喜 (仏教) 喜 (仏教)の概要

喜 (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/26 16:13 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
仏教用語
ムディター
英語 Sympathetic joy
パーリ語 मुदिता, Mudita
サンスクリット語 मुदिता
クメール語 មុទិតា
(Mutita)
ベトナム語 hỳ

四無量心四梵住)としてまとめられる4つ徳目「・喜・」(じ・ひ・き・しゃ)の3つ目。

慈愛の瞑想

上座部仏教テーラワーダ仏教)圏では、ウィパッサナーの基礎として、慈愛の瞑想(mettā bhāvanā, 慈悲の瞑想とも)と呼ばれる瞑想が行われる[2]。これは名称としては「慈(慈愛)」(メッター)のみが前面に出て来るが、内容的には四無量心の「慈・悲・喜・捨」全ての要素が含まれており[3]、「喜」の要素も含まれている。

脚注




「喜 (仏教)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「喜 (仏教)」の関連用語

喜 (仏教)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



喜 (仏教)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの喜 (仏教) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS