吉成氏 参考文献

吉成氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/21 09:15 UTC 版)

参考文献

  • 明田鉄男編『幕末維新全殉難者名鑑1』(新人物往来社、1986年)ISBN 4404013353
  • 秋田県公文書館編『系図目録I』 (秋田県、2001年)
  • 大内政之介著『山入一揆と佐竹氏』(筑波書林、1991年)
  • 太田亮著、上田萬年、三上参次監修『姓氏家系大辞典 第3巻』(角川書店、1934年)
  • 佐々木倫朗著「佐竹氏の陸奥南郷経営―戦国期から統一政権期にかけて―」『歴史人類 第5号』(筑波大学歴史人類学系、1997年3月)
  • 佐々木倫朗著『戦国期権力佐竹氏の研究』(思文閣出版、2011年)
  • 瀬谷義彦著『水戸藩郷士の研究』(筑波書林、2006年)ISBN 4-86004-064-3
  • 日本家紋研究会編『家紋でわかるあなたの祖先 茨城県北部地方』(日本家紋研究会、2001年)
  • 常陸太田市史編さん委員会編『佐竹家臣系譜』(常陸太田市、1982年)

関連項目

坂上氏流 吉成氏

藤原氏流 吉成氏


  1. ^ 日本家紋研究会編『家紋でわかるあなたの祖先 茨城県北部地方』(日本家紋研究会、2001年)42頁参照。
  2. ^ 太田亮著、上田萬年三上参次監修『姓氏家系大辞典 第3巻』(角川書店1934年)6507頁参照。
  3. ^ 太田亮前掲書(角川書店、1934年)6507頁参照。
  4. ^ 常陸太田市史編さん委員会編『佐竹家臣系譜』(常陸太田市、1982年) 参照。
  5. ^ 太田亮前掲書(角川書店、1934年)6507頁参照。
  6. ^ 大内政之介著『山入一揆と佐竹氏』(筑波書林1991年)109頁参照。
  7. ^ a b 大内政之介前掲書(筑波書林、1991年)110頁参照。
  8. ^ 大内政之介前掲書(筑波書林、1991年)106頁参照。
  9. ^ 佐々木倫朗著「佐竹氏の陸奥南郷経営―戦国期から統一政権期にかけて―」『歴史人類 第5号』(筑波大学歴史人類学系、1997年3月)67頁、佐々木倫朗著『戦国期権力佐竹氏の研究』(思文閣出版2011年) 232頁、233頁参照。
  10. ^ 子孫及び一族として、弥右衛門助門、勘右衛門助映、三八助孫らがいる。秋田県公文書館編『系図目録I』 (秋田県、2001年)72頁参照。
  11. ^ 子孫には吉成藤兵衛充輝がいる。秋田県立公文書館前掲書(秋田県、2001年)73頁参照。
  12. ^ 子孫には弥八郎助更、掃部右衛門助邦、角兵衛助安、長右衛門助朋がいる。秋田県立公文書館前掲書(秋田県、2001年)73頁参照。
  13. ^ 子孫には治部右衛門助清、市左衛門助延、新左衛門助営、久右衛門助氏がいる。秋田県立公文書館前掲書(秋田県、2001年)73頁参照。
  14. ^ 子孫には治部之允助久、與七郎助成、八之允助行がいる。秋田県立公文書館前掲書(秋田県、2001年)73頁参照。
  15. ^ 子孫には半左衛門助清、虎之介助昌、十郎右衛門助真がいる。秋田県立公文書館前掲書(秋田県、2001年)73頁参照。
  16. ^ 子孫には曽右衛門光成、彦内光成、惣内胤成、多門正成がいる。秋田県立公文書館前掲書(秋田県、2001年)73頁参照。
  17. ^ 秋田県立公文書館前掲書(秋田県、2001年)73頁参照。
  18. ^ 太田亮前掲書(角川書店、1934年)6507頁参照。
  19. ^ 瀬谷義彦著『水戸藩郷士の研究』(筑波書林2006年)307頁参照。
  20. ^ 瀬谷義彦前掲書(筑波書林、2006年)308頁参照。
  21. ^ 明田鉄男編『幕末維新全殉難者名鑑1』(新人物往来社1986年)371頁、瀬谷義彦前掲書(筑波書林、2006年)311頁参照。
  22. ^ 明田鉄男前掲書(新人物往来社、1986年)415頁参照。


「吉成氏」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

すべての辞書の索引



Weblioのサービス

「吉成氏」の関連用語



3
32% |||||


5
14% |||||




9
4% |||||

10
2% |||||

吉成氏のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



吉成氏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吉成氏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS