危害 危害の概要

危害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/25 09:05 UTC 版)

公益財団法人日本食肉消費センターの用語集では、ハザード(: hazard)を「危害」と訳している例もあるが[3]、電気の国際標準ではハザード危害は別の定義である[1]。 ハザードは、危険の源が潜在的で暴露していない状態である。このハザードが危険事象というイベントによって状態遷移をして危害(harm)というハザードが暴露した状態になる[1]

危害の影響の大きさ(ひどさ)は、保護対象の性質(人、財産、環境)や、傷害または健康障害の強度(軽い、重い、死亡)、危害の範囲(1人、複数)などが考慮される[4]。 危害の発生確率は、危険源にさらされる頻度及び時間、危険事象の発生確率、危害回避または制限の可能性から算出する[4]

危害のカテゴリ

危害のカテゴリは以下の3つの組合せで分類される[4]

  • 傷害のひどさ
    • 軽傷(完治可能)
    • 死亡を含めて重症(通常は完治しない)
  • 危険源にさらされる頻度または時間
    • 「滅多にない」
    • 「時々」
    • 「頻繁」
    • 「継続的」
  • 危険源回避の可能性
    • 特定の状況下で可能
    • ほとんど不可能

参考文献

  • ISO/IEC GUIDE 51:2014
  • JIS Z 8051:2004
  • 機械安全/機能安全 実用マニュアル、日刊工業新聞

関連項目



  1. ^ a b c 一般社団社団法人 電気情報通信学会 Fundamentals Review Vol.1, No.2 安全性研究会 解説論文
  2. ^ JIS Z 8051:2004(ISO/IEC Guide 51:1999)「安全側面」
  3. ^ http://www.jmi.or.jp/info/word/ha/ha_011.html 公益財団法人日本食肉消費センターの用語集
  4. ^ a b c 機械安全/機能安全 実用マニュアル、日刊工業新聞


「危害」の続きの解説一覧




危害と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「危害」の関連用語

危害のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



危害のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの危害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS