堀江博久 楽曲提供

堀江博久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/13 13:27 UTC 版)

楽曲提供

編曲・プロデュース

サポート

所属グループ

The I-spy(アイ・スパイ)
黒田マナブがG&Voを担当するバンド[9]
STUDIO APES(スタジオエイプス)
The I-spyのメンバーだった、堀江、和田卓造(Dr.)、キタダマキ(B.)、及川浩志(Per.)らによって結成されたバンド[9]
ACROBAT BUNCH(アクロバットバンチ)
會田茂一(Vo. Gt)やLOW IQ 01(Vo. Bs)とともに活動[9]
FREEDOM SUITE
山下洋率いるバンド。NEIL&IRAIZAの2人も在籍した。
NEIL&IRAIZA
松田岳二との音楽ユニット。堀江自身が曲を書き、歌う。
DOTS+BORDERS(ドッツ+ボーダーズ)
1998年にカジヒデキと結成したユニット[12]
SINGER SONGER
Coccoくるり岸田繁と結成したバンド。
Theかまどうま/エレクトリック・カマドウマ
くるりの岸田繁との二人組ユニット[13]
pupa
原田知世をボーカルに迎え、高橋幸宏を中心に高野寛高田漣権藤知彦らによって結成されたバンド[14]
the HIATUS
活動を休止したELLEGARDEN細美武士が立ち上げたプロジェクト。
UMU(Unidentified Mysterious Unit)
猪野秀史とのツイン・キーボードユニット[15]



注釈

  1. ^ 加地秀基と堀江博久によるユニット。
  2. ^ 元ラブ・タンバリンズのエリとdbこと斉藤圭市の2人よるユニット。
  3. ^ 小山田圭吾(ギター)、堀江博久(キーボード)、清水ひろたか(ベース)、あらきゆうこ(ドラム)の4人編成バンド。

出典

  1. ^ a b c d DOMESTIC 堀江博久”. Rallye Label Official Website. 2017年11月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e 堀江博久の記事まとめ”. rockinon.com (2014年10月16日). 2017年11月19日閲覧。
  3. ^ a b NEIL AND IRAIZA 『 NEW SCHOOL』の時のインタヴュー(2002)”. Mikiki. NEIL AND IRAIZA公式tumblr (2018年1月26日). 2019年4月13日閲覧。
  4. ^ a b c プロフィール”. CDJournal WEB. 株式会社 シーディージャーナル. 2019年4月13日閲覧。
  5. ^ a b c 長く愛される作品のレシピとは? Curly Giraffe×堀江博久対談”. OTOTOY (2014年6月25日). 2017年11月27日閲覧。
  6. ^ 第7回 ─ LOVE PSYCHEDELICOの最新ライヴ・レポートをいち早くお届け!(2)”. 『bounce』 230号(2002/3/25). TOWER RECORDS ONLINE (2002年3月25日). 2019年4月13日閲覧。
  7. ^ 新生コーネリアスの公開ゲネプロを見たーー大野由美子の加入でパフォーマンスはどう変化?”. Real Sound (2016年8月1日). 2019年4月13日閲覧。
  8. ^ CORNELIUSが約11年ぶり地上波出演、「バズリズム」で新曲披露 バカリズムとの対談も”. CDJournal WEB. 株式会社 シーディージャーナル (2017年6月19日). 2019年4月13日閲覧。
  9. ^ a b c d INTERVIEW なぜNEIL AND IRAIZAの音楽には魔法がかかるのか? 堀江博久×CHABE―15年ぶりに復活したポップ・デュオが秘密を明かす”. Mikiki. TOWER RECORDS ONLINE (2018年2月8日). 2019年4月13日閲覧。
  10. ^ CORNELIUSをはじめ多彩なアーティストとのセッションで知られる鍵盤奏者・堀江博久がソロ・アルバムを発表!”. CDJournal WEB. 株式会社 シーディージャーナル (2013年9月20日). 2019年4月13日閲覧。
  11. ^ the HIATUSから全国ホールツアーをもって堀江博久が離脱、ソロアルバムに専念”. CINRA.NET (2012年7月5日). 2017年11月27日閲覧。
  12. ^ INTERVIEW なぜカジヒデキはボーダーを着続けられるのか? 堀江博久と語る、51歳の瑞々しさと新EP『秋のオリーブ』”. Mikiki. TOWER RECORDS ONLINE (2018年9月5日). 2019年4月13日閲覧。
  13. ^ 第72回 ─ COUNTDOWN JAPAN 05/06@幕張メッセ 12月29日(木)〜31日(土)”. bounce. TOWER RECORDS ONLINE (2006年1月19日). 2019年4月13日閲覧。
  14. ^ 高橋幸宏が率いる豪華メンバーのバンド“pupa”、デビュー・アルバムは7月に登場”. CDJournal WEB. 株式会社 シーディージャーナル (2008年5月19日). 2019年4月13日閲覧。
  15. ^ 堀江博久presents ”Lounge Bohemia”UMU(hirohisaHORIE x INOhidefumi)/椎野恭一/高桑圭/Curly Giraffe & sugar me/原田知世 & 伊藤ゴロー”. RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO (2012年5月2日). 2019年4月13日閲覧。
  16. ^ TOKYO SESSION -Rockin' Gambler-”. フジテレビ ONE TWO NEXT. フジテレビ. 2019年4月13日閲覧。


「堀江博久」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「堀江博久」の関連用語

堀江博久のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



堀江博久のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの堀江博久 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS