地形図 インドの地形図

地形図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/27 09:03 UTC 版)

インドの地形図

インドでは地図の管理はGEOGRAPHICAL SURVEY OF INDIA(GSI)が行っている[8]。イギリス植民地時代に作成された地図がもとになっており、5万分の1の縮尺と1インチ1マイルの縮尺の2種類がある[8]

注釈・脚注

[脚注の使い方]

参考文献

  • 天野一男・秋山雅彦 『フィールドジオロジー入門』 日本地質学会フィールドジオロジー刊行委員会編、共立出版〈フィールドジオロジー1〉、2004年、ISBN 4-320-04681-1
  • 『地図記号のうつりかわり 地形図図式・記号の変遷』、建設省国土地理院監修、日本地図センター編刊、1994年

関連項目

外部リンク


注釈

  1. ^ 竹内正浩『地図もウソをつく』(文藝春秋、2008年ISBN 978-4-16-660651-1)
  2. ^ 竹島の図は2007年12月1日刊行の25000分1地形図「西村」および20万分1地勢図「西郷」の挿入図として整備された。[1]
  3. ^ 現在「南硫黄島」図幅に挿入されている。

脚注

  1. ^ 横山卓雄『地図のみかた』1978年、保育社、100頁
  2. ^ a b http://www.jmc.or.jp/map/ichiran/omote/omote.html
  3. ^ 稲葉和雄「2万5千分1地形図整備,刊行の経緯」『地図』第53巻第2号、2015年、 51-57頁、 doi:10.11212/jjca.53.2_51 p.51参照
  4. ^ http://www.jmc.or.jp/map/ichiran/ura/ura.html
  5. ^ 1万分1地形図図式(平成3年国土地理院通達1号による一部改正)、日本測量協会刊、1992年
  6. ^ 地図編集100年の歩み(国土地理院技術資料D1-No.259)財団法人日本地図センター刊
  7. ^ 国土基本図・写真図・湖沼図等の購入申込のご案内(平成3年)
  8. ^ a b 横山卓雄『地図のみかた』1978年、保育社、102頁


「地形図」の続きの解説一覧




地形図と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地形図」の関連用語

地形図のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地形図のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地形図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS