天寿光希 天寿光希の概要

天寿光希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 19:59 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

秋田県秋田市[1][2][3]聖霊女子短期大学附属高等学校出身[1][3]。身長167㎝[1]。愛称は「みっきぃ」[1][2][3]

来歴

2003年、宝塚音楽学校入学。

2005年、宝塚歌劇団に91期生として首席入団[3][4]花組公演「マラケシュ・紅の墓標エンター・ザ・レビュー」で初舞台[1][2]。その後、星組に配属[4]

2006年、阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用される。

2013年7月から2年間、TAKARAZUKA SKY STAGEの第2期スカイ・ナビゲーターズを務める[5]

2015年7月から2年間、TAKARAZUKA SKY STAGEの第6期スカイ・レポーターズを務める[2]

人物

宝塚入団前に子役として舞台活動をしていた経験がある[4]

秋田で育ち、父の仕事の関係で東京に転勤した際に、思い出作りのためにミュージカルに挑戦[4]。その頃、花組公演「哀しみのコルドバメガ・ヴィジョン」で宝塚を初観劇[4]。客席の熱量が高く、群舞の迫力に圧倒され、綺麗な男役を目の当たりにして、一回でとりことなる[3]。小学6年生で秋田に戻ってからも、小遣いをためて東京まで何度も観劇に通う[4]

音楽学校を受験すると決めてから歌とダンスを習い始めたが、歌劇団には首席で入団した[4]

主な舞台

初舞台

星組時代

出演イベント

  • 2005年8 - 9月、轟悠ディナーショー『Alpha 20ans FACE OF YU』
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2006年11月、『夢のメモランダム』
  • 2007年1月、『清く正しく美しく』
  • 2008年12月、タカラヅカスペシャル2008『La Festa!』(コーラス)
  • 2012年6月、涼紫央ディナーショー『HOME〜宝・夢〜』
  • 2014年10月、『演劇人祭 特別篇』(外部出演)
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年1 - 2月、紅ゆずるディナーショー『STELLA ROSSA〜フリーダムに ランダムに〜』
  • 2016年7月、『宝塚巴里祭2016』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年8月、紅ゆずるディナーショー『Berry Berry BENNY!!』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

出典

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、102頁。ISBN 978-4-86649-158-5
  2. ^ a b c d スカイ・レポーターズ6期生 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  3. ^ a b c d e f g <華宝塚>この瞬間、ベスト尽くす 天寿光希(星組) 東京新聞。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l フェアリーインタビュー 星組 天寿光希 ウィズたからづか。
  5. ^ スカイ・ナビゲーターズ[第2期生] タカラヅカ・スカイ・ステージ。

注釈

  1. ^ 2/12〜千秋楽まで怪我のため休演。代役は大輝真琴が務めた。


「天寿光希」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天寿光希」の関連用語

天寿光希のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天寿光希のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天寿光希 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS