可能動詞 可能動詞の概要

可能動詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 13:41 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
可能動詞の例
五段活用動詞 可能動詞
あ行 会う・買う・扱う 会える・買える・扱える
か行 行く・書く・歩く 行ける・書ける・歩ける
が行 漕ぐ・研ぐ・泳ぐ 漕げる・研げる・泳げる
さ行 貸す・足す・起こす 貸せる・足せる・起こせる
た行 打つ・立つ・放つ 打てる・立てる・放てる
な行 死ぬ 死ねる
ば行 飛ぶ・呼ぶ・遊ぶ 飛べる・呼べる・遊べる
ま行 編む・積む・楽しむ 編める・積める・楽しめる
ら行 釣る・蹴る・練る 釣れる・蹴れる・練れる

「行くことができる」という可能を表す表現には、「行ける」のほかに「行かれる」もある。「行ける」が可能のみを表すのに対し、「行かれる」は自発尊敬受身の意味でも使われる。

「行かれる」のような「~れる・られる」の形は、古語の「~る・らる」の形から変化したものだが、「行ける」のような可能動詞はそれとの関係は不明である。由来には大きく2説があり、「知るる(知れる)」等からの類推で、従来からあった四段(後に五段)活用動詞に対する下二段(後に下一段)段活用の自発動詞が一般化した(類似の動詞の項を参照)という説[1]と、「行き得(る)」のような「連用形+得(る)」の表現が変化したという説[2]とがある。

なお形態的には全く異なるが、「する」に対して「できる」も可能動詞と同様に用いられる(例:「使用する」に対して「使用できる」など)。

可能動詞には命令形が用いられにくく、「読めろ」・「走れろ」などの命令的な表現は極めて稀である。

可能表現の変化

かつては可能動詞を使わず、動詞の可能を表すには助動詞「る・らる」(現代の「れる・られる」)を用いていた。今は「読む」のような五段活用動詞の可能を表すには、専ら可能動詞を使って「読める」とするが、鎌倉時代頃には「読まるる(読まれる)」の形のみが認められていたのである。

可能動詞の発生は室町時代まで遡るが、多く用いられるようになったのは近代に至ってからである。

そうして可能動詞の使用が一般に広まるにつれ、逆に旧来の可能表現「れる」が耳慣れないという理由だけで疑問視されるような風潮も現われてくる。例えば「○○方面へは行かれません」という道路標識を見て「間違いではないか?」と行政に問い合わせることなどがある[要出典]。しかし「行かれる」など一部の「動詞+れる」については、これを可能の意味で使うことはしばしば行われている[3]


可能動詞の例
五段活用動詞 可能動詞 元来の可能表現
あ・わ行 会う 会える 会われる
か行 行く 行ける 行かれる
が行 漕ぐ 漕げる 漕がれる
さ行 貸す 貸せる 貸される
た行 打つ 打てる 打たれる
な行 死ぬ 死ねる 死なれる
ば行 飛ぶ 飛べる 飛ばれる
ま行 編む 編める 編まれる
ら行 釣る 釣れる 釣られる

類似の動詞

可能動詞と別に、五段活用に対する下一段活用(古くは下二段活用)の自発動詞も数は少ないが存在する。例えば「切る」に対する「切れる」や、「裂く」に対する「裂ける」などがある。「気が置けない」という慣用句も、「気を置くことができない」ではなく、「気が置かれない」という意味である。


  1. ^ 坂梨隆三『近世語法研究』武蔵野書院、2006年。
  2. ^ 渋谷勝己「日本語可能表現の諸相と発展」『大阪大学文学部紀要』33-1、1993年。
  3. ^ 松岡弘(監修)庵功雄ほか(著)『初級を教える人のための日本語文法ハンドブック』スリーエーネットワーク、2000年。
  4. ^ 動詞の可能形「食べられる」「出られる」「見られる」などから「ら」を抜いた… http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%82%89%E6%8A%9C%E3%81%8D%E8%A8%80%E8%91%89&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=19157500 


「可能動詞」の続きの解説一覧




可能動詞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「可能動詞」の関連用語

可能動詞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



可能動詞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの可能動詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS