四国 概要

四国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 05:19 UTC 版)

概要

四国地方を構成する4県の中で、徳島県・香川県・愛媛県・高知県は島内交流と合わせて、本州四国連絡橋(本四架橋)もあり本州との交流も盛んである。

西南部除く四国全域は近畿地方の影響力を文化的に強く受けているが、東部の徳島県は政治経済においても影響が顕著である。北東部の香川県は文化・経済の両面で岡山県とのつながりも深いが、高松自動車道神戸淡路鳴門自動車道の開通以降は徳島県同様近畿地方との交流もより活発になっている。西部の愛媛県は広島県や九州の大分県との交流が見られる。一方で高知県は陸路が険しく船での往来が発達した関係上、古くから上方、京都、近世は江戸からの影響も強く、政治・文化的な中央への意識が高いとも言われている。近年は高速道路網の発達により、四国内指向が強まっている[要出典]

空海が拓いた四国巡礼八十八箇所お遍路さんで有名。

日本の主要4島の中で唯一政令指定都市が存在しない。

歴史書における呼称

神々による日本の創造の過程を記した『古事記』の国産み神話では、四国は淡路島に続き、日本列島で二番目に創造された島であるという[10]。古事記には「伊予之二名島(いよのふたなのしま)」と記されている[10]。また『日本書紀』では「四国」を「伊予二名洲(いよのふたなのしま)」と表記している。よって古代においては、「伊予之二名島」・「伊予二名洲」、または単に、「伊予島」・「伊予洲」(いよのしま、いよしま)、「二名島」・「二名洲」(ふたなのしま、ふたなしま)」などと呼ばれた(「フタナ」は二並びの意)。

近世以降は、五畿七道南海道のうち、紀伊国淡路国を除いた阿波国讃岐国伊予国土佐国4つの令制国が存在したことから、「四国」と呼ばれた。歴史書ではないが、16世紀戦国時代を描いた軍記物語として知られる『陰徳太平記』(享保2年(1717年)出版)序に、「山陰山陽四国九州」の記載があり、このような近世の書物において、明確に「四国」という名称を見出すことができる。

地理

約1900万年前の日本列島の誕生に伴い、四国の前身が誕生した。瀬戸内海を挟んで、近畿地方・山陽地方・九州に三方を囲まれた位置にある。島の中部には、各県を分断するような形で四国山地讃岐山脈の山々がそびえており、この地形が近年まで各地域間の交流を困難にしていた。

中央構造線吉野川北岸から佐田岬半島にかけて東西に貫いている。構造線以北の内帯(西南日本内帯)に当たる地方では、中生層・古生層とこれを貫く火成岩が分布している。構造線以南の外帯(西南日本外帯)に当たる地方では、北側から南側にかけて中生層・古生層が形成された順に配列している。

日本の中では九州に次ぐ第4位[6]、世界の島の中ではブラジルバナナル島に次ぐ第50位の面積を持つ[8]。最高標高は、石鎚山の天狗岳(愛媛県)の1,982 m。

広袤(こうぼう)

北端
北緯34度24分1秒 東経134度8分11秒 / 北緯34.40028度 東経134.13639度 / 34.40028; 134.13639 (四国最北端)
西端
北緯33度20分38秒 東経132度0分52秒 / 北緯33.34389度 東経132.01444度 / 33.34389; 132.01444 (四国最西端)
中心点
北緯33度33分39秒 東経133度22分56.5秒 / 北緯33.56083度 東経133.382361度 / 33.56083; 133.382361 (四国中心点)
東端
北緯33度50分2秒 東経134度45分1秒 / 北緯33.83389度 東経134.75028度 / 33.83389; 134.75028 (四国最東端)

南端
北緯32度43分17秒 東経133度0分26秒 / 北緯32.72139度 東経133.00722度 / 32.72139; 133.00722 (四国最南端)

地形

四国の主要地形
西日本最高峰石鎚山(四国山地)
四国最南端足摺岬

山地・山岳

河川・湖沼

平野・高原

半島

島嶼

瀬戸内海
太平洋

地質

地質学的には、四国は北からおもに三波川帯(ほぼ吉野川がある)、秩父帯四国山地)、四万十層四万十川)がほぼ東西に分布し、その間を中央構造線、御荷鉾構造線、仏像構造線が走っている[12][13]

気候

瀬戸内海地方

徳島県の吉野川流域以北、香川県全域、愛媛県東予地方中予地方の、瀬戸内海に面した北側は、瀬戸内海式気候に属する温暖少雨な気候であり、台風等の直撃も比較的少ない。そのため、オリーブミカンの栽培が盛んである。その反面、大規模な河川太平洋紀伊水道に流れ込む形となっているため、水資源に恵まれず、過去幾度かの渇水に見舞われてきた。このため、満濃池を初めとするため池が多数造られている。その中でも特に、香川県は古来から水不足に悩まされ続けており、渇水対策として吉野川の水を送水するための香川用水が建設されている。

冬から春にかけて、中国大陸から流入する黄砂がしばしば観測される。冬は小雨小雪みぞれ)の降る日もあるが、基本的に晴天が多い。平野部では大雪になることはほとんどないが、山間部では気温が低く冬は積雪も多い。なお、太平洋高気圧に覆われる夏季には瀬戸内海沿岸特有の「」や、四国山地越えのフェーン現象に伴う気流の影響で、猛暑日熱帯夜になる日も少なくない。

太平洋側

徳島県のほとんどの地域や、愛媛県南予地方・高知県全域の太平洋に面した南側は、太平洋側気候に属している。太平洋沖合を流れる黒潮の影響を受けて冬でも温暖で、一部で無霜地帯が存在する。春の訪れが早く本土で最初のの開花宣言が高知市または宇和島市となることも少なくない。そのため、特に高知県では促成栽培が盛んであったり、プロ野球チームのキャンプ地になったりと、温暖な気候を生かした産業や行事が発達している。

年間降水量が多いことから林業も盛んであるが、一方で高知県の室戸岬足摺岬では、台風が来襲しやすいことから「台風銀座」と呼ばれている。このため「室戸台風」などの大型台風が直撃し、洪水などの被害を受けている。なお「室戸台風」では、室戸岬上陸時の中心気圧は911.6hPaであり、日本本土に上陸した台風のなかで観測史上最も上陸時の中心気圧が低い台風だった。これは同緯度の台風における中心気圧の最低記録(台風の正式な統計は1951年昭和26年)から開始されたため、この記録は参考記録扱い)として、いまだに破られていない。また、愛媛県南予地方および高知県幡多地方では、冬は関門海峡からの季節風の影響で曇りや雨、雪の日が他の太平洋側の地域に比べると多くなっている。


注釈

  1. ^ 【参考】 四国4県の総人口は、おおむね、都道府県人口順位第10位静岡県の人口約376万人に相当する(都道府県の人口一覧#外部リンク)。

出典

  1. ^ a b 平成28年全国都道府県市区町村別面積調 島面積 (PDF)”. 国土地理院 (2016年10月1日). 2017年2月27日閲覧。
  2. ^ 『日本統計年鑑 平成26年』(2013年)p.17 - 1986年昭和61年)、海上保安庁による計測。
  3. ^ 平成27年全国都道府県市区町村別面積調 都道府県別面積 (PDF)”. 国土地理院. p. 5 (2015年10月1日). 2016年2月29日閲覧。
  4. ^ 島国領土がすべてから成る国)である日本を構成する6,852に対する『国土交通省』による区分け ⇒ 6,852島本土5島離島6,847島)。<出典>『国土交通省』サイト 離島振興課 離島とは(島の基礎知識)[1] 2009年11月27日閲覧。 ただし、について地理学上はこのような分類・区分けはない。
  5. ^ 【参考】 島国一覧領土がすべてで構成される国)
  6. ^ a b 平成25年10月1日時点の島面積より (PDF) 国土地理院(注:表中の「沖縄島 おきなわじま」は、通称名「沖縄本島」の正式名称)
  7. ^ 【参考】 日本のの面積順に上位10島本州北海道九州四国択捉島国後島沖縄本島佐渡島奄美大島対馬。 [出典] 国立天文台 (編)理科年表 平成19年版 P565、ISBN 4621077635
  8. ^ a b 世界のの面積順位より抜粋、出典 List of islands by areaオーストラリア大陸の面積未満で、四方を水域に囲まれる陸地)
    第1位 グリーンランド

    第6位 スマトラ島インドネシア共和国
    第7位 本州
    第8位 ビクトリア島カナダ* 人口1,707人(2001年)
    第9位 グレートブリテン島イギリスイングランドスコットランドウェールズ))

    第20位 アイルランド島アイルランド共和国およびイギリス北アイルランド))
    第21位 北海道
    第27位 デヴォン島カナダ* 世界最大の無人島

    第36位 スピッツベルゲン島ノルウェー
    第37位 九州

    第49位 バナナル島ブラジル* 世界最大の川の中の
    第50位 四国
  9. ^ 【参考】 国土地理院 四国地方の主な島の面積。なお、四国4県を四国地方とする見解もある。『日本地名大百科』小学館 1996年 p.554 ISBN 4-09-523101-7
  10. ^ a b 伊東ひとみ『地名の謎を解く』新潮社、2017年、10頁
  11. ^ 田中(2004年)p.294
  12. ^ 中央構造線の旅(4)-徳島県・愛媛県・高知県----山の自然学シリーズ(12)
  13. ^ 四国の地質(四国の一級水系) 国土交通省四国地方整備局河川部、2021年1月17日閲覧
  14. ^ Kakeda, Takeshi (2015年8月17日). “四国内の相互交流量を分析してわかった3つのこと” (日本語). いきてま@えひめ. 2020年5月28日閲覧。
  15. ^ 県民経済計算(平成18年度 - 平成29年度)(2008SNA、平成23年基準計数)
  16. ^ 平成27年国勢調査”. 総務省統計局. 2017年1月10日閲覧。
  17. ^ 四国4県人口 45年に26%減少 減少ペース 緩和傾向も 厚労省推計”. 2022年4月28日閲覧。
  18. ^ 国土交通省・第5回全国幹線旅客純流動データ
  19. ^ a b c d e 国土交通省・全国幹線旅客純流動データ
  20. ^ a b 国土交通省・圏域形成の動向 (PDF)
  21. ^ 地域経済の将来動向分析に関する調査研究”. 経済産業省 (2015年2月). 2018年3月17日閲覧。
  22. ^ a b 鳴門-阪神線21日廃止 高速バス路線で初、「1000円」影響[リンク切れ]徳島新聞 2010年1月15日
  23. ^ a b 高速バス廃止相次ぐ 「上限千円」が影響[リンク切れ]朝日新聞 2010年1月16日
  24. ^ a b 鳴門-阪神線が廃止 高速バス、他社も路線削減の動き, 徳島新聞, (2010-01-22), オリジナルの2010年1月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100126095138/http://www.topics.or.jp/localNews/news/2010/01/2010_126412346131.html 
  25. ^ “管内空港の利用状況概況集計表(平成26年(2014年)度速報値)” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省大阪航空局, https://ocab.mlit.go.jp/about/total/report/pdf/h26syuukei.pdf 2017年10月31日閲覧。 
  26. ^ 時刻表 >>松山観光港ターミナル”. 松山観光港. 2015年11月8日閲覧。
  27. ^ 道後温泉|歴史&文化|観光情報|公益財団法人 松山観光コンベンション協会 ~笑顔あふれるパワースポット松山へようこそ!~”. 公益財団法人 松山観光コンベンション協会. 2017年10月31日閲覧。
  28. ^ 道後温泉自体も2つ星に選定されている。
  29. ^ 松山・大街道ラフォーレ跡 新ホテル8月8日開業”. 愛媛新聞. 2015年11月8日閲覧。
  30. ^ 松山外環状道路”. 松山河川国道事務所. 2015年11月8日閲覧。
  31. ^ JR松山駅付近連続立体交差事業”. 愛媛県. 2015年11月8日閲覧。
  32. ^ 幹線道路・路面電車計画”. 松山市. 2015年11月8日閲覧。
  33. ^ 2016年3月末現在軽三・四輪車県別保有台数と保有シェア(社団法人全国軽自動車協会連合会)
  34. ^ 平成22年国勢調査、従業地・通学地による人口・産業等集計(人口の男女、年齢、就業者の産業(大分類))、都道府県結果、36徳島県”. 総務省統計局 (e-Stat) (2010年10月1日). 2014年3月10日閲覧。
  35. ^ 平成22年国勢調査、従業地・通学地による人口・産業等集計(人口の男女、年齢、就業者の産業(大分類))、都道府県結果、37香川県”. 総務省統計局 (e-Stat) (2010年10月1日). 2014年3月10日閲覧。
  36. ^ 平成22年国勢調査、従業地・通学地による人口・産業等集計(人口の男女、年齢、就業者の産業(大分類))、都道府県結果、38愛媛県”. 総務省統計局 (e-Stat) (2010年10月1日). 2014年3月10日閲覧。
  37. ^ 平成22年国勢調査、従業地・通学地による人口・産業等集計(人口の男女、年齢、就業者の産業(大分類))、都道府県結果、39高知県”. 総務省統計局 (e-Stat) (2010年10月1日). 2014年3月10日閲覧。
  38. ^ 平成22年国勢調査、従業地・通学地による人口・産業等集計(人口の男女、年齢、就業者の産業(大分類))、都道府県結果、33岡山県”. 総務省統計局 (e-Stat) (2010年10月1日). 2014年3月10日閲覧。
  39. ^ 平成22年国勢調査、従業地・通学地による人口・産業等集計(人口の男女、年齢、就業者の産業(大分類))、都道府県結果、34広島県”. 総務省統計局 (e-Stat) (2010年10月1日). 2014年3月10日閲覧。
  40. ^ 平成22年国勢調査、従業地・通学地による人口・産業等集計(人口の男女、年齢、就業者の産業(大分類))、都道府県結果、全国結果”. 総務省統計局 (e-Stat) (2010年10月1日). 2014年3月10日閲覧。
  41. ^ 自転車歩行者道”. 本州四国連絡高速道路. 2021年1月17日閲覧。
  42. ^ a b 四国旅客鉄道株式会社 (2006年11月14日). “四国地域における鉄道等の活性化について (PDF)”. 国土交通省・交通政策審議会地域公共交通部会. 2010年12月8日閲覧。
  43. ^ 四国を一つに結ぶ循環型ネットワークの構築を目指し整備が進む四国の高速道路”. 建設グラフ (2002年11月). 2010年12月8日閲覧。[リンク切れ]
  44. ^ 徳島新聞. (2008年2月7日) 
  45. ^ 国土交通省・交通からみた国土の現状と課題 (PDF)
  46. ^ a b c 便宜上四国外の部分についても表記している。
  47. ^ a b 道路統計年報2014 道路の現況”. 国土交通省. 2015年4月22日閲覧。
  48. ^ 暦年・年度別空港管理状況調書 (PDF)”. 国土交通省航空局 (2013年). 2015年2月18日閲覧。






四国と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「四国」の関連用語

四国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



四国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの四国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS