坂本勇人 坂本勇人の概要

坂本勇人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/14 10:10 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
坂本 勇人
読売ジャイアンツ #6
2016年、神宮球場にて
基本情報
国籍 日本
出身地 兵庫県伊丹市
生年月日 (1988-12-14) 1988年12月14日(31歳)
身長
体重
186 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手一塁手二塁手[1]
プロ入り 2006年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2007年7月12日
年俸 5億円(2020年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本
WBC 2013年2017年
プレミア12 2015年2019年
獲得メダル
日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球
2017 野球
WBSCプレミア12
2019 野球
2015 野球

2016年セントラル・リーグ遊撃手としては史上初となる首位打者を獲得。2020年には右打者としては最年少となる31歳10ヶ月で通算2000本安打NPB史上53人目)を達成した[3][4]




注釈

  1. ^ 2013年の表彰名は「月間アットホームクラッチヒーロー賞」

出典

  1. ^ Hayato Sakamoto Japanese League Statistics & History”. Baseball-Reference.com. 2015年4月2日閲覧。
  2. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年12月6日閲覧。
  3. ^ “巨人 坂本勇人 通算2000本安打達成 史上53人目”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2020年11月8日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201108/k10012701021000.html 2020年11月8日閲覧。 
  4. ^ “巨人坂本2000安打年少&スピード10傑は3人目”. 日刊スポーツ. (2020年11月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011070000749.html 2020年11月8日閲覧。 
  5. ^ 【由伸監督託す 5戦士】坂本「俺はやれる」初めての自信、打撃改造最低20発 スポーツ報知 (2016年2月27日) 2016年4月30日閲覧[リンク切れ]
  6. ^ 坂本勇人 「ネオGの肖像」 ~新生巨人、救世主の履歴書~”. Number Web. p. 3 (2009年7月28日). 2017年2月22日閲覧。
  7. ^ 中島&坂本が強力タッグ!地元・伊丹に恩返し スポーツニッポン (2009年12月28日) 2016年4月30日閲覧
  8. ^ 第152回 読売巨人軍 坂本勇人 選手 高校野球ドットコム (2013年6月4日) 2016年4月30日閲覧
  9. ^ 選抜高校野球「思い出甲子園」 写真特集 時事ドットコム 2016年4月30日閲覧
  10. ^ 著・清武英利『巨人軍は非情か』ISBN 9784103133117. p14
  11. ^ a b c 【4月6日】2008年(平20) 巨人史上初!セ最年少記録 19歳3カ月坂本勇人、プロ1号満塁弾 スポニチ 2010年4月1日
  12. ^ “巨人坂本プロ初の2発!球児撃ちV弾!! - 野球ニュース : nikkansports.com” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20090503-490099.html 2018年9月19日閲覧。 
  13. ^ 2009年 讀賣ジャイアンツ - スタメンデータベース” (日本語). sta-men.jp. 2018年9月19日閲覧。
  14. ^ 坂本また欠場 球宴で復帰へ”. スポーツ報知. 2009年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月6日閲覧。
  15. ^ 侍ジャパンマッチ2012 日本代表メンバー NPB公式サイト (2012年11月6日) 2015年4月14日閲覧
  16. ^ 2013WBC日本代表候補選手発表 日本野球機構 (2012年12月4日) 2015年4月3日閲覧
  17. ^ 2013WBC日本代表28選手の発表 日本野球機構オフィシャルサイト (2013年2月20日) 2015年4月2日閲覧
  18. ^ WBC日本代表 最終メンバーにG戦士7選手 読売巨人軍公式サイト
  19. ^ 日本代表個人成績 | 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC NPB.jp 日本野球機構 2018年5月5日閲覧
  20. ^ 坂本 通算100号!節目の一発は価値ある同点弾!スポーツニッポン2014年3月28日配信
  21. ^ 巨人 坂本が今季初めてスタメン外れる 代走で途中出場し盗塁スポーツニッポン2014年5月1日配信
  22. ^ 坂本 連続試合出場が662でストップ 代走で登場もスポーツニッポン2014年5月1日配信
  23. ^ 巨人 坂本 1000安打達成 イチローとタイ 歴代3番目の年少記録スポーツニッポン2014年5月20日配信
  24. ^ 巨人坂本100盗塁「ラッキーですね」nikkansports.com 2014年12月17日閲覧。
  25. ^ 坂本 9回一発も…4試合で計2安打「悔しい」Sponichi Annex 2014年12月17日閲覧。
  26. ^ 2014年10月9日 侍ジャパン「2014 SUZUKI 日米野球」出場選手発表! 侍ジャパン公式サイト (2014年10月9日) 2015年3月26日閲覧
  27. ^ 2014 SUZUKI 日米野球シリーズ 阪神・巨人連合チーム出場選手発表 阪神タイガース公式サイト (2014年10月21日) 2015年5月26日閲覧
  28. ^ 阪神・巨人連合対MLBの出場選手発表
  29. ^ ■ 2014年度日米野球 試合結果(第1戦) 2014年11月21日閲覧。
  30. ^ ■ 2014年度日米野球 試合結果(第2戦) 2014年11月21日閲覧。
  31. ^ ■ 2014年度日米野球 試合結果(第3戦) 2014年11月21日閲覧。
  32. ^ ■ 2014年度日米野球 試合結果(第4戦) 2014年11月21日閲覧。
  33. ^ ■ 2014年度日米野球 試合結果(第5戦) 2014年11月21日閲覧。
  34. ^ 坂本新主将、ハワイでサプライズ交代劇nikkansports.com 2014年12月17日閲覧。
  35. ^ 坂本勇人インタビュー「主将として感じたことを素直に言います」週刊ベースボールONLINE 2015年2月16日閲覧。
  36. ^ 欧州代表戦、侍ジャパン出場選手発表!6選手が小久保体制下で初招集 侍ジャパン公式サイト (2015年2月16日) 2015年3月22日閲覧
  37. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第1戦 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年5月12日閲覧。
  38. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第2戦 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年5月12日閲覧。
  39. ^ 巨人 坂本を初の4番起用、原監督「現状の中でベストを」Spnichi Annex 2015年4月11日閲覧。
  40. ^ 坂本、抹消「すごく悔しい」最短10日での復帰目指すスポーツ報知 2015年5月3日閲覧。
  41. ^ 巨人坂本4番弾 12球団で最も遅い40戦目1号日刊スポーツ 2015年5月26日閲覧。
  42. ^ 坂本、国内FA権取得も封印「シーズン中なので何もない」スポーツ報知 2015年8月31日閲覧。
  43. ^ 2015年度 セントラル・リーグ 個人守備成績(規定以上) 日本野球機構オフィシャルサイト 2015年11月11日閲覧。
  44. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年10月9日) 2015年10月9日閲覧
  45. ^ 侍坂本が大会第1号ソロと2回犠飛で2打点 日刊スポーツ (2015年11月8日) 2015年11月8日閲覧
  46. ^ 世界野球プレミア12 - 日本 - 坂本 勇人 スポーツナビ 2015年11月22日閲覧
  47. ^ 2015 WBSC プレミア12 表彰選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2015年11月22日閲覧
  48. ^ 3月開催の侍ジャパン強化試合、出場26選手発表! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年2月15日) 2016年2月17日閲覧
  49. ^ 坂本勇人、劇的変化の理由 筒香嘉智や中田翔から打撃改善のヒントを得る
  50. ^ 巨人坂本「思い切って」2戦またぎ3打数連続本塁打日刊スポーツ 2016年11月2日閲覧。
  51. ^ 【巨人】代打・坂本、値千金の逆転3ラン「内海さんに勝ちをつけたかった」スポーツ報知 2016年11月2日閲覧。
  52. ^ 【巨人】坂本、菅野ら4選手の個人タイトル獲得記念グッズ、5日から発売スポーツ報知 2016年11月2日閲覧。
  53. ^ 11月に東京ドームで開催する侍ジャパン強化試合に出場する選手28名が決定 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年10月18日) 2016年10月18日閲覧
  54. ^ ゴールデン・グラブ賞に巨人から3選手”. 読売ジャイアンツ (2016年11月8日). 2016年11月14日閲覧。
  55. ^ WBCから早1カ月…侍戦士たちのここまでの成績は?”. ベースボールキング (2017年4月18日). 2017年10月11日閲覧。
  56. ^ 巨人が開幕戦快勝! 阿部2017年1号&坂本ダメ押し弾、助っ人4人衆も躍動
  57. ^ 巨人・坂本勇、右打者で最年少1500安打!「感謝の気持ち忘れずに」”. SANSPO.COM(サンスポ) (2017年7月10日). 2017年10月11日閲覧。
  58. ^ https://baseballking.jp/ns/130357
  59. ^ 2017年度 セントラル・リーグ リーダーズ(守備部門)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年10月11日閲覧。
  60. ^ 菅野、小林、坂本の3選手がゴールデングラブ賞受賞 読売巨人軍公式サイト11月9日配信
  61. ^ 坂本勇人が最年少300二塁打、右足体重で爆発だ”. 日刊スポーツ (2018年4月26日). 2018年4月29日閲覧。
  62. ^ 巨人・坂本が1500試合出場 歴代3位の年少到達 ドラフト制以降は最年少”. スポニチアネックス (2018年7月16日). 2018年7月16日閲覧。
  63. ^ “巨人・坂本、また一回に打った! 復帰後10戦連続安打” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ). https://www.sanspo.com/baseball/news/20180908/gia18090814280003-n1.html 2018年10月10日閲覧。 
  64. ^ 遊撃手シーズン記録 打率、本塁打、打点、盗塁”. yugekisyu6.web.fc2.com. 2018年10月10日閲覧。
  65. ^ 坂本勇人、5億!球団野手史上3位の高年俸「最大限のいい評価」”. スポーツ報知 (2018年12月12日). 2018年12月12日閲覧。
  66. ^ 巨人坂本勇人5億円は4億鳥谷上回るショート最高額”. 日刊スポーツ (2018年12月12日). 2018年12月12日閲覧。
  67. ^ 先週達成された主な記録と記録達成候補者(5/6現在)
  68. ^ 平成、令和 関連資料収集について”. 公益財団法人野球殿堂博物館(2019年5月1日作成). 2019年5月2日閲覧。
  69. ^ 坂本勇人が金本超え、セ新記録!開幕36戦連続出塁 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年5月12日閲覧。
  70. ^ 坂本勇人、遊撃1000試合出場し200号は7人目 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年5月29日閲覧。
  71. ^ 長嶋超え!坂本勇人が巨人生え抜き右打者最多40号 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年10月1日閲覧。
  72. ^ 長嶋超え!坂本勇人が巨人生え抜き右打者最多40号 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年9月27日閲覧。
  73. ^ 「三井ゴールデン・グラブ賞」発表 ソフトバンク・内川が19年目で初受賞 巨人からは坂本&丸”. スポーツ報知 (2019年10月31日). 2019年10月31日閲覧。
  74. ^ 侍ジャパン、プレミア12出場の28人発表 巨人坂本勇、燕・山田哲ら“最強メンバー””. Full-Count (2019年10月1日). 2019年10月31日閲覧。
  75. ^ 侍ジャパンが悲願世界一!/プレミア12ライブ速報”. 日刊スポーツ (2019年11月17日). 2019年11月17日閲覧。
  76. ^ 巨人・坂本勇、史上初のセ遊撃手MVP!「もう一つランクの高いバッターに」” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年11月27日). 2019年11月27日閲覧。
  77. ^ 巨人、坂本&大城が新型コロナ陽性判定 1軍スタッフらは全員PCR検査実施へ サンスポ 2020年6月3日掲載
  78. ^ 巨人・坂本が3000塁打達成 史上60人目 バックスクリーン先制弾で決めた「菅野に祝ってもらいます」スポニチアネックス 2020年8月4日掲載
  79. ^ “巨人 坂本勇人 通算2000本安打達成 史上53人目”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2020年11月8日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201108/k10012701021000.html 2020年11月8日閲覧。 
  80. ^ “巨人坂本2000安打年少&スピード10傑は3人目”. 日刊スポーツ. (2020年11月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011070000749.html 2020年11月8日閲覧。 
  81. ^ “20代で1600安打に到達!進化が止まらない坂本勇人”. BASEBALLKING. https://baseballking.jp/ns/149778 
  82. ^ 巨人・坂本勇、右打者で最年少1500安打!「感謝の気持ち忘れずに」”. SANSPO.COM(サンスポ) (2017年7月10日). 2017年10月11日閲覧。
  83. ^ “【プロ野球通信】巨人・坂本勇が球団最年少記録を次々更新 このままのペースならどこまで記録伸ばす!?”. 産経ニュース. https://www.sankei.com/premium/news/180728/prm1807280007-n2.html 
  84. ^ 坂本「イメージ通り」の広角打法で3年ぶり3割狙う”. スポーツ報知. 2013年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月22日閲覧。
  85. ^ 1番打者の概念を覆す『坂本スタイル』とは何か? 読売ジャイアンツ・坂本勇人インタビュー”. sportsnaviコラム. 2009年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月24日閲覧。
  86. ^ 坂本新打法!フリーで右へ左へ広角7安打”. スポーツ報知. 2010年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月24日閲覧。
  87. ^ 松井氏「うまいな」坂本の打撃投手で体感”. nikkansports.com. 2014年12月17日閲覧。
  88. ^ “【巨人】打率首位に立った坂本に衝撃を与えた西武・秋山の打撃論”. スポーツ報知. オリジナルの2016年5月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160512092331/http://www.hochi.co.jp/giants/20160512-OHT1T50015.html 
  89. ^ “巨人・坂本勇、3年ぶり死球も最後までプレー”. サンケイスポーツ. https://www.sanspo.com/baseball/news/20170504/gia17050405010001-n1.html 
  90. ^ 『野球小僧 プロ野球&世界野球選手名鑑2012』白夜書房、2012年、110頁。ISBN 978-4-86191-872-8
  91. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2011』白夜書房、2011年、113頁。ISBN 978-4-86191-710-3
  92. ^ http://www5.nikkansports.com/baseball/kouno/entry/37822.html
  93. ^ Baseball Lab守備評価~Short StopSMR Baseball Lab
  94. ^ ゴールデングラブ賞に異議アリ。鳥谷敬の守備力に正当な評価を! 田端到『ベースボール・ダンディ ~数字の向こう側へ~』Number Web、2009年11月26日。
  95. ^ 月刊スラッガー』2011年5月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-5、45頁。
  96. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート2』水曜社、2013年、31頁。ISBN 978-4-88065-319-8
  97. ^ 岡田友輔、道作、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート3』水曜社、2014年、69頁。
  98. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁、神事努、市川博久、大南淳『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート4』水曜社、2015年、159頁。
  99. ^ 坂本で守り勝った!最後の打者も間一髪アウト!”. スポーツ報知. 2013年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月24日閲覧。
  100. ^ http://mgg.mitsuipr.com/mgg/interview/2016sakamoto.html
  101. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹『プロ野球スカウティングレポート2009』アスペクトムック、2009年、38頁。ISBN 978-4-7572-1628-0
  102. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート2』水曜社、2013年、8頁。ISBN 978-4-88065-319-8
  103. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁『セイバーメトリクスマガジン2』デルタクリエイティブ、2013年、182頁。
  104. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川幸平、高多薪吾、Student、水島仁『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート2』水曜社、2013年、8、11、15、18頁。ISBN 978-4-88065-319-8
  105. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁、神事努、市川博久、大南淳『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート4』水曜社、2015年、180頁。ISBN 978-4-88065-357-0
  106. ^ 岡田友輔、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート3』水曜社、2014年、109、115頁。ISBN 978-4-88065-340-2
  107. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁、神事努、市川博久、大南淳『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート4』水曜社、2015年、180頁。ISBN 978-4-88065-357-0
  108. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁、神事努、森下義隆、神原謙悟、竹下弘道、市川博久、大南淳『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート5』水曜社、2016年、37頁。ISBN 978-4-88065-384-6
  109. ^ 大谷、中田、坂本がプレミア12表彰 MVP金賢洙 日刊スポーツ 2015年11月21日
  110. ^ Sports Graphic Number 2009年7月30日号 p18
  111. ^ マー君が坂本、マエケンと発起人!黄金「88年会」結成へ スポニチ Sponichi Annex 2012年7月10日
  112. ^ 坂本、40歳まで遊撃!憧れの稼頭央を超える”. スポーツ報知. 2014年12月17日閲覧。
  113. ^ 楽天イーグルス松井稼頭央 「NPB史上最高の遊撃手の新たなる挑戦」とは?”. ベースボールキング. 2015年8月31日閲覧。
  114. ^ 坂本、JUNONから初“モデルデビュー”…フォトブック来年2月発売”. スポーツ報知. 2013年11月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月9日閲覧。
  115. ^ 長野“電撃入籍”に原監督「いい決断」、坂本「冗談と思った」」『東スポWeb - 東京スポーツ新聞社』。2018年9月19日閲覧。
  116. ^ 巨人・坂本に厚労相、赤十字から感謝状”. デイリースポーツオンライン. 2010年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月24日閲覧。
  117. ^ 巨人坂本、ソフトバンク柳田が「サヨナラ賞」”. 日刊スポーツ. 2015年9月11日閲覧。
  118. ^ 巨人坂本、ロッテ井口「スカパー! サヨナラ賞」”. 日刊スポーツ. 2016年6月10日閲覧。
  119. ^ “ヤナセ・プロ野球MVP賞、2010年度は4球団が対象”. e燃費. (2010年12月27日). https://e-nenpi.com/article/detail/149846 2018年2月28日閲覧。 
  120. ^ 2016ヤナセ・プロ野球MVP賞 表彰結果のご案内 (PDF)”. ヤナセ (2016年12月16日). 2018年2月28日閲覧。
  121. ^ 巨人坂本が年間「アットホームヒーロー」受賞”. 日刊スポーツ. 2015年11月21日閲覧。
  122. ^ 巨人坂本、2年連続のアットホームヒーロー賞に感謝”. 日刊スポーツ (2016年11月22日). 2017年7月24日閲覧。
  123. ^ 【巨人】坂本、クラッチヒーロー賞を受賞”. 日刊スポーツ (2013年8月6日). 2017年7月24日閲覧。
  124. ^ 今季2度目の受賞”. 週刊ベースボールONLINE (2013年10月25日). 2017年7月24日閲覧。
  125. ^ 巨人坂本5月度「月間アットホームヒーロー賞」受賞”. 日刊スポーツ. 2015年7月11日閲覧。
  126. ^ 巨人坂本が8月度の月間アットホームヒーロー賞”. 日刊スポーツ. 2015年9月11日閲覧。
  127. ^ 巨人坂本5月度アットホーム賞、ヤクルト戦でV打”. 日刊スポーツ. 2016年6月28日閲覧。
  128. ^ 巨人坂本7月度アットホーム賞、9日DeNA戦V弾”. 日刊スポーツ. 2016年8月19日閲覧。
  129. ^ 巨人坂本5月度アットホーム賞”. 日刊スポーツ. 2017年5月15日閲覧。
  130. ^ 坂本 通算100号!節目の一発は価値ある同点弾!スポニチアネックス(2014年3月28日)
  131. ^ http://npb.jp/news/detail/20170710_03.html
  132. ^ 巨人坂本勇人300二塁打達成 史上最年少タイ日刊スポーツ 2018年4月25日掲載
  133. ^ 巨人坂本勇人が1500試合出場 史上191人目日刊スポーツ 2018年7月16日掲載
  134. ^ 巨人・坂本、史上104人目の通算200号 またも阪神戦で節目の記録!サンケイスポーツ 2019年5月29日
  135. ^ 原監督「超えます」坂本勇人がタイ12年100安打 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年7月17日閲覧。


「坂本勇人」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「坂本勇人」の関連用語

坂本勇人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



坂本勇人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの坂本勇人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS