吉川晃司 略歴

吉川晃司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 15:24 UTC 版)

略歴

生い立ち

吉川の元の実家は原爆投下まで、現在の広島市中心部、原爆ドーム元安川を挟んで真向かいにある当時、中国地方指折りの繁華街だった「中島地区」で[2]料亭、吉川旅館を営んでいた[3][4][5]。吉川の祖母が営んでいたが、戦況の悪化に伴いこれを船本家に売って旅館を譲り、原爆投下1か月前に疎開し難を逃れたが[6]、投下直後に父親は入市したため「入市被爆」が認められ吉川自身も被爆二世に当たる[3][5][7][8]。父は若い頃、京都太秦で大部屋俳優をしていて[9]、家業を継ぐため俳優を諦め板前になったが、店が火事になり廃業し、その後喫茶店の経営やタクシー運転手・管理職などをした。

幼少期の吉川は千葉真一倉田保昭の大ファンで[10]、彼らの活躍に憧れを抱いていた[11]。府中町立府中小学校出身[注 1]修道中学校を経て修道高等学校2年時に中退[9][13]。中学校の時から水球の選手となり、修道高校時代には世界ジュニア水球選手権大会の日本代表、2年連続全日本高校最優秀選手に選ばれ、最年少日本代表としてイタリアエジプト遠征にも参加した[14][15][16][17][18]。広島屈指の進学校である修道中学校を受験した理由は、「制服の袖の部分に1本の白線があり、それがカッコよかったから」と述べている[18]。合格したものの授業についていけず、いきなり落ちこぼれたとメディアでも語っている。しかも、いざ入学するとその1本の白線で修道中学校の生徒だと判ってしまい、悪いことができなかったため、嫌いになってしまった。

渡辺プロへ所属

  • 同じ水泳部だった酒井麿に誘われ[19]ロックバンド(EIGHT CITYS FISH BAND / 通称:はまちバンド)に加入[20][21]、バンド活動も並行して行っていたが、佐野元春のコンサートを見て、カルチャーショックを受け音楽一本に絞る[16][22]。「音楽の世界でビッグスターになる」とその後のサクセスストーリーを考えた吉川は、「まずはスカウトされること」と考えたが、田舎でスカウトされる筈も無く、シビれを切らして渡辺プロダクションに「広島にスゴい奴がいる、見に来ないと一生悔いを残す」などと自ら手紙を書き送りつけた[16][9][14][23][注 2]。なお、なぜナベプロかといえば「沢田研二アン・ルイスなどが当時所属していたのがナベプロで、ここがいいな」と言い(吉川本人の回想)、他のプロダクションは知らなかった[24]
  • 渡辺プロの関係者が、高松松本明子を見に行った帰りに、本当に会いに来てくれて、その後の数度のオーディションを経てナベプロ入り[14][注 3]修道高校からは水球の推薦で慶應義塾大学特待生として入学できる道が開かれていたため、教師、両親や周囲から猛反対を受けた[25]。父親からは「芸能界ってのは猿まわしだ。お前は東京でになるのか」と言われたが、「いつか自分で動いてやる」と決意を固めた[26]。実際は高校を卒業してからという話だったが、吉川本人の「今すぐにでも」という話で、修道高校3年に上がる直前に中退して上京[24][25]。自分だけが東京に呼ばれたと思っていたら、そういう人がたくさんいて、当初はスクールメイツと練習をこなす[25]。すぐにデビューさせてもらえず、当時のマネージャーの部屋に居候。ダンスのレッスン代わりに新宿渋谷六本木のディスコで毎日踊り、当時最先端の音楽、ファッション、踊りを身につけた。しかしいつまでたってもデビューさせてくれないことに業を煮やし、社長室に直談判したところ渡辺晋社長に気に入られ、デビューへの運びとなった[27]
  • 実際には渡辺プロは吉川を「10年に1度の逸材」とみなし、凋落していたナベプロの起死回生のため、社長自らが音頭をとってデビューのためのプロジェクトチームを編成するほどの力の入れようだった[28][29][30]。「ナベプロ帝国の興亡」軍司貞則著、文藝春秋(1995年)によると、その当時渡辺プロの金庫には3億円の現金しかなく、渡辺晋は30人ほどのスタッフとの会議において、その金で吉川を売り出す方法をひねり出せ、と迫った。映画と歌の同時デビューもナベプロの肝いりで実現した[28]。吉川は渡辺晋の手掛けた最後のタレントになった[31]大沢誉志幸が「渡辺プロは総力を挙げて吉川晃司を売り出すから、お前にかける金はない」と、ナベプロのスタッフから言われたという逸話も残る[32]

プロデビュー

  • 1984年2月1日シングル「モニカ」でデビュー[33][34]。この曲は、同年2月11日公開の主演映画『すかんぴんウォーク』の主題歌でもあった。以降「サヨナラは八月のララバイ」、「LA VIE EN ROSE」、「ユー・ガッタ・チャンス」(オリコン3週連続1位)、「にくまれそうなNEWフェイス」(オリコン1位)、「RAIN-DANCEがきこえる」(オリコン4位)、「キャンドルの瞳」(オリコン2位)と立て続けにヒットシングルをリリースし、1984年の新宿音楽祭金賞、日本歌謡大賞優秀放送音楽新人賞、日本アカデミー賞新人賞など歌手と俳優の両部門で8つの新人賞を独占[15]
  • 1985年の初めに、デビュー1年目では史上2人目の日本武道館公演を行った[注 4]。その他、初期に行われた学園祭コンサートで、体育館にある緞帳(どんちょう)にぶら下がり、緞帳をビリビリに破いてしまったことがある。その弁済金は1,000万円だったという[注 5]。暮れにはNHK紅白歌合戦に出場した。
  • 1987年に発売したシングル「MARILYNE」は、当時の恋人である女優の石原真理子との恋愛実体験を歌詞にした曲であったことが判明[36]2006年に石原が暴露本ふぞろいな秘密』を発売した際に、石原の過去の13人の交際相手として名前が出され、石原は吉川を玉置浩二以外に「結婚をしてもいいかな」と意識したと書いた。吉川は事務所を通じて「交際をしていたのは事実。「MARILYNE」のプロモーションビデオには彼女も出演しています」とコメントを出した[36]。吉川本人が明石家さんまのラジオで、石原のことを「憧れの人」と呼び、「悲しいことや楽しいことも彼女とは憧れの形で実現出来る」と、石原の存在は吉川の理想であることを語った。
  • ナベプロは芸能プロダクションであるため、歌だけでなくバラエティ番組にも出なければいけないが、当時はそれが嫌で、人前に出て笑うことは一切できなかった。そのため渡辺晋にいつも「独立させて下さい」とお願いしていた[37]。「インターナショナルで通用する映画を作りたいと思っている。その映画に出たら、独立させてやるから」と言われ、渡辺からは独立を承知してもらい1987年、日本・イタリア合作映画『シャタラー』に出演した。しかし撮影途中に渡辺が亡くなり、映画の内容も企画も大幅に変更されて、当初予定された物とは全く違う惨憺たる作品になってしまった[37]。ガンの末期にあった渡辺の最期に近い頃の言葉は「吉川は元気でやっているか、イタリアで?」であったという。その言葉は胸にズシッと響き、毎年何度も足を運ぶ渡辺の墓参りでは、渡辺から叱咤激励されているような気がするという[37]
  • 1988年に一時活動を停止した後、渡辺プロダクションから子会社独立と言う形で22歳のとき独立[13]、マネージャーの河村嚴生が代表取締役社長のセブンスエンタープライズ所属になる。レコード会社を東芝EMIに移籍。

COMPLEXでの活動

  • 1988年に元BOØWY布袋寅泰とユニット「COMPLEX」を結成し、翌1989年4月にシングル「BE MY BABY」(トヨタ・セラのCM曲)をリリース[38]。COMPLEXは『BE MY BABY』を含め2枚のシングルと2枚のアルバムをリリースした(いずれもオリコンチャート1位を記録)後、1990年11月8日東京ドームのライブをもって活動を停止。
  • ビジネスには全く興味がなく純粋にロックがやりたかった吉川と、音楽を活動コンセプトやサウンドアプローチからビジネス面までトータルで捉える布袋との間に徐々に溝が生まれ、最後は飲み屋でのつかみ合いの喧嘩に発展して活動停止に至った。布袋、吉川はそれぞれ、当時の音楽雑誌のインタビューで「COMPLEXさえ組まなければ、少なくとも友人を失う事はなかった」とコメントしている。しかし、東日本大震災復興支援ライブを同じく東京ドーム2DAYSとして行い、21年ぶりに復活。待ちかねたファン約10万人が詰め掛けた(後述)。

1990年代

  • 1997年に東芝EMIから、元同社専務取締役である石坂敬一が代表取締役に就任したユニバーサルグループに移籍。しかしこの時期の音楽業界に吹き荒れた外資の嵐と変革の混乱の中で売上が低迷。その後2002年徳間ジャパンへ移籍。
  • 1998年、32歳のとき、個人事務所「アクセルミュージックエンターテイメント」を設立[39]。前所属のセブンスエンタープライズで、会社スタッフによる会社資金の使い込みが発覚。事務所の空中分解という状況で、セブンスエンタープライズの音楽部門若手スタッフを引きつれ設立という経緯である。本人曰く「他所に世話になるなんて考えられなかったので、自分について来てくれる会社の若い連中もいたし、仕方なく自分で会社を立ち上げざるを得なかった。今では立ち上げて本当に良かったと思っている」。歴史書を読む面白さを知ったのもこの時から[26]。ちなみにセブンスエンタープライズ俳優部門は金山一彦つみきみほ達で新たに立ち上げている。同社設立の際に、若い社員の前で「利益が出るまで、オレは家に帰らない!」と大見得を切ったため、スタジオにソファを入れてそこで暮らした。利益が出るのに7年もかかり、結局12年スタジオで暮らした[39]。窓が無い地下室で湿気が多く、肺にカビが湧き頭の皮がむけるなど色んな体の箇所を病んだ[39]
  • 同年、自宅で知人と殴り合いになり、鼻骨および肋骨を骨折させる傷害容疑で、示談は成立していたが書類送検された。原因は、酒に酔った知人が吉川所有の尾崎豊の形見のギターを蹴ったことによる。謝罪会見では、前所属事務所セブンスエンタープライズの会社スタッフによる資金使い込み騒動の真っ只中でもあり、真実をありのままに述べられない状況下での謝罪会見になった。この会見で記者の「何発殴ったのか?」との質問に、一方的に殴ったわけじゃなく殴り合いになり、相手もボクシングの経験があると前置きした上で、「ワン、ツー、スリー?」と答える。この3発のパンチを打つ動作を客観的に再現しながら「こう、こう、こう、うん、3発殴った」「泥酔していたといわれているが違う。25%ぐらいの酒なら眞露2、3本くらいなら大丈夫」「僕はちょっと人より力が強いみたいで..」などと発言したシーンがTV放送で流された。プロを相手に、一発目から的確に拳を鼻に打ち込んで鼻骨を折り、二発目で急所の一つといわれる脇の下の肋骨を骨折させたことから、吉田豪らが吉川を“芸能界ケンカ最強”と推すきっかけとなった[40]

2000年代

  • 2006年、映画『マスター・オブ・サンダー 決戦!! 封魔龍虎伝』の楽曲を担当した[10][11]。本作は千葉真一と倉田保昭が共演するアクション映画で、子供の頃から千葉と倉田の大ファンである吉川が「何らかの形で参加したい」と熱望したことによるもの[10][11]。シーンに合うオリジナルを10曲ほど作曲し、自身の代表曲から4曲をアレンジして提供している[10][11]
  • 同年、DJ TASAKAKAGAMIによるテクノユニットDISCO TWINSのアルバム『TWINS DISCO』にて「Juicy Jungle」「Thunder Storm」の2曲にゲストボーカルとして参加。また「Juicy Jungle」のPVにも出演した。このPVはSPACE SHOWER Music Video Awards 07でBEST IMPACT VIDEO賞を受賞。授賞式ではスペシャルゲストとして登場し、DISCO TWINSと共にライブパフォーマンスを行った。またDISCO TWINSとのユニット「DISCO K2 TWINS」を結成しシングル「Juicy Jungle」を発売した。
  • 2009年のNHK大河ドラマ天地人』(主演:妻夫木聡)に織田信長役として出演。同年に、徳間ジャパンコミュニケーションズから古巣であったユニバーサルミュージックに移籍。また、『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』に、主人公の師である鳴海荘吉(仮面ライダースカル)の役で出演。

2010年代

  • 2011年5月31日にファンクラブのページにて一般女性との結婚を発表。翌6月1日に、婚姻届を提出。二人の間には既に第一子も誕生しており、未婚の父であったことも明かした。
  • 2012年12月10日、ワーナーミュージック・ジャパンへの移籍および同社にプライベート・レーベル「SAMURAI ROCK」を設立[41]
  • 2017年7月21日、左側声帯ポリープが見つかり除去手術を受けることを、日本武道館ライブのアンコールで明らかにした[42]
  • 2018年1月20日から2日間、武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナのコンサート等の本格的な音楽イベントとしてのこけら落し公演を開催[43]。前年のツアー終了後は治療に専念する予定であったが、ツアーの手ごたえを感じた本人の「ツアーをもっとやりたい、まだ歌いたいという思いが夏からどんどんふくらんできて」という意向を受けて行われたもの[44]

2020年代




注釈

  1. ^ 宇梶剛士も2年まで在学で先輩、竹原慎二は後輩になる[12]
  2. ^ 送り主は女子高生という設定であったため、文面は女子言葉だった。渡辺プロの社史(『抱えきれない夢 : 渡辺プロ・グループ四〇年史』)pp.292-293に「1981年秋、広島の一少女から吉川晃司を推薦する手紙が届いた。〜推薦してきた少女は、彼のファンだったのである」などと書かれている。
  3. ^ 合格の理由は吉川の才能というより、吉川の観客動員力。吉川のはまちバンドはアマチュアながら、広島のホールを満杯にする程の人気があり、主力スタッフ・歌手の独立が相次ぎ、凋落していたナベプロにとってその観客動員力は大きな魅力だった。
  4. ^ 1人目は原田真二(1978年7月24日[35])。
  5. ^ 本人が『笑っていいとも』に出演した際に告白し、「緞帳を破って100万円の借金を作ってしまった」と言っていたが、その後ファンクラブの会報誌で「1,000万円」と訂正した。
  6. ^ これらは岡村視点での想い出であるため、2014年6月25日に放送されたニコニコ生放送「検証!吉川晃司、30の伝説!!」というコーナーでの吉川の言及は少し違った。吉川が「三人で待ち合わせたのは麻布でみんなでワイワイという感じだった」と話したのは、おそらく吉川は岡村より付き合いが広く、色んな人と遊んだ記憶が混ざっているのか、岡村ほど3人で遊んだ記憶が特別に強いということではないのかもしれない。
  7. ^ 1987年11月21日発売予定だったが急遽中止された。
  8. ^ 1994年発売予定だったが急遽中止された。
  9. ^ 2018年1月20日~21日開催の『KIKKAWA KOJI LIVE 2018 "Live is Life"』公演会場にて限定販売
  10. ^ 作品のテレビ本編である『仮面ライダーW』にも回想など重要な存在として登場しているが、テレビ用の映像は吉川の出演が決まる前に撮影されたため別人が演じ、顔が映らないようにされている。TV第31話ではOPでの表記は無いが、写真と回想(『MOVIE大戦2010』の映像の流用)で登場する。
  11. ^ ラストシーンに登場するパラレルワールドのスカルは仮面を被っていないため、吉川が自ら演じている。

出典

  1. ^ 吉川晃司”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2020年4月9日閲覧。
  2. ^ 広島市中島本町
  3. ^ a b #愚 p.137
  4. ^ スポーツ報知』、2011年8月7日28面
  5. ^ a b c 吉川晃司×小林武史 「大事なのは反応していく力」 - エコレゾ ウェブ
  6. ^ 24時間テレビ33 愛は地球を救う日本テレビ系、2010年8月29日放送での吉川の言及。
  7. ^ 朝日新聞デジタル:(核なき世界へ)使命感じ もがき歌う - 社会
  8. ^ NNNドキュメント「4400人が暮らした町〜吉川晃司の原点・ヒロシマ平和公園」2017年8月6日、広島テレビ
  9. ^ a b c d e f 「阿川佐和子のこの人に会いたい」 第919回『週刊文春』2012年4月12日号、pp.134-138
  10. ^ a b c d “吉川晃司、大ファンの千葉真一と倉田保昭が共演するアクション映画の楽曲を担当”. スポーツニッポン (スポニチ Sponichi Annex). (2006年5月6日). オリジナルの2016年12月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161203035713/http://eigamiru.link/archives/26444 2017年12月28日閲覧。 
  11. ^ a b c d 音楽も壮絶バトル!吉川晃司VS大槻ケンヂ率いる特撮”. プロダクションノート. マスター・オブ・サンダー 決戦!! 封魔竜虎伝 (2017年10月26日). 2017年12月28日閲覧。
  12. ^ 『仮面ライダー』撮影で山本太郎、吉川晃司にビビってワキ汗止まらず! 府中町 3人 組じゃ|竹原慎二 オフィシャルブログ-竹原慎二はブタっ鼻(2010-01-24) 宇梶剛士オフィシャルサイト2009-03 平成18年第4回府中町議会定例会
  13. ^ a b c 吉川晃司―25年間追い続けた「路地裏の美学」 - PRESIDENT Online
  14. ^ a b c 【1984年3月】モニカ/吉川晃司 デビューからブレーク 自ら売り込んだ元五輪候補
  15. ^ a b c d TALKING MUSIC, LOVE MUSIC, - フジテレビZOO
  16. ^ a b c d e f 吉川晃司「自分にとって歌とは見えを切る人生そのもの」 〈週刊朝日〉
  17. ^ 吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは? | 日刊SPA!
  18. ^ a b 一志治夫『40歳問題 年をとるのも悪くない』朝日新聞出版、2009年、pp.64-68
  19. ^ #愚 p.61
  20. ^ 「DAVID BOWIE is | デヴィッド・ボウイ大回顧展」特集 吉川晃司インタビュー
  21. ^ 【エンタがビタミン♪】昔のバンド名は「はまちバンド」、魚介食系男子・吉川晃司がさかなクンにライバル宣言!
  22. ^ a b c 宝島』1985年5月号、pp.6-8
  23. ^ 【エンタがビタミン♪】吉川晃司伝説「デビューのきっかけは自作自演の手紙だった!」ってホント?日刊ゲンダイ|佐村河内氏も…広島出身“著名”ミュージシャンが多いワケ日刊ゲンダイ|佐村河内氏も…広島出身“著名”ミュージシャンが多いワケ
  24. ^ a b 『40歳問題 年をとるのも悪くない』pp.70-71
  25. ^ a b c #愚 pp.62-63
  26. ^ a b c 『昭和40年男』2013年6月号、pp.6-11
  27. ^ a b 『40歳問題 年をとるのも悪くない』pp.74-75
  28. ^ a b 平凡と歌謡曲 Special Contents BRUTUS No.864 - マガジンハウス
  29. ^ a b c d e f 吉川晃司('09年10月号) - インタビュー | Rooftop
  30. ^ 「吉川晃司がモニカでデビューした日」 | きょうは何の日 | おもいっきりDON!
  31. ^ 『抱えきれない夢 : 渡辺プロ・グループ四〇年史』渡辺音楽文化フォーラム「渡辺プロ・グループ四〇年史」編纂委員会編、1999年、p.293
  32. ^ アサヒ芸能』2010年11月25日号、pp.70-73
  33. ^ 吉川晃司デビュー30周年 - Musicman-NET特集:吉川晃司 30th Anniversary Special|WOWOWオンライン第103回 木崎 賢治 氏 | Musicman-NET 5. 吉川晃司の成功、そして名曲『そして僕は途方に暮れる』の誕生
  34. ^ a b c d 【帰ってきたアイドル親衛隊】役者やってる吉川晃司も嫌いではないが、やはりステージで暴れている姿が一番だ
  35. ^ Amazon.co.jp: 原田真二 OUR SONG and all of you 〜Live at 武道館
  36. ^ a b 日刊ゲンダイ』、2006年12月5日5面、6日5面、8日21面
  37. ^ a b c #愚 pp.66-68
  38. ^ 【1989年4月】BE MY BABY/布袋&吉川の異色ユニット 一世を風靡
  39. ^ a b c #愚 p.178
  40. ^ a b c 吉田光雄Twitter|worldjapan-ツイッター (@worldjapan) - Twitterゴッドタン・神の舌|2010/09/02(木)放送 | TVでた蔵ゴッドタン・神の舌|2011/11/13(日)放送 | TVでた蔵
  41. ^ a b c d 週刊現代』2013年3月9日号、pp.193-200
  42. ^ “吉川晃司 声帯ポリープ手術へ 武道館ライブでファンに報告「心配ご無用」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年7月22日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/07/22/0010393606.shtml 2017年7月22日閲覧。 
  43. ^ a b 吉川晃司、のどポリープの状況報告 今後1年歌わず治療専念”. ORICON NEWS (2018年1月21日). 2018年1月21日閲覧。
  44. ^ 吉川晃司、オリンピック会場にもなる“運命のアリーナ”で追加公演実施へ「これは奇跡の2日間」”. barks (2017年9月13日). 2018年1月21日閲覧。
  45. ^ a b 志尊淳、吉川晃司とバディに 「由利麟太郎」シリーズを初連ドラ化”. modelpress (2020年5月14日). 2020年5月14日閲覧。
  46. ^ a b 宝島』1985年11月号、pp.68-75
  47. ^ 吉川晃司 - Real Sound|リアルサウンド2018-03-23 - FM OH! 85.1
  48. ^ 本橋信宏『60年代 郷愁の東京』、主婦の友社、2010年、pp.137-138
  49. ^ Musicman's RELAY 第103回 木崎賢治氏-5
  50. ^ 「男性アイドル不毛時代 アイドルを探せ!」『週刊平凡』1985年12月13日号。平凡出版 p.40
  51. ^ a b c KIKKAWA KOJI QUARTER CENTURY ANNIVERSARY 吉川晃司デビュー25周年記念特別座談会('09年3月号)
  52. ^ 吉川晃司、デビュー30周年記念MVをGyaOにて独占公開
  53. ^ a b 宮城谷昌光さんに助けられます 歌手・俳優 吉川晃司さん(44) / 西日本新聞
  54. ^ 週刊アサヒ芸能』2011年11月17日号、徳間書店 pp.62-65
  55. ^ サイゾーウーマン-デビュー25周年目のキャラ崩壊!? いま一番見逃せない男・吉川晃司ダイノジ大谷の「不良芸人日記」: ビバ!吉川晃司!
  56. ^ 『別冊ザテレビジョン ザ・ベストテン〜蘇る!80'sポップスHITヒストリー〜』 角川インタラクティブ・メディア、2004年、113-114, 121頁。ISBN 4-04-894453-3 今週の裏解説第120回 吉川晃司「終わらないSun Set」ナタリー - Power Pushマキタスポーツ「推定無罪」特集 (3/4)、『サワコの朝』、TBS、2013年4月20日放送
  57. ^ a b 『bridge』、1992年2月号、ロッキング・オン、p.120
  58. ^ 僕らの世代の東京ソング:アラフォーに捧ぐ'87~'96の東京ソング特集
  59. ^ 「吉見佑子のミス・マッチ・トーク ゲスト・中川勝彦」『週刊平凡』1985年9月13日号。平凡出版、p.84
  60. ^ a b c 昭和40年男(クレタパブリッシング)2018年10月号 p.115「DCブランドのバーゲンに長蛇の列 "モードの国"になれるか!? 日本ファッション界の挑戦と喧騒。」
  61. ^ 吉川晃司 オリコン芸能人事典-ORICON STYLE
  62. ^ 小泉今日子あまちゃん収録「吉川晃司くん呼ぶシーンで、隣のスタジオから本人が『呼んだ?』」
  63. ^ a b #愚 pp.170-173
  64. ^ a b 桜井学「オンリーワン 吉川晃司のシンバルキック」 読売新聞よみほっと日曜版、2014年7月27日
  65. ^ a b 2014/08/25 (フジテレビ[ノンストップ!]) デビュー30周年吉川晃司・“シンバルキック”へのこだわり”. JCCテレビすべて. JCC. 2014年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月4日閲覧。
  66. ^ a b c d e f g h i j k l 「検証!吉川晃司、30の伝説!!」ニコニコ生放送、2014年6月25日放送(吉川晃司、30周年記念ニコ生特番で“30の伝説”を検証「ビルから飛び降りたことがある」)。
  67. ^ 【電脳サブカルマガジンOG】HELLO!OG「辛・新春号」YOU THE ROCKザ・ベストテン「視聴率40%の伝説」(9)「黒柳徹子の機転に感激した」本木雅弘「フミヤに古着をもらった」|サイゾーウーマン(2016.10.27)吉田豪×坂上忍の衝撃トーク いまだから語れる素顔の尾崎豊BUBKA 2009年8月号、p.84、週刊文春 2013年8月15日。22日号、p.45
  68. ^ a b c 布川敏和オフィシャルブログ ふっくんの日々是好日 -2011年6月1日、『週刊アサヒ芸能』2011年12月8日号、徳間書店、pp.76-77(【今だから語れる涙と笑いの私の酒人生】布川敏和(タレント))、布川、薬丸との“不仲”の詳細明かす/芸能/デイリースポーツ online
  69. ^ a b #愚 pp.91-94
  70. ^ a b c d e 「嗚呼『同級生』 岡村靖幸」『文藝春秋』2012年2月号、pp.302-305
  71. ^ 靖幸が「同級生」尾崎豊さんらを…同学年親友の吉川晃司と岡村靖幸が夜遊び!綾小路翔が報告「尾崎豊さんの場所に俺」東京エトワール音楽院|日本テレビ僕らの世代の東京ソング:アラフォーに捧ぐ'87~'96の東京ソング特集、「俺たちのノンフィクション 尾崎豊 20年目の残響」『週刊アサヒ芸能』2011年4月7日号、徳間書店、pp.48-51、吉田豪『新人間コク宝』コアマガジン、2010年、p.270
  72. ^ エッジ・オブ・ハート: 第74回 渋谷区神泉〜港区北青山
  73. ^ 「D.N.A.〜ロックの殿堂〜吉川晃司 Edge Of Heart」[[ジャパンエフエムネットワーク (企業)|]]、2010年7月28日放送
  74. ^ 吉川晃司伝説⑦三人で、芝浦のクラブ・GOLDのVIPルームで飲んでいたところ...
  75. ^ #愚 pp.94-101
  76. ^ 日経BP社日経エンタテインメント!』3月号増刊、2007年3月20日、p.60。
  77. ^ a b 吉川晃司さんが登場だーっ!!| 編集長のつぶやき | 雑誌・昭和40年男
  78. ^ a b ハプニングの宝庫/紅白歌合戦「珍」事件簿 - 音楽 : 日刊スポーツ紅白で騒動になった“大暴走事件” NHKスキャンダル紅白 迷シーンを誌上再放送(1)“NHK出禁”吉川晃司 - ZAKZAKMusic Lovers|日本テレビ|2011年10月10日放送
  79. ^ 紅白歌合戦の事件級ハプニングシーン5選 吉川晃司大暴れ、綾瀬はるかの司会など(Aol News)
  80. ^ a b c #愚 pp.64-66
  81. ^ 『40歳問題 年をとるのも悪くない』pp.90-91
  82. ^ 信長が”憑依”した新・吉川晃司に、徹子もタジタジ?
  83. ^ 東京スポーツ』、2009年5月20日19面
  84. ^ a b #愚 pp.183-185
  85. ^ a b c 宮崎三枝子著・高平哲郎構成・編集『白く染まれ ホワイトという場所と人々』、2005年、アイビーシーパブリッシング、pp.295-303
  86. ^ 吉川晃司、ダンスロックユニット結成! ニュース-ORICON STYLE
  87. ^ a b 「ベンチがあったら一腹筋」、サウナの救世主・吉川晃司から漏れ出す男気あさイチ|2012/04/27(金)放送 | TVでた蔵
  88. ^ 『イマなま3チャンネル』中国放送、2014年6月26日放送
  89. ^ 『bridge』1992年2月号、p.124
  90. ^ 週刊ポスト』2011年6月10日号、p.162
  91. ^ 綾小路翔&北方謙三、吉川晃司の武勇伝トークで興奮「前田日明と殴り合い」
  92. ^ a b c #愚 pp.148-157
  93. ^ a b c d 「エッジな人々」『SPA!』2011年1月18日号、pp.124-127
  94. ^ a b #愚 pp.159-162
  95. ^ a b 今初めて明かされる吉川晃司の苦悩と葛藤、そして愚直なまでの行動の裏にある真摯な想い。
  96. ^ a b c 昭和40年男(クレタパブリッシング)2017年2月号 pp.106-107「マンガ『TO-Y』連載開始 バンドやろうぜ!! 俺たちが熱狂した『TO-Y』の真実」
  97. ^ 吉川晃司と上條淳士。錆びないアーティストたちの、鍛え続ける日々
  98. ^ 始皇帝と彩色兵馬俑展 2007 広島県立美術館
  99. ^ 2013年11月3日放送分のTBSチューボーですよ!』での勝地の言及。
  100. ^ 第87回ドラマアカデミー賞”. webザテレビジョン. KADOKAWA. 2016年1月10日閲覧。
  101. ^ “菅田将暉、“お父さん”吉川晃司との授賞式に「運動会みたい」と声弾ませる”. 映画ナタリー. (2016年11月21日). http://natalie.mu/eiga/news/210194 2016年11月22日閲覧。 
  102. ^ a b オリコンチャートによる最高順位を参照。
  103. ^ a b 吉川晃司、“かっぱえびせん”とガチコラボ!「自分の体の何%かは、“かっぱえびせん”で出来ている」”. M-ON! Press (2020年2月7日). 2020年2月7日閲覧。
  104. ^ a b c 吉川晃司、主演ドラマのテーマ2曲担当 歌詞は2行「ほとんどいらないなと思って」”. ORICON NEWS. 2020年6月7日閲覧。
  105. ^ 吉川晃司、“かっぱえびせん”タイアップ曲「Lucky man」MV公開”. BARKS. 2020年6月10日閲覧。
  106. ^ 『下町ロケット』で脚光 吉川晃司がゲーム『三國志』テーマ曲”. ORICON STYLE (2015年12月10日). 2015年12月11日閲覧。
  107. ^ a b c d e f g 『KOJI KIKKAWA GRAFITTI MAGAGINE K2 No.1』、ワニブックス、1985年6月20日。
  108. ^ 「ジャム・ポケット」『YOUNG 1983年10月号』、渡辺プロダクション友の会、1983年10月1日、 39頁、 通巻238号。
  109. ^ 「吉川晃司、広島でファン結成式を!主演映画「すかんぴんウォーク」は2月に公開」『YOUNG 1983年12月号』、渡辺プロダクション友の会、1983年12月1日、 25頁、 通巻240号。
  110. ^ 「ヤング告知板」『YOUNG 1984年1月号』、渡辺プロダクション友の会、1984年1月1日、 40頁、 通巻241号。
  111. ^ 「スケジュールカレンダー 2月~3月」『YOUNG 1984年2月号』、渡辺プロダクション友の会、1984年2月1日、 87頁、 通巻242号。
  112. ^ 映像作品「KIKKAWA KOJI '84 FLYING PARACHUTE TOUR」のエンドロールに、大阪厚生年金会館の記載アリ。
  113. ^ 「吉川晃司 Video Live」『YOUNG 1984年7月号』、渡辺プロダクション友の会、1984年7月1日、 37頁、 通巻247号。
  114. ^ 「スケジュールカレンダー 10月~11月」『YOUNG 1984年10月号』、渡辺プロダクション友の会、1984年10月1日、 387頁、 通巻250号。
  115. ^ 銀座山野楽器 12インチシングル「Can’t you hear the RAIN-DANCE発売告知葉書より
  116. ^ [銀座山野楽器 アルバム「MODERN TIME」発売告知葉書より
  117. ^ 「吉川晃司 映画公開に続いて野外コンサート!」『YOUNG 1986年4月号』、渡辺プロダクション友の会、1986年4月1日、 14頁、 通巻267号。
  118. ^ 吉川晃司オフィシャルファンクラブ「FLEET K2」会報Vol.16 同封チラシより
  119. ^ 「5月~6月スケジュール」『YOUNG 1988年5月号』、渡辺プロダクション友の会、1988年5月1日、 19頁、 通巻292号。
  120. ^ 吉川晃司オフィシャルファンクラブ「FLEET K2」会報Vol.19 同封チラシより
  121. ^ 吉川晃司、10年振りのライブハウスツアーがスタート”. OKMusic. 2020年6月27日閲覧。
  122. ^ KIKKAWA KOJI LIVE 2020 BLOODY BLACK TOUR 全公演延期のお知らせ”. K2 NET CAST. 2020年4月30日閲覧。
  123. ^ KIKKAWA KOJI LIVE 2020 BLOODY BLACK TOUR 振替公演日程のお知らせ”. K2 NET CAST (2020年9月15日). 2020年9月15日閲覧。
  124. ^ LIVE情報「GBGB2020」”. K2 NET CAST. 2020年4月22日閲覧。
  125. ^ 「吉川晃司・ちゅっぴり勝手が違います…」『YOUNG 1986年4月号』、渡辺プロダクション友の会、1986年4月1日、 4頁、 通巻267号。
  126. ^ 「NEWS ⭐︎吉川晃司⭐︎ 『TAKE IT EASY』フェア 全国展開 スケジュール」『吉川晃司オフィシャルファンクラブ会報「FLEET K2」 Vol.11』、渡辺プロダクション友の会、1986年3月1日、 3頁、 通巻11号。
  127. ^ 吉川晃司インタビュー 特別展『三国志』音声ガイドは「自分も武将になったつもりで演じた」”. SPICE (2019年7月26日). 2020年4月24日閲覧。
  128. ^ a b 吉川晃司 代官山蔦屋書店にてプレミアム展示会開催決定”. SPICE (2019年10月27日). 2020年4月24日閲覧。
  129. ^ ベトナムの風に吹かれて;作品情報 - 映画.com”. 映画.com. 2015年7月9日閲覧。
  130. ^ 『下町ロケット』キャスト追加発表 財前部長役・吉川晃司はTBSドラマ初出演”. オリコン (2015年9月17日). 2015年9月22日閲覧。
  131. ^ 綾瀬はるか主演「精霊の守り人」追加出演に藤原竜也ら”. ニュースウォーカー (2015年7月13日). 2015年9月10日閲覧。
  132. ^ “長谷川博己:テロリストに立ち向かう! TBS新春ドラマ「都庁爆破!」に豪華キャスト集結”. MANTANWEB. (2017年11月13日). https://mantan-web.jp/article/20171112dog00m200024000c.html 2017年11月18日閲覧。 
  133. ^ “吉川晃司、セリフ無しの難役に挑戦!「黒書院の六兵衛」ドラマ化”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年3月26日). http://eiga.com/news/20180326/11/ 2018年3月26日閲覧。 
  134. ^ “吉川晃司:全編英語の“B級SF映画”風CMでヒーローに 姫役の水原希子と初共演”. MANTANWEB. (2016年3月23日). http://mantan-web.jp/2016/03/23/20160322dog00m200045000c.html 2016年3月23日閲覧。 
  135. ^ 1964年広島生まれのロングセラー商品『かっぱえびせん』天然えびを増量してリニューアル!吉川晃司さんが「やめられない、とまらない♪」の歌をアレンジ!”. カルビー株式会社:ニュースリリース (2020年2月7日). 2020年2月7日閲覧。
  136. ^ 吉川晃司が「やめれない、とまらない」! かっぱえびせんWEBCM”. TOKYO HESDLINE (2020年2月7日). 2020年2月7日閲覧。
  137. ^ NHKスペシャル 流氷“大回転” - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  138. ^ 2020年 夏 “戦争と平和”を考える番組”. NHK_PR. 日本放送協会 (2020年7月28日). 2020年8月2日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「吉川晃司」の関連用語

吉川晃司のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



吉川晃司のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吉川晃司 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS