地球科学とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 科学 > 地球科学の意味・解説 

地球科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 18:37 UTC 版)

地球科学(ちきゅうかがく、英語: earth sciencegeoscience)とは、地球を研究対象とした自然科学の一分野であり[1][2]、その内容は地球の構造環境地球史など[1]多岐にわたる[2]。近年では太陽系に関する研究(惑星科学)も含めて地球惑星科学英語: earth and planetary science)ということが多くなってきている[3]地学(ちがく)は地球科学の略称である[4]




  1. ^ a b 西村 2010, pp. まえがき.
  2. ^ a b 鹿園 2009, p. 7.
  3. ^ 地球科学とは~はじめに~”. 2017年8月12日閲覧。富山大学理学部地球科学科
  4. ^ 関口 2003, pp. 1.
  5. ^ a b c 鹿園 2009, pp. 9-12.
  6. ^ 松岡憲知, 田中博, 杉田倫明, 村山祐司, 手塚章, 恩田裕一(編)、2007、『地球環境学―地球環境を調査・分析・診断するための30章―』、古今書院 ISBN 978-4-7722-5203-4
  7. ^ a b c d 伊藤謙, 宇都宮聡, 小原正顕 ほか、「<研究資料>日本の地質学黎明期における歴史的地質資料 : 梅谷亨化石標本群(大阪大学適塾記念センター蔵)についての考察」『日本研究』 2015年 51巻 p.157-167, doi:10.15055/00005572, 国際日本文化研究センター
  8. ^ 林絢子、「江戸における地方文化の流入 : 『北越雪譜』出版をめぐって」『常民文化』 2006年 29号 p.41-73, NAID 110006569172, 成城大学
  9. ^ 米地文夫、「磐梯山噴火と地学の “英雄時代”」 『地学雑誌』 1991年 100巻 1号 p.183, doi:10.5026/jgeography.100.183
  10. ^ 宇佐美龍夫、浜松音蔵、「第1篇 日本の地震および地震学の歴史」 『地震 第2輯』 1968年 20巻 4号 p.1-34, doi:10.4294/zisin1948.20.4_1
  11. ^ 宇佐美龍夫、「第1部 日本の地震学の歩み 第1章 わが国の地震学のあゆみ」 『地震 第2輯』 1981年 34巻 special号 p.1-36, doi:10.4294/zisin1948.34.special_1
  12. ^ 和達清夫、「深海地震の特異性及び三種類の地震に就いて」 『気象集誌.第2輯』 1928年 6巻 1号 p.1-43, doi:10.2151/jmsj1923.6.1_1
  13. ^ 岡田博有、「日本の堆積学小史」 『堆積学研究』 1998年 48巻 48号 p.5-12, doi:10.4096/jssj1995.48.5, 日本堆積学会
  14. ^ 漣痕 No.1」 『漣痕』 1951年 1巻 1号 p.1-8, doi:10.14860/jssj1951.1.1, 日本堆積学会
  15. ^ a b 地学団体研究会 1996, p. 801.


「地球科学」の続きの解説一覧




地球科学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地球科学」の関連用語

地球科学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地球科学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球科学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS