国家主義 概要

国家主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/11 07:30 UTC 版)

概要

大辞泉によると、国家主義とは、国家を「最高の価値あるもの」や「人間社会の最高の組織」と見なし、「個人よりも国家に絶対的な優位性があるのだ」とする考え方である[2]。ブリタニカ百科事典によると、国家主義とは「国家に至上の価値がある」と主張して、国家的な秩序や、国家による命令、自分の属する国家が軍事的に強いことなどを他の全ての価値に優先させようとする政治的な主張を指す[3]。 国家主義的な立場をとる者、そのような思想を持つ者を「国家主義者」と言う。

産業界では「軍需産業」「原子力産業」「航空機産業※」「電気」「ガス」「鉄道」「通信IT産業」「鉄鋼」「自動車産業」「紙パルプ」が「国策会社」であることが多く、統合や分割などのが国策によって成立する場合もある。顕著な例ではアメリカのビッグ3(フォード、GM、クライスラー)やボーイング、ロッキード、マクドネルダグラス、AT&Tといった大企業がある。(※航空会社の多くに国名がついている[4]。)

最初は多数の企業があっても、政府や軍部の国策に従って多くの産業が最終的に数社に統合されることもある。戦前の日本の地方新聞社が典型的な例である。

主な国策会社

国家の権力が社会の全領域にわたって統制力を発揮することを認める立場であり、民族主義、国粋主義と関連性がある[1]


  1. ^ a b 国家主義 - コトバンク
  2. ^ 大辞泉【国家主義】
  3. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典【国家主義】étatisme
  4. ^ 米アメリカン航空、英ブリティッシュエアウエイ、仏エールフランス、伊アリタリア航空、日本航空、中華、インド、台湾
  5. ^ ワグネル・グループ 2022年6月16日閲覧
  6. ^ 堀幸雄 『戦前の国家主義運動史』1997
  7. ^ ブックハンティング・クラシックス第15回「凡庸なフランス」を忌み嫌ったド・ゴールの国家主義的価値観(岡崎久彦フォーサイト
  8. ^ "statism" Routledge Encyclopedia of International Political Economy. Taylor & Francis, 2001. p. 1475
  9. ^ "statism". Merriam-Webster.
  10. ^ a b c d 『人文地理辞典』東京堂、1962年、579頁






国家主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国家主義」の関連用語

国家主義のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国家主義のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国家主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS