古代の音楽 古代の音楽の概要

古代の音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/27 00:20 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
中国の賈湖遺跡から見つかった新石器時代の笛(河南省鄭州市にある河南博物院所蔵)

古代の音楽といっても、その言葉で意味される音楽は種類も地域もさまざまである(メソポタミア、エジプト、ペルシア、インド、中国、日本、ギリシア、ローマなど)。古代音楽は、単純な音程音階という特徴を持ち、口承または文字によって伝えられた。

音楽のはじまり

音楽の起源は有史以前にさかのぼり、それがどういうふうなものだったかその実相は定かではないが、人文史を伝える中国神話には、歌、笛、弦楽器の起こりが記されている。

世界最古の笛

もっとも古い笛と考えられているものは、1995年、スロベニア芸術科学アカデミースロベニア人古生物学者イヴァン・テュルクによってスロベニアのDivje Babe1号窟で発見されたもので「ネアンデルタール人の笛」[1]として議論されている。これは43000年前の中期旧石器時代までさかのぼると考えられている。これは中空になった子供のアナグマの大腿骨であり、いくつかの穴があいていた。これが純粋に楽器なのかそれとも肉食動物が噛んでできた単なる骨なのか現在も議論が続いている。

確実に最古の笛と考えられているものはドイツ、ウルム近郊の洞窟から出てきた骨の笛で約36000年前のものであり、現生人類が使用したと考えられている[2]

また最古の木製の笛はアイルランドダブリンの南約27キロ地点にあるGreystonesで2004年に発見された[3]イチイの木でできた30センチから50センチの笛であり、6本まとまって出土した。笛は先のほうが細くなっており、指で押さえるための穴はなかった。これらの笛はひもでひとつになっていた可能性もある。

中国河南省では1986年、裴李崗文化の代表的遺跡である賈湖遺跡からいくつかの「骨笛」が出土した。紀元前6000年頃のものと考えられている。それらは5つから8つの穴があり、タンチョウの骨からつくられていた。発見されたとき、そのうちの一つはまだ演奏できる状態だった。

文献資料としては、人類を創造したとされる女媧の発明者であると記した古典籍が多数遺る。『礼記』‐前漢、『風俗通義』‐後漢応劭、『宋書』‐南朝梁沈約、『魏書』‐北斉魏収、『旧唐書』‐後晋劉昫等、『隋書』‐魏徴等、『芸文類聚』‐唐・欧陽詢、『楽府雑録』‐唐・段安節、『通典』‐唐・杜佑、他[4]

キクラデス文明

19世紀、キクラデス諸島のひとつケロス島の初期キクラデス文明(前29世紀-前20世紀)の洞窟から二人の大理石製の石像が発見された。そのひとりは立った姿でダブルフルートを演奏し、もう一人は座って三角形のライアーもしくはハープを演奏していた。ハープ奏者は約23センチの高さで前27世紀から前25世紀にかけてのものと考えられている。彫像の奏者は演奏に一心で、見上げるように頭を傾けているようすが描かれている。

世界最古の歌

世界最古の歌として知られているものは1950年代のはじめ現在のシリアウガリットから出土した約3400年前の粘土板にフルリ語で書かれていたものである[1] 。粘土板が欠けているため、確実なことはわからない。そのため書かれた文字の解釈は分かれているが、その歌は全音階であったという意見は支持されている。ある解釈ではこの歌は2つのメロディーから成り立っているとし、別の解釈によれば(モノフォニックの)メロディーパートとリズムのパートから成り立っているという。

文献資料としては、『呂氏春秋』-古楽篇に葛天氏による歌舞の発明が記され、『史記』‐司馬相如列伝には葛天氏の合唱がどんな風であったのか記されている。葛天氏の氏族の歌は千人で合唱して万人を和し、山を震動させて川を沸き立たせた[5]と記されていることから、人の声音を重ねることで自然界を制御したらしいことが窺える。

古代ペルシアの音楽

イランのスーサではエラム時代の遺跡から (紀元前3500年-644年)、音楽の存在を示す像が出土している。この時代の音楽について詳しいことはわかっていないが、ギターリュートフルートなどに似た構造の複数の楽器が使われていた。またバーバトと呼ばれるマンドリンに似た楽器が紀元前8世紀ごろ考案された。ヘロドトスが記すところによればアケメネス朝時代のペルシアで音楽は特に宮殿において重要な役割を持ち、ミスラ神への礼拝などの宗教的祭事の時に非常に重要視された。




  1. ^ Neanderthal flute (スロベニア政府ウェブサイト)
  2. ^ Musical behaviours and the archaeological record: a preliminary study Archived 2012年6月10日, at the Wayback Machine. by Ian Cross, Ezra Zubrow and Frank Cowan
  3. ^ Wooden pipe find excites Irish archaeologists
  4. ^ 百度百科‐笙簧
  5. ^ 史記「聴葛天氏之歌、千人唱、万人和、山峰為之震動、川洛為之蕩波」
  6. ^ Ancient Iraqi harp reproduced by Liverpool engineers
  7. ^ 溝下勝一、「中学校音楽科教育における和太鼓授業の研究」兵庫教育大学 修士論文 、2014年3月




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「古代の音楽」の関連用語

古代の音楽のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



古代の音楽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古代の音楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS