和暦 和暦の概要

和暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 04:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

この手法自体は東アジアで広く行われてきたが、日本独自の元号を用いているため日本固有の紀年法となる。飛鳥時代孝徳天皇によって西暦645年に制定された「大化」がその始まりであり、以来15世紀に亘って使われ続けてきている。

たとえば、西暦2021年令和3年に当たる。

また暦法について、明治改暦明治6年/西暦1873年)で天保暦に代えてグレゴリオ暦を採用して以降は、についてはグレゴリオ暦と一致している。

概要

最初の元号「大化」が制定された西暦645年(大化の改新)以降に、248の元号が日本で制定されている。ただしこれは、南北朝時代における両朝の元号双方を全て含めた数である。重複のない元号の数は、南朝を採る場合(歴代天皇の数え方と一致する)は232、北朝を採る場合は241である。

古代には元号が制定されていない期間もあった。現在まで連続するのは、西暦701年大宝からである。また、前述したように南北朝時代には2つの元号が並行して存在していた。その他にも地方の反乱勢力や都落ちした勢力が中央の改元に従わず、旧元号を使い続けた例がいくつか知られており、多くの私年号も伝えられている。

明治以降は、一世一元の詔旧皇室典範元号法により、天皇の位を継承する際にのみ改めることが定められているが(一世一元の制)、明治以前は、不吉なことがあったり、病が流行するなどの理由で度々改元された。そのほとんどは1年から長くて十数年の非常に短い期間しか持続しなかった。逆に、新天皇が即位しても、改元しなかったり、日を置いて改元した場合も少なくなかった。

日本の役所等の官公庁が発行する文書、官公庁に提出する書類(公文書)は、慣例により和暦を記載したものが多いが、和暦を記載しなければならないという法的な根拠は存在しない[1][2]。外務省は、国外とやりとりする書類については、原則として西暦を利用する方針を示した[3]。日本国外で主に使うパスポートや、気象観測機器の製造年には西暦が使用されている。新聞などには西暦と和暦が併記されている。

現在の和暦

元号名(読み) 初日年月日 現年数 現在位年月日数 天皇名
令和(れいわ) 令和元年(2019年5月1日 3年 2年6か月と24日 徳仁今上天皇
皇室典範特例法および元号法に基づく、明仁上皇)の退位および徳仁(今上天皇)の即位(譲位による皇位継承)による改元

  1. ^ 国立国会図書館. “公文書における西暦と元号の使用区分は規定があるのか” (日本語). レファレンス協同データベース. 2019年10月5日閲覧。
  2. ^ 契約書の年表記は和暦・西暦どちらにすべきか” (日本語). サインのリ・デザイン. 2019年10月5日閲覧。
  3. ^ 【記者会見】河野外務大臣会見記録” (日本語). 外務省. 2019年10月5日閲覧。
  4. ^ 横浜市例規より「横浜市一般職職員の定年等に関する条例
  5. ^ a b 日本の将来推計人口(平成24年1月推計)(国立社会保障・人口問題研究所)、参考推計に“平成73(2061)年~平成122(2110)年”とある。
  6. ^ 和暦西暦早見表” (日本語). 2021年5月7日閲覧。






和暦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

和暦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



和暦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの和暦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS