境界のRINNE テレビアニメ

境界のRINNE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 00:37 UTC 版)

テレビアニメ

2015年4月4日より、第1シリーズがNHK Eテレにて放送。全25話[41][2]。10月3日より第1シリーズの再放送が行われた[42]。2016年4月9日より、第2シリーズが放送された。全25話。10月より第2シリーズの再放送が開始。2017年4月8日より第3シリーズが放送された。全25話[32]。同年秋の再放送はなかったが、2018年4月8日から第3シリーズの再放送が行われている。

作風

放送に当たって、高橋作品特有のシュールかつブラックなギャグ描写(暴力その他の犯罪行為や侮辱の意味が含まれる台詞等)に関しては、概ね原作通りに再現されているものの、土曜の夕方という放送時間帯の都合上、あまりにも過激と捉えられる部分(「殺す」「血祭りに上げる」といった暴言、派手な流血シーンなど)はセリフの変更やシーンそのもののカットが行われることでソフトな描写に抑えられている。その場合、原作にも用いられているナレーションを多用し、キャラクターの行動に対するフォローや視聴者への注意の呼びかけが行われることもある。また、話によっては原作に未登場であったキャラクターが登場するなどのオリジナル要素が加えられる事もある。それ以外では話の終盤の場面が原作と異なっていることも度々ある。

ナレーション玄田哲章[34]。キャストには、過去の高橋作品に出演経験のある声優も多数起用されている[注 28]。また、本橋秀之戸部敦夫といった過去の高橋作品と縁深いスタッフも携わっている。作中の随所には『うる星やつら』や『らんま1/2』、『めぞん一刻』など過去の高橋作品に登場したキャラクターや小物が小道具としてカメオ出演している。作中の紙幣の絵柄には、千円札と五千円札それぞれに『うる星やつら』のコタツネコとレイ、一万円札には『らんま1/2』の早乙女玄馬(パンダ)が描かれている。第22話では、アイキャッチとエンドカードがクリスマスバージョンになっている[43]

データ放送による「お供え物」入手(画面上に六文が出た時に「決定」ボタンを押すと、自動的に百葉箱に入る・要インターネット接続)で、放送終了後に「青」ボタンを押すとデータ放送内の百葉箱(デジタルコンテンツコーナー)で確認することができ5個たまるとデジタルコンテンツを入手できる。

字幕放送を実施しており、実装は第1シリーズより真宮桜の声が黄色、六道りんねの声が水色、六文の声が緑色で統一されており、その他のキャラクターの声はで分けられている。

第1シリーズは全話を通じて25分1話形式であったが、第2シリーズ以降は25分2話(3話の時もある)形式のスタイルも見られるようになった。この場合、本筋の展開とはあまり関係のない短編ストーリーが用いられることがほとんどである。

過去の高橋作品においては、ストーリーが連載中の原作に追いつくことを防止するため、度々アニメオリジナルストーリーが挿入されることがあったが、本作の初アニメ化は連載開始から6年後であり、十分に原作の話数が溜まった上でのものであるため、第3シリーズ終了時点ではオリジナルストーリーが全く入っていない。また、放送開始時から原作のストックが尽きるまで一貫して放送されるのではなく、2クールごとに区切って放送される(本放送→再放送を半年の周期で繰り返す)スタイルであるため、休止期間中に原作のストックが溜まっていくことも理由として挙げられる。第1、第2シリーズの最終回は特別な演出は無かったが、第3シリーズのラストでは「最終回だから」と原作にはない主要登場人物が一堂に会する演出で締めくくられた。

スタッフ

第1期 第2期 第3期[44]
原作 高橋留美子
監督 菅原静貴 石踊宏
ストーリー監修 菅原静貴
シリーズ構成 横手美智子
キャラクターデザイン たむらかずひこ
アクション作画監督 田中良
ブロップデザイン(第1期)コンセプトデザイン(第2期-第3期)
小川浩
本多孝敏、青木智由紀 梶野靖弘
美術監督 渋谷幸弘
色彩設計 福田由布子
編集 池田康隆
撮影監督 織田頼信
音楽 本間昭光[45]
音楽演奏 藤原道山上妻宏光、佐藤和哉
ヒダノ修一TAKUYA
武藤彩未[46]新藤晴一[45]
音響監督 高寺たけし
アニメーション
プロデューサー
小沢十光 島田純一
プロデューサー 藤田裕介
伊藤香織、工藤康平
制作統括 野島正宏
柏木敦子
澤木類
米村裕子
根岸智也
アニメーション制作 ブレインズ・ベース
製作 NHKエンタープライズ
制作・著作 NHK
小学館集英社プロダクション

主題歌

オープニングテーマ

第1シリーズ
桜花爛漫」(第1話 - 第13話)
作詞・作曲 - 首藤義勝 / 編曲 - KEYTALK & NARASAKI / 歌 - KEYTALK
本作のヒロイン・真宮桜をイメージして作られた曲である[47]
裏の裏」(第14話 - 第25話)
作詞 - 大胡田なつき / 作曲 - 成田ハネダ / 編曲・歌 - パスピエ
オープニングテーマの映像は曲が変わった後半も前半と同じアニメーションを使用。りんねが桜から貰って落とす小銭は、10円玉→50円玉[48]→100円玉→500円玉[49]→5円玉[50]と変わった[51]
第2シリーズ
Melody」(第26話 - 第37話)
作詞 - 安田尊行 / 作曲 - MANYO / 編曲 - ミライショウ / 歌 - Pile
アイニー」(第38話 - 第50話)
作詞・作曲 - 尾崎世界観 / 編曲・歌 - クリープハイプ
第3シリーズ
「SHINY」(第51話 - 第62話)[52]
作詞 - 米田貴紀 / 作曲・編曲・歌 - 夜の本気ダンス[53]
セツナユメミシ」(第63話 - 第75話)
作詞・作曲 - 首藤義勝 / 編曲 - KEYTALK & NARASAKI / 歌 - KEYTALK[54]

エンディングテーマ

第1シリーズ
トキノワ」(第1話 - 第13話)
作詞 - 大胡田なつき / 作曲 - 成田ハネダ / 編曲・歌 - パスピエ
ふたつの世界」(第14話 - 第25話)
作詞・作曲 - 岸田繁 / 編曲・歌 - くるり
本作の原画イラストがシングルジャケットに採用された[55]
オープニングと同じく、エンディング映像は曲が変わってもほぼ同じものを使用。エンディングアニメーションに登場するキャラクターは、そのキャラが初登場した回に合わせて少しずつ増えていく[注 29]
第2シリーズ
話をしよう」(第26話 - 第37話)
作詞・作曲 - 松尾レミ / 編曲・歌 - GLIM SPANKY
Beautiful Life」(第38話 - 第50話)
作詞・作曲 - 原田茂幸 / 編曲・歌 - Shiggy Jr.
第3シリーズ
スキナノカナ」(第51話 - 第62話)[57]
作詞・作曲・歌 - Softly / 編曲:木村篤史
「パズル」(第63話 - 第75話)[58]
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - 世武裕子 / 歌 - 上白石萌音
りんねと桜の原作の扉絵が多数使用されており、背景は単行本表紙を基調としたデザインになっている。

各話リスト

放送局

NHK Eテレ(日本全域) / 放送期間および放送時間[59]
放送期間 放送時間 シリーズ
2015年4月4日 - 9月19日 土曜 17:30 - 17:55 第1シリーズ
2016年4月9日 - 9月24日 第2シリーズ
2017年4月8日 - 2017年9月23日 土曜 17:35 - 18:00 第3シリーズ
日本国内 インターネット放送 / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 配信サイト 備考
2015年4月4日 - 9月19日 土曜 17:55 配信 NHKオンデマンド
2015年4月6日 - 9月21日 月曜 12:00 更新 ニコニコチャンネル / バンダイチャンネル
月曜 22:30 - 23:00 ニコニコ生放送
2015年4月13日 - 9月21日 月曜 12:00 更新 GYAO! 第1話と第2話同時配信

DVD

DVDは、第1シリーズは3話ごとの全8巻の単品売り、第2シリーズと第3シリーズは12話ごとの上下巻のずつのBOX形態での発売である。

発売日 収録話 規格品番
第1シリーズ
1 2015年7月15日 第1話 - 第4話 PCBP-53421
2 2015年8月19日 第5話 - 第7話 PCBP-53422
3 2015年9月16日 第8話 - 第10話 PCBP-53423
4 2015年10月21日 第11話 - 第13話 PCBP-53424
5 2015年11月18日 第14話 - 第16話 PCBP-53425
6 2015年12月16日 第17話 - 第19話 PCBP-53426
7 2016年1月20日 第20話 - 第22話 PCBP-53427
8 2016年2月17日 第23話 - 第25話 PCBP-53428
第2シリーズ
BOX上巻 2016年9月21日 第26話 - 第37話 PCBP-62076
BOX下巻 2016年12月21日 第38話 - 第50話 PCBP-62077
第3シリーズ
BOX上巻 2017年9月20日 第51話 - 第62話 PCBP-62088
BOX下巻 2017年12月20日 第63話 - 第75話 PCBP-62089

Webラジオ

ラジオのRINNE…みたいな?
  • メインパーソナリティ:石川界人(六道りんね役)
  • サブパーソナリティ:徳井青空(ミホ役)、洲崎綾(リカ役)
  • 配信期間:2015年3月23日(第0回先行配信)、2015年4月6日[60] - 2015年9月28日(毎週月曜日配信)、2015年9月28日 - 2016年3月28日(隔週月曜日配信)
  • 配信サイト:HiBiKi Radio Station
  • ゲスト

コラボ

NHK Eテレ 土曜17:30枠
前番組 番組名 次番組
ログ・ホライズン(第2期)
(2014年10月4日 - 2015年3月28日)
境界のRINNE
(第1期→第1期再放送→第2期)
(2015年4月4日 - 2016年9月24日)
クラシカロイド(第1期)
(2016年10月8日 - 2017年3月25日)
NHK Eテレ 土曜17:35枠
クラシカロイド(第1期)
(2016年10月8日 - 2017年3月25日)
※17:30 - 17:55
みんなのうた
※17:55 - 18:00
境界のRINNE(第3期)
(2017年4月8日 - 9月23日)
クラシカロイド(第2期)
(2017年10月7日 - 2018年3月24日)



注釈

  1. ^ ただし連載が進むにつれて戦闘力が高くなっており、純粋な死神よりも優れて描かれるようになっている。
  2. ^ りんね曰く、「塾みたいなもの」(18巻第7話「思い出発掘」)。
  3. ^ アニメでは、特に桜が作った玉子焼きを好物としている。
  4. ^ 霊魂絡みの依頼には一応対応しているが、それ以外の内容ならばスルーしている。また、わざと噂を広めるため黄泉の羽織を着た状態で人目を気にせず中身を回収しており、事情を知らない桜以外の人たちからは怪異現象だと思われている。
  5. ^ 覗きやら盗みに利用することはないが、依頼のない普段の生活から霊道を頻繁に利用している。
  6. ^ 500円のもので高級品と言ったり、50万で遊んで暮らせる等
  7. ^ 桜に惚れた幽霊が桜に告白した際には、彼氏のフリをするため一度だけ「桜」と呼んでいる(7巻第3話「涅槃屋へようこそ!」)。
  8. ^ 桜の着替えシーンをうっかり覗いてしまった時は、赤面する慌て振りをみせた(11巻第3話「りんねはどこに?」)。
  9. ^ 作中ではポニーテールなど、服装に合わせて髪型を変えることもある。
  10. ^ アニメの文字放送では、彼女の台詞は黄色(主人公色)で表現されている。
  11. ^ スカート丈こそ異なるが、『めぞん一刻』のヒロイン・音無響子の高校時代の制服と瓜二つである。制服のデザインは作者・高橋留美子の出身高校・新潟県立新潟中央高等学校がモデルとなっている。
  12. ^ 高校の体育祭では、クラスのリレー代表選手の一人に選ばれている(17巻第6話「魔の4コース」)。
    また、周囲が息切れする急な登り坂でも、平然と走っている(14巻第1話「腰砕け坂の怪」)。
  13. ^ 悪事を働こうとする翔真を阻止しようと、思わず振り投げた悪魔道具切りバサミで翔真を吹っ飛ばしている(8巻第5話「監督責任」)。
  14. ^ 初対面の鯖人からは「可愛いお嬢さん」(4巻第3話「堕魔死神カンパニー」)、
    十文字が落とした定期入れの写真に写る小学校時代の桜を見た六文からも「可愛い女の子」(3巻第1話「転校生」)と評されている。
  15. ^ 柔道部員の霊からの告白を断った後、「かわいそうだったかな。」と呟いたりするなど、自分が振った相手のことを気遣うこともあった(7巻第3話「涅槃屋へようこそ!」)。
  16. ^ が好意のあるなしについてはコメントしていない。
  17. ^ テレビアニメ版 第2シリーズでも杏珠役で出演。
  18. ^ アニメ版でも原作に即して書き文字で表現されている。
  19. ^ 第10話以降この名義に変更された。以前は旧芸名「雪野五月」名義。
  20. ^ 聖書を携帯しており、所持品に十字をあしらったデザインのものが多い。
  21. ^ アニメ16話では校門に「豊神杉小学校」と書いてある。
  22. ^ 六文にスクランブルエッグと間違えられた。しかも殻が入っている。
  23. ^ このウインナーは家の蔵にあった札付きの箱を使ったせいで悪霊化した。
  24. ^ 幼少期は六文同様の姿をしていた。
  25. ^ 理由としては、桜が騙されない性格なのはもちろん、りんねや魂子から鯖人へ制裁が入るため。ただし、一度だけ桜本人の意思でお金を貸してもらったことがあり、のちに全額返金した(13巻第1話「お金♡貸して?」)。
  26. ^ 人間の命である「命の火」という魂が別に存在するため。
  27. ^ 原作の台詞やアニメのクレジットでは読み易さを考慮してか「だまし神」とひらがなを使用して表記する。「堕魔死神カンパニー」は会社名なので漢字表記する。
  28. ^ りんねの両親役には山口勝平林原めぐみを起用し、祖母役はゆきのさつき、桜の母親役は平野文など、いずれも過去の高橋作品における主役級のキャストが起用されている。
  29. ^ 1話から登場するりんね、桜、魂子を除けば、六文→3話、十文字→4話、魔狭人→7話、鯖人→10話[56]、鳳→12話、架印→18話の順。

出典

  1. ^ a b 高橋留美子:新連載「境界のRINNE」 幽霊が見える女子高生、少年サンデーで”. コミックナタリー (2009年4月15日). 2016年6月12日閲覧。
  2. ^ a b c 境界のRINNE”. NHKアニメワールド. 2015年1月23日閲覧。
  3. ^ a b “境界のRINNE:第2シリーズが4月9日より放送開始”. コミックナタリー. (2016年1月20日). http://natalie.mu/comic/news/173176 2016年1月20日閲覧。 
  4. ^ a b “「境界のRINNE」公式サイト”. NHK. (2017年2月15日). http://anime-rinne.com/ 2017年2月16日閲覧。 
  5. ^ RIN-NE”. VIZ Media. 2020年9月12日閲覧。
  6. ^ a b 週刊少年サンデーS』2017年5月号(高橋留美子単行本累計発行部数全世界2億冊突破記念「高橋留美子番 my P-1 歴代担当が選ぶ私の1ページ」、72頁)
  7. ^ a b c “「境界のRINNE」放送直前!高橋留美子新作4コマも読める「るーみっく新聞」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年2月25日). http://natalie.mu/comic/news/139404 2015年3月3日閲覧。 
  8. ^ マンガ質問状:「境界のRINNE」 主人公りんねは連載開始2週間前に“誕生””. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2011年10月31日). 2018年1月5日閲覧。
  9. ^ 「境界のRINNE」りんね役は石川界人、桜は井上麻里奈、山口勝平も出演”. コミックナタリー (2015年1月23日). 2018年1月5日閲覧。
  10. ^ a b アニメ第2シリーズDVD下巻特典ブックレット・身長対比表より。
  11. ^ 13巻第10話「白紙絵馬」
  12. ^ 14巻第7話「れんげの正体」
  13. ^ マンガ質問状:「境界のRINNE」 主人公りんねは連載開始2週間前に“誕生””. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2011年10月31日). 2018年1月5日閲覧。
  14. ^ 『週刊少年サンデーS2017年5月号』(高橋留美子単行本累計発行部数全世界2億冊突破記念「高橋留美子番 my P-1 歴代担当が選ぶ私の1ページ」、72頁)
  15. ^ 高橋留美子画業35周年インタビュー”. コミックナタリー. 2018年4月9日閲覧。
  16. ^ アニメ第2シリーズDVD上巻特典ブックレット・インタビュー
  17. ^ a b ダ・ヴィンチ2013年12月号 高橋留美子×あだち充対談
  18. ^ a b http://comics.shogakukan.co.jp/news/5097
  19. ^ NHKキャラ☆コンシェル 境界のRINNE 真宮桜”. NHKエンタープライズ. 2018年4月8日閲覧。
  20. ^ “「るーみっくわーるど35~SHOW TIME&ALL STAR~高橋留美子画業35周年記念インタビュー」”. natile news. (2013年12月20日). https://natile.mu/comic/pp/rumic35/page/3 2018年1月7日閲覧。 
  21. ^ “B!KUMA【ビークマ】真宮桜の三つ編みおさげがかわいい!クールだけど天然の隠れ巨乳ちゃん【境界のRINNE】”. anipla news. (2015年4月20日). https://bkuma.hatena.ne.jp/entry/anipla.net/curations/1061 2018年1月7日閲覧。 
  22. ^ “【アニメ漫画キャラの魅力】るーみっくわーるどが生み出した新感覚Newヒロイン「真宮桜」の魅力【境界のRINNE】”. excite.news. (2015年12月30日). https://www.excite.co.jp/News/anime_hobby/20151230/Charapedia_20151230_0002.html 2018年1月7日閲覧。 
  23. ^ アニメ第2シリーズDVD上巻特典ブックレット・インタビュー
  24. ^ アニメ第3シリーズ番外編第22回
  25. ^ 境界のRINNE番外編05
  26. ^ “高橋留美子先生に聞いてみた!(前編)”. NHK subculture. (2017年8月12日). https://www6.nhk.or.jp/anime/special/special.html?i=4557 2017年8月12日閲覧。 
  27. ^ 11巻第1話-3話
    アニメ第25話(第1シリーズ最終回)
  28. ^ 週刊少年サンデーS』2017年5月号(高橋留美子単行本累計発行部数全世界2億冊突破記念「高橋留美子番 my P-1 歴代担当が選ぶ私の1ページ」74頁)
  29. ^ “一番くじ るーみっくわーるど~35th Anniversary~「高橋留美子作品の名シーンを発表!あなたの思い出のシーンは?」”. 藤本エリ (getnews). (2013年4月26日). http://getnews.jp/archives/330095 2018年1月7日閲覧。 
  30. ^ 週刊少年サンデー』2017年18号(2017年3月29日発売)、巻頭インタビュー。
  31. ^ a b “境界のRINNE : 声優に石川界人、井上麻里奈 高橋作品“常連”の山口勝平も”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2015年1月23日). http://mantan-web.jp/2015/01/23/20150122dog00m200077000c.html 2015年3月3日閲覧。 
  32. ^ a b c “「境界のRINNE」第3シリーズ初回放送日&キービジュアル&新キャストの発表!”. アニメワールド 注目!情報 (日本放送協会). http://www6.nhk.or.jp/anime/topics/detail.html?i=4404 2017年2月15日閲覧。 
  33. ^ “「境界のRINNE」ラムの声優・平野文が、ヒロイン・真宮桜の母役で出演”. yahoo news. (2015年7月27日). オリジナルの2015年9月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150930132315/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150727-00000011-mantan-ent 2015年7月27日閲覧。 
  34. ^ a b c d e 「境界のRINNE」キャスト発表第2弾!!”. アニメワールド+BLOG. 日本放送協会 (2015年3月3日). 2015年3月3日閲覧。
  35. ^ アニメ版第12話「死神 鳳」答案用紙より。
  36. ^ a b 「境界のRINNE」キャスト発表第3弾!!”. アニメワールド+BLOG. 日本放送協会 (2015年6月16日). 2015年6月16日閲覧。
  37. ^ a b c d 「境界のRINNE」新キャスト発表!”. アニメワールド+BLOG. 日本放送協会 (2016年3月1日). 2016年3月1日閲覧。
  38. ^ 「境界のRINNE」新キャストの発表です!!”. アニメワールド+BLOG. 日本放送協会 (2015年7月27日). 2015年8月2日閲覧。
  39. ^ 「境界のRINNE」沫悟役は村田太志さん!”. アニメワールド 注目!情報. 日本放送協会 (2016年7月19日). 2016年7月22日閲覧。
  40. ^ 「境界のRINNE」杏珠役は釘宮理恵さん!”. アニメワールド 注目!情報. 日本放送協会 (2016年9月6日). 2016年9月6日閲覧。
  41. ^ “高橋留美子氏の『境界のRINNE』アニメ化、来春Eテレで放送”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年11月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2044949/full/ 2014年12月11日閲覧。 
  42. ^ Eテレアニメ 秋からの再放送”. アニメワールド+BLOG. 日本放送協会 (2015年9月16日). 2015年9月23日閲覧。
  43. ^ nhk_rinneのツイート(637546047422660608)
  44. ^ TVアニメ『境界のRINNE』第3シリーズがEテレにて2017年春放送決定!! 高橋留美子先生からコメントも到着”. アニメイトタイムズ (2016年9月26日). 2016年11月21日閲覧。
  45. ^ a b 「境界のRINNE」劇中音楽 (BGM)の話”. アニメワールド+BLOG. 日本放送協会 (2015年8月14日). 2015年8月16日閲覧。
  46. ^ nhk_rinneのツイート(583285729234554881)
  47. ^ KEY TALK アニメソングに抜擢!「桜花爛漫」の魅力” (2015年9月14日). 2015年9月14日閲覧。
  48. ^ nhk_rinneのツイート(604565655375876098)
  49. ^ nhk_rinneのツイート(632469779933040640)
  50. ^ nhk_rinneのツイート(645159106869792768)
  51. ^ nhk_rinneのツイート(645145715774099456)
  52. ^ 「境界のRINNE」第3シリーズ 新OPテーマ曲を発表!”. 注目!情報 NHKアニメワールド (2017年2月28日). 2017年3月8日閲覧。
  53. ^ 夜の本気ダンス、ニューシングルはアニメ「境界のRINNE」OP曲”. 音楽ナタリー (2017年3月3日). 2017年3月4日閲覧。
  54. ^ 「境界のRINNE」第3シリーズ 新OPテーマ曲を発表!”. NHKアニメワールド. 2017年6月5日閲覧。
  55. ^ 高橋留美子「境界のRINNE」の原画イラスト、くるりの新譜ジャケットに”. コミックナタリー (2015年8月27日). 2015年8月28日閲覧。
  56. ^ nhk_rinneのツイート(607108118632239104)
  57. ^ 「境界のRINNE」第3シリーズ 新EDテーマ曲を発表!”. 注目!情報 NHKアニメワールド (2017年3月7日). 2017年3月8日閲覧。
  58. ^ 「境界のRINNE」第3シリーズ 新EDテーマ曲を発表!”. 注目!情報 NHKアニメワールド (2017年6月13日). 2017年3月8日閲覧。
  59. ^ 2015年4月4日(土)午後5時30分~放送開始予定!”. TVアニメ「境界のRINNE」公式サイト. 2015年1月22日閲覧。
  60. ^ 「境界のRINNE」webラジオ”. 響 -Hibiki Radio Station-. 2015年3月9日閲覧。
  61. ^ 高橋留美子作品×[クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ]”. コロプラ. 2015年9月23日閲覧。
  62. ^ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズに、りんねと桜が登場!”. websunday. 2015年9月23日閲覧。


「境界のRINNE」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「境界のRINNE」の関連用語

境界のRINNEのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



境界のRINNEのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの境界のRINNE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS