名古屋大学 基礎データ

名古屋大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/20 23:37 UTC 版)

基礎データ

所在地

  • 大幸キャンパス(愛知県名古屋市東区
  • 豊川キャンパス(愛知県豊川市穂ノ原)

象徴

シンボルマーク

シンボルマークは、Nagoya University の頭文字「nu」に篆書体の「名大」を合成したもので、通称「NUマーク」である。名古屋大学学章規程により正式に定められている。1958年に教養部2年の学生によるデザインが学内公募により選定され、それを基に作成された[WEB 8]

スクールカラー

スクールカラーは濃緑である。『濃緑』は、名古屋大学体育会の機関紙の名称にもなっている。その機関紙によると、「濃は不屈・永遠を表し、緑は若さを表す」とされている。

学生歌等

名古屋大学には正式な校歌や大学歌は存在しない[WEB 9]が、以下に示す歌が存在する。

学生歌
  • 『若き我等』(1956年制定)
  • 『若草もゆる』(1954年制定)
    現在主に歌われるのは前者である。
応援歌
  • 『天にとどろく』
  • 『大空に光はみてり』(1955年制定)
  • 『この旗の下に』
寮歌
上記の他、運動部等の行事でよく歌われるものに、第八高等学校寮歌『伊吹おろし』がある。第八高等学校は名古屋大学の前身校の一つである。

教育および研究

組織

学部

  • 文学部
    人文学研究科への再編に伴い、2017年度に再編された。人文学科人文学専攻のみからなる。
    • 人文学科
      • 人文学専攻[注釈 3]
        • 言語文化系学位プログラム
          • 文芸言語学コース
            分野・専門:言語学、日本語学、日本文学、英語学、英米文学、ドイツ語ドイツ文学、フランス語フランス文学第1、フランス語フランス文学第2、中国語中国文学
          • 哲学倫理学コース
            分野・専門:哲学、西洋古典学、中国哲学、インド哲学
        • 歴史文化系学位プログラム
          • 歴史学・人類学コース
            分野・専門:日本史学、東洋史学、西洋史学、美学美術史学、考古学、文化人類学
        • 環境行動学系学位プログラム
          • 環境行動学コース
            分野・専門:社会学、心理学、地理学
(2016年度入学生まで)
  • 哲学・文明論コース
  • 哲学専攻
  • 西洋古典学専攻
  • 中国哲学専攻
  • 中国文学専攻
  • インド文化学専攻
  • 歴史学・文化史学コース
  • 日本史学専攻
  • 東洋史学専攻
  • 西洋史学専攻
  • 美学美術史学専攻
  • 考古学専攻
  • 文学・言語学コース
  • 日本文学専攻
  • 日本語学専攻
  • 言語学専攻
  • 英米文学専攻
  • フランス文学専攻
  • ドイツ文学専攻
  • 英語学専攻
  • 環境・行動学コース
  • 社会学専攻
  • 心理学専攻
  • 地理学専攻
注:2年時に専攻に配属
  • 教育学部
    • 人間発達科学科[注釈 4]
      • (教育学系)
        • 生涯教育開発コース
        • 学校教育情報コース
        • 国際社会文化コース
      • (心理学系)
        • 心理社会行動コース
        • 発達教育臨床コース
          注:3年次にコースに配属
注:2年次に学科に配属
  • 情報文化学部(2017年度に募集停止)
    • 自然情報学科
      • 複雑システム系
      • 数理情報系
      • 環境システム系
        注:3年次に教育系に配属
    • 社会システム情報学科
      • 環境法経システム系
      • 社会地域環境系
      • 心理システム系
      • メディア社会系
        注:3年次に教育系に配属
  • 情報学部
    情報文化学部と工学部情報工学コースが統合・改組し2017年度に設置された。
    • 自然情報学科
      • 数理情報系
      • 複雑システム系
    • 人間・社会情報学科
      • 社会情報系
      • 認知・心理科学系
    • コンピュータ科学科
      • 情報システム系
      • 知能システム系
        注:3年次に系に配属
  • 工学部
    • 2017年度入学生以降
    • 2016年度入学生まで
      • 化学・生物工学科
        • 応用化学コース
        • 分子化学工学コース
        • 生物機能工学コース
      • 物理工学科
        • 材料工学コース
        • 応用物理学コース
        • 量子エネルギー工学コース
      • 電気電子・情報工学科
        • 電気電子工学コース
        • 情報工学コース
      • 機械・航空工学科
        • 機械システム工学コース
        • 電子機械工学コース
        • 航空宇宙工学コース
      • 環境土木・建築学科
        • 環境土木工学コース
        • 建築学コース

大学院

以下、特記していない専攻は博士前期課程博士後期課程である。一部、2016年度以前の情報を含む。

  • 人文学研究科[注釈 25]
    文学研究科、国際言語文化研究科、国際開発研究科国際コミュニケーション専攻を統合し2017年度発足。人文学専攻のみからなる。
    • 言語文化系学位プログラム
      • 文芸言語学コース
        分野・専門:言語学、日本語学、日本文学、英語学、英米文学、ドイツ語ドイツ文学、フランス語フランス文学第1、フランス語フランス文学第2、中国語中国文学、日本語教育学、英語教育学、応用日本語学
      • 哲学倫理学コース
        分野・専門:哲学、西洋古典学、中国哲学、インド哲学
    • 歴史文化系学位プログラム
      • 歴史学・人類学コース
        分野・専門:日本史学、東洋史学、西洋史学、美学美術史学、考古学、文化人類学
      • 総合文化学コース
        分野・専門:映像学、日本文化学、文化動態学、ジェンダー学
    • 英語高度専門職業人学位プログラム
      • 英語高度専門職業人コース
    • 多文化共生系学位プログラム
      • 国際・地域共生促進コース
    • G30 国際プログラム
      • 言語学・文化研究プログラム
      • 「アジアの中の日本文化」プログラム
  • 文学研究科(2017年度に募集停止)
    • 人文学専攻[注釈 26]
      • 総合人文学コース
        専門:文化人類学・宗教学・日本思想史、日本文化学
      • 基層人間学コース
        専門:哲学、西洋古典学、言語学、中国哲学、中国文学、インド文化学
      • 歴史文化学コース
        専門:日本史学、東洋史学、西洋史学、美学美術史学、考古学
      • 文芸言語学コース
        専門:日本文学、日本語学、英米文学、フランス文学、ドイツ文学、英語学
  • 教育発達学研究科[注釈 27]
    • 教育科学専攻
      • 講座:生涯発達教育学講座[注釈 28]、学校情報環境学講座[注釈 29]、相関教育科学講座[注釈 30]、高等教育学講座[注釈 31](協力講座)、生涯スポーツ科学講座[注釈 32](協力講座)
      • 高度専門職業人養成コース(前期課程) - 職業経験や社会活動の経験がある者が対象
        • 生涯学習研究コース[注釈 33](生涯開発教育分野、学校科学臨床分野、高等教育マネジメント分野、生涯スポーツ科学分野)
      • 教育マネジメントコース(後期課程) - 社会人や社会経験のある学生が対象
        • 領域:生涯学習マネジメント、学校教育マネジメント、高等教育マネジメント
    • 心理発達科学専攻
      • 講座:心理社会行動科学講座[注釈 34]、精神発達臨床科学講座[注釈 35]、スポーツ行動科学講座[注釈 36](協力講座)
      • 高度専門職業人養成コース(前期課程)
        • 心理開発研究コース[注釈 37](心理行動科学分野、スポーツ行動科学分野)
        • 心理臨床研究コース[注釈 38](心理臨床科学分野)
      • 心理危機マネジメントコース(後期課程)- 社会人や社会経験のある学生が対象
  • 法学研究科
  • 経済学研究科
  • 情報学研究科
    • 数理情報学専攻
    • 複雑系科学専攻
    • 社会情報学専攻
    • 認知・心理科学専攻
    • 情報システム学専攻
    • 知能システム学専攻
  • 理学研究科[注釈 43]
  • 医学系研究科
  • 工学研究科[注釈 94]
    • 2017年度入学生から
    • 2016年入学生まで
      • 領域専攻群
        • 化学・生物工学専攻
          • 応用化学分野
          • 分子化学工学分野
          • 生物機能工学分野
        • マテリアル理工学専攻
          • 材料工学分野
          • 応用物理学分野
          • 量子エネルギー工学分野
        • 電子情報システム専攻
          • 電気工学分野
          • 電子工学分野
          • 情報・通信工学分野
        • 機械理工学専攻
          • 機械科学分野
          • 機械情報システム工学分野
          • 電子機械工学分野
        • 航空宇宙工学専攻
          • 航空宇宙工学分野
        • 社会基盤工学専攻
          • 社会基盤工学分野
      • 複合専攻群
        • 結晶材料工学専攻
        • 量子工学専攻
        • マイクロ・ナノシステム工学専攻
        • 物質制御工学専攻
        • 計算理工学専攻
  • 生命農学研究科[注釈 112]
    • 生物圏資源学専攻
      講座:循環資源学、資源生産生態学、地域資源管理学、生物材料科学、生態システム保全学[注釈 113]
    • 生物機構・機能科学専攻
      講座:バイオダイナミクス、分子細胞機構学、生物機能分化学、資源生物機能学
    • 応用分子生命科学専攻
      講座:バイオモデリング、生命機能化学、応用生命化学、応用遺伝・生理学
    • 生命技術科学専攻
      講座:生物機能技術科学、生命技術社会システム学、生物生産技術科学[注釈 114]、植物機能開発学[注釈 115]、分子細胞機能学[注釈 116]、生命技術国際協力学[注釈 117]、生命機能システム学(理化学研究所環境資源科学研究センターとの連携講座、後期のみ)
  • 国際開発研究科[注釈 118]
    2018年度から、国際開発専攻と国際協力専攻を一本化し、「国際開発協力専攻」となった。また、国際コミュニケーション専攻は所属が2017年度より人文学研究科に変更された。
    • 国際開発協力専攻(2018年度以降)
      • 学位プログラム
        • 経済開発政策・マネジメント
        • 平和とガバナンス
        • 包摂的な社会と国家
        • 教育と人材開発
        • 貧困と社会政策
        • グローバルリーダー・キャリアコース(5つのプログラムから履修生を選抜)
        • グローバル人材育成特別課程(1年修了)
      (2017年度まで)
      • 博士前期課程
        • 国際開発協力コース
          • 国際開発専攻
            • 「経済開発政策と開発マネジメント」プログラム
            • 「農村・地域開発マネジメント」プログラム
            • 「教育・人材開発」プログラム
          • 国際協力専攻
            • 「ガバナンスと法」プログラム
            • 「平和構築」プログラム
            • 「社会開発と文化」プログラム
        • 国際コミュニケーションコース
          • 国際コミュニケーション専攻
            • 「人の移動と異文化理解」プログラム
            • 「言語教育と言語情報」プログラム
      • 博士後期課程
        • 国際開発専攻
        • 国際協力専攻
        • 国際コミュニケーション専攻
    • 教員組織
      • 国際開発専攻
        • 基幹講座:国際開発講座
        • 協力講座:開発政策講座、経営開発講座、教育発展史講座
      • 国際協力専攻
        • 基幹講座:国際協力講座
        • 協力講座:比較国際法政システム講座、国際文化協力講座
      • 国際コミュニケーション専攻
        • 基幹講座:国際コミュニケーション講座、言語情報システム講座、言語教育科学講座、国際言語文化学講座、コミュニケーション科学講座
  • 多元数理科学研究科
  • 国際言語文化研究科(2017年度に募集停止)
    • 日本言語文化専攻
      講座[注釈 120]:日本言語文化学講座、日本語教育学講座、応用言語学講座、比較日本文化学講座、現代日本語学講座(協力講座等)、日本語教育方法論講座(協力講座等)
    • 国際多元文化専攻
      • 講座[注釈 121]:多元文化論講座、先端文化論講座、アメリカ言語文化講座、東アジア言語文化講座、ヨーロッパ言語文化講座、ジェンダー論講座、メディアプロフェッショナル論
    • コース:メディアプロフェッショナルコース(定員は国際多元文化専攻の定員に含まれる)、英語高度専門職業人コース(前期のみ。定員は国際多元文化専攻の定員に含まれる)、比較言語文化プログラム(前期のみ。留学生向け)
  • 環境学研究科[注釈 122]
    • 地球環境科学専攻
      • 地球惑星科学系
        講座:地球環境システム学講座、地質・地球生物学講座、地球化学講座、地球惑星物理学講座、地球惑星ダイナミクス講座(協力講座)、地球史学講座(協力講座)
      • 大気水圏科学系
        講座:地球環境変動論講座、気候科学講座、物質循環科学講座、放射線・生命環境科学講座(協力講座)、地球水循環科学講座(協力講座)
    • 都市環境学専攻[注釈 123]
      • 空間・物質系
        講座:都市持続発展論講座、環境機能物質学講座、物質環境構造学講座、地圏空間環境学講座、地域・都市マネジメント講座
      • 建築学系
        講座:環境・安全マネジメント講座、建築・環境デザイン講座、建築構造システム講座
    • 社会環境学専攻
      講座:環境政策論講座、経済環境論講座、環境法政論講座、社会学講座、心理学講座、地理学講座
  • 創薬科学研究科
    • 基盤創薬学専攻(前期課程は2012年度に、後期課程は2014年度に設置)
      講座[注釈 124]:創薬有機化学講座(天然物化学分野、有機合成化学分野、分子設計化学分野)、創薬生物科学講座(分子微生物学分野、細胞生化学分野、細胞分子情報学分野、細胞薬効解析学)、創薬分子構造学講座(構造分子薬理学分野、構造生理学分野)、実践創薬科学講座(産学協同研究講座)

附属機関

  • 教養教育院
    • 統括部
      自然科学部門、社会科学部門、人文学部門、言語文化部門、基盤科学部門、実験担当(物理学・化学)
    • 教養教育推進室(2010年度設置)
      基盤開発部門、アカデミック・ライティング教育部門、
    • 博士課程教育推進機構
  • 高等研究院
  • トランスフォーマティブ生命分子研究所(2013年度設置)
  • 附属図書館
    • 中央図書館
    • 医学部分館
    • 研究開発室
  • 附置研究所
    • 環境医学研究所
    • 未来材料・システム研究所
      2004年にエコトピア科学研究機構として設置。翌年エコトピア科学研究所に改称し、2015年10月に改組。
      • 研究部
        材料創製部門、システム創成部門
      • 施設
        超高圧電子顕微鏡施設、先端技術共同研究施設
      • 附属高度計測技術実践センター
        電子顕微鏡計測部、電磁波計測部、素粒子計測部、X線分光計測部、ナノ加工計測部
      • 附属未来エレクトロニクス集積研究センター
        未来デバイス部、マルチフィジックスシミュレーション部、先端物性解析部、システム応用部、国際客員部、産学協同研究部
    • 宇宙地球環境研究所
      2015年10月、太陽地球環境研究所、地球水循環研究センター、年代測定総合研究センターを統合して発足。
      • 基盤研究部門
        宇宙線研究部、太陽圏研究部、電磁気圏研究部、気象大気研究部、陸域海洋圏生態研究部、総合解析研究部、年代測定研究部
      • 国際連携研究センター
        母子里観測所(北海道幌加内町)、陸別観測所(北海道陸別町)、富士観測所(山梨県富士河口湖町)、鹿児島観測所(鹿児島県垂水市
      • 総合データサイエンスセンター
      • 飛翔体観測推進センター
  • 学内共同教育研究施設等
    • アイソトープ総合センター
    • 遺伝子実験施設
      研究分野:遺伝子解析、植物ゲノム解析
    • 物質科学国際研究センター
      研究組織:有機物質合成研究分野、無機物質合成研究分野、物質機能研究分野、生命物質研究分野、分子触媒研究分野、共同研究分野
    • 高等教育研究センター
    • 農学国際教育協力研究センター
    • 博物館
    • 心の発達支援研究実践センター
      研究組織:こころの育ちと家族分野、こころと社会のつながり分野、こころの支援実践分野
    • 法政国際教育研究研究センター
    • 生物機能開発利用研究センター
      研究部門:基盤・育成部門、開発・展開部門
    • シンクロトロン光研究センター
      研究部門:光源部門、ビームライン部門、計測・分析部門
    • 基礎理論研究センター
    • 現象解析研究センター(素粒子宇宙起源研究機構)
    • 減災連携研究センター
      研究教育組織:研究連携部門、社会連携部門
    • 細胞生理学研究センター
      研究教育組織:基礎生物学研究部門、連携創薬研究部門、連携医学研究部門、産学連携部門
    • 脳とこころの研究センター
      研究教育組織:基盤整備部門、研究開発部門
    • ナショナルコンポジットセンター
      研究教育組織:研究開発部門、産学官連携部門
    • 予防早期医療創成センター
      研究教育組織:予防社会システム研究部門、早期医療研究部門
    • 男女共同参画センター(2017年7月、男女共同参画室から改組)
    • 学生相談総合センター
  • 共同利用・共同研究拠点
    • 情報基盤センター
      研究開発部門:学術情報開発研究部門、情報基盤ネットワーク研究部門、大規模計算支援環境研究部門、教育情報メディア研究部門
  • 総合保健体育科学センター
  • 未来社会創造機構(2014年度設置)
    • モビリティ領域
      教育研究組織:材料・エネルギー分野、機械・情報分野、交通・社会分野
    • ナノライフシステム研究所
    • マテリアルイノベーション研究所
    • 社会イノベーションデザイン学センター
      研究組織:イノベーティブプロジェクト部門、対話型セッション部門、プロトタイピング部門、社会システム研究部門
  • アジア共創教育研究機構(2017年度設置)
  • 素粒子宇宙起源研究機構
    • 基礎理論研究センター(再掲)
    • 現象解析研究センター(再掲)
  • 学部・研究科附属機関
    • 人文学研究科
      • 附属人類文化遺産テクスト学研究センター
      • 附属超域文化社会センター
    • 教育学部
      • 附属高等学校
      • 附属中学校
    • 法学研究科
    • 経済学研究科
      • 附属国際経済政策研究センター
        研究部門:アジア経済・地域連携研究部門、企業戦略・マネジメント研究部門、資源・環境政策研究部門、政策情報研究室
    • 情報学研究科
    • 理学研究科
      • 附属臨海実験所
      • 附属南半球宇宙観測研究センター
        研究組織:サブミリ波研究部門、高エネルギー研究部門、地球・惑星系研究部門
      • 附属構造生物学研究センター
        教育研究組織:構造動態学部門、構造機能学部門、構造細胞学部門
      • 附属タウ・レプトン物理研究センター
        研究組織:タウ・レプトン物理部門、LHC物理部門、理論部門
      • 附属ニューロサイエンス研究センター(2017年度設置)
        脳神経回路研究ユニット部門、産学協同研究部門、運営部門
    • 医学部・医学系研究科
      • 医学系研究科附属医学教育研究支援センター
        教育研究支援組織:実験動物部門、分析機器部門、先端領域支援部門、特任研究部門
      • 医学系研究科附属神経疾患・腫瘍分子医学研究センター
        研究組織:腫瘍病態統御部門、神経疾患病態統御部門、先端応用医学部門
      • 医学部附属病院(名大病院)
医学部附属病院
  • 工学研究科
    • 附属プラズマナノ工学研究センター
      教育研究組織:基幹研究部門、産学連携研究部門
    • 附属材料バックキャストテクノロジー研究センター
      教育研究組織:産学連携部門、物質知略部門、エネルギー知略部門、プロセス知略部門、安全性知略部門
    • 附属計算科学連携教育研究センター
      教育研究組織:データベース部門、超並列計算部門、流体力学部門、物性物理部門、生体科学部門、アルゴリズム部門、計算化学部門
    • 附属マイクロ・ナノメカトロニクス研究センター
      研究部門:ナノ制御学、ナノ計測学、ナノ設計・製造学、ナノ材料学
    • 附属フライト総合工学教育研究センター(2018年度設置)
      フライト総合工学教育部門、総合工学プロジェクト研究部門、人材育成・社会連携部門、
  • 生命農学研究科
    • 附属フィールド科学教育研究センター
      教育研究組織:森林科学部門、植物生産科学部門、動物生産科学部門
    • 附属鳥類バイオサイエンス研究センター
  • 環境学研究科
    • 附属地震火山研究センター
      研究分野:地殻活動機構研究分野、地殻活動予測研究分野、観測手法開発研究分野
    • 附属持続的共発展教育研究センター
      教育研究組織:交通・都市国際研究部門、臨床環境学コンサルティングファーム部門
附属図書館

附属図書館は中央館、医学部分館、34の部局図書室がある。総蔵書数は約327万冊(2014年度時点)[WEB 12]。年間利用者は中央館のみで延べ約68万6千人、貸出冊数は約16万冊(2014年度)である[WEB 13]

名古屋大学博物館

2000年4月、日本の大学が設置する5番目[WEB 14]の総合大学博物館として、東山キャンパスの古川記念館内に開館された。名古屋大学所蔵の学術標本・資料、ならびに大学における研究成果のフィードバック・資源化・社会還元を総合的にかつ国際的に行うことを目的としている。

名古屋大学出版会

財団法人名古屋大学出版会は、正確には附属機関ではなく独立採算制を執る独立した機関であるが、名大東山キャンパス大学広報プラザ内に事務所があることや理事長は名大教授であり、名古屋大学はじめ中部地区大学関係者の書籍を発行することを目的としているため、本節にまとめた。主に学術書や大学の講義で使う教科書などを出している。

※名大生協の印刷・情報サービス部とは別組織。なお設立の際人員の移籍があった。

研究

21世紀COEプログラム

以下の14件のプロジェクトが採択された。

  • 2002年
    生命科学
    • システム生命科学:分子シグナル系の統合
    • 新世紀の食を担う植物バイオサイエンス
    化学・材料科学
    • 物質科学の拠点形成:分子機能の解明と創造
    • 自然に学ぶ材料プロセッシングの創成
    情報・電気・電子
    • 先端プラズマ科学が拓くナノ情報デバイス
    • 社会情報基盤のための音声映像の知的統合
    人文科学
    • 統合テクスト科学の構築
  • 2003年
    医学系
    • 神経疾患・腫瘍の統合分子医学の拠点形成
    数学・物理学・地球科学
    • 宇宙と物質の起源:宇宙史の物理学的解読
    • 等式が生む数学の新概念(2005年9月に辞退)
    • 太陽・地球・生命圏相互作用系の変動学
    機械・土木・建築・その他工学
    • 情報社会を担うマイクロナノメカトロニクス
    学際・複合・新領域
    • 同位体が拓く未来―同位体科学の基盤から応用まで―
  • 2004年
    革新的な学術分野
    • 計算科学フロンティア

グローバルCOEプログラム

以下の7件のプロジェクトが採択されている。

  • 2007年
    生命科学
    • システム生命科学の展開:生命機能の設計
    化学・材料科学
    • 分子性機能物質科学の国際教育研究拠点形成
    人文科学
    • テクスト布置の解釈学的研究と教育
  • 2008年
    医学系
    • 機能分子医学への神経疾患・腫瘍の融合拠点
    数学、物理学、地球科学
    • 宇宙基礎原理の探求
    機械、土木、建築、その他工学
    • マイクロ・ナノメカトロニクス教育研究拠点
  • 2009年
    学際、複合、新領域
    • 地球学から基礎・臨床環境学への展開

教育

学生生活

大学祭

大学祭は「名大祭」と呼ばれ、1960年から毎年、6月の第1木曜日から次の日曜日に掛けての4日間開催される。また、近年は秋季にも「秋革祭(しゅうかくさい)」と呼ばれるやや小規模なイベントも行われている。一般的には、大学祭は秋季に行われることが多いが、「名大祭」はその第一回開催時に伊勢湾台風の影響で延期となり、翌年の6月に第一回が行われたため、その後も6月に行われることとなった。

当時の名古屋大学は多くのキャンパスが市内や周辺市域に分散していた蛸足大学だったため、大学全体としての学生の結束が弱いとされた[注釈 127]。しかしキャンパスが東山地区に統合されるとともに、安保闘争や伊勢湾台風復興を契機に学生運動が高揚すると、大学祭開催への機運が高まり、1960年に第一回名大祭の開催を見た[WEB 15]。しかし各学部の学生団体がそれぞれ企画を催すなどのばらつきも見られた。

現在では教養部を除く各学部の団体が統合された名大祭本部実行委員会と呼ばれる団体が6月の名大祭を主催し、教養部の団体の名残である名大祭一・二年生実行委員会が秋季の秋革祭を主催している。とくに名大祭は多くの研究室・部活・サークルの成果の発表の場として、また全学学生の団結力を示す場として位置付けられている。来場者は毎年約5万人程度であり、その規模は東海地方で最大を誇る。またバリアフリーとごみの再資源化に早くから取り組んでいる。

2008年に開催された第49回名大祭の模擬店において、大規模な食中毒が発生した。翌年の第50回名大祭においては原因調査と再発防止体制確立のため、飲食物を取り扱う企画の自粛対応がなされた[WEB 16]が、第51回からは体制が整ったとして飲食物を取り扱う企画が再開された[WEB 17]

部活動・クラブ活動・サークル活動

スポーツ

1956年に名古屋大学体育会が結成され、1961年に大学公認を受けている。同会に所属する部の中には、陸上競技部や漕艇部など旧愛知医学校や第八高等学校からの歴史がある部も存在する[WEB 18]。また、全国の旧帝国大学と共に全国七大学総合体育大会に参加している。また、大阪大学との対抗戦として名古屋大学・大阪大学対抗競技大会(名阪戦)を行っている。

1964年からは毎年11月下旬に須賀杯争奪駅伝競走大会が開催されている。これは名古屋大学教授で陸上部顧問(当時)を務めていた須賀太郎が、1963年に豊田工業高等専門学校の初代校長に就任し、同校のスポーツ振興に力を注いだことに由来する。大学と高専が共催するスポーツ大会は日本国内では珍しい[WEB 19]

アメリカンフットボール部の愛称は「グランパス」である。名古屋グランパス創設以前から歴史があり、名古屋グランパスの関係者がグランパスの名前を使用する許可を求めて同部を訪れた逸話がある[7][WEB 20]

文化系

文化系のクラブ活動も盛んである。特に1984年に設立した名古屋大学クイズ研究会では、現役生やOB/OGを問わず、同会出身の解答者がテレビのクイズ番組で優秀な成績を残すなど[新聞 3]、国立大学ではトップ級のクイズ研究会である。また、名古屋大学アニメ声優研究連は、中部地方唯一の声優サークルとしてイベントの運営を行っている[8]




注釈

  1. ^ 「洋学医庠」設立建議書と呼ばれ、この建議書そのものが名大の直接の淵源とされる(鈴木要蔵家記「種痘所用留」。名古屋市史資料・鶴舞図書館所蔵。)。
  2. ^ 八月創立説と呼ばれる(「明治四年『[旧藩書類綴]]』。徳川林政史研究所所蔵他。)。これに対し、同仮病院が廃藩置県直前の5月に開設されたとする五月創立説がある。以前の通説的見解であったこともあり、現在でも名大は創立記念日を1871年5月1日に定めている(『愛知県公立病院及医学校第一報告』明治13年)。
  3. ^ プログラム、コース、分野・専門の構成は名古屋大学文学部規程による。
  4. ^ 学科目には、生涯教育科学、学校教育科学、国際教育文化学、心理行動科学、発達臨床科学がある。
  5. ^ 学科目には、基礎実定法学、基礎政治学、現代基礎法学、紛争処理法制、企業経済法制、公共政策、国際関係、法政情報がある。
  6. ^ 学科目には、理論経済、応用経済がある。
  7. ^ 学科目には、企業経営、情報会計がある。
  8. ^ 学科目は、数学のみ。
  9. ^ 学科目は、物理学のみ。
  10. ^ 学科目は、化学のみ。
  11. ^ 学科目は、生物科学のみ。
  12. ^ 学科目は、地球惑星科学のみ。
  13. ^ 学科目は、解剖学、生理学、生化学、病理学、微生物学、医動物学、免疫学、法医学、衛生学、公衆衛生学、予防医学、内科学・神経内科学、外科学・胸部外科学、整形外科学、産婦人科学、眼科学、精神医学、小児科学、皮膚科学、泌尿器科学、耳鼻咽喉科学、放射線医学、麻酔学、口腔外科学、脳神経外科学、老年科学、救急医学、臨床検査医学がある。
  14. ^ 学科目は、看護学、放射線技術科学、検査技術科学、理学療法学、作業療法学がある。
  15. ^ 学科目は、化学生命工学のみ。
  16. ^ 学科目は、物理工学のみ。
  17. ^ 学科目は、マテリアル工学のみ。
  18. ^ 学科目は、電気電子情報工学のみ。
  19. ^ 学科目は、機械・航空宇宙工学のみ。
  20. ^ 学科目は、エネルギー理工学のみ。
  21. ^ 学科目は、環境土木・建築学のみ。
  22. ^ 学科目は、生物環境科学のみ。
  23. ^ 学科目は、資源生物科学のみ。
  24. ^ 学科目は、応用生命科学のみ。
  25. ^ 教員は、文芸言語学、哲学倫理学、歴史学・人類学、総合文化学のいずれかのコースに所属。学位プログラム、コース、専門分野の構成は、名古屋大学大学院人文学研究科規程による。
  26. ^ コースと専門は『名古屋大学大学院文学研究科規程』による。また、2014年度後期から前期課程に、グローバル30 (G30) プログラムの英語コースである「アジアの中の日本文化」を設置する。なお、『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、比較人文学、日本文化学、哲学、言語学、東洋学、日本史学、東洋史学、西洋史学、美術史学・考古学、日本文学・日本語学、西洋文学・西洋語学がある。
  27. ^ 発達科学研究科のホームページ[1]による。2015年度の学生募集要項でもこれに準拠し、組織構成が紹介されている。なお、『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』では、教育科学専攻の「高等教育学」と「生涯スポーツ科学」、心理発達科学専攻の「スポーツ行動科学」は「協力講座等」と表記されている。
  28. ^ 教員の研究領域に、教育史、教育行政学、社会・生涯教育学、技術教育学、職業・キャリア教育学がある[2]
  29. ^ 教員の研究領域に、学校情報学、カリキュラム学、教育方法学、教育経営学、教師教育学(担当教員不在)がある[3]
  30. ^ 教員の研究領域に、人間形成学、教育人類学、比較教育学、教育社会学、大学論、グローバル教育論がある[4]
  31. ^ 教員の研究領域に、高等教育学がある[5]
  32. ^ 教員の研究領域に、生涯体力科学、健康運動科学(担当教員不在)、スポーツ教育学(担当教員不在)、スポーツマネージメント、スポーツバイオメカニクス(担当教員不在)、スポーツ生理学がある[6]
  33. ^ 分野は、2015年度入学生用の高度専門職業人養成コース学生募集要項による。[7]
  34. ^ 教員の研究領域に、計量心理学、認知心理学、パーソナリティ心理学、社会心理学がある[8]
  35. ^ 教員の研究領域に、生涯発達心理学、臨床心理学、家族心理学、学校心理学、発達精神科学がある[9]
  36. ^ 教員の研究領域に、スポーツ心理、運動学習科学がある[10]
  37. ^ 分野は、2015年度入学生用の高度専門職業人養成コース学生募集要項による。
  38. ^ 分野は、2015年度入学生用の高度専門職業人養成コース学生募集要項による。
  39. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、基幹法・政治学、現代法システム論、国際・比較法政、アジア法政(協力講座等)がある。
  40. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、基幹法学、応用先端法学がある。
  41. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、市場・制度分析、社会経済分析、政策システム分析、社会環境システムがある。
  42. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、企業システム、経営革新、情報創造がある。
  43. ^ 「系」は理学研究科のホームページ[11]による。
  44. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、物理学基礎論、宇宙構造論、星間物質学、素粒子物理学、ハドロン物理学、原子物理学、太陽地球相関理学(協力講座)、太陽地球系物理学(協力講座等)、太陽地球系化学(協力講座等)、素粒子宇宙基礎理論(協力講座等)、素粒子宇宙現象解析(協力講座等)がある。
  45. ^ 研究分野は大きく「理論」と「実験」に分かれ、さらにそれぞれに複数の分野を抱える。[12]
  46. ^ 研究分野は大きく「太陽地球系環境学」「太陽地球相関理学」「太陽地球系物理学」に分かれる。さらに、「太陽地球系環境学」以外は複数の分野を抱える。[13]
  47. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、相関化学、分子物性学、無機・分析化学、有機・生物化学、物質物理化学、生体物理学、物性基礎論、電子物性学、相関物性学、物質科学(協力講座等)がある。
  48. ^ 研究分野は大きく「理論」と「実験」に分かれ、さらにそれぞれに複数の分野を抱える。[14]
  49. ^ 研究分野は大きく「有機化学」、「生物化学」、「物理化学」、「無機・分析化学」に分かれ、さらに「生物化学」以外は複数の研究室・グループに分かれる。このほか、「Global 30 International Programs」の教員もいる。[15]
  50. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、生体構築論、分子遺伝学、機能調節学、形態統御学、情報機構学、超分子機能学、生体調節論、生体システム論、環境生物学(協力講座等)、遺伝子解析学(協力講座等)、ゲノム学(協力講座等)、生殖遺伝学(協力講座等)がある。
  51. ^ 研究分野は大きく「生体構築論」「分子遺伝学」「機能調節学」「形態統御学」「情報機構学」「超分子機能学」「生体調節論」「生体システム論」に分かれ、さらに「分子遺伝学」以外は複数の分野を抱える。このほか、臨海実験所、遺伝子実験施設、生物機能開発利用研究センター、物質理学専攻、テニュアトラックプログラム、グローバル30プログラム、トランスフォーマティブ生命分子研究所、計時機構、創薬研究科の教員もいる。[16]
  52. ^ 4年制博士課程。2013年4月、分子総合医学専攻、細胞情報医学専攻、機能構築医学専攻、健康社会医学専攻を改組して発足。領域、講座、専門分野は「医学部 大学院医学研究科 プロフィールM. 2015」[17]による。なお、『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』では領域別に講座が分類されていないほか、連携講座の記載もない。
  53. ^ 専門分野には、分子生物学、生体高分子学、分子細胞化学がある。
  54. ^ 専門分野には、分子病原細菌学、耐性菌制御学、分子細胞免疫学、免疫細胞動態学、ウイルス学がある。
  55. ^ 専門分野には、機能分子制御学、オミクス解析学、神経遺伝情報学、疾患モデル解析学、システム生物学、生物情報解析工学、分子診断ナノ工学がある。
  56. ^ 専門分野には、実験動物科学がある。
  57. ^ 専門分野には、老化基礎科学がある。
  58. ^ 専門分野には、免疫不全統御学がある。
  59. ^ 専門分野には、細胞生物物理学、イメージング生理学、細胞生理学、分子動態学、分子薬理学がある。
  60. ^ 専門分野には、神経情報薬理学がある。
  61. ^ 専門分野には、分子腫瘍学、腫瘍生物学がある。
  62. ^ 専門分野には、視覚神経科学、神経免疫学がある。
  63. ^ 専門分野には、神経性調節学、心・血管学がある。
  64. ^ 専門分野には、発生・遺伝学、病態神経科学がある。
  65. ^ 専門分野には、神経生化学がある。
  66. ^ 専門分野には、分子細胞学、機能組織学、細胞生物学、超微形態学がある。
  67. ^ 専門分野には、生体反応病理学、分子病理診断学、腫瘍病理学、神経機能病理学がある。
  68. ^ 専門分野には、分子病理学がある。
  69. ^ 専門分野には、細胞工学、細胞腫瘍学がある。
  70. ^ 専門分野には、法医・生命倫理学、環境労働衛生学、予防医学、国際保健医療学・公衆衛生学、医療行政学がある。
  71. ^ 専門分野には、健康栄養医学、健康スポーツ医学、精神健康医学、健康運動科学がある。
  72. ^ 専門分野には、疫学がある。
  73. ^ 専門分野には、血液・腫瘍内科学、循環器内科学、消化器内科学、呼吸器内科学、糖尿病・内分泌内科学、腎臓内科学がある。
  74. ^ 専門分野には、量子医学、量子介入治療学、放射線治療学、臓器病態診断学、病態構造解析学、がん薬物療法学がある。
  75. ^ 専門分野には、神経内科学、精神医学、精神生物学、脳神経外科学、脳神経先端医療開発学、脳血管内治療学がある。
  76. ^ 専門分野には、眼科学、感覚器障害制御学、耳鼻咽喉科学、認知・言語医学、顎顔面外科学、咀嚼障害制御学がある。
  77. ^ 専門分野には、腫瘍外科学、血管外科学、消化器外科学、移植・内分泌外科学、心臓外科学、呼吸器外科学、小児外科学、泌尿器科学がある。
  78. ^ 専門分野には、整形外科学、リウマチ学、手の外科学、皮膚病態学、皮膚結合組織病態学、形成外科学がある。
  79. ^ 専門分野には、麻酔・蘇生医学、臨床感染統御学、救急・集中治療医学がある。
  80. ^ 専門分野には、手術医療学、細胞治療医学、病理組織医学、光学医療学、放射線医療学、画像情報診断・工学がある。
  81. ^ 専門分野には、小児科学、成長発達医学、発達・老年精神医学、地域在宅医療学・老年科学、産婦人科学、生殖器腫瘍制御学、総合診療医学がある。
  82. ^ 専門分野には、周産母子医学がある。
  83. ^ 専門分野には、親と子どもの心療学がある。
  84. ^ 専門分野には、総合医学教育学、医療の質・患者安全学がある。
  85. ^ 専門分野には、薬物動態解析学(協力)、分子機能薬学(協力)、トキシコゲノミクスがある。
  86. ^ 専門分野には、医療薬学(協力)、化学療法学(協力)、生物統計学、医薬品規制学がある。
  87. ^ 専門分野には、実践医薬品開発学、応用医薬品開発学がある。
  88. ^ 専門分野には、統計数理学がある。
  89. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』
  90. ^ 博士前期課程学生募集要項(2016年度入学生用)[18]と博士後期課程学生募集要項(2016年度入学生用)によると、基礎看護学領域と臨床看護学領域がある。
  91. ^ 前期課程と後期課程の学生募集要項(2015年度入学生用)によると、発達看護学領域と地域・在宅看護学領域がある。
  92. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によるが、「脳とこころの科学」は「医学部 大学院医学研究科 プロフィールM. 2015」[19]と学生募集要項(2016年度入学生用)に記載がない。
  93. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』
  94. ^ 各専攻の分野は、工学研究科のホームページ[20]による。なお、2015年度入学生用の学生募集要項(前期課程・後期課程)も、この分類に従っている。
  95. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、有機化学、高分子化学がある。
  96. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、応用物理化学、固体化学がある。
  97. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、分子生命化学、生命システム工学がある。
  98. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、量子物理工学、構造物性物理学、複合系物性工学がある。
  99. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、物質デバイス機能創成学、ナノ解析物質設計学がある。
  100. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、計算材料設計、先端計測分析、ナノ構造設計がある。
  101. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、先進プロセス工学、物質創成工学がある。
  102. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、先進化学工学システム、材料化学がある。
  103. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、電気エネルギー、先端エネルギー、宇宙電磁環境工学(協力講座等)がある。
  104. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、未来エレクトロニクス創造、情報デバイス工学、量子システム工学、ナノエレクトロニクス(協力講座等)がある。
  105. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、情報通信、情報システムがある。
  106. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、機械理工学、機械知能学がある。
  107. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、マイクロ・ナノ機械科学、マイクロ・ナノシステムがある。
  108. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、空力・推進、構造・創製、飛行・制御がある。
  109. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、エネルギー材料工学、エネルギー量子工学、エネルギー流体工学がある。
  110. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、核融合工学、エネルギーシステム工学、エネルギー安全工学がある。
  111. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、構造・材料工学、水工学、地盤工学、社会基盤機能学がある。
  112. ^ 講座は、前期課程学生募集要項(2015年度入学生用)[21]と、後期課程学生募集要項(2014年10月入学生用、一般入試)[22]による。なお『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』では、連携講座の記載はない。
  113. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、「協力講座等」とされている。
  114. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、「協力講座等」とされている。
  115. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、「協力講座等」とされている。
  116. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、「協力講座等」とされている。
  117. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、「協力講座等」とされている。
  118. ^ コース、専攻、プログラム、講座は、国際開発研究科のパンフレット (2015-2016) (PDF) による。なお、『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』では、開発政策講座、経営開発講座、教育発展史講座、比較国際法政システム講座、国際文化協力講座は「協力講座等」とされている。
  119. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』によると、講座には、基幹数理、自然数理、社会数理、数理解析、高次位相がある。
  120. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』による。ただ、2014年度 後期課程学生募集要項(4月入学) (PDF) のp.7「講座及びその内容」では、現代日本語学講座と日本語教育方法論講座について、「協力講座等」といった注釈を付けていない。
  121. ^ 『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』による。ただ、前期課程学生募集要項(2015年度入学生用)の「講座及びその内容」という項目では、「メディアプロフェッショナル論講座」という名称ではなく、「メディアプロフェッショナルコース」という名称で内容が紹介されている。
  122. ^ 系、講座は研究科のホームページ[23]による。なお、『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』では、系について定めていない。
  123. ^ 『名古屋大学大学院環境学研究科規程』では定められていないが、『2019年度 環境学研究科 博士前期課程 学生募集要項』」 (PDF) によると、空間環境学コース、物質環境学コース、建築学コースという3つの履修コースを設けている。
  124. ^ 講座、分野は、研究科ホームページの研究室紹介[24]による。なお、『名古屋大学の講座,学科目及び研究部門に関する規程』では、産学協同研究講座である「実践創薬科学講座」について記載がない。
  125. ^ 環境医学研究所のホームページ[25]によると、研究分野に、神経系分野I(大学院医学系研究科協力講座:視覚神経科学)、神経系分野II(大学院医学系研究科協力講座:神経性調節学)、病態神経科学分野(大学院医学系研究科協力講座:病態神経科学)、分子代謝医学分野(大学院医学系研究科協力講座:免疫代謝学)がある。
  126. ^ 環境医学研究所のホームページ[26]によると、研究分野に、脳機能分野(大学院医学系研究科協力講座:薬物動態解析学)、発生・遺伝分野(大学院医学系研究科協力講座:発生・遺伝学)、心・血管分野(大学院医学系研究科協力講座:心・血管学)、ゲノム動態制御分野(大学院医学系研究科協力講座:分子機能薬学) がある。
  127. ^ 第一回名大祭実行委員会からもパンフレットにて指摘されている。『名大トピックス』 No.145(2005年06月15日) (PDF) ちょっと名大史38 第1回名大祭 名大史ブックレット7 名大祭 -四〇年の歩み-参照。
  128. ^ 宮東町、八雲町山手通はいずれも両区にまたがって存在する。昭和区には郵便番号が置かれているが、千種区側では郵便番号が存在しない。[WEB 27][WEB 28]
  129. ^ 2016年10月にNUだが屋より改装・改称。nucoop_fnのツイート(793461072053219329)

出典

  1. ^ ARWU World University Rankings 2018 | Academic Ranking of World Universities 2018 | Top 500 universities | Shanghai Ranking - 2018
  2. ^ QS World University Rankings 2019 | Top Universities
  3. ^ World University Rankings 2019 | Times Higher Education (THE)
  4. ^ 学術憲章 | 大学の概要/学部・研究科 名古屋大学
  5. ^ 名古屋大学の教育を支える3つの方針│名古屋大学
  6. ^ 六 戦後の教育改革:文部科学省 学制百年史
  7. ^ 学部・研究科の設置、改組について | | 大学からのお知らせ
  8. ^ 名大トピックス No.148(2005年9月) (PDF) ちょっと名大史41
  9. ^ 名大トピックス No.154(2006年3月) (PDF) ちょっと名大史 47
  10. ^ 体系的な知識を修得するための典型的な履修例として、「モデルコース」を提示している。2018 経済学部ハンドブック総則規定 (PDF)
  11. ^ 名古屋大学 アジアサテライトキャンパス学院(2018年11月22日閲覧)。
  12. ^ 名古屋大学附属図書館 2015年度概要 (PDF)
  13. ^ 平成26年度名古屋大学附属図書館(中央図書館分)統計 (PDF)
  14. ^ 名古屋大学博物館 -The Nagoya University Museum- / 博物館概要
  15. ^ 名大史ブックレット7 名大祭 -四〇年の歩み- (PDF)
  16. ^ 「第49回名大祭」における食中毒の原因調査について(archive.today webpage capture、2013年10月12日) - http://www.nagoya-u.ac.jp/global-info/info/20090331.html 「第49回名大祭」における食中毒の原因調査について(名古屋大学HP)
  17. ^ 「第51回名大祭」における模擬店及び食品を取り扱う企画について(名大祭本部実行委員会HP)
  18. ^ 名古屋大学スポーツの歩み 名大史ブックレット3 (PDF)
  19. ^ 名大トピックス No.141(2005年2月28日) (PDF) ちょっと名大史34須賀杯争奪駅伝競走大会
  20. ^ 名古屋大学アメリカンフットボール部GRAMPUS公式HP 歴史
  21. ^ 東京オフィスの概要 | 東京オフィスの利用について | 名古屋大学研究大学強化促進事業
  22. ^ 名古屋市 5.美化推進重点区域「四谷通地区」(暮らしの情報)
  23. ^ 地理院地図
  24. ^ 名古屋大学東山キャンパス案内図 (PDF)
  25. ^ 東山キャンパス内における新たな学内住所番号の付与について | | 大学からのお知らせ 名古屋大学 2008年01月24日
  26. ^ 交通アクセス | 名古屋大学
  27. ^ 日本郵便 郵便番号検索 愛知県名古屋市千種区
  28. ^ 日本郵便 郵便番号検索 愛知県名古屋昭和区
  29. ^ a b 各生協店舗の紹介|名古屋大学消費生活協同組合
  30. ^ コンビニと国立大学初の産学連携しての研究も「ファミリーマート名古屋大学店」開店|ニュースリリース|ファミリーマート
  31. ^ 名古屋大学構内に2店舗目となる「ファミリーマート名古屋大学IB館店」を開店!|ニュースリリース|ファミリーマート
  1. ^ 朝日新聞 (2008-10-8、2008-10-9). “朝日新聞2008年10月8日朝刊、2008年10月9日朝刊”. 朝日新聞 
  2. ^ 「先端材料開発へ産学共同研究所」日経産業新聞』11月21日(就活・大学面)2018年11月22日閲覧。
  3. ^ asahi.com(朝日新聞社):名古屋大「クイズ研究会」 裏読む力が正解への道 - 究める - 大学 - 教育 2009年3月18日
  4. ^ 名大、学生ベンチャーの支援拠点、「JRゲートタワー」に『日本経済新聞』(2017年6月29日)2018年4月10日閲覧。
  5. ^ 加藤弘二「なごや特捜隊 名大に正門なぜない? 戦争挟み計画から消滅」『中日新聞』2008年9月29日付朝刊、市民版(第18面)
    加藤弘二 (2008年9月29日). “中日新聞:名大に正門なぜない? 戦争挟み計画から消滅:愛知(CHUNICHI Web)”. 2008年10月13日閲覧。
  1. ^ 三遊亭円丈 (1987). 雁道-名古屋禁断の書- 17ページ. 海越出版社. ISBN 4-906203-50-7. 
  2. ^ 読売新聞編集局編 (2001). ノーベル賞10人の日本人―創造の瞬間. 中央公論新社. ISBN 978-4121500304. 
  3. ^ 国立情報学研究所. “博士論文書誌データベース”. 学術研究データベース・リポジトリ. 国立情報学研究所. 2008年10月12日閲覧。
  4. ^ 『名大史ブックレット』6 草創期の名古屋大学と初代総長渋沢元治
  5. ^ 県史23『愛知県の歴史』三鬼清一郎編。山川出版社。308頁。
  6. ^ 『名古屋帝国大学創立概要』(昭和18年)、10~18頁。
  7. ^ 名古屋大学アメリカンフットボール部『GRAMPAS OFFICIALBOOK 進化』、2008年、p34、および名古屋大学体育会『濃緑』、2007年、p94、に記載あり。
  8. ^ 名古屋大学アニメ声優研究連|名大でアニメ”. 名古屋大学アニメ声優研究連|名大でアニメ. 2018年12月11日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「名古屋大学」の関連用語

名古屋大学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



名古屋大学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名古屋大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS