原幹恵 原幹恵の概要

原幹恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 04:33 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
はら みきえ
原 幹恵
2015年6月3日、東京ダービー表彰式
(大井競馬場、右は勝利騎手の今野忠成
プロフィール
愛称 ミッキー、ミキティ
生年月日 1987年7月3日
現年齢 34歳
出身地 日本新潟県村上市(旧岩船郡神林村
血液型 O型
公称サイズ(2015年[1]時点)
身長 163 cm
スリーサイズ 94 - 61 - 88 cm
カップサイズ G
備考 靴サイズ:24.5 cm
活動
デビュー 2003年
ジャンル グラビアアイドル
所属グループ 美少女クラブ31
日テレジェニック2006
ティーンエイジクラブ
他の活動 タレント女優
主な出演作 テレビドラマ
嬢王 Virgin
キューティーハニー THE LIVE
映画
仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!
破裏拳ポリマー
受賞歴 第9回全日本国民的美少女コンテスト グラビア賞
アイドル: テンプレート - カテゴリ

来歴

北海道上川郡東川町で生まれる[2]。小学4年生の春に新潟県岩船郡神林村(現村上市)に移りそこで育つ[2]。家族構成は父、母、姉(13歳年上)、兄2人(12歳、11歳年上)[2][3]。新潟県村上市立神納中学校→新潟県立中条高等学校英語科卒業[要出典]

デビュー当時は仕事のために新潟から東京に通っていたが、2006年からは東京で1人暮らしをしている。

幼い頃から女優になりたいと思っており、2003年に雑誌『Audition』に載っていた「第9回全日本国民的美少女コンテスト」へ自ら応募[4]。本選で「グラビア賞」を受賞し[1]、芸能界デビュー[5]。以後、グラビアアイドルとして人気を博す。

美少女クラブ31や、日テレジェニック2006のメンバーであった。また、依知川絵美酒井瑛里中島唯中村静香によって結成されたユニット「ティーンエイジクラブ」の一員でもある。現在チームは解散しているが、オスカープロモーションに所属する女性芸能人で構成される芸能人女子フットサルチーム・表参道BEAUTYの当時の選手であった。

テレビ東京系のドラマ『キューティーハニー THE LIVE』でドラマ初出演で初主演を果たす[6](2007年10月 - 2008年3月)。2009年にミュージカル『シンデレラ』で初舞台。

2012年の新潟県燕市を舞台にした映画『アノソラノアオ』では主人公の姉の田上尚役を務めた[7][8]

2015年、新潟県や新潟日報などがキャンペーンメンバーを構成する「WHITE PEACE project」ではスペシャルサポーターを務める[9]

2017年、8月8日に発売された写真集『my treasure』を以ってグラビアアイドルを卒業、仕事における水着姿等を永久封印した[10]。その後は女優業やバラエティー等に専念する。

2018年、海外留学希望を理由に同年1月末を以て芸能活動を休業することを所属事務所のオスカープロモーションが発表。復帰は未定とのこと[11]

2020年10月4日、Instagramを開設[12]

人物・エピソード

  • 趣味は、半身浴・マッサージ・ケアベア集め[1]。特技は水泳[1][3]
  • は小学校3年生から大きくなり始めた。「自分だけ変わっちゃう」と感じ、最初はコンプレックスに思っていたが、グラビアアイドルとして活動するようになって自分の武器だと思えるようになった。自分の体では「目」が好きだと語っている[13]
  • ホラーが苦手[14]

  1. ^ a b c d e 公式プロフィール”. オスカープロモーション. 2016年12月24日閲覧。
  2. ^ a b c d 「原幹恵」『BOMB』、学研パブリッシング、2008年8月、 51 - 58頁、2017年4月3日閲覧。
  3. ^ a b 原幹恵”. JUICY×JUICY. iiv (2007年). 2010年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月24日閲覧。
  4. ^ 原幹恵 インタビュー”. アイドルインタビュー. 月刊チャージャー. p. 4. 2009年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月24日閲覧。
  5. ^ 原幹恵「ヤドカリに感じちゃいました!」 - DVD『きらりきられて』”. マイナビニュース (2009年4月26日). 2020年1月12日閲覧。
  6. ^ 原幹恵、20歳を迎えてボディーも大人に - 写真集『パーフェクトチャンス』”. マイナビニュース (2007年10月9日). 2020年1月11日閲覧。
  7. ^ 「アノソラノアオ」を訪ねて~シリーズ4 燕市
  8. ^ 「アノソラノアオ」を訪ねて~シリーズ14 燕市
  9. ^ WHITE PEACE project サポーター(2015年8月8日時点のアーカイブ) 新潟日報
  10. ^ “原幹恵「露出的にもかなりがんばった」 最後の写真集でグラビア卒業”. サンケイスポーツ. (2017年8月11日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170811/gra17081116420004-n1.html 2017年8月15日閲覧。 
  11. ^ “理由は…原幹恵 先月末で芸能活動を休止 事務所は「いつでも戻ってこられる状態にしている」”. スポニチアネックス. (2018年2月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/05/kiji/20180205s00041000316000c.html 2018年2月5日閲覧。 
  12. ^ 原幹恵 (2020年10月4日). “初めまして原幹恵です😊 Instagramはじめました!! 初心者ですが、これからよろしくお願いします✨✨ . .”. Instagram. 2021年1月22日閲覧。
  13. ^ 原幹恵 インタビュー”. アイドルインタビュー. 月刊チャージ. p. 5. 2008年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月24日閲覧。
  14. ^ 原幹恵、"ホラドル"に就任! 太ももムチッにボンデージ姿でホラーDVDをPR”. マイナビニュース (2009年8月7日). 2020年1月13日閲覧。
  15. ^ 懐かしのヒーロー『破裏拳ポリマー』が、2017年5月実写映画化決定! 主演は、本作がアクション初挑戦の溝端淳平さんに”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2016年11月15日). 2016年11月15日閲覧。


「原幹恵」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「原幹恵」の関連用語

原幹恵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



原幹恵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原幹恵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS