女に 女にの概要

女に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/28 23:43 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

詩集

1991年平成3年)マガジンハウスより刊行の、谷川の詩集。イラストは佐野洋子。谷川の詩と佐野のエッチング画とが織りなす愛の物語である。第1回丸山豊記念現代詩賞受賞。

マガジンハウス版は絶版となっているが、集英社2012年(平成24年)に復刻版を刊行した。

合唱組曲

1996年(平成8年)から1999年(平成11年)にかけて、福島県立安積女子高等学校(現・福島県立安積黎明高等学校)女声合唱団の委嘱により作曲され、同校のコンクール自由曲として1~2曲ずつ書きおろされた。全曲の初演は、第1集は1997年7月27日の同校第27回定期演奏会で菅野正美の指揮、東みのりのピアノ、第2集は1999年7月24日の同校第29回定期演奏会で星英一の指揮、東みのりのピアノで行われた。

菅野は委嘱にあたり、「最も美しく、純粋で輝きに満ちた声、繊細で感受性に富んだ高校生世代のための合唱曲が誕生して欲しい」[1]という願いを鈴木に伝え、「何の制約も持たず、描きたい原風景を、心置きなくお書きください」「(部員数が100名を超えていたので)100声部までの曲でしたら対応できます」[1]と、制作の一切を鈴木に委ねた。鈴木は組曲の構成上、谷川の詩を大きく2つに分け、第1集は「この世に生まれ出る以前から二人の人間が現実的に出会う前のそれぞれの幻影の中での触れ合い、惹き合う魂の予感が描かれている」[1]。第2集は「現実の出会いから始まり、死を超えて共に生きる永遠の絆で完結する」[1]。「しかしそれは終わることのない魂の輪廻であり、ドラマは遂に満ちたところから再び逆行し、始まりは終わりとなり終わりは始まりになる。旋律は閉じられない弧のように循環する」[1]とされ、終曲「死-後生」の最終テーマは第1曲「未生-誕生」のテーマに回帰する。

組曲構成

第1集、第2集とも、全7楽章からなる。コンクール常勝校のために書かれた経緯もあり、カワイ出版の楽譜紹介では難易度は「上級」とされている[2]。以下、「コンクール自由曲」は、安積女子高が初めて演奏したコンクールを指す。

第1集

  1. 未生-誕生
    1996年度全日本合唱コンクール自由曲。
  2. こぶし
    1996年度NHK全国学校音楽コンクール自由曲。
  3. 名-夜
    コンクール未演奏。
  4. ふたり-かくれんぼ
    1997年度NHK全国学校音楽コンクール自由曲。
  5. なめる
    1996年度NHK全国学校音楽コンクール自由曲。
  6. 血―腕
    コンクール未演奏。
  7. 谺―日々
    1997年度全日本合唱コンクール自由曲。

第2集

  1. 会う-手紙-川
    1998年度全日本合唱コンクール自由曲。
  2. ともに-……
    1998年度NHK全国学校音楽コンクール自由曲。
  3. ここ
    コンクール未演奏。
  4. 雑踏-蛇
    コンクール未演奏。
  5. 未来-墓
    1999年度NHK全国学校音楽コンクール自由曲。
  6. コンクール未演奏。
  7. 死-後生
    1999年度全日本合唱コンクール自由曲。

楽譜

第1集、第2集とも、カワイ出版から出版されているが、2018年現在、受注生産となっている。


  1. ^ a b c d e 『ハーモニー』No.168 p.70
  2. ^ [1]カワイ出版オンラインショップ。同サイトでは難易度を5段階で表記していて、「上級」は最高難度である。


「女に」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「女に」の関連用語

女にのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女にのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの女に (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS