四国八十八箇所 四国遍路に因む文化

四国八十八箇所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/13 10:18 UTC 版)

四国遍路に因む文化

人物

衛門三郎像が終焉の地となった杖杉庵にある
宮崎建樹が設置した道しるべ(切幡寺)
衛門三郎
衛門三郎は、四国を20回以上巡り空海に詫びを伝え息絶えたと云われる四国霊場にまつわる伝説上の人物。
真念法師
貞享4年(1687年)に『四国遍路道指南』を刊行した。発見されているそれまでの書物は遠慮があり番号を付けてなかったが、真念は下級僧ゆえ遠慮無く寺に番号を付け、宿泊所情報なども盛り込み、巡拝者には重宝なガイドブックとなっている。
中務茂兵衛(なかつかさもへい)大先達
弘化2年(1845年周防国(現在の山口県)生まれ、本名は中司亀吉、法名は義教。四国八十八箇所巡礼を慶応2年(1866年)から大正11年(1922年)まで歩きで280回巡拝し、しるべ石を230余基を建立した。大正10年(1921年)に76歳で遍路中に没した。
宮崎建樹導師
自身の病がきっかけで1978年に歩き遍路を始め、その不便さを感じ、多くの道しるべや遍路石を設置。さらに旧遍路道の整備や復元作業をし、当時はなかった歩き遍路のための地図と160ケ所の番外を示した『四国遍路ひとり歩き同行二人 』を1990年に出版した。

装束・持ち物

白衣
白衣(びゃくえ)
笈摺(おいずる。おいずり)とも呼ばれる。巡礼者が着用する白い着衣。四国八十八箇所の寺院や門前の店で購入すると、弘法大師を表す梵字と「南無大師遍照金剛」と背中に書かれたものが一般的である。袖があるものを白衣、袖無しのものを笈摺とする説明もある。宝印を受領するためだけの実際には着衣しない白衣は判衣とも呼ばれる。巡礼の途中でいつ行き倒れてもいいように死装束としてとらえる説もあれば、巡礼といえども修行中なので清浄な着衣として白を身につける、どんな身分でも仏の前では平等なので皆が白衣を着るとする説もある。四国では、全ての札所で判を戴いた判衣を亡くなったとき着せて送り出す風習があり、その判衣を着て遍路をする者もいるがそれは自由である。なお、霊場会では、(作務衣の上に白衣を着たとしても)作務衣やジーパンでの遍路は好ましくないとされている。
輪袈裟(わげさ)
輪袈裟は袈裟の略式で、遍路には欠かせない法衣である。トイレに行くときや食事の際は外すのが決まりで、着けたままだと見知らぬ先達であろうが注意されることがある。しかし、くれぐれも用を足した後に忘れて行かないように。
金剛杖(こんごうづえ)
木製ので、空海が修行中に持っていた杖に由来する。巡礼者が持つ金剛杖は弘法大師の化身ともいわれるほどで、宿に着いたら杖の足先を清水で真っ先に洗い、部屋では上座や床の間に置くなどの扱いをするのがならわしである。巡礼中、行き倒れた巡礼者の卒塔婆として使用されたといわれる。市販されているものは「同行二人」「南無大師遍照金剛」や頭部に「地」「水」「火」「風」「空」の五輪を表す梵字が書かれ、頭部の五輪は直接手で触れない様に金襴を巻いて持つ、般若心経が書かれているものもあり、橋の上ではついてはならない(後述)。
遍路で使用する
菅笠(すげがさ)
日光や風雨から頭部を守る。笠には「迷故三界城」「悟故十方空」「本来無東西」「何処有南北」と「同行二人」と梵字が書かれている。梵字が前になるようにかぶるのが一般的。遍路笠を身につけた巡礼者は、境内で笠を脱がないでお参りすることが許される。堂内でも履物を脱がない外陣の土間の部分なら笠を脱ぐ必要はない[注釈 26]。読みは「迷うが故に三界は城、悟が故に十方は空、本来は東西は無く、何処に南北有らん。」。
納札(おさめふだ)
納札
札所などにお参りし、納経した証に収める札。般若心経写経したものを納める(経を納める)のが正式とされているが、読経したのちに自分の名前を書いた納札を納めてもよい。衛門三郎が自分が空海を探しているということを空海に知らせるために(空海が立ち寄ると思われる)寺にお札を打ちつけたのが始まりとされる。かつては木製や金属製の納札を山門や本堂の柱などに釘で打ちつけていた。このことから、遍路自体や、札所に参拝したことを「打つ」ともいう。現在では、お寺の建築物の損傷を避け、持ち運びの利便性を考え、紙製の納札を納札箱に入れることになっている。また、接待をしてもらったら、その人にお礼の気持ちも込めて納札を渡すのが決まりである。結願した回数によってお札の色が変わるが、時代によって変遷している[41]。現在の霊場会では、1 - 4回が白、5 - 7回が緑、8 - 24回が赤、25回以上で銀、50回以上で金、そして100回以上で錦の札とされている。なお、それらの色札を使える回数になっても白の納札を使ってもよく、100回以上回っても白の納札を使う人もいる。また、公認先達は、札所寺院を通じて霊場会に申請することによって25回以上から公認の銀納札と四国を型どった銀色のバッジを、50回以上から公認の金納札と金色のバッジを授けられ使用できる。

用語

同行二人(どうぎょうににん)
仮に一人で四国八十八箇所を巡っても、同行二人と言って常に「お大師さん」(弘法大師)と一緒にいる想いで巡礼している。「同行二人」は参拝の道具にも記されている。同行二人の巡礼者ともう一人は弘法大師以外でも、亡くなった家族や先祖、帰依する如来菩薩などのことを想ってもよいとする教えもある。
南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)・宝号
「南無」は「帰依する。信じる」という意味。「遍照金剛」は、空海の師・恵果から灌頂を受けたときの投華得仏が大日如来で、その密号である遍照金剛が空海に授けられた。宗派によっては「南無遍照金剛」と唱えるところもあるが、当霊場では「南無大師遍照金剛」と唱える。現在では「空海」「弘法大師」または「お大師」と呼ぶのが一般的であるが、本人は遍照金剛の名を好んだとみえて自身の著作にはこの名を使い、天皇に上奏する時は謙って空海と記しているという見解もある。
十善戒(じゅうぜんかい)
遍路が守るべき10の
お接待
茶堂の例(四国村北宇和郡より移築)
道中、お遍路さんに対して地元の人々から食べ物や飲み物、手ぬぐいや善根宿、ときには現金を渡す無償の提供がなされる伝統。これに対し、遍路は持っている納札(おさめふだ)を「お接待」してくれた人に渡すことになっている。こうした文化のおかげで、昔は比較的貧しい人であってもお参りができたといわれる。今日でも四国西南部ではお接待の場ともなった「茶堂」が残っている。「お接待」の心は、接待することによって功徳を積む、巡礼者もまた弘法大師のある種の化身であるという言い伝えからや、一種の代参のようなものなど様々である。観光振興や観光従事者の研修等では「もてなしの心」と拡大解釈されることがある。元々は関西西国三十三所観音霊場の修行者、巡礼者に対して始まったとされるが、観光化・俗化したために関西では早くに廃れたといわれている。四国以外の地域でも、接待講と呼ばれるを組み、浄財を集め、四国で遍路に対して接待をするということも行われた。また、どこに行けばお接待が受けられるなどの情報が流れると遍路が集まり、善意の気持ちで行われるお接待が義務化され負担になってしまうことから、へんろみち保存協力会では善根宿などのお接待の情報は掲載せずに「縁をたずね歩いてほしい」と伝えている[42]
善根宿(ぜんこんやど、ぜごんやど)
善人宿とも呼ばれる。広義では自宅の前を通った遍路に「一晩泊っていきなさい」と一夜の宿を提供するのも善根宿といわれる。一般的には「お接待」の心で善意で用意された簡易宿泊施設である。施設を提供するのは個人や企業、地域ぐるみなど様々である。
通夜堂(つやどう)
本来は寺院内で夜を徹して読経や真言を唱える修行をするための施設(お堂)だが、四国八十八箇所においては霊場が巡礼者に対して用意した簡易宿泊施設という意味合いが強い。宿坊とは違い寝るだけの最低限の設備しかない[注釈 27]。かつては通夜堂を持つ霊場が多かったが、旅館などの宿泊施設が増えたことや、利用者のマナーなどの問題により減少し、現在では通夜堂を持つ霊場[注釈 28]は2割程度である。
いざり車
栄福寺のいざり車
平等寺の
歩行不可能、困難な巡礼者はかつて「いざり車」に乗って巡礼した。これは現代でいう車椅子にあたるもので、小さいものは台車のようなものだが、大きなものは小屋に両輪がついたようなもので、この中で寝泊りできたという。遍路では主に後者の小屋タイプが使われていた。村によっては、いざり車を見かけると隣村まで押していく、という決まりごとがあったと伝えられている。
土佐は鬼国
江戸時代、土佐国(現・高知県)では巡礼者の入国、出国は甲浦(現・東洋町甲浦地区)と松尾峠(現・宿毛市)の関所2か所のみとされた。入国してからも札所以外の立ち寄りは禁止など厳しい制限がかけられた。また遍路狩りのようなこともあったといわれている。また、四国で最も廃仏毀釈が激しかったのは土佐であり、このようなことから、巡礼者の間では「鬼国土佐」などと呼ばれることもあった。といっても、入ってしまえば、草の根を分けてでも取り締まることはそうそうなく、気候温暖で過ごしやすく、民衆の接待は他の国と同様であったため、冬には乞食遍路が集まってきたといわれている。そのため晩秋の頃からは遍路に対しては関所を閉じるということもあった。
橋の上では杖をつかない
現在の愛媛県大洲市付近で空海が一宿を求めたがどの家からも断られ、仕方なく橋の下で寝ることとなった。寒さと旅人が杖で橋を突く音でまったく眠れず、一夜が十夜にも感じられた、という和歌が残っている。このため巡礼者は橋の下には空海がいるかも知れないから橋を渡る時は杖を突いてはならないというならわしがある。すぐそば、国道に面して永徳寺(番外霊場)があり、お参りする人も多い。現在、その橋は「十夜ヶ橋(とよがはし)」と呼ばれ国道56号の一部となり、交通量の多いコンクリート橋になっているが、橋の下で空海を偲びつつ野宿することができる。雨期には冠水する場合もあり、夏季はが多い。
地四国・島四国・新四国
四国八十八箇所のことを略して「お四国参り」あるいは「お四国」「お大師さん」と呼ぶことがあるが、日本の各地には民衆信仰としての地四国あるいは「ミニ四国」「新四国」と呼ばれるものがある。離島では島を四国に見立てて、八十八箇所を再現した島四国瀬戸内海を中心に存在し、小豆島や伊予大島が代表例である。また、愛知県を中心とする周辺(東海地方)では新四国に対して四国八十八箇所を「本四国」と呼ぶ。
島四国として江戸時代より小豆島には小豆島八十八箇所霊場、江戸には御府内八十八箇所霊場、九州には篠栗八十八箇所霊場、また、仁和寺京都市)の「御室八十八ヶ所霊場」(OMURO88)、矢田寺奈良県大和郡山市)八十八ケ所霊場巡り[43]大師山寺(奈良県吉野郡吉野町上市)新四国八十八ヶ所霊場のように裏山や境内の一角に造られ一寺で完結する霊場など全国各地に大小様々な巡礼地が作られている。明治以降に開拓が本格化した北海道でも、天塩川流域の天塩新四国八十八ヶ所霊場、恩穂山新四国八十八ヶ所霊場(美深町)が設けられた[44]
関所寺
邪悪な心の者はそこから先に進めぬという関所寺が各県に1箇所ずつあり、徳島県は19番立江寺、高知県は27番神峰寺、愛媛県は65番三角寺[注釈 29]、香川県は66番雲辺寺とされている[45]。なお、40番観自在寺は四国裏関所寺、43番明石寺は本関所寺[46]といわれる。愛媛県は48番西林寺[47][48]であるという説もある。

注釈

  1. ^ 行政機関などは「四国八十八箇所」を使用するが、霊場会は「四国八十八ヶ所」を公式に使用している。
  2. ^ 1996年に78件が選ばれ今回36件が追加選定され114件になった。
  3. ^ 本来は「徒遍路(かちへんろ)」と云う。
  4. ^ 下左の4番大日寺のように以前は墨書が版木の札所があったが、現在は全て手書きの墨書になっている。
  5. ^ 現代日本の暦では申年は閏年に当たる。
  6. ^ 杖杉庵縁起によると衛門三郎が弘法大師に出会えたのは天長8年10月20日とされているが、衛門三郎伝説の初見とされる石手寺刻版(1567年)で「天長八年辛亥載」と記されている通り、天長8年(831年)は申年ではない。また、天長8年に閏月はなく、831年はユリウス暦及び太陰太陽暦では閏年に当たらない。
  7. ^ 新型コロナウイルスの感染が拡大した際およびそれ以降、感染予防のために手水舎を廃止してアルコール消毒に切り替えた札所もある。
  8. ^ 「四国の辺地を通る僧が知らぬ所に来て、馬に打ちならさるはなし」で、四国を廻っている三人の僧が宿を所望した山中の家で次々と馬に変えられ最後の者が逃げ出した話。1200年頃。
  9. ^ 「我らが修業せし様は忍褥袈裟をば肩に掛け を負ひ衣はいつとなくしほたれて四国の辺地をぞ常に踏む」1180年
  10. ^ 影響を受けた寺を札所番号で表示すると、1,2,5,6,7,9,11,13,14,15,16,17,18,19,21,22,44,47,55,59,61,62,63,65,67,70,71,72(慶長の兵火),74,76,77,80,82,83,85,86,87,88[9]
  11. ^ 「辺」は正しくは「鳥にしんにょう」
  12. ^ 44番大宝寺をスタートし、68番琴弾と69番観音寺が逆転しているが、それ以外は現在と全く同じ順番で巡拝し43番明石寺で終了している。
  13. ^ 澄禅の巡拝順を札所番号で表すと、17-16-15-14-13-11-12-18-19〜59-62-61-60-63-64-65-66-67-69-68-70〜88-10〜1の順である。
  14. ^ 澄禅の日記では『世間流布ノ日記』との表現であるが、初版は現存していない『辺路札所ノ日記』のこととされる。
  15. ^ その中に「札所八十八ヶ所 道488里…など」内容が一致している。
  16. ^ その後の改訂版では『四國徧禮道指南』と名称を変えているが、これは、寂本の意見もあり従来使われていた辺路ではなく、広くゆきわたりあまねくとの意味で「徧」を、単なる道ではなくて人として生きる道という意味を含む「禮」を使用して、人の道を求める修行者の意味を込めている。なお以下、一般的な『四国遍路道指南』 と表記する。
  17. ^ 24番から39番および番外札所月山
  18. ^ 高知県では明治5年2月の布達で遍路入国禁止[11]
  19. ^ 高知県では明治9年4月の布達により解除
  20. ^ 同書によると、現在のような四国霊場会は存在しなかったが、1910年頃に小林正盛という人物が組織化を模索した形跡があるとされる。
  21. ^ 阿弥陀如来、観音菩薩、不動明王、薬師如来、地蔵菩薩
  22. ^ 一か山 の「か」は王偏に「果」
  23. ^ 光明寺
  24. ^ 大瀧寺は「四国八十八ヶ所総奥ノ院」と、仙龍寺は「四國總奥之院」と、與田寺は「四國八十八ヶ所奥院」と各寺の入口の寺名の石板に表記されている。
  25. ^ ロードバイククロスバイクマウンテンバイクシクロクロスランドナーなど。
  26. ^ ケガや病気また故郷を追われた者など顔を晒したくない者でも受け入れたことに由来する。
  27. ^ 布団も基本的にはない。
  28. ^ 小屋やガレージなどを一時的に利用してもよいとする霊場を含む。
  29. ^ 三角寺本堂の前に掲示されている由緒書きに「…殊に四国霊場中當山を伊予の関所として尊信おかざるは偏に御本尊威徳力の如からしむ處と謂うべし。」とある。
  30. ^ 門脇画伯が4年間に亘り自ら各霊場を巡って制作したもので、昭和41年から44年まで4回に渡って東京三越本店で発表されたものである。
  31. ^ 第3弾では、鈴井貴之、大泉同じくTEAM NACS安田顕森崎博之が一部参加。
  32. ^ 本企画の前に、「試験に出るどうでしょうシリーズ」という、全国各地に直接赴いて社会科の勉強をする企画があり、その企画の最終日に行われる試験で受験者(第1弾では大泉、第2弾では安田、第3弾では鈴井・安田)が合格点を取れなかった際に、大泉が全責任を取って巡礼を命じられている。
  33. ^ ほとんどの寺院で先述の巡拝の手順を踏襲していないことが多く、夜間にも巡礼を続行することや短期間で制覇しなければならないという制約などから、寺院や山門を背景に撮影したことで「巡礼」と見なしている。

出典

  1. ^ 『四国遍路道指南 真念』の巻末より。
  2. ^ 『四国八十八ヶ所を歩く旅』(山と渓谷社、2008年)は1,108キロメートル、へんろみち保存協力会『四国遠路ひとり歩き同行二人 地図編』第9版(2010年)1頁では1116キロメートルと記述している。
  3. ^ a b c “逆打ち遍路に脚光 ツァーの予約好調”. 徳島新聞. (2016年1月31日). https://www.topics.or.jp/localNews/news/2016/01/2016_14542170556781.html 2016年2月3日閲覧。 
  4. ^ 札所参拝手順”. 四国八十八ヶ所霊場会. 2023年11月24日閲覧。
  5. ^ 柴谷宗叔・著『四国遍路こころの旅路』130Pより
  6. ^ 愛媛県史 民俗 下(昭和59年3月31日発行) 第5章 第5節 1 遍路の成立 四国遍路の成立”. データベース『えひめの記憶』. 愛媛県生涯学習センター. 2023年5月29日閲覧。
  7. ^ 四国遍路のあゆみ(平成12年度) 第1章 第1節 3 (1) 四国遍路の形成”. データベース『えひめの記憶』. 愛媛県生涯学習センター. 2023年5月29日閲覧。
  8. ^ 讃岐遍路道 根香寺道”. 坂出市 (2013年10月7日). 2023年6月3日閲覧。
  9. ^ 『江戸初期の四国遍路』(柴谷宗叔著)による。
  10. ^ 『四國徧禮道指南』全訳注:稲田道彦・著
  11. ^ 『高知県史』 近代史料編、1974年、94頁。全国書誌番号:73000996 
  12. ^ お遍路のススメ・遍路とは
  13. ^ 愛媛県史 民俗 下(昭和59年3月31日発行) 第5章 第5節 3 若者遍路の民俗 若者遍路”. データベース『えひめの記憶』. 愛媛県生涯学習センター. 2023年6月10日閲覧。
  14. ^ 愛媛県史 民俗 下(昭和59年3月31日発行) 第5章 第5節 4 村人と遍路 若者遍路 行き倒れ遍路、倒死遍路”. データベース『えひめの記憶』. 愛媛県生涯学習センター. 2023年6月10日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h 四国遍路のあゆみ(平成12年度) 第2章 第1節 1 (1) 廃仏毀釈と札所①”. データベース『えひめの記憶』. 愛媛県生涯学習センター. 2023年5月29日閲覧。
  16. ^ 高知県 編『高知県史要 : 附・高知沿革略志、元禄大定目』高知県、1924年、467頁。NDLJP:978760/296 
  17. ^ 高知県 編『高知県史要 : 附・高知沿革略志、元禄大定目』高知県、1924年、468頁。NDLJP:978760/297 
  18. ^ 櫻井恵武『四国遍路八十八の本尊』(日本放送出版協会、2002)p.70
  19. ^ 高知県 編『高知県史要 : 附・高知沿革略志、元禄大定目』高知県、1924年、471頁。NDLJP:978760/298 
  20. ^ 平田卓也、砂本文彦「廃仏毀釈による寺院の転用について : 高知藩内の四国霊場を事例として」(PDF)『日本建築学会計画系論文集』第78巻第692号、日本建築学会、2013年10月、2217,2220、ISSN 13404210 
  21. ^ 高知県 編『高知県史要 : 附・高知沿革略志、元禄大定目』高知県、1924年、471-472頁。NDLJP:978760/298 
  22. ^ 中西惟浩、岡影明 編『四国霊蹟写真大観 : 弘法大師御入定一千百年記念』四国霊蹟写真大観刊行会、1934年、120頁。全国書誌番号:46091960 
  23. ^ 平田卓也、砂本文彦「廃仏毀釈による寺院の転用について : 高知藩内の四国霊場を事例として」『日本建築学会計画系論文集』第78巻第692号、日本建築学会、2013年10月、2217,2221、ISSN 13404210 
  24. ^ 高知県 編『高知県史要 : 附・高知沿革略志、元禄大定目』高知県、1924年、302頁。NDLJP:978760/302 
  25. ^ 国指定 伊予遍路道”. 宇和島市 (2018年11月7日). 2023年6月3日閲覧。
  26. ^ 四国遍路のあゆみ(平成12年度) 第2章 第1節 1 (1) 廃仏毀釈と札所②”. データベース『えひめの記憶』. 愛媛県生涯学習センター. 2023年5月29日閲覧。
  27. ^ 森正人の『四国遍路の近現代 - 「モダン遍路」から「癒しの旅」まで』(創元社)による。
  28. ^ 帆苅猛「現代四国の〈歩き遍路〉に見る「癒し」の一様相」」(PDF)『関東学院大学人間環境学会紀要』第13巻、関東学院大学人間環境学会、2010年2月、ISSN 13489070全国書誌番号:01004917 
  29. ^ 四国遍路のあゆみ(平成12年度) 第2章 第2節 1 (1) 戦後の遍路② (エ) 「車遍路」と「歩き遍路」”. データベース『えひめの記憶』. 愛媛県生涯学習センター. 2023年5月29日閲覧。
  30. ^ a b c d e 新時代における遍路受入態勢のあり方』(PDF)(レポート)四国経済連合会、2019年6月、4-9頁https://yonkeiren.jp/pdf/henrochosa_20190618.pdf#102023年8月8日閲覧 
  31. ^ a b NPO法人 遍路とおもてなしのネットワーク 前山おへんろ交流サロン(香川県さぬき市)にて配布される「遍路大使任命書」数より[30]
  32. ^ a b モートン常慈徳島大学准教授カナダ出身)の分析による。
  33. ^ 埼玉県から愛媛県に移住した会社員。「四国遍路/宗教超えて出会う素朴な日本」『日本経済新聞』2017年11月19日、朝刊(NIKKEI The STYLE Advertising)、20面。
  34. ^ 「2015年に行くべき世界観光地52ヵ所」『ニューヨークタイムズ』(en)
  35. ^ 愛媛新聞 2020年4月23日付
  36. ^ 食堂内 納経所”. 東寺. 2009年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月2日閲覧。
  37. ^ 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人 地図編 第8版』(へんろみち保存協力会、2007年)p.87
  38. ^ 【高知市】無料で乗れる渡船「龍馬」に乗ってみた。”. ありんど高知 (2018年8月19日). 2021年11月20日閲覧。
  39. ^ 四国遍路を列車・バスなど公共交通機関で巡るためのハンドブック「四国88NAVI」の発行について[リンク切れ] 四国運輸局交通政策部、2020年11月20日更新
  40. ^ 本田亮『ママチャリお遍路1200km - サラリーマン転覆隊』(小学館、2008年7月)、小林建一『旅好きオヤジの自転車巡礼記 - 四国八十八ヶ所とスペイン巡礼』(えい出版社、2008年12月)
  41. ^ 四国遍路のあゆみ(平成12年度) 第3章 第1節 5 (2) 巡拝度数と納札の色”. データベース『えひめの記憶』. 愛媛県生涯学習センター. 2023年5月31日閲覧。
  42. ^ へんろみち保存協力会 皆様の声
  43. ^ 「【学んでお得】富士塚・ミニ遍路 行ってみよう/ご利益スポット 気軽に」『日本経済新聞』2020年2月22日、土曜朝刊別刷り日経+1、3面。
  44. ^ 「写真家露口啓二【四国から北海道へ】コミュニティとしての霊場(上)北の「八十八ヶ所」と歴史の亀裂」『北海道新聞』2021年4月2日、夕刊、2-3面。
  45. ^ 『GajA はじめて遍路』((株)エスピーシー2018年11月30日発行)72p、168p、174p
  46. ^ 『四国八十八ヶ所霊場めぐり』(講談社1993年発行)56ページ
  47. ^ 川崎一洋『四国「弘法大師の霊跡」巡り』セルバ出版、2012年12月18日、188頁。 
  48. ^ 『旅の森 四国八十八ヶ所霊場巡り』(昭文社、1996年発行)112ページ
  49. ^ (一社)四国八十八ヶ所霊場会とは”. 四国八十八ヶ所霊場会. 2020年6月7日閲覧。
  50. ^ 中外日報(京都市南区東九条東山王町9) 2022年3月23日刊より
  51. ^ 『平成26年 四国八十八ヶ所霊場 開創1200年記念事業日程』(四国八十八ヶ所霊場会)現地各寺での配布パンフレット
  52. ^ 知的高裁平成20年12月24日判決文 - 不正競争防止法判例ケース
  53. ^ 平成27年(ワ)第34号 妨害予防等請求事件 平成29年3月22日判決 (PDF) - 裁判所 裁判例情報
  54. ^ a b c d 令和5年文部科学省告示第17号
  55. ^ 香川県政策部文化振興課世界遺産グループ[リンク切れ]
  56. ^ 四国八十八箇所「遍路文化」を世界遺産に”. 徳島県 (2009年9月28日). 2010年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月7日閲覧。
  57. ^ 世界遺産に「四国遍路」名乗り」『四国新聞』2006年12月17日。2023年1月7日閲覧。オリジナルの2010年8月11日時点におけるアーカイブ。
  58. ^ 四国遍路世界遺産登録推進協議会
  59. ^ 徳さんのお遍路さん 四国八十八カ所 心の旅[リンク切れ]
  60. ^ NHK BSプレミアム 歩く、歩く、歩く 〜四国遍路道〜 at the Wayback Machine (archived 2012年11月23日)
  61. ^ 四国遍路1200〜NHK四国4局キャンペーン〜[リンク切れ]
  62. ^ a b おへんろ。 公式ホームページ
  63. ^ 小島よしお&狩野英孝のチャリお遍路[リンク切れ]
  64. ^ 出川哲朗の充電させてもらえませんか? - テレビ東京
  65. ^ おまいりんぐ 公式ホームページ





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「四国八十八箇所」の関連用語

1
八十八箇所 デジタル大辞泉
100% |||||

2
御遍路さん デジタル大辞泉
90% |||||



5
雲辺寺 デジタル大辞泉
58% |||||



8
八栗寺 デジタル大辞泉
52% |||||

9
太竜寺 デジタル大辞泉
52% |||||

10
本山寺 デジタル大辞泉
52% |||||

四国八十八箇所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



四国八十八箇所のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの四国八十八箇所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS