塩酸 歴史

塩酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 08:21 UTC 版)

歴史

10世紀初頭、ペルシャの医師で錬金術師アル・ラーズィー(865〜925年頃、ラテン語:レイズ)は、塩化アンモン石(塩化アンモニウム)とビトリオール英語版(さまざまな金属硫酸塩)を用いて実験を行った。混合して蒸留したところ、塩化水素ガスが生成された。そうすることで、アル・ラーズィーは塩酸の発見に非常に近づいたが、彼は実験のガス状生成物を無視し、代わりに残留物に影響を与える可能性のある色の変化に集中したようである[10]アル・ラーズィーの実験に基づいて、De aluminibus et salibus(ミョウバンについて)(11世紀または12世紀アラビア語の文書は、誤ってアル・ラーズィーに帰属し、クレモナのジェラルドによって12世紀の後半にラテン語に翻訳された。)では、さまざまなによる金属加熱について説明されていて、水銀の場合、塩化水銀(II)(腐食性昇華物)の生成をもたらした[11]。この過程で、実際に塩酸が生成され始めたが、すぐに水銀と反応して腐食性昇華物を生成された。De aluminibus et salibusが主要な参考書の1つであった13世紀のラテン錬金術師は、腐食性昇華物の塩素化特性に魅了され、金属ビトリオール英語版ミョウバンの加熱の過程から排除されるとすぐに発見した。塩、強鉱酸は直接蒸留することができる[12]鉱酸の発見から生まれた重要な発明の1つには、を溶解できる硝酸と塩酸を1:3の比率で混合した王水がある。これは、疑似ゲーバー英語版De inventione veritatis(真実の発見について、1300年頃以降)で最初に説明された。ここでは、王水塩化アンモニウムを硝酸に添加して調製された[13]。しかしながら、塩酸自体の生産(つまり、すでに硝酸と混合されているのではなく、分離された物質として)は、その後の数世紀ではじめて開発される、より効率的な冷却装置の使用に依存した[14]。したがって、塩酸の製造法は16世紀後半にのみ登場し、最も古いものはジャンバッティスタ・デッラ・ポルタ(1535–1615)著Magia Naturalis英語版(自然の魔法)や、アンドレアス・リバヴィウス(1550–1616頃)、ジャン・ベガン(1550–1620)、オズワルド・クロル英語版(1563–1609頃)のような他の同期の化学者の作品で見られる[15]。塩酸などの鉱酸の知識は、ダニエル・セナート英語版(1572–1637)やロバート・ボイル(1627–1691)のような17世紀の化学者にとって非常に重要なもので、彼らは物体の複合的な性質の実演で金属を急速に溶解する能力を使用した[16]

語源

ヨハン・ルドルフ・グラウバーの方法に従って岩塩から製造されたため、塩酸は歴史的にヨーロッパ錬金術師によって塩の精または酸性塩(塩の酸)と呼ばれていた。特に他の言語では、英語: Spirits of saltドイツ語: Salzsäureオランダ語: Zoutzuurスウェーデン語: Saltsyraスペイン語: Salfumánトルコ語: Tuz Ruhuポーランド語: kwas solnyハンガリー語: sósavそしてチェコ語: kyselina solnáのように両方の名前が引き続き使用されている。 英語では、ガス状のHClはmarine acid airと呼ばれていた。muriatic acidという名前は同じ由来であり(muriatic塩水または塩に関係するを意味するため、muriate塩化水素を意味する)、この名前は今でも残っていて時々使用されている[2][17]塩酸という名前は、1814年フランスの化学者ジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサックによって造られた[18]

産業の発展

ヨーロッパの産業革命の間に、塩基性物質の需要が増加した。イスーダン(フランス)のニコラ・ルブランによって開発された新しい工業的生産法により、炭酸ナトリウム(ソーダ灰)の安価な大量生産が可能になった。このルブラン法では、硫酸石灰石石炭を使用して塩化ナトリウム炭酸ナトリウムに変換し、副産物として塩化水素を放出する。英国1863年のアルカリ法英語版および他の国での同様の法律が制定されるまで、過剰なHClはしばしば大気中に放出されていた。初期の例外としてはボニントン化学工場英語版があり、1830年にHClが捕捉され始め、生成された塩酸が塩化アンモン石(塩化アンモニウム)の製造に使用されていた[19]。法案の成立後、炭酸ナトリウムの生産者は廃ガスを水中に吸収する義務が生じたため、工業規模で塩酸を生産するようになった[20][21]

20世紀には、ルブラン法が塩酸副産物のないソルベイ法に効果的に置き換えられていった。塩酸はすでに多くの用途で重要な化学物質として完全に定着していたため、商業的関心により他の製造方法が開始され、その一部は現在でも使用されている。2000年以降、塩酸は主に工業用有機化合物の生産から副生成物の塩化水素を吸収することによって作られている[20][21][8]


  1. ^ Nomenclature of Organic Chemistry: IUPAC Recommendations and Preferred Names 2013. Cambridge: The 王立化学会. (2014). p. 131 
  2. ^ a b Hydrochloric Acid”. 2010年9月16日閲覧。
  3. ^ spirits of salt”. 2012年5月29日閲覧。
  4. ^ Hydrochloric acid”. www.chemsrc.com. 2021年9月24日閲覧。
  5. ^ a b “Acidity of Strong Acids in Water and Dimethyl Sulfoxide” (英語). The Journal of Physical Chemistry A 120 (20): 3663–9. (May 2016). Bibcode2016JPCA..120.3663T. doi:10.1021/acs.jpca.6b02253. PMID 27115918. 
  6. ^ a b c Sigma-Aldrich Co., Hydrochloric acid.
  7. ^ Matsukawa, T. (2004年12月26日). “塩酸の名称についての疑問”. 2011年10月7日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h グリーンウッド, ノーマン; アーンショウ, アラン (1997). Chemistry of the Elements (英語) (2nd ed.). バターワース=ハイネマン英語版. pp. 946–48. ISBN 978-0-08-037941-8
  9. ^ a b c Austin, Severin; Glowacki, Arndt (2000). Hydrochloric Acid. doi:10.1002/14356007.a13_283. ISBN 3527306730 
  10. ^ マルトゥフ, ロバート・P (1966). The Origins of Chemistry. London: Oldbourne. OCLC 977570829  pp. 141-142.
  11. ^ Multhauf 1966, pp. 160–162
  12. ^ Multhauf 1966, pp. 162–163
  13. ^ Karpenko, Vladimír; Norris, John A. (2002). “Vitriol in the History of Chemistry”. Chemické listy 96 (12): 997–1005. http://www.chemicke-listy.cz/ojs3/index.php/chemicke-listy/article/view/2266.  p. 1002.
  14. ^ Multhauf 1966, p. 204.
  15. ^ Multhauf 1966, p. 208, note 29; cf. p. 142, note 79
  16. ^ ニューマン, ウィリアム・R (2006). Atoms and Alchemy: Chymistry and the Experimental Origins of the Scientific Revolution. Chicago: University of Chicago Press  p. 98.
  17. ^ Muriatic Acid”. PPGインダストリーズ (2005年). 2010年9月10日閲覧。
  18. ^ Gay-Lussac (1814) "Mémoire sur l'iode" (Memoir on iodine), Annales de Chemie, 91 : 5–160. From page 9: " ... mais pour les distinguer, je propose d'ajouter au mot spécifique de l'acide que l'on considère, le mot générique de hydro; de sorte que le combinaisons acide de hydrogène avec le chlore, l'iode, et le soufre porteraient le nom d'acide hydrochlorique, d'acide hydroiodique, et d'acide hydrosulfurique; ... " (... but in order to distinguish them, I propose to add to the specific suffix of the acid being considered, the general prefix hydro, so that the acidic combinations of hydrogen with chlorine, iodine, and sulfur will bear the name hydrochloric acid, hydroiodic acid, and hydrosulfuric acid; ...)
  19. ^ “Bonnington Chemical Works (1822-1878): Pioneer Coal Tar Company”. International Journal for the History of Engineering & Technology 89 (1–2): 73–91. (2019). doi:10.1080/17581206.2020.1787807. 
  20. ^ a b c d e f g h i j k l “Hydrochloric Acid”. Chemicals Economics Handbook. SRIインターナショナル. (2001). pp. 733.4000A–733.3003F 
  21. ^ a b A History of the International Chemical Industry. Philadelphia: University of Pennsylvania Press. (1991). ISBN 978-0-8122-1297-6 
  22. ^ Petrucci, Ralph H.; Harwood, William S.; Herring, F. Geoffrey (2002). General chemistry: principles and modern applications. Prentice Hall. pp. 668–669. ISBN 978-0-13-014329-7 
  23. ^ “Structure of Concentrated HCl Solutions”. The Journal of Physical Chemistry A 102 (1): 192–199. (January 1998). Bibcode1998JPCA..102..192A. doi:10.1021/jp970836x. ISSN 1089-5639. 
  24. ^ “pH Paradoxes: Demonstrating That It Is Not True That pH ≡ −log[H+]” (英語). Journal of Chemical Education 83 (5): 752. (May 2006). Bibcode2006JChEd..83..752M. doi:10.1021/ed083p752. ISSN 0021-9584. 
  25. ^ “Systemnummer 6 Chlor”. Gmelins Handbuch der Anorganischen Chemie. Chemie Berlin. (1927) 
  26. ^ “Systemnummer 6 Chlor, Ergänzungsband Teil B – Lieferung 1”. Gmelins Handbuch der Anorganischen Chemie. Chemie Weinheim. (1968) 
  27. ^ a b c CRC Handbook of Chemistry and Physics (81st ed.). CRC Press. (2000). ISBN 978-0-8493-0481-1 
  28. ^ a b c Perry's Chemical Engineers' Handbook (6th ed.). McGraw-Hill Book Company. (1984). ISBN 978-0-07-049479-4 
  29. ^ a b Aspen Properties. binary mixtures modeling software (calculations by Akzo Nobel Engineering ed.). Aspen Technology. (2002–2003) 
  30. ^ 経済産業省生産動態統計年報 化学工業統計編
  31. ^ Vogel's Quantitative Chemical Analysis (6th ed.). New York: Prentice Hall. (2000). ISBN 978-0-582-22628-9 
  32. ^ “Household plc: really filthy bathroom”. デイリー・テレグラフ (London). (2003年9月13日). オリジナルの2009年2月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090223230226/http://www.telegraph.co.uk/property/3317144/Household-plc-really-filthy-bathrooms.html 2010年3月31日閲覧。 
  33. ^ a b c Human Biology and Health. Englewood Cliffs, New Jersey, USA: Prentice Hall. (1993). ISBN 978-0-13-981176-0. https://archive.org/details/humanbiologyheal00scho 
  34. ^ Digestive Aids: Hydrochloric acid”. healthy.net (2000年12月6日). 2021年10月23日閲覧。
  35. ^ Textbook of Medical Physiology (10th ed.). W.B.サンダース社. (2000). ISBN 978-0-7216-8677-6 
  36. ^ Control and Physiologic Effects of Secretin”. Colorado State University (2003年3月18日). 2009年3月16日閲覧。
  37. ^ Regulation (EC) No 1272/2008 of the European Parliament and of Council of 16 December 2008 on classification, labelling and packaging of substances and mixtures, amending and repealing Directives 67/548/EEC and 1999/45/EC, and amending Regulation (EC) No 1907/2006”. EUR-lex. 2008年12月16日閲覧。
  38. ^ List of precursors and chemicals frequently used in the illicit manufacture of narcotic drugs and psychotropic substances under international control (Eleventh ed.). 国際麻薬統制委員会. (January 2007). オリジナルの2008-02-27時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080227224025/http://www.incb.org/pdf/e/list/red.pdf 






塩酸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「塩酸」の関連用語

塩酸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



塩酸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの塩酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS