年4月 - 2017年6月) 355,058部[11]
  • 2019年(2017年4月 - 2017年6月) 328,825部[12]
発行部数(2008年4月以降)(社団法人日本雑誌協会
1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月
2008年 466,017 部 465,610 部 459,375 部
2009年 451,100 部 456,919 部 449,928 部 436,334 部
2010年 427,884 部 427,673 部 415,325 部 421,382 部
2011年 409,684 部 390,300 部 394,417 部 405,410 部
2012年 393,425 部 397,917 部 420,900 部 423,059 部
2013年 410,000 部 416,117 部 418,182 部 444,159部
2014年 407,909 部 400,559 部 399,828 部 388,942 部
2015年 380,424 部 384,891 部 379,400 部 373,642 部
2016年 367,000 部 365,017 部 361,025 部 360,300 部
2017年 355,433 部 355,058 部 351,633 部 349,900 部
2018年 345,058 部 340,225 部 339,055 部 336,909 部
2019年 328,825 部 328,300 部 328,045 部 327,118 部
2020年 323,417 部

  1. ^ 日本雑誌協会 (2020年5月28日). “印刷部数公表”. 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ a b 「5Gでムクドリ大量死」デマ拡散 2018年にFacebookで流行したフェイクニュース” (日本語). ねとらぼ. ITmedia (2019年8月28日). 2019年8月28日閲覧。
  3. ^ 「女性自身」(平成22年6月29日号)の記事について”. 宮内庁 (2010年6月17日). 2012年9月2日閲覧。
  4. ^ 「女性自身」(平成24年5月1日号)の記事について”. 宮内庁 (2012年4月19日). 2012年9月2日閲覧。
  5. ^ 安倍晋三さんの写真アルバム”. 2013年2月2日閲覧。
  6. ^ 『女性自身』記事“今やめるべき薬”が大炎上!「患者を殺す気か」
  7. ^ オモロー山下 芸人引退で女性自身記者に!異例の転身を告白”. 2021年7月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e 社団法人日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる該当期間中に発売された雑誌1号当たりの平均印刷部数。
  9. ^ 一般社団法人 日本雑誌協会”. www.j-magazine.or.jp. 2019年8月5日閲覧。
  10. ^ 一般社団法人 日本雑誌協会”. www.j-magazine.or.jp. 2019年8月5日閲覧。
  11. ^ 女性自身 広告料金など媒体概要 | 総合広告代理店 株式会社産案”. www.san-an.co.jp. 2019年8月5日閲覧。
  12. ^ 一般社団法人 日本雑誌協会”. www.j-magazine.or.jp. 2019年8月5日閲覧。


「女性自身」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「女性自身」の関連用語

女性自身のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女性自身のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの女性自身 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS