大阪駅 バス路線

大阪駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/03 05:12 UTC 版)

バス路線

その他

新大阪駅構内にある在来線乗り場案内。「大阪(梅田)」が赤字で表示。
  • 初代大阪駅舎の駅前には高さ10メートルの時鐘台があり、列車が発車する5分前になると鐘を鳴らしていた。この鐘は駅が二代目に改築された時に行方が分からなくなったが、三代目が建築された頃に保線区で逆さ向きにして手洗い鉢にされているのが発見され、急遽回収されたという逸話が残っている。その後、1960年(昭和35年)に日本国有鉄道により鉄道記念物に指定され、現在は京都鉄道博物館に保存展示されている。重さ約100 kg。後に大阪駅でもう一つの鐘(重さ28 kg)が保管されていることが発覚し、時鐘は二つあったと推測されている[40]。この鐘は1980年(昭和55年)5月から大阪駅北ビルで「旅立ちの鐘」として展示されたが、駅改良工事に伴い2010年(平成22年)11月に撤去された[41]
  • 1901年(明治34年)の二代目駅舎の建設時に、正面玄関の左右に銅像の「噴水小僧」が2体設置された。1体は三代目駅舎建設時に移転する際に行方不明になり、もう1体が中央コンコースの人工池に展示され待ち合わせ場所として親しまれていたが、五代目大阪駅舎に引き継がれることなく、駅改良工事に伴い2004年(平成16年)3月に撤去された[41]
  • 新大阪駅構内にある在来線乗り場案内では「大阪(梅田)」と「梅田」が併記され、かつ赤字で表示されている。
  • 2019年6月7日をもって大阪環状線・JRゆめ咲線から201系が撤退したことにより、大阪駅に定期列車として出入りする車両はJR発足後の車両に統一された。

今後の予定

2023年梅田貨物線東海道本線支線)を地下化して、大阪駅北西のうめきた2期再開発地区に新たに地下ホーム(建設中の仮称:北梅田駅)を設置する予定である[広報 19][42]。これにより、今まで大阪駅に停車できなかった特急はるかくろしおが停車可能となり、関西国際空港南紀から大阪駅(梅田)への利便性が高まる。またこの地下ホームにおおさか東線2031年開業予定のなにわ筋線が乗り入れ、なにわ筋線を通して南海電鉄(南海)が乗り入れる予定がある。

地下ホーム建設に合わせて、現在の高架ホームを西側に延伸の上、駅西側にあった高架下商業ゾーンの一部をコンコースに転用して高架ホームと接続する新たな西改札口を設けて大阪市道九条梅田線を潜る約70mの改札内通路を経由して地下ホームと接続し、バスターミナルや新駅ビルを建設する工事を進めている[広報 24]。改札内連絡通路により地下ホームと高架ホームとの間は徒歩6分ほどで移動できるようになる見込みである[広報 19]


注釈

  1. ^ トワイライトエクスプレスは同年5月16日に山陽方面のツアー列車「特別なトワイライトエクスプレス号」として復活し、翌年3月19日まで運転された。
  2. ^ 大阪市道大阪梅田線の西側に設けられ、高架プラットホームと直結し地下プラットホームと地下道で結ばれる。
  3. ^ うめきた地区内の地下1階に設けられる。
  4. ^ 地盤沈下の名残は現在も駅構内にある。線路にまで段差ができてしまったため、「国鉄で最も急な勾配がある駅」とまでいわれたこともある[要出典]
  5. ^ 関空快速と紀州路快速は併結して運転。
  6. ^ 1997年3月8日、JR東西線北新地駅が開業[要出典]
  7. ^ 2009年3月20日、阪神なんば線が開業[要出典]
  8. ^ 2011年5月4日、大阪ステーションシティが開業。

出典

  1. ^ なんでもランキング:JR西日本” (日本語). www.westjr.co.jp. 2022年12月3日閲覧。
  2. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  3. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年 ISBN 978-4533029806
  4. ^ 大阪駅まで乗車区間が有効な定期券を使って北新地駅で下車できますか?:JRおでかけネット” (日本語). faq.jr-odekake.net. 2018年9月26日閲覧。
  5. ^ 途中下車│きっぷのルール:JRおでかけネット” (日本語). www.jr-odekake.net. 2018年9月26日閲覧。
  6. ^ 北新地駅と尼崎以遠(立花、塚口方面)の駅との区間の特例│きっぷのルール:JRおでかけネット” (日本語). www.jr-odekake.net. 2018年9月26日閲覧。
  7. ^ 「鉄道 歴史・地理なるほど探検ガイド」(川島令三・岡田直 2002年 PHP研究所
  8. ^ “JR大阪駅、古い屋根外せず 新装大屋根、雨吹き込む”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年5月19日). オリジナルの2011年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110520055044/http://www.asahi.com/national/update/0519/OSK201105190031.html 
  9. ^ “ドームと空中回廊の玄関駅、名称「大阪ステーションシティ」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年1月15日). http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100125/biz1001250948001-n1.htm [リンク切れ]
  10. ^ “JR大阪駅改修で乗降客数は6万人増の91万人へ”. イザ! (産経デジタル). (2010年9月23日). オリジナルの2010年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101130010511/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/other/443133/ 
  11. ^ “通路として残った!郷愁の大阪駅旧11番ホーム”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年5月19日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110518-OYT1T00854.htm [リンク切れ]
  12. ^ 宮脇俊三原田勝正(1993) 『近畿470駅』(JR・私鉄全線 各駅停車8)、p.32、小学館
  13. ^ 朝日新聞2011年5月31日「104年前殉職駅員の碑に新入社員ら献花 JR大阪駅」
  14. ^ 原田勝正「大阪市街と環状線の建設」『鉄道ジャーナル』第20巻第6号、鉄道ジャーナル社、1986年6月、 50-57頁。
  15. ^ 日本一、東洋一づくめの新装大阪駅(昭和15年6月2日 東京朝日新聞)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p55 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  16. ^ 「旧国鉄大阪駅学徒報国隊『あゝ紅の血は燃ゆる』学徒動員の思い出」p.95「6月1日、7日の大空襲」※復旧の日時は不明
  17. ^ 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.362。
  18. ^ 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.47。
  19. ^ 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.364。
  20. ^ 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.366。
  21. ^ 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.110。
  22. ^ 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.180。
  23. ^ 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.379。
  24. ^ 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p.210。
  25. ^ “アクティ大阪 きょうオープン”. 交通新聞 (交通協力会): p. 1. (1983年4月27日) 
  26. ^ a b “出入口、通路の名称一新”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1991年4月16日) 
  27. ^ 琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線・大阪環状線の駅のホームで使用している「入線警告音」の音質を見直します
  28. ^ 神沢和敬、田幸香純 (2015年4月2日). “三越伊勢丹から衣替え JR大阪駅にルクア1100開業”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 夕刊 1 
  29. ^ “JR大阪駅に訪日客向け案内所、大阪観光局など”. 読売新聞. (2017年3月24日). オリジナルの2017年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170325030722/http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20170324-OYO1T50019.html 2017年3月24日閲覧。 
  30. ^ 正田拓也 (2017年3月24日). “松井知事が“トラブルではなくトラベルセンター”とPR。「Travel Service Center OSAKA」オープン”. トラベルWatch. 2021年2月11日閲覧。
  31. ^ 広島敦史、宮山大樹 (2017年6月17日). “「瑞風」感動運んで 萩・下関、一番列車に歓迎の人波”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 夕刊 8 
  32. ^ a b c “昇降式ホーム柵 大阪駅5、8番線使用開始日を発表”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2019年2月5日) 
  33. ^ “奈良は鹿、和歌山はミカン、関空は飛行機 JR大阪駅の乗車位置案内がわかりやすいと好評”. デイリースポーツ. (2019年7月11日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000048-dal-life 
  34. ^ “JR大阪駅、新改札口の名称決定 「うめきた地下口」と「西口」に”. 梅田経済新聞. (2022年12月1日). https://umeda.keizai.biz/headline/3762/ 2022年12月2日閲覧。 
  35. ^ [1]
  36. ^ [2]
  37. ^ 『JTB時刻表』2022年3月号、JTBパブリッシング、2022年、 187頁。
  38. ^ “JR大阪駅の利用者14%増 商業施設は一日37万人 JR西日本・佐々木社長”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2011年5月20日). オリジナルの2011年5月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110523060103/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110520/biz11052023020070-n1.htm 
  39. ^ “お盆期間、JR西日本利用は前年比7%増”. 神戸新聞NEWS (神戸新聞社). (2011年8月19日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004385474.shtml [リンク切れ]
  40. ^ 時鐘に関しては「大阪駅物語」P187-191
  41. ^ a b 小河雅臣 (2011年4月30日). “「噴水小僧」「旅立ちの鐘」 新装大阪駅に居場所なく”. 朝日新聞. オリジナルの2019年5月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190527155236/http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK201104300021.html 
  42. ^ うめきた新駅名称「大阪駅」に JR西、地下に連絡通路” (日本語). 日本経済新聞 (2020年3月25日). 2020年3月25日閲覧。
  1. ^ 大阪駅開発プロジェクトの開発エリアおよびビルの名称・ロゴ決定について - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2010年1月22日(2010年1月26日時点のアーカイブ
  2. ^ 大阪駅ホーム屋根に関わる工事計画などについて - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2011年7月1日(2011年7月5日時点のアーカイブ
  3. ^ a b 大阪駅 新5号ホーム(11番のりば)の使用開始について - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2009年11月19日(2009年11月22日時点のアーカイブ
  4. ^ a b 2011年1月定例社長会見 - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2011年1月19日(2011年1月24日時点のアーカイブ
  5. ^ a b 大阪駅改良工事の本体工事着手のおしらせ(インターネットアーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2004年4月19日
  6. ^ a b 2005年1月定例社長会見(インターネットアーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2005年1月19日
  7. ^ “大阪駅に「4K解像度」のタッチパネル式デジタルサイネージを設置” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2015年5月28日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/05/page_7193.html 2015年5月29日閲覧。 
  8. ^ 「ICOCA」いよいよデビュー! 〜 平成15年11月1日(土)よりサービス開始いたします 〜(インターネットアーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年8月30日
  9. ^ a b 2005年2月定例社長会見(インターネットアーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2005年2月17日
  10. ^ a b 大阪駅の発車メロディ やしきたかじんさん「やっぱ好きやねん」に決定! - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2014年3月31日
  11. ^ 台湾鉄路管理局台北駅と大阪駅との姉妹駅協定締結について - 西日本旅客鉄道ニュースリリース 2015年12月1日付
  12. ^ 平成28年春ダイヤ改正について
  13. ^ 大阪駅6番のりばで可動式ホーム柵を4月22日より使用開始します
  14. ^ 大阪駅7番のりばで可動式ホーム柵を使用開始します。
  15. ^ 近畿エリアの12路線 のべ300駅に駅ナンバーを導入します!
  16. ^ 大阪駅 足元乗車位置案内
  17. ^ ~駅のホームの安全性向上にむけて~ 三ノ宮駅2番のりばの昇降式ホーム柵、岡山駅22番のりば、大阪駅1番のりばの可動式ホーム柵を使用開始します。
  18. ^ ~駅のホームの安全性向上にむけて~ 大阪駅、明石駅、京橋駅のホーム柵を使用開始します。 新今宮駅にホーム柵を設置します。
  19. ^ a b c “「うめきた(大阪)地下駅」と「大阪駅」の改札内連絡通路の整備並びに「うめきた(大阪)地下駅」の駅名について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2020年3月25日), オリジナルの2021年1月2日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210102064431/https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200325_01_umekita.pdf 2021年1月9日閲覧。 
  20. ^ 2010年9月定例社長会見 - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2010年9月15日(2010年9月19日時点のアーカイブ
  21. ^ 「可動式ホーム柵」を大阪駅に設置します。
  22. ^ 大阪駅「ギャレ大阪」跡地の開発について - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2012年5月23日(2012年5月26日時点のアーカイブ
  23. ^ a b 平成23年春ダイヤ改正について (PDF) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2010年12月17日
  24. ^ 大阪駅西高架エリア開発 大阪駅新改札口整備、高架下開発、新駅ビル開発など”. 西日本旅客鉄道. 2022年3月23日閲覧。
  1. ^ データで見るJR西日本”. 西日本旅客鉄道. 2021年10月21日閲覧。
  2. ^ 昭和56年度大阪府統計年鑑(昭和57年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.186
  3. ^ 昭和57年度大阪府統計年鑑(昭和58年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.188
  4. ^ 昭和58年度大阪府統計年鑑(昭和59年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.210
  5. ^ 昭和59年度大阪府統計年鑑(昭和60年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.190
  6. ^ 昭和60年度大阪府統計年鑑(昭和61年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.210
  7. ^ 昭和61年度大阪府統計年鑑(昭和62年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.210
  8. ^ 『'88 JR西日本』西日本旅客鉄道、1988年、p.20。
  9. ^ 平成2年度大阪府統計年鑑(平成3年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.212
  10. ^ 平成2年度大阪府統計年鑑(平成3年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.212
  11. ^ 平成3年度大阪府統計年鑑(平成4年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.212
  12. ^ 平成4年度大阪府統計年鑑(平成5年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.212
  13. ^ 平成5年度大阪府統計年鑑(平成6年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.194
  14. ^ 平成6年度大阪府統計年鑑(平成7年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.192
  15. ^ 平成7年度大阪府統計年鑑(平成8年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.194
  16. ^ 平成8年度大阪府統計年鑑(平成9年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.190
  17. ^ 平成9年度大阪府統計年鑑(平成10年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.194
  18. ^ 平成10年度大阪府統計年鑑(平成11年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.194
  19. ^ 平成11年度大阪府統計年鑑(平成12年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.194
  20. ^ 平成12年度大阪府統計年鑑(平成13年3月刊行)運輸及び通信 (PDF) - 大阪府 p.206
  21. ^ 大阪府統計年鑑(平成14年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  22. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  23. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  24. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  25. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  26. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  27. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  28. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  29. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  30. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  31. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  32. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  33. ^ 大阪府統計年鑑(平成26年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  34. ^ 大阪府統計年鑑(平成27年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  35. ^ 大阪府統計年鑑(平成28年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  36. ^ 大阪府統計年鑑(平成29年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  37. ^ 大阪府統計年鑑(平成30年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  38. ^ 大阪府統計年鑑(平成31年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  39. ^ 大阪府統計年鑑(令和元年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  40. ^ 大阪府統計年鑑(令和2年3月刊行)JR各駅別乗車人員 (Microsoft Excelの.xls) - 大阪府
  41. ^ データで見るJR西日本






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大阪駅」の関連用語

大阪駅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大阪駅のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大阪駅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS