大河ドラマ 姉妹番組

大河ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 01:26 UTC 版)

姉妹番組

新大型時代劇

1984年から1986年にかけての「近代大河3部作」(『山河燃ゆ』、『春の波涛』、『いのち』)が放送されていた時期に、従来の時代劇路線の大河ドラマのファンのためにそれまで軽い内容で娯楽系の「水曜時代劇」が放送されていた水曜日の20時台に新たに設けられた[20]。放送曜日と予算は大河ドラマと異なるが出演者に大河ドラマ出演者が多く、1年間の放送であったことから大河ドラマに準じる連続大型時代劇として扱われることも多い。

1986年の『武蔵坊弁慶』は翌1987年1月から大河ドラマが『独眼竜政宗』で時代劇路線に戻ることもあり、約9ヶ月間の放送で終了した。

再び現代が舞台となった『いだてん〜東京オリムピック噺〜』が放送された2019年には当枠に代わる番組は編成されず、NHK地上波の連続時代劇枠は一時的ではあるが土曜日の「土曜時代ドラマ」1枠のみとなった。

作品

宮本武蔵(1984年4月4日 - 1985年3月13日、全45話)
原作 / 吉川英治、脚本 / 杉山義法、音楽 / 三枝成章
出演 / 役所広司宮本武蔵)、古手川祐子(お通)、中康次佐々木小次郎)、竹脇無我柳生宗矩)、丹波哲郎平田無二斎)、石坂浩二本阿弥光悦
真田太平記(1985年4月3日 - 1986年3月19日、全45話)
原作 / 池波正太郎、脚本 / 金子成人、音楽 / 林光
出演 / 渡瀬恒彦真田信之)、草刈正雄真田幸村)、遥くらら(お江)、岡田茉莉子淀君)、中村梅之助徳川家康)、丹波哲郎真田昌幸
武蔵坊弁慶(1986年4月9日 - 1986年12月3日、全34話)
原作 / 富田常雄、脚本 / 杉山義法ほか、音楽 / 芥川也寸志(オープニングテーマ)、毛利蔵人(本編)
出演 / 中村吉右衛門武蔵坊弁慶)、川野太郎源義経)、荻野目慶子(玉虫)、芦田伸介平清盛)、菅原文太源頼朝)、萬屋錦之介藤原秀衡

続編の放送

2006年1月には大河ドラマとしては初めて続編が製作、放送された。これは2004年制作の第43作『新選組!』のその後を描いた作品で、大河ドラマでは局長・近藤勇が主役だったが、続編『新選組!! 土方歳三 最期の一日』では副長・土方歳三にバトンタッチし、土方の最期の一日を描いた。

スペシャルドラマ「坂の上の雲」

2009年から2011年にかけての毎年12月に、当初「21世紀スペシャル大河」として企画され1話90分・全13話で放送された。そのため、第48作『天地人』から第50作『江〜姫たちの戦国〜』までの3作品は11月で放送が終了している。

作品

坂の上の雲2009年11月29日 - 12月27日2010年12月5日 - 12月26日2011年12月4日 - 12月25日、全13話)
原作 / 司馬遼太郎、脚本 / 野沢尚ほか、音楽 / 久石譲
出演 / 本木雅弘秋山真之)、阿部寛秋山好古)、香川照之正岡子規)、菅野美穂正岡律)、石原さとみ(秋山季子)、加藤剛伊藤博文)、高橋英樹児玉源太郎)、渡哲也東郷平八郎

注釈

  1. ^ 4代目尾上菊之助(現在の7代目尾上菊五郎)。
  2. ^ 6代目市川染五郎(現在の2代目松本白鸚)。
  3. ^ 1978年度の『黄金の日日』の主演を務めた6代目市川染五郎は1981年に9代目松本幸四郎を襲名した。
  4. ^ 3代目中村橋之助(現在の8代目中村芝翫)。
  5. ^ 5代目中村勘九郎(後の18代目中村勘三郎)。
  6. ^ 2代目尾上辰之助(現在の4代目尾上松緑)。
  7. ^ 7代目市川新之助(現在の11代目市川海老蔵)。
  8. ^ 6代目中村勘九郎で、1999年度の父:5代目中村勘九郎(18代目中村勘三郎)に続く父子二代の大河主演[6]
  9. ^ 黎明期の作品(『花の生涯』〜『源義経』)は2分以下。『鎌倉殿の13人』は2分10秒。
  10. ^ 彫刻などの場合もある(『真田丸』など)が、ほとんどの作品が揮毫による手作り。『山河燃ゆ』『北条時宗』『いだてん〜東京オリムピック噺〜』、『鎌倉殿の13人』はレタリング・フォントを元にした題字を用いている。
  11. ^ 鎌倉殿の13人』の制作統括の清水拓哉CPによると「冒頭のアバンタイトルからの『さぁ、見るぞ』という視聴者の熱量・熱気を逃さないために尺を短くしたい。この連立方程式を解いた結果、タイトルバックではキャストのみし、スタッフは別で出す。(要約)」と説明している。[16]
  12. ^ 太平記』も参照。なお『義経』以降は、その紹介した場所のアドレスも紹介されるが、最終回はアドレス紹介は割愛されている。
  13. ^ なお『鎌倉殿の13人』の第18回は本編を拡大し、「紀行」コーナーを休む変則パターンを行い[17]、その代わりとなる「紀行」コーナーを「予習として」4回にわたって放送した[18]
  14. ^ 主に『龍馬伝』以降(『麒麟がくる』は除く)。なお『真田丸』の第44回も変則構成となっており、エンディング(「紀行」の直前、本編ラスト)にオープニングを流し、そのカットインに次回予告を混ぜる構成になっている。
  15. ^ 第2作赤穂浪士から第27作春日局で発生。
  16. ^ BSプレミアムでは独自のポイントサービスであるBSドラマイル→BSマイル対象番組の一つとして扱われていた(2016年サービス終了)。
  17. ^ 2012年のロンドンオリンピック期間中は7月28日は総合テレビと同じ通常時刻で(ただし総合テレビは21:00(その後柔道の中継延長で22:02に変更)開始のため国際放送単独放送)、8月5日は20:20-21:05に放送される。8月12日は国内向け・国際放送向けとも大河ドラマの番組自体が休止。
  18. ^ 例外として1976年に放送された『風と雲と虹と』の出演者は成田山新勝寺の節分会に参加しなかった。これは新勝寺自体がこの作品の主人公でもある平将門を調伏するために下総国公津ヶ原(現在の成田市並木町付近)で不動護摩の儀式を行ったのが開基の由来となっており、将門の怨敵とされているため[22]
  19. ^ アナログ放送では地上波・BSともにステレオ放送のみを実施し、解説放送はなかった。NHKでは地上波・BSをふくめ、デジタル放送の普及に合わせる形で、それまで視覚障碍者を扱った作品と、帯ドラマのみで実施したドラマ番組(一部除く)での解説放送を強化している。

出典

  1. ^ 『時代劇入門』角川新書、2020年、285頁。 
  2. ^ 再来年の大河ドラマは「おんな城主 直虎」”. NHK (2015年8月25日). 2015年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月22日閲覧。
  3. ^ “2018年の大河ドラマは「西郷どん」!”. NHKドラマトピックス. (2016年9月8日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/252141.html 2016年9月8日閲覧。 
  4. ^ a b “2019年の大河ドラマは「オリンピック×宮藤官九郎」!”. NHKドラマトピックス. (2016年11月16日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/257134.html 2016年11月16日閲覧。 
  5. ^ “2019年 大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」主演は中村勘九郎さん、阿部サダヲさん!”. NHKドラマトピックス. (2017年4月3日). https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/266692.html 2017年4月3日閲覧。 
  6. ^ “中村勘九郎「いだてん」タイトルバックに感慨 天国の父思い「少しは“勘九郎孝行”できたかな」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2019年1月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/06/kiji/20190106s00041000242000c.html 2019年1月6日閲覧。 
  7. ^ “長谷川博己さんが明智光秀役! 2020年大河ドラマ「麒麟がくる」”. NHKドラマトピックス. (2018年4月19日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/295435.html 2018年4月19日閲覧。 
  8. ^ “2021年大河ドラマ「青天を衝け」 製作開始と主演・吉沢亮さんを発表!”. NHKドラマトピックス. (2019年9月9日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/412103.html 2019年9月9日閲覧。 
  9. ^ “再来年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」主演は小栗旬さん”. NHKニュース. (2020年1月8日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200108/k10012238891000.html 2020年1月8日閲覧。 
  10. ^ “2023年 大河ドラマ「どうする家康」主演は松本潤さん!”. NHKドラマトピックス. (2021年1月19日). https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/442313.html 2021年1月19日閲覧。 
  11. ^ “2024年大河ドラマ『光る君へ』作・大石静さん 主演・吉高由里子さん”. NHKドラマ情報. (2022年5月11日). https://www.nhk.jp/g/blog/z5oq49w1n/ 2022年5月11日閲覧。 
  12. ^ “来年大河「いだてん」、異例の注釈「史実を基にしたフィクション」”. スポーツ報知. (2018年12月14日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181214-OHT1T50195.html 2019年1月13日閲覧。 
  13. ^ 歴史好き三谷幸喜氏:奈良時代を描きたいけどNHKからは「やめてほしい」その理由は?-2022年1月27日Yahooニュース2022年1月28日閲覧
  14. ^ NHK雑学”. 2012年10月16日閲覧。
  15. ^ 『NHK大河ドラマ大全:50作品徹底ガイド』NHK出版、2011年、84頁。ISBN 9784144071768 
  16. ^ “「鎌倉殿の13人」異例のOPタイトルバックに2つの狙い 例年より尺を約1分短縮 スタッフ名は別出し”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2022年1月23日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/01/23/kiji/20220122s00041000645000c.html 2022年1月24日閲覧。 
  17. ^ “鎌倉殿の13人:平家滅亡「壇ノ浦の戦い」回は“紀行なし”「たっぷり楽しんで」「相当な規模」の大海戦に&義経の八艘飛びも”. MANTANWEB. MANTAN. (2022年4月22日). https://mantan-web.jp/article/20220422dog00m200049000c.html 2022年4月23日閲覧。 
  18. ^ “「鎌倉殿の13人」壇ノ浦の戦い「紀行」“異例の予習放送”日時決定 計4回!5・8第18話は本編45分”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2022年5月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/05/02/kiji/20220502s00041000173000c.html 2022年5月23日閲覧。 
  19. ^ 大河ドラマ いだてん~東京オリムピック噺~
  20. ^ 大原, 誠. 舞台裏インタビュー ディレクター編:大原 誠さん(元・NHKディレクター). (インタビュー). NHKアーカイブス日本放送協会).. https://www.nhk.or.jp/archives/search/special/backstage/ 2019年3月6日閲覧。 
  21. ^ “成田山新勝寺 恒例の豆まき”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年2月3日). オリジナルの2013年2月6日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2013-0206-1337-02/www3.nhk.or.jp/news/html/20130203/t10015259841000.html 2013年2月6日閲覧。 
  22. ^ 全国有数の初詣スポット成田山新勝寺。巨大寺院の謎と秘密に迫る!”. 日本気象協会(2016年1月3日作成). 2020年2月6日閲覧。
  23. ^ p.11 チャンネル別予算 <ジャンル別の番組制作費> - NHK 平成26年度 収支予算と事業計画の説明資料
  24. ^ 莫大な経済効果 朝ドラ「マッサン」1話あたりの制作費は? - 日刊ゲンダイ、2014年11月5日
  25. ^ NHKが制作費公表 「功名が辻」6,110万・「きょうの料理」170万… - 読売新聞、2006年3月28日
  26. ^ “大河ドラマ館 入館100万人 上田市 08年以降最多”. 信濃毎日新聞. (2017年1月5日). http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170105/KT170105FSI090002000.php 2017年1月5日閲覧。 
  27. ^ 鈴木基顕 (2017年1月16日). “長野)真田丸大河ドラマ館が閉館”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASK1H46J7K1HUOOB002.html 2017年2月9日閲覧。 
  28. ^ “「真田丸大河ドラマ館」これにて幕 1年間の入館者、103万人超 長野”. 産経新聞. (2017年1月16日). https://www.sankei.com/article/20170116-Y3NEYKMMC5OK3IOFOZ3AYRV25U/ 2017年2月9日閲覧。 
  29. ^ “「真田丸」イベント大盛況の理由、仕掛け人が明かす成功の鍵は「スマホと地方紙」”. スポーツニッポン. (2016年12月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/14/kiji/K20161214013901190.html 2016年12月21日閲覧。 
  30. ^ “「花燃ゆ」終了 不完全燃焼、ご当地も”. 毎日新聞西部朝刊. (2015年12月24日). http://mainichi.jp/articles/20151224/ddp/041/200/006000c 2016年11月26日閲覧。 
  31. ^ “「花燃ゆ」燃えず…「真田丸」展は約1カ月で1万8000人 群馬の「上州沼田真田丸展」”. 産経新聞. (2016年5月3日). https://www.sankei.com/article/20160503-V4XFFU7IEJP7NELH2UDBUJEITQ/3/ 2016年11月26日閲覧。 
  32. ^ 発掘って何?(NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト)
  33. ^ NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト
  34. ^ こんな番組探しています!2014年7月の特集(NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト)
  35. ^ 杉良太郎さんから『国盗り物語』大発掘!(NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト)
  36. ^ ネットにつなごう!「軍師官兵衛」
  37. ^ NHKネットクラブ「軍師官兵衛スタンプラリー 1月5日スタート!!」





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大河ドラマのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大河ドラマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大河ドラマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS