口唇口蓋裂 口蓋裂で生まれてきた著名人

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 口唇口蓋裂の解説 > 口蓋裂で生まれてきた著名人 

口唇口蓋裂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 06:02 UTC 版)

口蓋裂で生まれてきた著名人

歴史上の人物

ドク・ホリデイ
アメリカ西部開拓時代歯科医ギャンブラーでありガンマン。通常はワイアット・アープとの友達関係やOK牧場の決闘で思い出される[9]
ツタンカーメン
エジプトファラオ。診察図によれば、わずかに口蓋裂があったようである[10]
タッド・リンカーン
エイブラハム・リンカーンの末息子で四男[11]
尚益王
琉球王国第12代国王。口唇裂があるため、中国福州[要曖昧さ回避]に補唇術があると聞いた祖父の第11代国王尚貞王が習得を命じ、高嶺徳明を福州に派遣した。尚益は10歳の時に手術を受けた[12]
山県昌景
甲斐武田氏の家臣で、武田四名臣の一人。身長は130cmから140cmと小柄で、体重も軽く、痩身で兎唇の醜男だったと言われている。
ギリシャ王子アンドレアス
ギリシャゲオルギオス1世の四男で、イギリス女王エリザベス2世王配エディンバラ公フィリップの父。
ソルギルス・スカルティ英語版
10世紀のヴァイキング戦士。イングランドの街スカーブラの創設者。中世アイスランドサガであるコルマクのサーガ英語版によれば、ソルギルスのニックネームであるスカルティ (Skalthi) は口唇裂という意味で、共に砦を作った兄コルマクル・ウグムンダルソン英語版によって「スカルティの砦」を意味する Skarðaborg(スカ―ブラ; Scarborough の語源)と名付けられた[13][14]

現代

Name Comments 出典
ユルゲン・ハーバーマス ドイツ哲学者社会学者 [15]
ダリオ・サリッチ クロアチアのプロバスケットボール選手。リオデジャネイロオリンピックNBAなどでプレー [16]
ステイシー・キーチ アメリカの俳優ナレーター [17]
チーチ・マリン アメリカの俳優、コメディアン [18]
中川昭一 日本政治家衆議院議員閣僚 [19]
リウボ・ミリチェビッチ英語版 オーストラリアサッカー選手オーストラリア代表U-20代表キャプテン、スイスやクロアチアなどでプレー [20]
オーウェン・シュミット英語版 アメリカンフットボールリーグNFLの選手、ポジションはフルバック [21]
ティム・ロット英語版 イギリスの著述家ジャーナリスト [22]
リチャード・ホーリー英語版 イギリス人ミュージシャン [22]
カーミット・ベイチャー英語版 アメリカのダンサー歌手 [23][24]
ジェリー・バード (Jerry Byrd) ルイジアナ州ボージャーシティで活躍したアメリカのスポーツライター [25]

注釈

  1. ^ Cleft lip with or without Cleft Palate から来ている。
  2. ^ Cleft Palate Only から来ている。

出典

  1. ^ 苅安誠、外山稔、松平登志正「コミュニケーション障害の疫学:音声言語・聴覚障害の有病率と障害児者数の推定」『京都学園大学健康医療学部紀要』2016年3月、 1-12 、 doi:10.20558/00001201
  2. ^ 口唇裂口蓋裂などの先天異常”. 日本口腔外科学会. 2022年5月5日閲覧。
  3. ^ a b 大塚満美子.”口蓋裂-発音の障害③”.図解やさしくわかる言語聴覚障害.小嶋知幸編.ナツメ社,2016,p.162.
  4. ^ a b c d e f 道健一 他編 2016, p. 98.
  5. ^ a b c d e 道健一 他編 2016, p. 148.
  6. ^ See Who is affected by cleft lip and cleft palate”. 2008年3月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月20日閲覧。
  7. ^ CNN.com - Priest challenges late abortion - Dec. 1, 2003”. 2007年7月1日閲覧。
  8. ^ a b c d BBC NEWS”. 2007年7月1日閲覧。
  9. ^ "Doc Holliday: A Family Portrait", Karen Holliday Tanner, University of Omaha Press, 1998, ISBN 0-8061-3036-9.
  10. ^ King Tut Not Murdered Violently, CT Scans Show”. 2007年7月1日閲覧。
  11. ^ HistoryBuff.com -- Tad Lincoln: The Not-so-Famous Son of A Most-Famous President”. 2007年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月1日閲覧。
  12. ^ 高嶺徳明顕彰碑文”. 沖縄県医師会. 2013年6月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年5月10日閲覧。
  13. ^ Bloodfeud: Murder and Revenge in Anglo-Saxon England, Richard Fletcher, Oxford University Press, 2002 p.66
  14. ^ SCARBOROUGH SNIPPETS, David Fowler, lulu.com, 2013 p.11
  15. ^ Jurgen Habermas”. 2008年12月18日閲覧。
  16. ^ Who’s That Guy? Dario Saric!” (2014年9月3日). 2014年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月5日閲覧。
  17. ^ Stacy Keach”. Cleft Palate Foundation. 2007年2月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月1日閲覧。
  18. ^ Cheech Marin”. Disabled World. 2007年7月1日閲覧。
  19. ^ 内藤國夫著『悶死 中川一郎怪死事件』 140頁
  20. ^ Chat To Ljubo...LIVE” (2009年5月28日). 2009年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月23日閲覧。
  21. ^ Whiteside, Kelly (2006年11月4日). “Schmitt is face of West Va. toughness| USA Today”. オリジナルの2009年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091015000326/http://www.usatoday.com/sports/college/football/bigeast/2006-11-01-wvu-schmitt_x.htm 2010年4月30日閲覧。 
  22. ^ a b Famous People with a Cleft” (2008年4月5日). 2009年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月5日閲覧。
  23. ^ Carmit Bachar, smile ambassador”. 2007年10月13日閲覧。
  24. ^ Beverley Lyons, 2006年10月16日 Carmite Doing Her Bit For Charity. The Daily Record
  25. ^ Nico Van Thyn (2012年6月8日). “Once a Knight: The legendary man, Mr. Byrd”. nvanthyn.blogsport.com. 2016年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月22日閲覧。


「口唇口蓋裂」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

口唇口蓋裂のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



口唇口蓋裂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの口唇口蓋裂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS