千葉県 概要

千葉県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 21:40 UTC 版)

概要

千葉港中央地区

日本関東地方南東側、東京都の東側に位置し、県域は東海道筋に古くから栄えた律令制以来の房総三国である上総国南総)・安房国房州)の全土と、下総国北総)の一部から成り立っている。県の大部分を房総半島が占める。

中心業務地区幕張新都心アジア地域有数の国際見本市会場である幕張メッセ、国際線旅客数・就航都市数・貿易額で日本一成田国際空港日本三大港湾である東京港湾の一角を担う千葉港、水揚げ量日本一で日本三大漁港の銚子漁港、集客施設来場者数日本一のディズニーリゾート、日本で唯一国際標準模式層断面及び地点に認定され、チバニアン(千葉時代)として地質年代の名称になる証拠となった地層千葉セクション東京大学千葉大学(柏キャンパス)を中心とした公・民・学連携の柏の葉スマートシティ、日本一の数を有する海水浴場、自然豊かな南房総国定公園水郷筑波国定公園などを筆頭とした観光リゾート地、優れた社会基盤、豊かな地域資源、バランスの取れた産業構造を核としている[3]。訪日旅客数は全国第3位[4]

県の人口は6,284,480[5]、面積は5,157.61平方キロメートル(km2)である。1920年(大正9年)10月1日、国勢調査での県の人口は約100万人であった。その後増加を続け、1983年(昭和58年)10月1日には500万人を超え、2002年(平成14年)9月17日に600万人を突破した。以降、人口は増加傾向である。[6][注釈 2]

県内の市町村数は54市町村 (37市16町1村)、県内の政令指定都市千葉市中核市船橋市柏市業務核都市は千葉市・柏市成田市木更津市印西市である。

概史

1873年(明治6年)6月15日に、北西部の印旛県と南部の木更津県が合併し、旧両県の境で千葉氏の本拠地でもあった現在の千葉市中央区亥鼻城址周辺)に県庁が設置され、現在の千葉県が成立した。6月15日が県民の日と定められた所以である。

県内には100万規模の人口を有する政令指定都市千葉市を筆頭に、中核市最大の人口約64万人を有する船橋市、50万都市の市川市松戸市、40万都市の中核市である柏市、30万都市の市原市、20万都市が流山市八千代市と中核市同等の人口を持つ自治体が多数存在することも特徴として挙げられる。千葉市は国家戦略特区国際会議観光都市都市再生特別地区・グローバルMICE都市[7]に指定されており、国際機関を始めとした国の業務中枢機能と住宅中心の土地利用計画を大幅に見直した幕張新都心を中心に、関東地方において独自の重要性を持つ世界に開かれた国際都市の役割を担う。

平地の割合が大きく、可住地面積が広いことからも古くから住宅地開発が進んでおり、県北西部の人口は稠密である。特に高度経済成長と都市部の過密化により、通勤五方面作戦にて複々線化を行った総武本線常磐線京成線沿線に位置する都市は繁華街も多く、大規模商圏による拠点性・集積性のある駅周辺の人口増加が著しい傾向にある[8]。近年では都市再開発が進み、全国813市区中財政力指数第1位の浦安市[9]や第4位の成田市[10]、全国住みよさ7年連続第1位の印西市[11]、全国共働き子育てしやすい街第1位の松戸市など[12]財政制度施設が充実した都市も増えている。特に新通勤五方面作戦で提示された性格を継承して開業した京葉線沿線(新浦安南船橋幕張ベイタウンなど)や、つくばエクスプレス沿線(流山おおたかの森[13]柏の葉キャンパスなど[14])のほか、北総線新京成線沿線[15]新鎌ケ谷など)、東葉高速線沿線(八千代緑が丘八千代中央など)、東京湾アクアラインにより利便性が向上した袖ケ浦市・木更津市(かずさアクアシティ[16])などでは、新興住宅地の開発が加速し、東京都心成田国際空港東京国際空港[17]へのアクセスの良さからも、大規模なマンション住宅街が林立し、商業施設の充実、整備された公共施設、自然豊富な住環境が整っている[18]。買って住みたい街[19]においても首都圏1位の船橋、5位の柏、6位の流山市(流山おおたかの森)、7位の習志野市(津田沼)と定住を目的としたファミリー層を中心に支持を受けている。

地域ごとに多様な特色を持っており、バランスの取れた産業構造(農業漁業工業商業)である。太平洋ベルトを構成する京葉工業地帯浦安市から富津市)の東京湾沿岸は都市化工業化が進んでおり、日本三大港湾に係る基幹産業の大規模施設として、発電所製鉄所製油所造船所のほか、コンテナターミナル物流センターLNG基地石油コンビナートなどが立地している。新たに柏の葉地域(柏市)には東京大学千葉大学(柏キャンパス)を中心とした公・民・学連携の新産業創造都市(柏の葉スマートシティなど[14])が形成されている。工業製造品出荷額は中京京浜阪神工業地帯に次いで全国第4位である[20]。一方、酪農発祥の地である嶺岡牧や日本三大漁港の銚子漁港など、太平洋関東平野の地勢を生かした近郊農業・漁業が発達しており、平野部では畑作稲作が盛んなほか、丘陵部では酪農が盛んである。農業産出額は全国第3位[21]、漁業総生産量は第5位[22]と全国有数である。貿易港としても貿易額日本一の成田国際空港や、日本三大貿易港である千葉港を有する。2015年度の県内総生産は20兆2186億円であり、世界の過半数の国の国内総生産より大きな規模を有している[23]

名称

「千葉」という地名は、平安時代初期に編纂された勅撰史書『日本後紀』より、律令制以前の千葉国造国造名)や律令制以来の千葉郡名)にみることができる。

地名の由来については諸説あるが、現存の文書中最も古くにみえるのは、日本に現存する最古の和歌集である『万葉集』に防人であった下総国千葉郡の大田部足人755年天平勝宝7年)に詠んだ遠方へ赴いた兵士が故郷に残した切ない初恋の防人歌[24]として、歌の冒頭に「知波乃奴乃(千葉の野の)」と記されている[25]。また、奈良時代の『日本書紀』と『古事記』の両書には、応神天皇大和国から近江国に向かう途中、山城の宇治野の丘で遠く葛野一帯を望んでの国見歌で現れる「千葉の」は「数多くの葉が繁茂する」の意で、葛の葉が良く繁栄したことから葛の枕詞として用いられたのだと、契沖国学者)以来考えられており、「千葉」という地名に託した願い「土地と子孫の繁栄を願っての地名」を知る上での重要な資料とされている[26]

『万葉集』「第20巻4387番」より和歌の詳細については、以下を参照。

『万葉集』「第20巻4387番」より
原文
知波乃奴乃 古乃弖加之波能 保々麻例等 阿夜尓加奈之美 於枳弖他加枳奴
和歌
千葉の野の 児手柏の 含まれど あやに愛しみ 置きて高来ぬ
(訳)
千葉の児手柏の葉がまだ開ききっていないように、若くあどけない彼女(娘)が何とも痛々しく、手も触れずに遠く遥々やってきた。

『日本書紀』「歌謡三四原歌」より和歌の詳細については、以下を参照。

『日本書紀』「歌謡三四原歌」より
(原文)
知麼能 伽豆怒塢彌例麼 茂々智儾蘆 夜珥波母彌喩 區珥能朋母彌喩
(和歌)
千葉の 葛野を見れば 百千足る 家庭も見ゆ 国の秀も見ゆ
(訳)
千葉の葛野を眺めると、数多くの富み栄える民の家々も見える。国の中でもっとも繁栄したところにもみえる。

注釈

  1. ^ 海上を隔てて隣接。
  2. ^ 平成23年に初めて減少に転じ、平成25年までの間のみ減少し、平成26年に再び増加に転じる。
  3. ^ 愛知県では中部国際空港の建設及び埋立てに伴い、再び愛知県の方が面積が広くなっている。
  4. ^ 気象庁区分では柏市、我孫子市、流山市、野田市、松戸市、鎌ケ谷市に加え、市川市、船橋市、八千代市、習志野市、浦安市も東葛飾に入っている。
  5. ^ 横芝光の1月最低平均気温は-0.6℃であり、冬型時は千葉市よりも冷え込むこともある。
  6. ^ 当初は社名の通り浦安市に所在していたが、市川エフエム放送閉局と共に市川市に移転。
  7. ^ 茨城県も新幹線駅は存在しないものの、東北新幹線大宮駅-小山駅間で猿島郡五霞町および古河市内を約10 kmに渡り通過している。また山梨県については地理的には中部地方に区分されるものの、行政や経済面などでは関東地方として扱われる場合もあり、その場合は山梨県も新幹線が通らない県となる。

出典

  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2010年11月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月23日閲覧。
  2. ^ 平成30年度地方公共団体の主要財政指標一覧
  3. ^ 千葉県地方創生 人口ビジョン・総合戦略【概要版】. http://www.pref.chiba.lg.jp/ebook/seisaku/ss/HTML5/pc.html#/page/6 
  4. ^ 訪日外国人訪問率 | 統計情報 | JNTO | 観光庁”. 2021年3月23日閲覧。
  5. ^ 令和2年国勢調査の結果(千葉県)[
  6. ^ 千葉県. “平成29年千葉県毎月常住人口調査報告書(年報)” (日本語). 千葉県. 2019年2月18日閲覧。
  7. ^ グローバルMICE都市 | MICEの誘致・開催の推進 | 国際観光 | 政策について | 観光庁”. www.mlit.go.jp. 2018年12月21日閲覧。
  8. ^ 千葉県、6年連続で転入超過 北西部中心に” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年3月11日閲覧。
  9. ^ 財政指数1.498、浦安市統計書(平成27年度)https://www.city.urayasu.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/008/282/h27toukeisyosyuusei.pdf
  10. ^ 総務省|地方財政状況調査関係資料|平成26年度地方公共団体の主要財政指標一覧” (日本語). 総務省. 2019年3月12日閲覧。
  11. ^ 週刊東洋経済』の「住みよさランキング2018」では、千葉ニュータウンの中核となる市域である印西市が、総合評価で全国1位に7年連続(2012~2018年)でランクイン。
  12. ^ 松戸市が「共働き子育てしやすい街ランキング(都を除く)」で全国1位を受賞|松戸市”. www.city.matsudo.chiba.jp. 2019年3月11日閲覧。
  13. ^ データで分かる流山市の街力。子育てファミリーに人気の秘密を大調査! | みんなの住まい | 三井不動産レジデンシャル” (日本語). データで分かる流山市の街力。子育てファミリーに人気の秘密を大調査! | みんなの住まい | 三井不動産レジデンシャル. 2019年3月11日閲覧。
  14. ^ a b 今つくばエクスプレス(TX)沿線がアツい!どんな魅力があるの?|マンション暮らしガイド|長谷工の住まい”. マンション暮らしガイド. 2019年3月11日閲覧。
  15. ^ 子育て・教育環境が充実した街|鎌ケ谷市ホームページ”. www.city.kamagaya.chiba.jp. 2019年3月11日閲覧。
  16. ^ 都心へのアクセス抜群!子育てしやすい街、千葉県袖ケ浦市の魅力に迫る<PR>”. ヨムーノ - 住まいと暮らしの情報サイト. 2019年3月11日閲覧。
  17. ^ 空港アクセス路線(京成・北総線~都営浅草線~京急線)、東京湾アクアライン等を利用
  18. ^ Category:千葉県のニュータウン各項目を参照
  19. ^ 2017年首都圏版「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキング” (日本語). 住まいのお役立ち情報【LIFULL HOME'S】. 2019年3月11日閲覧。
  20. ^ 千葉県. “平成26年工業統計調査結果確報” (日本語). 千葉県. 2019年3月11日閲覧。
  21. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【数字から見える千葉】農業産出額全国3位の4141億円” (日本語). 産経ニュース. 2019年3月11日閲覧。
  22. ^ 千葉県. “数字でみるちばの水産(平成23年度参照)” (日本語). 千葉県. 2019年3月11日閲覧。
  23. ^ 千葉県. “平成27年度県民経済計算の概要” (日本語). 千葉県. 2019年3月11日閲覧。
  24. ^ 余録:多くの葉が繁茂するのに由来する「千葉」という地名の最も古い用例は…” (日本語). 毎日新聞. 2019年4月9日閲覧。
  25. ^ 千葉県. “1.「千葉」と「ふさの国」の由来” (日本語). 千葉県. 2019年4月9日閲覧。
  26. ^ 千葉ガイド - 県史”. www.nagaikosuke.com. 2019年4月9日閲覧。
  27. ^ 県土整備部道路計画課 (2014年4月1日). “東京湾アクアラインの概要”. 千葉県ホームページ. 千葉県. 2017年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月14日閲覧。
  28. ^ 全国の里地里山の現状分析
  29. ^ 命名「チバニアン」 77万4000~12万9000年前の地質時代 国際学会決定”. 毎日新聞 (2020年1月17日). 2020年1月17日閲覧。
  30. ^ a b 国書刊行会発行『房総(千葉)学検定学習帳』14頁より
  31. ^ 石材図鑑 凝灰岩類2 (鎌倉石・房州石)
  32. ^ 千葉県. “千葉の海岸の現況” (日本語). 千葉県. 2018年12月21日閲覧。
  33. ^ 千葉県の代表的な湧水
  34. ^ 「千葉県地下水汚染対策連絡会」の「砒素含有地下水に係る調査対策部会」が作成した2000年(平成12年)3月に地下水砒素濃度分布図 (PDF) などを参考に安全性の確認が取れた井戸で湧水を飲むのが望ましいと考えられる。
  35. ^ 気象庁|過去の気象データ検索”. www.data.jma.go.jp. 2019年2月18日閲覧。
  36. ^ 成田航空地方気象台
  37. ^ 野生鳥獣の捕獲について 千葉県
  38. ^ a b 千葉県の自然史 別編3 千葉県動物写真集
  39. ^ 千葉県の自然史 別編2 千葉県植物写真集
  40. ^ 自然誌シンポジウム「どうする?房総のシカと生物多様性保全」
  41. ^ 写真集目次
  42. ^ キイロホソゴミムシ とは - コトバンク
  43. ^ 写真集目次
  44. ^ 明鐘岬 〜芳醇の海と黒潮の美しい透明度をあわせ持つ海
  45. ^ 東京ガス : 環境コラム / 北限に分布する造礁サンゴを調べる
  46. ^ 鯛の浦の歴史|特別天然記念物に指定された理由
  47. ^ 第7回 増え続ける千葉県房総半島のキョン - ECO JAPAN〈エコジャパン〉 - nikkei BPnet 環境ポータル
  48. ^ 木更津盤州干潟紀行 市場魚貝類図鑑
  49. ^ アサリの天敵「ツメタガイ」と「サキグロタマツメタ」について (PDF)
  50. ^ 千葉県. “千葉県まち・ひと・しごと創生(地方創生)” (日本語). 千葉県. 2019年3月12日閲覧。
  51. ^ 平成20 年 観光入込調査概要 (PDF)
  52. ^ 千葉外房夷隅東部漁業協同組合
  53. ^ 「石と芸術のまち」金谷美術館がオープン
  54. ^ 毎月常住人口調査月報インデックス/千葉県
  55. ^ 千葉県のロゴ・キャラクター・マーク
  56. ^ 総務省|地方財政状況調査関係資料|平成29年度地方公共団体の主要財政指標一覧” (日本語). 総務省. 2019年3月12日閲覧。
  57. ^ a b c 千葉県立図書館”. 千葉県. 2017年6月4日閲覧。
  58. ^ a b 公共下水道の紹介/千葉県
  59. ^ [1]
  60. ^ 千葉県インターネット放送局
  61. ^ 最新版日本の地理5『関東地方』47頁
  62. ^ a b 地域振興事務所一覧(千葉県)
  63. ^ 地上デジタル受信ガイド (TOKYO MX)
  64. ^ 放送普及基本計画第2の2の(1)のウの規定による一般放送事業者の行う超短波放送のうちの外国語放送を行う放送局の放送対象地域(総務省)
  65. ^ About InterFM(2014年6月11日閲覧)
  66. ^ TOKYO FM× 東京タワー頂上新アンテナ送信記念 TOWER OF LOVE(2014年6月12日閲覧)
  67. ^ JーWAVE概要(2014年6月12日閲覧)
  68. ^ 東京スカイツリーFM局エリア図(総務省) (PDF)
  69. ^ 地上デジタル放送開局済一覧 - 一般社団法人デジタル放送推進協会
  70. ^ 千葉)市立柏高吹奏楽部 上海の国際音楽祭で演奏へ:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年6月13日閲覧。
  71. ^ 千葉県高等学校野球連盟 | 加盟校一覧
  72. ^ 第92回全国高等学校野球選手権千葉大会 組合せ
  73. ^ a b スポーツナビ (2011年11月26日). “市立船橋、“最激戦区”千葉を制し3年ぶり出場権=高校サッカー選手権”. 2011年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月27日閲覧。
  74. ^ 国際サーフィン大会QS6000が今年も開催されます! | 一宮町役場”. www.town.ichinomiya.chiba.jp. 2019年3月18日閲覧。
  75. ^ 釣ヶ崎海岸サーフィン会場”. 東京都オリンピック・パラリンピック準備局. 2018年3月18日閲覧。
  76. ^ 千葉県. “平成29年観光客の入込動向について” (日本語). 千葉県. 2019年3月12日閲覧。
  77. ^ 千葉県のインバウンド需要” (日本語). 訪日ラボ. 2020年6月26日閲覧。
  78. ^ 千葉県. “県内の文化財指定状況(平成30年6月1日現在)” (日本語). 千葉県. 2019年3月18日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「千葉県」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「千葉県」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

千葉県のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
千葉県の温泉情報



千葉県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千葉県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS