大谷石 年表

大谷石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 08:07 UTC 版)

年表

大谷資料館内部

  1. ^ a b c 清木 2017, pp. 793–794.
  2. ^ a b c d e f g h i j k 清木 2017, p. 793.
  3. ^ a b c d 大谷石”. 宇都宮市公式Webサイト. 2018年3月31日閲覧。
  4. ^ 清木 2017, p. 794.
  5. ^ a b 清木 2017, p. 796.
  6. ^ 大谷石利用の歴史 栃木県教育委員会とちぎ ふるさと学習(2018年3月31日閲覧)
  7. ^ 山南石材店(2018年3月31日閲覧)
  8. ^ 「融通無碍 よみがえる大谷石」『日本経済新聞』朝刊2018年3月4日 NIKKEI The STYLE
  9. ^ 【大谷石ルネサンス】採掘跡 安全調査を徹底『読売新聞』地域ニュース・サイト(2013年11月4日)2018年3月31日閲覧
  10. ^ 清木 2017, p. 794, 797.
  11. ^ a b c 大谷の陥没事故から30年 採取場跡地を観測し対策 観光客は増加、用途も拡大”. 下野新聞 (2019年2月10日). 2020年10月23日閲覧。
  12. ^ a b 「とちぎの百様大図鑑」栃木県 2016年3月 P44
  13. ^ 「地下迷宮の秘密を探る旅 大谷石文化が息づくまち宇都宮」が日本遺産に認定されました”. 宇都宮ブランド. 宇都宮市教育委員会事務局文化課文化財保護グループ. 2020年10月23日閲覧。
  14. ^ a b 清木 2017, p. 795.
  15. ^ 清木 2017, pp. 795–796.






大谷石と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大谷石」の関連用語

大谷石のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大谷石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大谷石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS