天才てれびくん 放送形式・特記事項

天才てれびくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 05:49 UTC 版)

放送形式・特記事項

シリーズ共通

夏休みと年度末は総集編または再放送の集中期間となっている。高校野球による番組休止対策を兼ねているが、春は新作放送に影響することがある。

選抜高等学校野球大会による特別編成
1995年4月3日(月曜)番組休止。月曜から木曜までの放送予定を翌日に振替、金曜放送予定分を土曜18:25 - 18:50に特別編成。
1997年4月7日(月曜)番組休止。月曜から木曜までの放送予定を翌日に振替、金曜放送予定分を休止。
2006年3月30日(木曜)番組休止。当日放送予定の新作ドラマ(2005年度完結編)を日曜18:00 - 18:25に特別編成。
2010年3月31日(水曜)番組休止。当日放送予定の内容を翌日に放送(木曜生放送は休止)。
2014年3月31日(月曜)時間変更。45分遅れの19:05 - 19:30に放送。
2016年3月28日(月曜)時間変更。30分遅れの18:50 - 19:15に放送。
大規模自然災害による特別編成
1995年1月17日から26日まで(7回)、近畿2府4県NHK大阪放送局)で阪神・淡路大震災に関する『安否情報』を放送のため番組休止。その他の地域では通常放送されている[注釈 1]
1998年5月4日(月曜)、石垣島南方沖地震による津波警報(08:40:43発表、11:15:00解除)[9][10]で『天才てれびくん』ゴールデンウィーク特別番組「ゲームバトル守れ!こどもの日」(09:00 - 10:00)が放送中止。生放送番組だったため振替放送されず、1998年5月15日の金曜生放送で経緯を説明した。
2003年5月26日(月曜)、平成15年宮城県沖地震に関する臨時ニュースのため18:27:04(番組開始2分4秒)以降、番組休止。月曜から水曜までの放送予定を翌日に振替、木曜放送予定分を休止。
2004年10月25日(月曜)、新潟県中越地震に関する『安否情報』を放送のため番組休止。27日(水曜)にドラマを2回分編成。
2011年3月14日から17日まで(1週4回)、東日本大震災に関する『安否放送』『生活情報』を放送のため番組休止。また、『大!』(2011年度)の放送開始が2週間延期され、その代替として『MAX』(2010年度)を当初の予定より、1週4回追加編成している。
平成28年熊本地震の影響で、2016年4月18日から21日まで放送予定だった「大分県編」を取りやめ、2016年度第1週「徳島県編」の再放送に差し替えた。「大分県編」は半年後に編成されている。なお、前震(1回目の最大震度7)の3時間前には熊本市で木曜生放送を行っている[注釈 2]

1993年度 - 2013年度

共通事項
「オリジナル放送4週」と「総集編を1週」を繰り返す放送形式(例外あり)。
1993年度 - 1998年度(無印)の総集編は1回につき、一つのメインコーナー(アニメ・ドラマなど)を集中放送する構成。夏休みと年度末に「総集編の再放送」を編成していた。
1999年度 - 2013年度(ワイド・MAX・大!)の総集編は1回につき、複数の異なるコーナーを放送する構成で新作のミニコーナーも放送された。
1993年度
オリジナル放送は年間で30週。奇数週に「恐竜惑星」、偶数週に「ポコ・ア・ポコ」を放送。
1994年度 - 1997年度
オリジナル放送は年間で28週。最終4週のオリジナル週を「年末1週、1月3週」に分けて放送。
1998年度
オリジナル放送は年間で27週。「1000回記念」放送のため3学期の放送が変則編成に、「アリスSOS」の1月本放送などに影響が出る。
1999年度
オリジナル放送は年間で29週。通常放送26週と「年末総集編」、「テント2000スペシャル」、「冬のワールドツアー」の特別企画が3週。
2000年度 - 2001年度
オリジナル放送は年間で28週。オリジナル最終週に1年間を振り返る特別総集編を放送。
2002年度
オリジナル放送は年間で26週。1学期と2学期が各12週、3学期が2週。
通常放送24週と「10周年スペシャル」2週。「ドラムカンナの冒険」の最終回(2週相当)は12月に総集編形式で放送(再放送なし)。
2002年11月2日に桜美林大学の学園祭で山本圭壱が下半身を露出した事件で、山本圭壱が公然わいせつ罪の容疑、加藤浩次も公然わいせつ補助罪の容疑で警視庁町田警察署に書類送検されていたことが2002年12月27日に発覚。極楽とんぼは総合司会を途中降板。
2003年度
オリジナル放送は年間で26週。1学期と2学期が各12週、3学期が2週。
3学期のオリジナル放送が1月と3月に各1週。2004年1月19日から2月16日まで20分の短縮放送。
2004年度 - 2005年度
オリジナル放送は年間で27週。1学期と2学期が各12週、3学期が3週。
2006年度 - 2010年度
オリジナル放送は年間で32週。1学期と2学期が各12週、3学期が8週。
2006年度からデジタル放送ハイビジョン画質の放送開始。
2011年度 - 2013年度
オリジナル放送は年間で32週。3学期が7週。
2011年度からデータ放送の活用開始。
2013年度は、ソチオリンピック放送のため24分の短縮放送をオリジナル放送日に4回実施。

2014年度 - 2021年度

共通事項
月曜 - 水曜は「天才てれびくん本編」(18:20 - 18:45)と「天てれ第2部」(18:45 - 18:54)が独立した2部構成で放送される。
データ放送を活用した視聴者参加コーナーが毎回放送され、番組に参加する視聴者を「茶の間戦士」と称する。
夏休みの再放送または傑作選の集中期間は7月第3月曜日(海の日がある週)から6 - 7週間。高校野球の放送延長に伴う番組休止は振替放送しない。
『Let's』『YOU』2014年度 - 2019年度
NHKエデュケーショナルが制作に参加、NHK青少年・教育番組部との共同制作。
1週間完結の内容となり、本放送以外の週は番組再編集なし(エンディングは若干の変更あり[注釈 3])の「再放送週」を編成。再放送週の時期や内容に規則性はない。
特別番組はなし。「スペシャル」と題した特別編も通常放送枠で放送される。
「Let's天才てれびくん」の本放送は3年間で399回(各年度33週と2015年の「紅白特別編」3回)。
「天才てれびくんYOU」の本放送は3年間で396回(各年度33週)。
明確な番組コーナーが存在せず、ストーリーと完全連動することでファンタジー要素が強いシリーズとなっている。
てれび戦士はNHKのテレビ番組「天才てれびくん」の番組出演者である。ただし、「天才てれびくん」という番組名が『Let's』『YOU』のプロローグ以外で使用されることはなく、略称の「天てれ」が使用されたのは6年間で1回[注釈 4]のみである。NHKが「劇中放送局」として登場することもあり、木曜生放送でNHKの施設から生中継する場合、NHKの存在が明確に言及されている。『Let's』『YOU』ともに劇中テレビ番組「週刊ニュース深追い」が登場する。
『hello,』2020年度 - 2021年度
月曜 - 水曜はドラマ、ロケまたはスタジオのメイン企画、ゲームの3部構成。
ドラマパートとメイン企画が再分離。舞台設定に沿ったファンタジー要素はドラマパートに集約される。
メイン企画に出演するお笑い芸人の「個人別役名」(『Let's』の○号、『YOU』の○段など)が廃止され、本来の芸名で出演するようになった。
『YOU』までは月曜 - 水曜に予告していたが、『hello,』は木曜にも導入され、毎回予告するようになる。
本放送以外の回は「傑作選」として放送され、2013年度以前の「総集編」に近いものとなった。「傑作選週」に規則性はないが、「祝休日を含む週」に多く編成されている。
2020年度のオリジナル放送は33週相当(ドラマ29週、木曜生放送23回)。2019新型コロナウイルスの影響により、木曜生放送を第1週(2020年4月9日)から休止して傑作選を代替放送。第8週(2020年5月28日)から木曜生放送が開始されたが、第10週は再び木曜のみ傑作選を放送した。月曜 - 水曜のドラマについて、1学期は4週間休止し、特別企画を代替放送。2学期は1週のみ傑作選週にも新作ドラマが放送された。
2021年度のオリジナル放送は32週相当(ドラマ28週、木曜生放送27回)。2021年度から字幕放送を開始(生放送を除く)。
派生番組
2016年度 - 2017年度は日曜朝に『どちゃもん あさめしまえ』を放送。
2018年10月22日 - 25日に『マーヴェラスTVジム』を放送。
2019年3月11日 - 20日の「天てれ第2部」で『てれび戦士特別ミッション パラスポーツを調査せよ!』を放送。

2022年度

放送時間が17時台後半に移動[注釈 5]。番組開始から30年目に突入すると共に初めて18時台ではない時間帯での放送となる。これにより通常時において高校野球延長による番組休止の可能性がなくなる。木曜日の放送が9分縮小され『無印』初期2年間以来の週4日25分の放送となる。また「天てれ第2部」は廃止され別時間での単独番組に移行する。

ドラマの2話完結(2週刻み)の影響で2週間または4週間オリジナル放送をした後、傑作選または特別編が放送される。1学期のオリジナル放送が13週(2017年度 - 2021年度)から12週に減少。夏休みの傑作選集中期間は2011年度以降12年連続、7月第3月曜日(海の日がある週)から開始。5月5日(こどもの日)は通常番組枠で祝日特別編を放送する一方、9月19日(敬老の日)は祝日特別番組のため通常番組枠の放送を休止している。


注釈

  1. ^ 日本全国を対象にした報道特別番組はNHK総合テレビで放送。
  2. ^ 熊本市の生中継に参加した番組出演者は茂木淳一のみ。
  3. ^ 募集・告知の内容、エンディングテーマのバージョン、異次元獣・もじ魔獣に関する日数など
  4. ^ 2019年10月15日「コミュニケーション能力が高いてれび戦士を選び出せ!」でのゲーム「ことばを言わせろ!天てれNGワード」
  5. ^ 同様に金曜日に放送している姉妹番組「ビットワールド」も同時間帯に移動している。
  6. ^ TV版とCD版ではBメロなど一部ボーカルが異なっており、TV版はてれび戦士のボーカルが使われているのに対して、CD版はキャイ〜ンのボーカルのみが使われている。てれび戦士のボーカルはAメロとサビでコーラスとして使われている程度。これはこの年度の一部戦士の所属事務所の肖像権に起因するもので、ジャケットにも当該戦士のみ顔写真が掲載されていない。

出典

  1. ^ a b 重本ことり 2017, p. 58, §1.
  2. ^ “平成26年度 国内放送番組 編成計画(NHK放送総局長会見資料)” (PDF) (プレスリリース), NHK, (2014年1月22日), https://www.nhk.or.jp/pr/keiei/hensei/pdf/26kokunai.pdf 2014年1月22日閲覧。 
  3. ^ 平成29年度 インターネットサービス実施計画 (PDF)”. 日本放送協会 (2017年2月16日). 2017年2月16日閲覧。
  4. ^ 2020年度 国内放送番組 編成計画 (PDF)”. 日本放送協会 (2020年2月13日). 2020年2月13日閲覧。
  5. ^ 天才てれびくんMAX てれび戦士フォトブック in 夏イベ2010、4頁。
  6. ^ 2014年度から導入されなくなったが、2021年度の2月に「圧倒的」という曲にて復活した。
  7. ^ 特集 その時、舞台裏では…見えないものを表現してきたデジタルCG技術 NHKアーカイブス
  8. ^ 放送ライブラリー program番号:126521
  9. ^ 沖縄県沿岸に津波警報(1998年05月04日 教育) - NHKクロニクル
  10. ^ 沖縄県沿岸に津波警報(1998年05月04日 総合) - NHKクロニクル
  11. ^ a b c (2017年) 『NHK Let's天才てれびくん サウンドトラック』のアルバム・ノーツ, p. 3 [booklet]. 日本: ポニーキャニオン (PCCG01600).
  12. ^ (2017年) 『NHK Let's天才てれびくん サウンドトラック』のアルバム・ノーツ, p. 12 [booklet]. 日本: ポニーキャニオン (PCCG01600).
  13. ^ (2017年) 『NHK Let's天才てれびくん サウンドトラック』のアルバム・ノーツ, p. 7 [booklet]. 日本: ポニーキャニオン (PCCG01600).
  14. ^ (2017年) 『NHK Let's天才てれびくん サウンドトラック』のアルバム・ノーツ, p. 5 [booklet]. 日本: ポニーキャニオン (PCCG01600).
  15. ^ 天才てれびくん冒険ゲーム バーチャル魔王をやっつけろ!”. KADOKAWA. 2022年10月24日閲覧。
  16. ^ 天才てれびくんクイズゲーム 天才なぞなぞパイレーツ!”. KADOKAWA. 2022年10月24日閲覧。
  17. ^ 天才てれびくん迷路ゲーム テレビ戦士を救出せよ!”. KADOKAWA. 2022年10月24日閲覧。
  18. ^ 電撃ジュニア・ノベルズ 天才てれびくん 転校生マオ(1)”. KADOKAWA. 2022年10月24日閲覧。
  19. ^ 電撃ジュニア・ノベルズ 天才てれびくん 転校生マオ(2)”. KADOKAWA. 2022年10月24日閲覧。
  20. ^ 天才てれびくん ジーンダイバー(1)”. KADOKAWA. 2022年10月24日閲覧。
  21. ^ 天才てれびくん ジーンダイバー(2)”. KADOKAWA. 2022年10月24日閲覧。
  22. ^ 天才てれびくん 恐竜惑星(1)”. KADOKAWA. 2022年10月24日閲覧。
  23. ^ 天才てれびくん 恐竜惑星(2)”. KADOKAWA. 2022年10月24日閲覧。
  24. ^ 天才てれびくん アリス探偵局”. KADOKAWA. 2022年10月24日閲覧。
  25. ^ 天てれドラマ傑作集1”. ポプラ社. 2022年10月24日閲覧。
  26. ^ 天てれドラマ傑作集2”. ポプラ社. 2022年10月24日閲覧。
  27. ^ 天てれドラマ傑作集3”. ポプラ社. 2022年10月24日閲覧。
  28. ^ NHK天才てれびくんMAX 天てれドラマ傑作集(全3巻)”. ポプラ社. 2022年10月24日閲覧。
  29. ^ 学研ムック 天才てれびくんMAXてれび戦士フォトブックin夏イベ2010”. 学研出版サイト. Gakken. 2022年10月24日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天才てれびくん」の関連用語

天才てれびくんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天才てれびくんのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天才てれびくん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS