営業職 営業職とスパイ

営業職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 04:15 UTC 版)

営業職とスパイ

営業活動は時に利益を追求する余、非合理かつ非合法なスパイになりうる場合がある。法整備はなされていない[8][9]。(日本における個人事業主の例・NHK集金人・保険外交員・外務員、証券外務員押し売りなど参照)。

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


  1. ^ 永井滋『今日から営業マン』
  2. ^ 『営業職大事典』p.6
  3. ^ 永井滋『今日から営業マン』p.11
  4. ^ 小笹芳央『モチベーション・マネジメント』p.29
  5. ^ 「近代中小企業 2007年3月号」p.11
  6. ^ ビジネス自体は「B to B」、「B to C」と区分することがある
  7. ^ 中村亜紀子、錦戸典子 他「営業職における抑うつの実態と関連要因」(産衛誌 47巻)
  8. ^ 山内孝幸「営業研究に関する一考察」『阪南論集. 社会科学編』第47巻第1号、2011年10月、 29-52頁、 NAID 120005371608
  9. ^ ITソリューション塾ビジネスで成功するための情報収集術とは?斎藤昌義(ネットコマース株式会社)ITmedia


「営業職」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

営業職のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



営業職のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの営業職 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS