夜の蝶 背景とモデル

夜の蝶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/05 06:14 UTC 版)

背景とモデル

原作の川口松太郎の『夜の蝶』は、当時銀座で人気を二分していたクラブ・ママ、『エスポワール』の川辺るみ子と『おそめ』の上羽秀がモデルである。小説では、川辺がマチ、上羽がお菊の名で二人の確執が描かれている。小説と映画のヒットにより、「夜の蝶」「ホステス」などの言葉が流行語になり、マスコミで大きく取り上げられた[1]。るみ子と秀はライバル同士ではあったが、後年秀が店をたたむ際、るみ子にだけ打ち明け、二人で抱き合い泣いたという[2]

テレビドラマ

本作を原作とするテレビドラマが、1962年12月27日日本テレビ系列の『武田ロマン劇場』(武田薬品工業一社提供木曜20:45 - 21:30)で放送。主演は淡島千景。また後に声優として活躍する八代駿も出演している[3]

キャスト

スタッフ

  • 原作:川口松太郎
  • 演出:池田義一[3]
日本テレビ系列 武田ロマン劇場
前番組 番組名 次番組
新説山崎街道
夜の蝶
(ドラマ版)
皇女和の宮

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク






「夜の蝶」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「夜の蝶」の関連用語

夜の蝶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



夜の蝶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの夜の蝶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS