大山綱介 大山綱介の概要

大山綱介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/24 02:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

経歴

薩摩国川辺郡加世田村(現・鹿児島県南さつま市)出身[3]1875年明治8年)、外務省に出仕。西南戦争の際には柏田盛文安楽兼道と共に警視として西郷軍に対して説得を試みた[3]。その後、イタリア公使館附、フランス公使館附、外務書記生、外務書記官、公使館書記官、外務大臣秘書官、弁理公使を歴任。1899年(明治32年)より駐イタリア公使を務めた。1911年(明治44年)に心臓病、神経衰弱、脳病を併発して死去[3]

栄典

親族

参考文献

  • 人事興信所編 『人事興信録 第3版』 人事興信所、1911年

関連項目





  1. ^ a b 人事興信録 1911.
  2. ^ 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年、112頁。
  3. ^ a b c 新聞集成明治編年史. 第十四卷 p.458
  4. ^ 『官報』第8452号「叙任及辞令」1911年8月23日。


「大山綱介」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大山綱介」の関連用語

大山綱介のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大山綱介のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大山綱介 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS