地球温暖化 近年の気温の変化

地球温暖化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/03 06:28 UTC 版)

近年の気温の変化

様々な手法で得られた過去2000年間の気温の復元。右が現在

現在、地球表面の大気や海洋の平均温度は、1896年から1900年の頃(5年平均値)に比べ、0.75°C(±0.18°C)暖かくなっており、1979年以降の観測では下部対流圏温度で10年につき0.12から0.22°Cの割合で上昇し続けている。1850年以前、過去1000年から2000年前の間、地表の気温は中世の温暖期小氷期のような変動を繰り返しながら比較的安定した状態が続いていた。しかしボーリングに得られた過去の各種堆積物や、樹木の年輪、氷床、貝殻などの自然界のプロキシを用いて復元された過去1300年間の気温変化より、近年の温暖化が過去1300年間に例のない上昇を示していることが明らかとなった(AR4)(過去の気温変化の項も参照)。

気温の測定手段としては、過去の気温については上記のように自然界のプロキシを用いて復元される一方、計測機器を使用した地球規模での気温の直接観測が1860年頃から始まっている。特に最近の過去50年は最も詳細なデータが得られており、1979年からは対流圏温度の衛星による観測が始まっている。AR4の「世界平均気温」については、都市のヒートアイランド現象の影響が最小限となるよう観測地点を選び、地表平均気温の値を算出している。測定精度に関してはなお一部で議論もある[20]が、そのような誤差要因を考慮しても近年の温暖化は異常であり、気候システムの温度上昇は疑いようがないと評価されている[21]




  1. ^ 世界の年平均気温の偏差の経年変化、気象庁
  2. ^ a b c IPCC第4次評価報告書 統合報告書 概要 日本語訳
  3. ^ Climate Change 2007: Synthesis Report
  4. ^ IPCC第4次評価報告書#人為起源及び自然起源の気候変化要因を参照
  5. ^ IPCC第4次評価報告書#気候変化の理解と原因解析を参照
  6. ^ Intergovernmental Panel on Climate Change
  7. ^ 地球温暖化の影響#気温への影響を参照
  8. ^ a b IPCC第4次評価報告書#第一作業部会報告書:自然科学的根拠を参照
  9. ^ 温室効果ガスに関する基礎知識 気象庁。
  10. ^ IPCC第4次評価報告書#長期的な緩和策(2030年以降)を参照
  11. ^ IPCC第4次評価報告書#使われている表記を参照
  12. ^ a b c d 地球温暖化の影響を参照
  13. ^ IPCC第4次評価報告書#第二作業部会報告書:影響・適応・脆弱性を参照
  14. ^ 地球温暖化の影響#既に発生している影響の例を参照
  15. ^ a b c d e IEA, World Energy Outlook 2011 日本語エグゼクティブサマリー
  16. ^ IPCC第4次評価報告書#長期的な緩和策(2030年以降)
  17. ^ 第15回気候変動枠組条約締約国会議#コペンハーゲン合意を参照
  18. ^ Peterson, Thomas & Connolley, William. “The Myth of the 1970s Global Cooling Scientific Consensus(1970年代の地球寒冷化の科学的な一致に関する伝説)”. American Meteorological Society. 2008年4月12日閲覧。
  19. ^ IPCC第4次評価報告書#人為起源及び自然起源の気候変化要因を参照
  20. ^ 過去の気温変化#観測精度に関する議論
  21. ^ IPCC第4次評価報告書#近年の気候変化の直接観測の結果を参照
  22. ^ List of scientists opposing the mainstream scientific assessment of global warming [:en]
  23. ^ Stern Review Archived 2006年12月9日, at the Wayback Machine.
  24. ^ IPCC SREX Summary for Policymakers, IPCC, 2011 CLIMATE EXTREMES AND IMPACTS
  25. ^ “世界で異常気象深刻”報告書、NHK、2011年11月19日
  26. ^ 温暖化影響総合予測プロジェクト報告書”地球温暖化 日本への影響-最新の科学的知見-”国立環境研究所など14機関、2008年5月29日(温暖化影響総合予測プロジェクト(環境省)の前期三年間の成果報告書)
  27. ^ 日本沿岸の海面水位の長期変化傾向、気象庁、2007年2月13日
  28. ^ Table10.7, Figure 10.33
  29. ^ A new view on sea level rise,Stefan Rahmstorf,6 April 2010
  30. ^ UNEP, Bloomberg, Frankfurt School, Global Trends in Renewable Energy Investment 2011(要登録)、Figure 24.
  31. ^ Petroleum Geologists Award to Novelist Crichton Is Inappropriate (AGU)
  32. ^ 参考:en:Scientific opinion on climate change
  33. ^ Q&A ココが知りたい温暖化国立環境研究所
  34. ^ 環境問題のウソと正解安井至、日経エコロミー、2007年7月
  35. ^ 『私たちの選択』ランダムハウス講談社、p150-167。


「地球温暖化」の続きの解説一覧





地球温暖化と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「地球温暖化」の関連用語

地球温暖化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

富田の清水

筒城浜海水浴場

近江八景

正法寺川北沢第十三号石堰堤

KTM 950 SUPERMOTO

美濃和紙

サイドシーム

おれんじHOPE





地球温暖化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球温暖化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS