大分朝日放送 概要

大分朝日放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/17 06:44 UTC 版)

概要

コールサインJOBX-DTVで、ANN系フルネットのテレビ局である。

直接受信可能エリアは大分県のほぼ全域と、福岡県京築南部(九州朝日放送のエリア)、愛媛県豊後水道沿岸部の一部や松山市(愛媛朝日テレビのエリア)、山口県周防灘沿岸部の一部(山口朝日放送のエリア)。ただし、大分県内においても直接受信による視聴が困難な地域もある(後述)。

2006年12月1日より、同局のマスコットキャラクターとしてそらぽを採用している[4]

本社・支社

資本構成

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[5][6][7]

2021年3月31日

資本金 発行済株式総数 株主数
30億円 60,000株 39
株主 株式数 比率
テレビ朝日ホールディングス 11,990株 19.98%
朝日新聞社 11,200株 18.66%
九州朝日放送 06,173株 10.28%
大分合同新聞社 04,500株 07.50%
大分県 03,000株 05.00%
フジ・メディア・ホールディングス 03,000株 05.00%

過去の資本構成

沿革

  • 1989年平成元年)11月13日 - 大分県の第3局の開設するため放送普及基本計画を変更を諮問(石川の第4局、愛媛、山口、宮崎の第3局と同日)[9]
  • 1992年(平成4年)5月25日 - 会社設立[3]
  • 1993年(平成5年)10月1日 - 大分県内3番目のテレビ局として開局[3][注 1]
  • 2003年(平成15年) - 開局10周年を記念して、記念キャッチコピーと記念ロゴを制定。
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)6月1日 - スタジオのHD化完了。これで、県内全放送局がHD対応のスタジオを持つこととなった。
  • 2011年(平成23年)7月24日23時 - 地上アナログ放送停波。
  • 2014年(平成26年)- 開局20周年記念事業で社屋をリニューアルするとともに、ガーデンスタジオを建設[12][13]
  • 2019年(平成31年、令和元年)4月15日 主調整室(マスター)を更新(東芝製)。

注釈

  1. ^ 九州・山口地区では、OABと同じテレビ朝日系列の山口朝日放送(yab)と同日に開局した。
  2. ^ 当局以外の平成新局でデジタル完全移行後もカバーできていないのは長野県長野朝日放送山口県山口朝日放送愛媛県あいテレビ愛媛朝日テレビがある。
  3. ^ OABのみ設置されていない中継局は、豊後大田、千歳、一尺屋など。一方、アナログ放送で中継局を設置していた大分南、大分高崎、別府亀川には、デジタル放送の中継局は設置されず、アナログ放送終了と同時に運用を終えた。
  4. ^ 大下容子ワイド!スクランブル第1部』内のANNニュースを、OABでは月 - 金曜11:45-12:00)のローカル枠(11:56:55 - 12:00)の差し替えを行使して放送。
  5. ^ 不定期放送。『ANNスーパーJチャンネル』を、OABではローカル枠(17:48.54 -)の差し替えを行使して放送。
  6. ^ アニメ版はOBSで放送。
  7. ^ OAB開局時は『ザ・ニュースキャスター』の途中から。
  8. ^ OAB開局時は『GS美神』の終盤から。
  9. ^ 腸捻転時代OBSで放送されていた。
  10. ^ ただしTOSでは、1980年代半ばの半年間のみの放送だった。
  11. ^ OAB開局時は『さすらい刑事旅情編VI』から。
  12. ^ OAB開局時は『特捜ロボ ジャンパーソン』の終盤から。
  13. ^ ただし、OBSでは自社制作番組『パッチワーク30』の1コーナーとして放送されていた。さらに途中で放送を打ち切ったため、直接移行ではなかった。
  14. ^ OBSでは1993年3月に放送を打ち切ったため、直接移行ではなかった。
  15. ^ 第1作TOSで放送された。
  16. ^ OAB開局時は『五星戦隊ダイレンジャー』の終盤から。
  17. ^ OAB開局時は『勇者特急マイトガイン』の終盤から。ただし、OBSでは『伝説の勇者ダ・ガーン』の途中で放送を打ち切ったため、直接移行ではなかった。
  18. ^ OAB開局時は『暴れん坊将軍V』の終盤から。

出典

  1. ^ a b c d e f 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2021』コーケン出版、2021年12月10日、472-473頁。 
  2. ^ 基幹放送事業者の議決権保有状況等 地上系放送事業者”. 電波利用ホームページ. 総務省 (2020年7月1日). 2021年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  3. ^ a b c d e 会社案内”. 大分朝日放送株式会社. 2021年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  4. ^ a b きょうはそらぽの・・・”. そらぽ日記. 大分朝日放送株式会社. 2021年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  5. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2021』コーケン出版、2021年12月10日、474頁。 
  6. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、476頁。 
  7. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、482頁。 
  8. ^ a b 大分朝日放送 代表取締役社長
  9. ^ 愛媛の民放も多局化へ(『南海放送社史 第一部 夢にはじまる 南海放送五十年史(1953年~2003年)』2005年9月、南海放送発行)
  10. ^ “九州全県で視聴が可能となる地上デジタルテレビ放送 ~熊本、大分及び宮崎で試験放送開始~ ~福岡デジタル親局の視聴エリアが拡大~” (プレスリリース), 総務省九州総合通信局・福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎及び鹿児島地上デジタル放送推進協議会, (2006年10月26日), オリジナルの2007年10月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20071030082741/http://www.kbt.go.jp/press/061026-1-1.html 
  11. ^ “地上デジタルテレビジョン放送局に免許” (プレスリリース), 総務省九州総合通信局, (2006年11月21日), オリジナルの2007年8月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20070808152814/http://www.kbt.go.jp/press/061121-1-1.html 
  12. ^ “ローカル探訪 社屋リニューアルでイメージ一新「大分朝日放送」”. Synapse (株式会社ビデオリサーチ). (2017年11月1日). オリジナルの2018年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180910204640/https://synapse-magazine.jp/television/2015oab/ 
  13. ^ “「大分朝日放送」ガーデンスタジオ建設でイメージ一新”. Synapse (株式会社ビデオリサーチ). (2017年11月7日). オリジナルの2018年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180910204640/https://synapse-magazine.jp/television/2015oab/ 
  14. ^ 地上デジタルテレビ放送市町村別ロードマップ 大分朝日放送(株) (Microsoft Excelの.xls)”. 総務省. 2013年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  15. ^ 冨永 実加子”. アナウンサールーム. 大分朝日放送株式会社. 2021年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  16. ^ 浅見 眞帆”. アナウンサールーム. 大分朝日放送株式会社. 2021年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  17. ^ 下野 紗弥”. アナウンサールーム. 大分朝日放送株式会社. 2019年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  18. ^ 佐藤 伊音”. アナウンサールーム. 大分朝日放送株式会社. 2021年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  19. ^ 平井 侑貴”. アナウンサールーム. 大分朝日放送株式会社. 2021年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  20. ^ 広瀬 俊輔”. アナウンサールーム. 大分朝日放送株式会社. 2021年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大分朝日放送」の関連用語

大分朝日放送のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大分朝日放送のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大分朝日放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS